課長はカッコいい

kachou wa kakkoii

課長はカッコいい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×214
  • 萌9
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
13
得点
105
評価数
31件
平均
3.5 / 5
神率
12.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784799711392

あらすじ

彼女より男性社員を可愛がる…そんな性格は悪いけど見ためだけはカッコいい課長の榊は、新入りの武本が気になる。特に尻に目がクギづけ★
思わず酒に酔って眠る彼を襲ってしまい!?
紆余曲折の末、つきあいだすが、次はどっちが上か下かで揉めに揉め!!
そんな一筋縄ではいかない大人のらぶコメが、描き下ろしつきで登場?

(出版社より)

表題作課長はカッコいい

榊課長
武本優哉・榊の新たな部下

同時収録作品つたない恋

同時収録作品気持ちは君の掌から

岩瀬・カメラマン
佐野・メンズアパレルの通販サイト運営者

その他の収録作品

  • 課長は意気地ナシ
  • 課長は悩ましい
  • 愛の宅配便、お届けします

評価・レビューする

レビュー投稿数13

あっさりと、笑いながら読める作品

全部で3つのストーリーが入っていました。

表題のストーリーで主人公の武本くん、かわいい背丈に
かわいい顔して・・・かな~り積極的ですねw
そういうギャップが面白かったです。
なかなかにオトコマエな性格ですし。
しかもとっても素直。
課長のごまかし言葉をも、真っ直ぐ受けてますね~。
そりゃぁ、こういう素直な部下&彼氏がいたら
ひねくれ課長も変わるでしょうねw

最後の最後には、1つめと2つめのストーリーのコラボでしたねw
楽しかったです。

0

バラエティにとんだ意外性が面白かった! 新世界到来まだかな〜♡

七海先生のお話は、これで3作目なんですけど、とっても相性が良くて、読めば読んでいくほど好き度増し中。
今私の中で注目作家さんです。

今回のお話は、ある意味意外性がてんこ盛りで面白おかしかったです(笑)

内容は表題作+短編が2作品に、描き下ろしが収録されています。

『課長はカッコいい』
見た目はイケメンだけど、ドライで険悪な榊は、男性社員ばかり可愛がり、女性社員に厳しく暴言吐く化粧品会社企画部の課長。
そこへ、新入としてやってきた元気で一生懸命な武本。
細身で小柄だけどスポーツ好きで、初対面でお尻の張りには自信があるといい…榊に触るように(笑)
そのことが、課長の中で一気に好感度が増して、武本はお気に入りに。
それからというものの、何かにつけてはお尻触ってるし…。
そう榊課長は、自覚はないけどゲイなんです(笑)
俺はゲイじゃないって言ってますけど、そのケの無い人間が嬉しそうに、男性社員のお尻を触りますか⁉︎…とツッコミ入れたくなるくらいです!

こんな感じで、コミカルに展開していくんですけど、晴れて両思いになってからは、
男同士のセックスは⁉︎
続き
どっちが下をするか⁉︎
と、紆余屈折しながらも一つ問題が解決しては、次が…と落とし所も満載で面白い。

最初は、カッコいいのは見た目だけだった榊の陰険さが嫌だと思ってたんですけど、
武本の真っ直ぐな瞳に弱くて、押され気味になる課長のタジタジ姿が、カッコいい男なのに、カッコ悪くて、楽しくて、段々愛らしく見えてきてほだされました♡
イケメンなのにヘタレた男は結構好物です。

そして武本が更に可愛かった。
直球で素直で可愛くて…でも榊より男前で潔くてカッコいい(笑)
しかもプリプリおケツ♡
リバは得意じゃないんですけど、実現した時の課長のタジタジには興味があるので、この2人だったら見て見たいかもと思いました。
課長は悶え苦しみながら回避に頑張ってますけど、ここは武本を応援したいですね。
ぜひ倦怠期到来で、課長に新世界を見せてあげて欲しい(笑)

『つたない恋』
ムッツリタイプのメガネ攻 × 意地っ張りなプーロクデナシ受の不器用な恋。
本当に救いよのないロクデナシの受でした。
メガネ攻は結構好きなキャラでハム太が可愛かった!

『気持ちは君の掌から』
指先フェチなカメラマン攻 × 美人受。
一目惚れした攻様の告白シーンの行動がエロくて好き。
あとカラダを合わした次の日、攻様がつけた指先の噛み傷が更にエロくて萌でした。

描き下ろしは、本編のカプと『つたない恋』のカプがコラボしてます。
相変わらず倦怠期対策に頑張る課長と、更にその上をいく武本の言動に笑えます。
課長の努力も虚しく終わりそうな予感が…(笑)
『つたない恋』はプーな受様も宅配の仕事につき頑張っている様子で安心しました。
課長のおこぼれで、まさかのひと時を過ごせたこの2人。
幸せそうで何よりでした(笑)

バラエティ豊かで面白かったです。

1

カッコいいのは外見だけw

すごく楽しい本でした~~♪
この本、存在は知っていながら、ナゼか作者の七海さんと結びついていなくて、
今更な感じで読みました。
ああ~もう~~こんなにも楽しいならもっと早く読みたかった~~!!

表紙だけのイメージでは、
天然のカワイイ系の男の子が、カッコいい課長に恋をして頑張るお話なのかなー
そんな風に思っていたのですが、
まぁ、それも間違ってはいないのですが、
とにかく課長のキャラがよすぎる、かなーーり面白おかしいお話でしたw


カッコいいのは外見だけで、
中身は…結構、いやいや、すっごーーくどうしようもない男な課長w
こんな自己中で感情的にヒスる上司の下では、絶対に働きたくなーーい!

中身はダメダメだけど、外見はカッコいいという、いい年した男が、
若いカワイイ部下にどんどん惹かれていっちゃって、
酔って寝ちゃったその部下を剥いちゃって、動揺しながらも色々やっちゃって~~
(入れ方が分からないからとにかく擦ってとか、笑えるw
でも寝てる子相手に顔射とか、ホントやってること最低だよーーー)

部下が実は課長に片想いをしていたので、事なき続きを得て結局ふたりはお付き合い。
めでたしめでたし~かと思いきや、意気地なしでもある課長が、
今度は男相手にセックスは無理だ…と、
ぐるぐる悩み、あれやこれやとごまかして逃げる逃げるw
(酔って色々やらかしたのは一体なんだったんだ??と不思議に思うが)

色々あって心を決めて、
やっとセックスを!となったら今度は、
小さいのに実は力がある部下に上を取られそうになっちゃって、さぁ大変!!

よくもまぁ次から次へと面白く展開するもんだーというお話でした☆


見た目は小動物系のカワイイ子なのに、
中身はとても(課長なんかより全然)男らしくて潔い、
そしてダメダメな課長を本当にカッコいいと思ってる純真な部下がいい。
その部下の子に愛されて、
分りやすく性格が丸くなっていく課長がカワイイ&微笑ましいw
大好きな部下(恋人)に捨てられないように、
攻めポジションを取られないように、これから奮闘する日々なんだろうなー
幸せなんだけど、ちゃんとお仕置きも受けている感じの展開が、
なんともステキでした~~

もっと続きが読みたいなーーー☆

1

なんて逆説的?なタイトルw

確かにカッコいいんですが、冒頭のひとコマから既に面白オーラが漂うイケメン課長

怒った顔も悩んだ顔も一部の隙もなくイケメンなのに、言動がことごとく残念w
周囲へは理不尽に俺様で、明らかに男が好きなのにゲイの自覚なしの天然で、部下に掘られるのが怖くて逃げちゃうヘタレで…と読めば読むほど全然カッコよくないw

しかしどんなにアワアワしても、それなりに変顔しても、絵柄は崩れずにずーっと端正なままってところがいい。
自分を抱きたいという恋人(部下)に応えるべきか悩み、シリアス顔で色んな行動に出る課長が最高でしたw

お相手の部下くんは小柄な容姿に、課長大好き~♥な懐きっぷりが可愛らしいんだけど、
スポーツ万能、肉食系、抱かれると決めたら物怖じせずな潔さ、キレたら何するか分からん怖さ……など小動物のような外見とのギャップ満載でしたw
そんな部下くんに比べたらヘタレ感の強い課長ですが、恋をすることで周囲に優しくなったり、大人の余裕で部下くんを愛したりと、最終的にやっぱり課長はカッコいいという結論に落ち着きましたw

いつか逆転する日が来るのか。
それも良いけど器の小さい課続き長が好きなので、今後も受けに回る恐怖にビクビクしながらもずっと攻めでいてほしいw   
「毎回逆転の危機が訪れるも、あらゆる手段で後ろを死守する課長」シリーズが読みたいです。下克上を回避すべく色んなプレイやおもちゃが登場すればいいw

個性あふれるキャラクター達が本当に魅力的で、また課長と部下君の攻防戦も最後までどう転ぶか予想がつかず、楽しめました。



同時収録で読切が2作品入っていました(表題作ほどコメディ色は強くない)。
◆『つたない恋』
寡黙で硬派でムッツリ×ロクデナシ
受けはどうしようもない奴だけど、そんな生き方しかできないやるせなさも伝わってくる。
後日談では仕事にも恋人にもちゃんと向き合えているようで良かった。オチには表題作の課長×部下が出てきて面白かったw

◆『気持ちは君の掌から』
無愛想なカメラマン×アパレル会社経営者
受けがロン毛で睫毛が長く、体格は結構いいのに時々女性にしか見えなくて困った;
あんな分かりにくい攻めの愛情表現をも受け入れちゃうところが、流され受けのようでもあり、男前なようでもありw 何だかんだで相性の合った2人だなと思いました。

3

倦怠期はまだですかw

こないだの新刊が思わぬヒットだったので
衝動買いです。ガリガトウゴザイマス(*´∀`*)ノシ
表紙はあんまり好みじゃなかったんですが(コラ)これはヒット。
面白かったです。巧いっ!
なんがうまいって、攻の攻防ww
受くさい顔の部下が「なんだか攻っぽい言動」を匂わせた上で
「俺が攻めます」な攻宣言。
そっちかーーーーっ!と思わせてのさらなる逆転。
これはオイシイ。
男前な攻様が苦悩する様もまた面白かったです。
男前のデカい方。オスっぽいほうが組み伏せられる。
これがイイっ!いつか結局絆されて掘られちゃう気がするのだがな

つたない~
これも大きい子同士。
あんがい、受がこれでもっと線が細い感じのはよくありそうですが
ヴィジュアル変えるだけでも印象変わるなと思ったのはコレです。
アホな子ほど可愛いとは言いますがw

気持ちは掌から~
わかりにくいがわかりやすいw
テレテルと思えばこれも可愛いのかもしれませんな

0

倦怠期編が読みたい

表題作は、
容姿はカッコいいけど、性格はヘタレで往生際の悪い、非常にカッコ悪い課長と
チビで容姿はそれなりだけど、性格は潔く男前の部下くんのお話。
お互い、愛し合ってはいるけど、どちらも自分が攻める気満々。
受け攻めの攻防ですったもんだする二人をコミカルに描いた作品ですが、
コミカルでありながら、絵がギャグ絵に流れていないところがいいですね。
課長の榊の外見は、白目を剥いていようが、ヘタレた空々しい嘘をついていようが、あくまでも「カッコいい」ラインを崩していない。
タイトルで「課長はカッコいい」って言い切っているんですから、ここを大事にしてくれているのは、とっても好感もてます。
ぜひ、この続編で「倦怠期でとうとう逆転?」編も書いていただいて、課長を安元さん、武本を梶くんでドラマCDとか、聞いてみたいものです。

0

倦怠期が早く来ればいい、

面白かったです。笑わせてもらいました。
なんだろう、この駄目な人(課長)!
表紙のカッコつけ~なキザっぽい課長がまさか右往左往と受けに振り回される話だったとは。
しかも物凄い駄目な攻めだった。
あぁ笑った、笑った。

なんというかキャラクターがむちゃくちゃ面白かったです。
まず課長ですが、自覚のないゲイよりのバイなのか?
ドS(というか性格ブス?)と見せかけて実はとんでもなく往生際の悪いヘタレ。
・・・という印象です。
受けの可愛い新入社員の武本。
彼は男前ですね。
初心とか純で・・・とかそういう部分もありそうに感じるのに、妙に思い切りがよく行動力もあって、そしてこうだ!と決めたらまっすぐな潔い可愛い男前でした。
そして、彼は受けであっても男でした。
あ、いや、当然男なんですけれども。
男としての主張をする受け(暫定?)も珍しいかなと。

どちらが攻めるか!という部分で、課長は自分がお尻を差し出すことなど考えてもいない、自分が身長が大きいから、上司だからという逃げの姿勢に対して、ぐいぐい迫る武本君。
このやり取り部分と、課長の苦悩というか、ヘタレな思続き考回路が面白くて一番笑ったところです。
武本君の切り替えの素晴らしさを課長も見習えばいいのに。
この『潔さ』ここが課長と差があるところだよねーと読みながら思いました。

課長の逃げの言葉、倦怠期が来た時に自分が入れられる方になるから!というもの。
倦怠期が早く来ればいい、そうすればもっと面白いことになっただろう。
そうなったら課長にはただただ、ご愁傷様です。潔く受けて下さい!と笑いを堪えながら言わせていただきたいものです。
今後の結果は課長の努力次第ってことですよね!?
武本君頑張れ。

他の読み切り「つたない恋」はどうしようもない受けがちょっと好きになれませんでした。まぁ姿を消した理由はしかたがないんだけど、ここまで駄目だとなー
愛想を尽かさない攻めの懐の深さと愛情を感じる話でした。
もうひとつの読み切り「気持ちは君の掌から」は分り難い攻めが出てくる話でした。

3

性格悪いけど、なんだか憎めない

比較的常識人と、性格悪い嫌われモノの組あわせが堪能できる1冊でした!
「課長はカッコイイ」
ストレートなタイトルの表題作。
課長は潜在的にはゲイなのに、「一緒に歩いてて恥ずかしくないし、たまったらいつでもできる」という理由で女の人とつきあうようなろくでもない男。そして変人。
そんな課長が、見た目はかわいい系なのに男気あふれる武本に翻弄されまくる様がおもしろかった。
課長がナチュラルに性格悪すぎて、女子たちの陰口にイラっとなるどころか、もっとやれ!と思ってしまいましたw
でも、変人で性格悪いイヤな奴なのに妙な可愛げがあって最終的に憎めないんですよね。
武本との攻権争奪戦はもうニヤニヤがとまらなかったw

「つたない恋」
表題作とは違ったシリアス切ないテイストで、これもよかった。
早川のアカン子っぷりが・・・。そして、早川も最終的にはなんだか憎めない・・。
ずっと早川を諦めきれなかった狩野と、狩野への想いに気づいて素直になった早川の想いが通じたシーンには本当キュンキュンしました。

「気持ちは君の掌から」
何気にダメ男っぷりは、このコミックスの中でも岩瀬が一番続きなのでは。
気になってる人が他の男と仲良くしてるだけで急にキレるし、突然家まで押し掛けるし・・・。
佐野さんが面倒見いいって言っても、いいの?本当にいいの?!その男でいいの?!っていう気分になりました。お話としては面白かった。私は好きです。

「愛の宅配便、お届けします。」
「課長はカッコイイ」と「つたない恋」のコラボな描き下ろし!
おもしろかった!
「つたない恋」のカップルが本当ツボでした。早川もマジメになったことですし、きっと幸せに暮らしていくんだろうなーという感じでほっこり。

1

可愛い部下はタチだった!?

表紙の綺麗さに惹かれて購入した作品でしたが、カッコいい上司を下にしようとしてる
可愛い部下にギャップ萌えしちゃうようなお話でもありました。

主人公は無自覚のゲイ課長、女と付き合っているくせに、何故か女に以上に冷たくて
男性社員に贔屓しちゃうような課長なんですが、ホント無自覚の男好きなんです。
可愛い部下を年上の女に取られ憤慨してる部長が新しく入って来た部下の何やら
積極的な行動と、自分を慕う健気さについつい、甘やかし気味に・・・
ひょんな事から、課長宅で、家呑みした二人なんですが、酔って寝てる部下のズボンを
好奇心もあって降ろしてガン見、無自覚なゲイですから、襲う事までは出来ないけど
なんとなく、擦り擦りしちゃって・・・目覚めた時は二人ともカピカピ状態。

どうしていいか分からなくてパニック寸前の課長、しかし、意外な展開に・・・
なんと部下が自分が酔って課長を襲ったと思い、責任取ります状態で、更に告白
二人は成り行きから恋人同士に~~~
後は、無自覚ゲイの課長が部下を抱く、なんて展開にならないのがこの作品。
可愛い顔して、課長を押し倒す気マンマンな部下な続きのです。

ゲイだと自覚もしないまま、挙句貞操の危機の課長の苦悩が面白い。
部下は一途に課長が好きで、押せ押せムード全開、逃げる課長。
前半はどちらが上か下かでもめてるのですが、次第に二人の気持ちに変化が
好きなら男らしく、ケツを差し出せ!みたいな気持ちに~
さてさて結末はいかに?とても楽しめるお話でした。

1

受ける覚悟は男前度量♪

やっぱり七海さん、はずしません!!!
今回もめっさ笑かしてもらいました。
攻め受け攻防戦に、なにげに体格差もあり、大好きな要素が含まれていそうなのは予感されますが、題名がこの主人公達が初めて顔合わせした時の新人の言葉ですねv
別にカッコいいから攻めじゃなくちゃいけない、ってわけでもないのが、この作品の面白さ。
このカッコいい課長がおろおろあたふたする様が実に愉快なのですよ♪

化粧品会社に勤めており、周囲も女性ばかりのせいか、うんざりして態度が社内でもプライベートでも女性に対して態度のキツイ榊課長。
唯一の男の部下が転勤で、しかも結婚していなくなってしまったので、余計に虫の居所が悪く、そんな折に新たに配属になった新人が男の武本。
初対面で、外見を褒められ気分よくしたものの、背も小さいし、仕事はできるか心配になると、自慢のお尻のアピールに課長も武本が気に入る(!?)
そして、課長の家で飲んだ夜、ねてしまった武本の自慢のお尻に目がいった課長がさわってみたいと思ったのが運の尽き(爆!)
その欲求がエスカレートしてあんなことやこんなことやwww
しかも翌朝、目覚めた武本が続き課長を襲ったと思いこみ、責任をとって元から好きだったからお付き合いしましょう!と
そして恋人になった(?)二人なのですが・・・

きっかけやらなにやら、もうツカミはOK♪って感じです。
当然恋人になった二人ですから、その先がまちうけているのですが、積極的な武本に対して課長は及び腰。
その理由がwww
そうだよね、二人とも男は初めてで怖いんだしwためらいがあって当然。
男がお尻を掘られる覚悟というのが、こうもクローズアップされて、しかも楽しめちゃうっていうのがこの作品のいいところ。
ああー面白い!愉しい!この武本の男前がいいのです。
しかも気持ち良かったから、今度課長にもって(笑)
それを回避する課長の言葉が「倦怠期まで。。。」
倦怠期の訪れを期待する武本もまた(笑)
番外描き下ろしで他作品の『つたない恋』とリンクして、倦怠期を訪れさせないために苦労する課長の姿が描かれていてまたまた爆笑なのです♪

他の短編2本の秀逸です。

『つたない恋』は自分を好きな男に頼り切って甘えきっている駄目男が、彼とセックスできないことから逃げ出して3年。
金がなくなって戻ってきたのに、まだ自立してない覚悟のできてない男で、、というダメダメ男の物語。
やりきれない切なさが表題の面白さと打って変わってトーンが違うので、また作者さんの技量を感じます。
ハムスターがかわいいです☆

『気持ちは気味の掌から』は、アパレルネット通販のカメラマンを依頼した男とされたカメラマンとのお話ですが、
このカメラマンのむっつりデレ(ツンデレともクーデレとも?)が愉快です。
といっても、話は切な目に進むんですけどw

七海さんの絵はきれいで見やすいのもさることながら、背景が必要な所には描きこむけど、そうでないところは全く排除したり、ほとんどなかったりと、そういったメリハリが非常にコマを見やすくしていると思います。
結構セリフも多いのですが、そうした背景のシンプルさで読みやすくなっている。
あと、やはり人物の絵もシンプルになってきてますね。
お話は愉しい、絵もきれい、ほんとうにいい作家さんで作品ですっ!!

2

攻めの攻防

攻めの攻防という展開が個人的にツボなので、購入しました。

課長の榊は、新入りの武本が気にかかる。
この榊は、ゲイの自覚は全くないのですが、
女性社員には、とてつもなく厳しく、
女性社員からは嫌われている存在。

そんな2人ですが、どっちが攻をするかでもめ始めます。
でも、何だかんだで、榊が攻をするのですが、
個人的には、武本の方が男気があるように思え、
初エチの男らしさに、ついついワクワクしてしまいました(笑)

また、個人的には、短編の「つたない恋」もお勧めです。
結構不器用な2人でした。

1

タイトルのどストレートさが好きです。

単なるカッコいい上司と単に可愛い部下のBLのように見えて
・・・帯が不穏なこの本。

表紙から見てどう見ても攻めの課長とどう見ても受け(と腐的には思うはず!)な武本くん、しかも上司部下でもあり力関係は明確にも関わらず、BLの定番「攻め争い」があるのです、しかもかなり本気の。
個人的にはこういうちみっこの「俺も男です!」主張は私の非常に好むところで、実は帯はうそっこで、リバ・・・いや課長の美人受けか?受けか?と思いましたが、のっけっから「お尻触ってみますか?」なんてアプローチする武本君ですからそれはもう堂々たる受けっぷりでした。

たいしてそれに戸惑いながらそれでも無理矢理でも主導権取ろうと思って頑張ってそれでも取れない課長のかわいいこと・・・。

結局は初めて会った時から美人な課長さんに胸キュンなかわゆい新人君が攻めに攻めに攻め倒す猛烈なアプローチをずっと見続けたようなお話なのですが、いつかは攻めを貫いてリバっていいぞ武本w
あまりにも不自然な体格差だとは思うけどこの課長があえぐところ見てみたい・・・。

2

可愛すぎる課長と部下

おもしろかったです!
何度もクスッと笑わせていただきました!
前作の《ポルノスーパースター》が良かったので、楽しみにしてたんですけど期待以上でした。
七海さんは、受けにしても攻めにしても“かわいいヒト”をかくのがお上手ですね。
絵もすごくキレイだし。


ストレートに気持ちをぶつけてくる可愛すぎる部下・武本も、武本に翻弄され、一人悶々と悩む課長も、相当、可愛かったです。
確かに課長はカッコいい…んだけど、性格がどちらかというと陰湿で暗いんだよね。で、プライドだけは高いんで扱いにくいタイプ。
それに対して武本は明るくてさっぱりしてて潔くて男らしい!
恋愛経験豊富という課長だけど、本当に好きになっちゃったのは武本が初めての様です。今まで感じたことのないトキメキ(新世界)を武本に感じまくりメロメロに…。ゆえに「嫌われたくない!」という感情(これも新世界)も味わってしまうのです。
ここまでのメロメロっぷりも楽しかったけど、ここから悩む課長もまた見ものでした。
「嫌われたくない!でも掘られる訳にはいかない!」
…となるわけです。
武本の潔さで一時は丸く(?)治まってますが、今後まだまだ課長は気が続き抜けません!
武本を飽きさせてはいけないのですから…。

その手法の一つが、書き下ろしに描かれていたのですが、これも武本の潔い脱ぎっぷりで難なくクリア。
「試してみたいんでしょ?」しゅる~って…(笑)
その書き下ろしですが《つたない恋》とのコラボマンガになっておりまして、これも上手く絡ませてありました。早川くん、ちゃんと働いてんじゃん。良かった良かった。(ρ_;)


翻弄される課長と天然魔性の武本を、まだもっと読みたいキモチです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ