終 トラさんと狼さん

tora san to ookami san

終 トラさんと狼さん
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×217
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
12
得点
132
評価数
31件
平均
4.3 / 5
神率
35.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832288065

あらすじ

累計10万部突破★続々重版中!!
「トラさんと狼さん」シリーズ最終巻!

ベンガル虎のトラさん(夫)が超愛してる狼さん(ツンデレ妻)には息子命★の狼父(イジワル舅)がいたのです☆ 狼さんと末永~く添い遂げたい腹黒なトラさんが狙うのは狼父の異常な若さのヒケツ!そんな濃い二匹に翻弄されてヨロヨロな狼さんは!? ラブラブ獣夫婦★グランドフィナーレ!!

(出版社より)

表題作終 トラさんと狼さん

ベンガル虎 トラさん
狼さん

その他の収録作品

  • 狼パパと黒羊
  • トラさんと狼さん 番外編
  • ハッピーハロウィン
  • トラさんと狼さんのアニバーサリー
  • 狼さんの宝物
  • ラストコール

評価・レビューする

レビュー投稿数12

満足な最終巻!!

巻を重ねるごとに切なくなってくる、トラさんシリーズもとうとう最終巻になりました。お互いがお互いしか見ていない2人(二匹?)の今後に関わる秘密がとうとうわかると思うとドキドキしながら読みました。

相手のために考え、悩んでいる姿にキュンってなりました。うさぎに真剣に相談しているトラさんが可愛かったです。命を延ばすことよりも一緒にいることを選び、「残りの人生全部お前にやる」とプロポーズする狼さんが素敵でした。
番外編のお父さんの話ではメリーさんが一途で可愛かったです。

種族が違っても死をもってしても離れられない関係に、何があってもこのまま仲良く暮らしていくんだろうな~と幸せな気持ちになれました。



2

良かった!

終。です。
狼さんのお父さんがなぜ若々しくいるのか。
少しでも長生きを狼さんにしてもらいたい。

狼さんも長生きをしたいと思う。でも、自分だけが長生きをすることではなく、長生きをして一日でも長くトラと一緒にいたいから
 長くいきたいと思う。

寿命についての宿命が
ずっとついてきます。
狼さん男前すぎます!

お父さんと黒羊のお話もあるのですが、黒羊とってもかわいいです

アヒルさんのイラストじゃなければ、抵抗があったであろう
擬人化。
人間化しているけど
動物としてのルールはある

守るべき線をしっかりとらえながらの展開でした。

ポツポツでもいいから
ずっと読み続けたい!

2

読み返して見て、改めて。。

何度目かの読み返し。いい加減ネタバレなのに、やはり最後の最後で、ホロリ。。と泣けてしまう。個人的には、正しく名作!

シリーズスタート時は、ケモミミの可愛いお話という認識でした。なので、当然ながら、異種動物間に立ちはだかる寿命という壁は、ギャグ+ほのぼのテイストな作風にあっては、出てこない(又は、魔法のようなご都合主義で、上手いこと纏められるだろう)と、たかをくくっていたら、本当に直球勝負できましたね。

勿論、若さ(寿命)の秘訣は、あまりにごもっともな理由で、魔法でも何でもない。この世の無常を(無情ではなく)感じました。

いつか、人間の研究によって、生命の寿命が延びる日が来るのかもしれない。。けれど、成人病にかかってしまうペットの話を聞くと、世の中の理は、そう簡単に覆えされるものではないのかも。。と、感じている私です。

狼さんにとってのトラさんは、何年経っても『可愛いヨメ(トラ猫であり、子トラ』』なので、過保護過ぎる位の愛情を、トラさんに注いでくれる。

トラさんは、そんな狼さんが大好きで、早く一人前の大人になりたい、狼さんを幸せにしたいと一途に願い、行動する続き。かなり腹黒でも、それは愛ゆえ。。の世界。

腹黒なくせに泣き虫で、そんなトラさんに狼さんは理想の旦那さまなのかもしれないです。(←エッチについては、男前受けですが。。)

狼さんを失ったら、生けていけないようなトラさんが、きっと狼さんとの思い出とともに、狼さんが迎えに来るその日が来るのを待つようにして過ごしたのかな?と、二人の未来に思いを馳せるたびに涙腺が弛んでしまいます。

むしろ、ご都合主義に頼らないエンドマークは、究極のハッピーエンドに思えて、天晴れです。
今を精一杯生きるって素晴らしいと、じわじわ込み上げて来る作品だと思います。

このエンディングだからこその『神』評価です。

4

これでホントにお終いなの!!

終わりマークが付いている、ホントに最終巻なのかと非常に残念に感じる。
1冊目から萌え萌えのピュア胸キュンの嵐に巻き込んでくれたこのシリーズ
前作で狼パパさんが年を取らない秘密が未解決のままで、トラさんの熱意と根性で
パパさんから秘密を聞き出したトラさん。
でもそれはファンタジーでも、奇跡でもなんでもなくて、人間が関係する内容で
なる程なんて思ってしまう展開でした。
でも、それを実行する為には、トラさんと狼さんは離れなければならない運命。
いったいトラさんはどうするのか、そして狼さんは・・・

本筋のお話の他におさなかったトラさん、成長記録や狼さんの長期不在の時の
出来事なども読めるので、萌えは限りなく健在でした。
そしてビックリしちゃうのは狼パパさんが、黒い羊と・・・彼方も受けかっ!なんて
番外編的ストーリーもあって楽しめましたが、やはり1番は狼さんとトラさんです。
狼さんの寿命ももしかしたら延びちゃうかもって思わせてくれる内容にハッピー
好きの私はほっと一安心しましたよ。
いつまでも変わらぬ萌え萌えさん同士でハッピーになってね。って思えるお話。
ほのぼ続きの萌えをありがとうと言いたい作品でした。

2

ああ・・・終わってしまった・・・

トラさん×狼さんの切ないお話でした・・・。

狼さんの寿命が近づいていて何故か年をとらない
狼さんのお父さんに話を聞いていたのですが、前巻では教えてくれませんでしたが
今回は教えてもらうことに・・・

その理由をここでネタバレしたら、話がおもしろくなくなりそうなので、
あえてそこは省きます(*'Д'*)ノシ

あと狼さんのお父さんの話も少し読めます。
まさかの羊の登場で驚きました(笑)

あと!コドリ!コドリがすんごいイケメンになってて、
思わずテンションがあがりました!!コドリの息子も、めっちゃ可愛かったです。
でもやっぱり子トラの方が可愛いと思いましたが・・・。

トラさんと狼さんの番外編と描き下ろしは本当によかったと思います!!
いい終わり方をしたと思いますが、最終回というのは、やっぱり寂しいですね・・・

2

読んでよかった・・・

こちらでレビューを読ませていただいて、死・・・涙・・・切ない・・・感動・・・などのワードで
単純なわたしの頭の中には、なぜかフランダースの犬のラストシーンのような情景が。
冷たい洞穴、抱き合うふたり、徐々に下がる体温・・・などの想像が勝手に巡り
・・・無理! どんだけ引きずるか分からない! やめておこう。。。と
書店で見かけても目を背けておりました。

ですが、古本屋に本書がありまして、
パラパラッと見るだけならダメージも少ないよね?と怖いもの見たさもあり
手にとってみましたら(要はとにかくかなり気になっていた)
本の中には、ふたりの愛が溢れていました。

もし、興味はあるけれど悲しいものは苦手で。と躊躇されている方がおられましたら
(わたしだけかなぁ・・・)
深い大きな愛の目撃者になるつもりで、ぜひ読んでいただきたいなぁと思いました。

読み終わって本を閉じ、まず感じたのは
別れる辛さより、共に過ごせる時間があることの幸せ。
狼さんの真剣な顔と、トラさんの笑顔がとても素敵でした。
(それがきっと多くの方の涙をさそうのです・・・)

狼さんのお父続きさんが
愛する奥さんを亡くした後であっても、心の平穏を感じる時があったり
悲しみから救ってくれる人と共にいることが描かれていたのも、とても嬉しく
わたしの方が救われる気持ちになりました。
トラさんのこれからが辛いだけではないことを暗示しているようで・・・

6

うん。せつない・・・。

表紙のトラさんの笑顔が、切なくて、でも、幸せだよな。と
如何ともしがたくて、胸が締め付けられる思いです。

最新刊が出て、すぐ購入したのですが、
あまりの衝動にレビューすることができませんでした。
再度読もうとしても、涙が・・・。

でも、時間をおいて、レビューしようとしても、
ああ、もう言葉もありません。狼さん・・・。

ちなみに、短編で、
狼さんのお父さん編が入っています。
(こちらは、どんどん読めます(笑))
まさかのお父さんの動向が読めます。

勿体なくて、ネタバレはできませんので、
この本は、是非読んでいただきたいです。

3

なんて言うんだろうな。
二人の人生丸ごと最後に見た!という感じがしました。
出会いから、成長、関係の変化、移りゆく気持ち。
大切だと思おう気持ちの恋愛感情へのシフト。
お互いへの今とこれからと。
お互い一緒にいられる期間は、寿命よりもはるかに長く、少なく。
そんな二人の終わりまでがしっかり詰まってて、
思わず切なくなってしまいました゚(゚´Д`゚)゚
や、ある意味、悲しくなるというよりも、それに立ち会えて嬉しいというべき
ところなのかなとも思うのですが、
虎さんも、なんかんだ幸せで、最後に迎えにきてくれるまでのひとりの期間だって
迎えにきてくるのは分かっているから寂しくなかったんじゃないかなんて
思ってしまうくらいのお話だったのですが
考えるとなんとも言えない気持ちになってしまうというのか。。どうなのか
好きだから、好き故に。
可愛い作品でした。好きだよ!!あぁ好きですよww
めぐりめぐって1巻から読むのもまた乙かな~と思ってみたりもします。

それにしても
別件ですが、父上・・・父上がまさかww
これはこれで、なんだかむず痒くて良かったです(*続き´∀`*)
このむずがゆいっていうのがなんともねw

2

「完」ではなく「終」である意味

続までの段階で年下で寿命も長い自分を置いて衰え始めている狼さんに対してなんとか狼さんのお父さんを鍵として少しでも長く一緒にいたいと考えるのは虎さんとしては当たり前の考えだと思うのです。

そしてその鍵となったのは、すでにレビューされちゃってるのでいいか。
人間にメンテナンスしてもらう事。確かに野生よりはぐっと長生きするでしょう。
そしてそれは人間とは相いれない虎とは別れて生きる事とイコール。

そこで二人の間の感情について一方通行ではないのか、向こうの愛情は親子愛に過ぎないのでは?と深刻な悩みに突撃してしまうのですが・・・
そんな深刻な悩みでありながら解決方法が凄く単純に終了するのは春野アヒルさんだからなのかなーって感じがします。愛は距離もシチュエーションも越え、万能なお話、まさに王道!


そして最終話としてコドリ視点から虎さんが狼さんに導かれ死んでいく話が出てくるわけですが・・・これは逆にいうと究極のハッピーエンドなのではないでしょうか?
どんなBLでも生きている限りは「永遠に愛し合いました」と断定されても100%ではないのですが、死を持っても分かたれない!と続きいう完全確定まで書かれたことによってもうなんの心配もないHAPPY ENDに昇華するのです。

読者からすりゃ「終焉」でも、二人にとっては「なんの不安要素もない永遠」を手に入れたという至上の幸福でしかないということで。

5

たどり着いたのは

涙の感動大巨編?

単にかわいいだけの、ケモ耳色物。
ちょっとした息抜き。
そんな感じで読み始めた「トラさんと狼さん」
巻を重ねるに従って、種の違いによる寿命の違いなんていう、リアルな問題にぶちあたり、
異常に若いままの狼さんの父が登場するに至って、、、。

狼父の若さの秘訣は、人間に飼われること。
人間に飼われると言うことは、トラさんとは一緒に暮らせなくなること。
その時トラさんが、狼さんが選んだのは?
この、ファンタジーとリアルの融合バランスのおかげで、この作品は意外なほどの感涙大巨編にたどり着いてしまった。

この作品のドラマCDがもうじき発売になるけど、また、いっぱい泣かされちゃうんだろうな。

2

狼さんへ ―

狼さん、貴方は私の萌えでした。

貴方の姿を初めて花音で見た時、あまりのキュートさに心を鷲掴みにされました。
ケモ耳という物に、全く萌えを見出だせなかった私を 新たな世界に連れて行って下さいました。
あれから何年経ったのでしょう?
とうとう終わりの時が来てしまったんですね。
貴方のツンデレっぷりに、このささくれた心が何度癒された事か。時には笑い、時には悲哀を、シリーズ通して色々な感情を持たせてくれました。
どうも有り難う御座いました。

天国でもトラさんと、いつまでも仲良く幸せに暮らして下さい。

あっそうそう心優しい狼さん、仔猫を拾って嫁にする―本人の計画はどうであれ、貴方は一目見た時から襲われ受けにしか見えませんでしたよ。

4

やっぱり切ないよー

種族の違う生き物だから、決して逃れられない寿命の違い。
いつまでたっても若い狼さんのお父さんが登場して、長生きの秘訣、、、という展開を見せた前作に、本当は触れて欲しくなかったんだけどこうなったら見届ける覚悟で!
と、腹をくくったこの最終巻。
やっぱり涙がでてきちゃったよ~シクシク~

衰えが出てきた狼さんに長生きして欲しいと願うトラさんはお父さんにその秘訣を聞くのです。
すると、洞窟から姿を消した二匹をさがしていた狼さんはガケから落ちてしまうのです。
血まみれ(に見える)狼さんを何とか救うために、お父さんが昔世話になっていた山のむこうの獣医の元へ狼さんを連れて行きます。
この獣医さんというのが長生きのキーワードでした。
魔法でもなんでもなかったんですね。
あくまでもそこは現実的でリアルでした。
トラさんの葛藤が切なかったのです。
自分ばかり望んで本当の狼さんの希はなんなのか?
他の動物たちに狼さんが与えてくれる愛情はなんなのかと聞くと、それは母親の愛情だという。
自分はいつまでも子供じゃない、と、トラさんの出した答えは・・・
そして狼さんの出した答えは・・続き

もう、この2匹については何も言いますまい。
本当に好きで大好きで、ずっとずっと一緒にいたい2匹なんです!
で、どうなったかって?
『ラストコール』で父親になった甥っ子のコドリが狼さんとトラさんが暮らしていた洞窟を子供と一緒に訪れます。
子供にトラさんと狼さんの事を話すコドリ。
もう、、ここでも涙腺が緩みっぱなしです。

他にもトラさんがチビっ子だった頃の話が載ってるんですが、それすらも愛おしくて、切なくて、とっても可愛い話なのに、狼さんの愛情がいっぱいいっぱいつまっていて、思わず涙が出てきちゃう!
本編で彼等の将来がわかってしまっただけに、余計に・・・

『番外編』は狼さんのお父さんが獣医さんに保護されていたときのお話です。
黒羊に気に入られてしまった狼父w
羊は、すでに「俺の嫁」と呼んでましたwもちろん、狼父は受け(笑)
これでちょっと気分転換はできたかな?

最初はトラさんのかわいらしさと腹黒さと、狼さんのツンデレが愉快で始まったのに、どうしてこんなに切ない話になってしまったのか。
でも、とってもいい作品だったことは確かです。
トラさんも狼さんも、その家族たちも大好きです!

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ