ツーリング・エクスプレス 14

touring express

ツーリング・エクスプレス 14
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
白泉社
シリーズ
白泉社文庫
発売日
ISBN
9784592884507

表題作ツーリング・エクスプレス 14

ディーン・リーガル・超一流の殺し屋
シャルル・オージェ・元ICPOの新米刑事

その他の収録作品

  • オルフェ
  • ヴィント-風-
  • フローレンス

評価・レビューする

レビュー投稿数1

意外なほど、まとめ方がウマかった…

世界を旅するゴージャスBL、最終巻です。
もうね…意外なくらい、まとめ方が上手かった。
まさかね…もうこうくるか(!)というレベルの、
驚愕のハッピーエンド。まるっと綺麗な大団円。
なんでも、足掛け18年の長期連載だったらしい。
絵柄だって、初期の頃の…
ひたすらゴージャス、こちらが恥ずかしくなるほどの欧州趣味…
は(この最終巻では)ややなりを潜めてる。
シャルルもディーンも、服装はかなりカジュアル化。
少なくとも、フリルとリボンとレースの世界では無い。
(↑あのね…お話開始初期は、本当にキラッ綺羅なお洋服着てたの。
  もしくは、往年の欧州映画のようなコテッコテのアナクロみたいな。)
お洋服のカジュアル化と同時に、キャラ達もいい具合に崩れていった…。
極めつけは、パパ・エドゥアール氏である!
最終回のこの巻では、主役二人よりも、誰よりもカッコ良い。
善良で冒頓な正義感っぷりが、潔いほどカッコ良い。
むしろコイツが主役なんだろうか…と疑うくらいにカッコ良い。
本当は脇役なんだけどさ(笑)
良い感じに歳の取り方がウマいキャラである。
まぁ…このお話自続き体が、良い感じに歳取ってった感あるんだけどさ。
古い絵柄も、デッサンの狂いもなんのその。
後味の良い最終回だったよ…。
それにしても、善人をラスボスに据えるあたり…ウマい!

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ