藤崎都×陸裕千景子で贈る新シリーズ第3弾!

お前が好きで何が悪い!

omae ga suki de nani ga warui

お前が好きで何が悪い!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×26
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
48
評価数
12件
平均
4 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784041002698

あらすじ

性格も外見も真逆、大学時代は犬猿の仲と言われていたくらい気にくわなくて大嫌いな逢坂と何の因果か会社の合併で同じ部署に配属されることになった沖谷だが…?
(出版社より)

表題作お前が好きで何が悪い!

受様の同窓生で同僚で軽薄な雰囲気の会社員・逢坂朋弥
異性に恋愛感情がもてない生真面目な会社員・沖谷柚弦

評価・レビューする

レビュー投稿数6

受けの子可愛い結婚しろ

この本は私がはじめて買ったBL作品でもあり、この小説のおかげで(?)腐女子の仲間入りをしました。
受けの子が超絶可愛い意地っ張りな天然黒髪美人という素晴らしい逸材なので今でもたまに読み返して萌えています。むしろ内容がいい意味で濃すぎないので何度読み返してもほのぼの萌えます。
初めてBLを買ったときは、表紙がエッチな感じがしてレジに持っていくのがとても恥ずかしかったのですが、今では表紙を見ても「ピュアだ…(はよ結婚しろ)」と心が安らぐくらいになったのを実感し、自分の腐女子としての成長を感じましたww
内容はエロ過ぎなく、ほどよい絡みがあるのでさらりと読めました。ハッピーエンド主義者の方にはぜひ読んでほしいです。

1

安心して読めます(笑)

タイトルからして予測できるハッピーエンドなので
安心して読めました。

ただ、攻の逢坂のキャラクターがイラストにはあってなかったかなぁ
と挿絵が入るたびに読んでいてズレを感じてしまった。
だって、かっこいいんですよ、柚弦をからかったりしそうにないっていうか。
やさしそうな王子っぽいから・・・なのでだまし討ちみたいにおそってしまったり
するのが個人的にイマイチで。そうだろうなとは思っても逢坂の気持ちが
書かれてないので微妙な気持ちで読まなきゃでした。それに対して受の柚弦は
男らしい性格で、しかも天然(そこがかわいい)。応援したくなるキャラでした。



0

天然ツンデレ大好き

天然ツンデレ大好き!な私的には、このカップリングすごく好きです。

受けの沖谷は性格が堅物過ぎて愛想がない、世間知らずの天然ちゃん。
生真面目だから、優しい言葉の一つも吐けず、告白してきた女子社員を怒らせてトラブルに発展したり。
攻めの逢坂の軽口を受け流せずに、決死の覚悟で入ったお店を飛び出しちゃったり。
なのに、逢坂に丸め込まれてまんまと身体の関係に持ち込まれちゃう。
本当は初めてなのに「怖くない!」とか言っちゃう意地っ張りぶりと、天然さが可愛いです。

逢坂は 遊び人っぽいのに沖谷に関してはかなり必死で。
いろいろ策を巡らせて自分のものにしちゃう、そのラブっぷりが可愛いです。

Hは内容も描写も普通ですが、受け様が気持ちよくメロメロにされているので満足感あります。

2

このカプ好き~(*^^*)

藤崎先生すみませんっ思っていたより面白かったです!
このシリーズ自体嫌いではないですが1番面白かったです。
時代錯誤的な性格の受様って実はツボだったみたいです。
ツンデレとはちょっとちがって、不器用なだけで自分の気持ちを知ってからは素直で
気持ち良かった。
攻様は美人系遊び人ですかね。でも実は一途的な。世話焼き女房な
性格みたいなので続編とかでこの2人の蜜月を読んでみたいです。
きっとべたべたに受様が甘やかされてるんだろうな~
このカプはちょっとひっぱりたいですね。
只、このタイトルってどこからきてるんでしょうか・・・?
受様がツンデレ過ぎて吐いた台詞かと思いきや普通に好きだと認めてましたが。

2

藤崎さんらしい

藤崎さんらしい安定感のあるお話でした。

沖谷は、大学時代から毛嫌いしていた逢坂と
同僚となってしまった。
その上、自分の性癖を確かめるために、
勇気を出して訪問した
初めてのゲイバーで、逢坂と遭遇してしまい、
そのまま体の関係を持つことに。

沖谷にとって、逢坂は軽薄で、
からかってくるのが気に入らず、
必要以上に挑発に乗ってしまう存在だったのが、
そんな相手と関係を持ってしまったことで、
2人が近づいていきます。

特に大きな波があるわけではないのですが、
ゆったり「よかったね」というお話でした。

攻の逢坂も、実は沖谷のことを大学時代から好きだったというのですが、
そんな感じを微塵も感じさせないのが、勿体なかったです。

2

天然で生真面目過ぎる受け様の初恋

大学時代の同級で、会社が合併になって再会した二人のラブストーリーでした。
攻め様は、見た目イケメンでいかにもな軽さがあるが誰とでも仲良くなれるような
明るい雰囲気のあるタイプで、受け様は生真面目で鈍感で天然と言う三拍子も
揃ったようなタイプで、美形故に、一見すると冷たく感じてしまうタイプです。

そして学生時代の二人はと言うと特に接点が無かったのに、よく攻め様に絡まれ
いつも冷たくあしらっていた苦手なタイプだと思っていた受け様なのですが
会社で同僚になり、新たなプロジェクトを二人で担当する事になってしまう。

そしてそれを前後して、受け様は従姉妹からの指摘で自分の性癖に悩み始め、
確認する意味でゲイバーへ行くのですが、そこで攻め様に偶然出会い、攻め様が
ゲイだと知るのですが、いつも何かにつけてからかってくる攻め様に嫌気がさし
逃げるように店を出るのですが、男にナンパされ危ないところを助けられ
攻め様に性癖の事を言われ、意地っ張りな性格もあって売り言葉に買い言葉で
流れで抱かれてしまうのです。

受け様は、酔った勢いから過ちを犯したと自己嫌悪しますが、攻め続き様からのセフレ発言に
キレて、一人で帰り、なかった事にしようと・・・
しかし、接点を持たないと思っていても、同じプロジェクとチームで逆に距離が近くなる
でも、仕事を通して攻め様を知ると攻め様に感じていた軽薄さが違う事に気づく。
新プロジェクトチームの親睦会後に、再び流れで抱き合ってしまう二人。
そして、いつもからかいがちな攻め様が次第に自分に対して優しくなっている事に
戸惑う受け様なのです。

でも、この受け様はホントに鈍くて天然なんですよね。恋したのも初めてだから
自分の気持ちにもなかなか気づけないのです。
攻め様の事を思って胸が痛くなるのを風邪だと本気で思っているような鈍感さんです。
でも、そんな天然さが何やらとても可愛らしいのです。

攻め様は軽い雰囲気になりがちですが、かなり一途な思いを抱いている感じなのです。
こちらは、軽さの中に、かなり必死な強引さと臆病さが垣間見えます。
受け様は天然だから、恋を自覚した途端、かなり男前な感じになります。
主役二人がなかなか好感度が良いだけに、トラブルを起こす女性の醜さがかなり怖い。
やっぱり、女はしたたかで怖いかもなんて思ってしまう展開もありました。
タイトルは気持ちを自覚した受け様の叫びですね。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ