My Fair Lady

my fair lady

My Fair Lady
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
2件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説(同人)
サークル
27000Hz〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
92ページ
版型
A5

あらすじ

※18禁
『ゴールデンビッチ』番外編

表題作My Fair Lady

灰原大吾 公安捜査官
クラウディア 《犬》

その他の収録作品

  • Tell Me This is Love
  • 天国へ花を
  • ■幸の手紙
  • 悪魔を憐れむ歌
  • きみと。
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ああ、ほんとに好き・・・

商業誌『ゴールデンビッチ』の番外編同人誌です。

私は、玄上さんの所謂『わんこシリーズ』が大好きなんですが、《犬》の商業誌の中では『ゴールデン~』2作がいちばん好みです(それと《きつね》の『千流の願い』も)。


1編目『Tell Me This is Love』

商業誌本編で、クラウディアがドミノ事件のあと大吾とHして研究所に運ばれて、無事引き渡されるまでの『メンテナンス』の様子です。
ただ、そんな平和なイメージじゃないんですけどね。むしろ決死の治療でした。

そして、クラウディアは幸せになるために、大吾のもとへ行くんです。


2編目『天国へ花を』

これすごく好き。

本編でも重要な小道具だったクラウディアの髪どめが、こちらでもモチーフになっています。

大吾もクラウディアも、過去は大切に抱えたままで2人の幸せを築いて欲しいと願います。


3編目『■幸の手紙』

ちょっとイレギュラーなSS。

本編で、ゴールデンビッチの『報告』の封筒に入っていた『不幸の手紙』の入手先だそうで・・・
ある女子高生視点で、偶然会ったクラウディ続きアに『不幸の手紙』を渡すという。

イヤ、これわざわざ知りたいとは思いませんが、作家さんは何とか入れたかった模様。なんで?


4編目が表題作です。

公安捜査官の任務のために、生きる上での常識など何も知らないクラウディアにテーブルマナーを教える大吾。

ところが、やる気のないクラウディアに四苦八苦していた大吾が交換条件を出した途端・・・

ヘタレ大吾と一途で健気なクラウディアがとても愛しいです。

そして、任務であるドレスアップでパーティーも面白かった。完璧なマナーに美貌で注目を集め、でもやっぱりクラウディアだったんですね~。


5編目『悪魔を憐れむ歌』

とても重くて痛くて、正直ツラいです。
作家さんが『自傷・輪姦あり』と警告されてます。

これらはクラウディアの『過去』の記憶と、そこから来るいま現在の痛みです。生まれ変わりたいという願いが自分を傷付け・・・
でも、本当に欲しかったのは何かを大吾が教えてくれたから。

私は、こういう描写・内容はすごく苦手です。基本的に読みたくないと思っています。
それでも『痛さ』が目的だとは感じないので、気合い入れて顔を顰めながらも繰り返し読むんです。


6編目『きみと。』

可愛い可愛い2人。
バカップルで、でもちょっと切なくてやっぱり可愛い。


こちらは、もう何度も何度も読み返すお気に入りです。玄上さんの同人誌で(現時点で)いちばん好きなんです。
御景さんのイラストもよかったです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ