たとえ記憶を失おうと、何度だって振り向かせてみせる。

不思議の国で会いましょう

fushigi no kuni de aimashou

不思議の国で会いましょう
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
23
評価数
8件
平均
3.1 / 5
神率
12.5%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784041202272

あらすじ

いじめられっ子の有栖はある日意地悪な御曹司に襲われかけ、古井戸に落ちてしまう。ところが井戸から落ちた先の不思議な世界で出会った御曹司そっくりの男・利人に「お前は俺の恋人だ」と言われてしまい…!?
(出版社より)

表題作不思議の国で会いましょう

利人
有栖

評価・レビューする

レビュー投稿数4

男の国のアリス

落ちた井戸の中は、不思議の国だった…。その不思議の国で繰り広げられる、不思議の国のアリスをベースにした、メルヘンチックなラブストーリーです。

絵が綺麗で、攻めの利人が受けのアリスのことを溺愛してるのが、読んでて気持ちイイです。ただ、一つだけ引っ掛かるのは、利人が、井戸に落ちる前にアリスを苛めてた御曹司にソックリなのに、すんなりアリスが恋してることです(多少の葛藤はあるけど)。だけど、あれだけカッコ良くて、あんなに一生懸命に愛されたら、ほだされちゃうのも納得ですね。
アリスが以前の記憶を無くしてたり、利人のことが好きな雫の妨害があったりで、なかなか上手くいかないけど、いつでも一途な利人に萌えます。
カッコイイ一途攻めが堪能できるし、甘々でストーリーも面白かったです。

2

メルヘンでキュンキュン❤

高城リョウ先生の絵は毎度1コマ1コマが丁寧で恐ろしいぐらい綺麗☆
今回はメルヘンチックで可愛らしくも不思議な国のアリス(*^_^*)
背景、ケーキ、お洋服、小物に至るまでまるでおとぎの国から飛び出してきような雰囲気でとても可愛くて読んでいて楽しくなってきちゃいます♪

登場人物もそれぞれとても魅力的です。有栖は可愛く、利人は素晴らしくカッコイイ!!
お茶会仲間の二人も素敵です。

記憶喪失モノなので少しばかり切ないけど、基本的にコミカルで甘々。
お話も楽しいのですが、どちらかというメルヘンベースのBLをヴィジュアル的に楽しむ、私にはそんな感じの一冊でした。

レーベル的にエロには期待してなかったのですが…見せ方がなかなかエロくて、ちょっとニンマリしちゃいました(*´艸`*)

0

表紙がキレイ!!

大好きなBL×アリスということでw

この作品は作者さまがフルデジで描いたモノのようでして。
今までの作品と少し絵が変わったかなーとか思いました。
アナログとデジタルではこんなにも絵の雰囲気が変わるんですねー(@∀@)
そして、高城リョウ先生の作品のキャラは受け攻めどっちとも男らしい、というイメージがありましたが、
今回の作品では受けが超!可愛くて❤
女の子みたいな受け大好きなので超嬉しかったです♪

絵だけでなく、ストーリーもしかりしていて、良かったかと。
攻め・利人でのアリスに対する一途な感情にキュンキュンしました❤
一途な攻め好きですbb

このお話は是非読んでほしいので、
あまり話の内容については触れませんが、
とにかく素晴らしいです!!
全力でお勧めします!!

追伸。
巻末のおまけ、「不思議の国で会いました❤」は、
利人と有栖の出会いのお話なんですがw
超笑えますw

1

表紙が気に入ったら買うといいと思う

不思議の国のアリスを下敷きにしたお話。
このお話って、下敷きにされていろんな話になってるような気がします。
こういう話を何回読んだか・・・それだけ「井戸に落ちる」「別世界」の要素はいじり易い要素なんだと思います。

しかもいじる人が「キレパパ」の高城リョウさんだし。
この本もなかなか強い思い込みに支えられた「お前はアリスだ!」と迫ってくる利人に対して、逆に「いじめられた相手に似ている」という印象もあってそんな状況簡単に飲めるわけもないけど、いじめられっ子だっただけに愛される自体はうれしいと二面相反してしまう有栖のすれ違いや、それ以前からとにかく利人が好きだった雫の存在や有栖にコナかける虎牙の存在があり、なかなか素直に行かない。

でもその割にはこの本のエッチな場面はしっかり脱いでやってたりする・・・少な目か普通か迷う程度には。CL-DXにしては結構濃いですね。

自信たっぷりにエロかっこいい利人(たぶん原型は帽子屋かな)のルックスが好みならそれだけでおすすめしておけます。表紙買いの価値はありますよ。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ