自分を捨てて、唯一の人に心を捧げる――そんな彼を私は想いつづけている。ヤクザと医師、宿命の片想い。

愛しい、ひと

itoshii hito

愛しい、ひと
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784796403085

あらすじ

夜、診察が終わるころ、彼は診療室を訪れる。和田クリニックの院長・基希は、その訪れを心待ちにしていた。…冷静な医師の顔で。彼は鬼虎組・若頭補佐の鹿島。極道に身をおく猛者だ。だけど、本当は若頭を想いつづける、危なっかしくて一途な人。基希はそんな人に恋をしてしまった。診療後に行うセックスは、まるで餓えた獣のよう。…だだのセフレでいいと思っていた。でも触れれば触れるほど、その関係に耐えられなくなって…。今、想い溢れだす――大人の片恋。

キリシマン祭!on MAY&JUNE開催!
イラストカード初回限定封入です。イラストカードの裏面は描き下ろしのマンガになってます♪
(出版社より)

表題作愛しい、ひと

鹿島 幸(やくざの若頭)
和田 基希(町医者)

評価・レビューする

レビュー投稿数3

受けが完全に酔ってますw

なんといいますか…。
私的にはあまり好きじゃない作品でした。

受けが、攻めとセフレという関係にいる自分に酔ってる感じで。
そういう描写とか台詞とか多々ありました。
…はっきり言って受け、ウザい((((

すみませんwww

まあ、シリアスだから仕方ない部分もあるんですか、
なんか、すっきりしないというか…。
受けも、そんな自分に酔ってる暇あるなら、さっさと好きだとか攻めに伝えてみろよ
とか
攻めも、あきらかに受けの事好きなのに、気付いてないとかありえねーだろ
とか
なんか、んー(((モヤモヤ

それも攻めが命にかかわるケガをしたことで、
なんやかんやで結ばれるんですが。
まあ、後半はラブラブな感じです。
攻めが受けにベッタベタですwwwww

2

違う人の漫画を読んでいるようだった・・・

先代からのお付き合いという長いヤクザさんとお医者さんの関係はすでに肉体関係。
実際にはお互いの気持ちが本当の愛であることは間違いないのに、
それを告げちゃいけない、あくまでも自分たちはセフレなんだと割り切ろう割り切ろうとするクーデレ同士の展開は、BLとしてありっちゃあありなんですが・・・。

凄く違う人の本を読んでる感じがしたのです。

やっぱ(≡A≡)顔とか満面の笑みがないと霧島さんじゃないような気がするのです。
普通のシリアスヤクザものになっちゃってる。

単に漫画として考えると別にカラダ書くのがうまいとかバランスがきれいとかそういう人じゃなく、ゴツッとしたアレを見せるには今のきつい規制は向いてないんで、それならこの話は霧島さんじゃない方が書いてるほうがいいんですよね・・・

でも、最終的にはちゃんと告白します。そして、それに対しての「ぱかーっと満面」の笑み・・・危ない危ない。この漫画は剣が峰でした。
これとその後のアマアマアホアホな書下ろしがないと喰い足りない所でしたよ。

シリアスが好きな方にはこの人にしては珍しくおすすめなんですが、作者買いをする人続きにとっては明らかに「霧島分が足りない」漫画です。

1

切ない片思い、すれ違う思いが消える時

ヤクザと医者の擦れ違いラブストーリーで、切なさが溢れてるお話でした。
自分の命も何にも執着を見せない攻め様が唯一心を傾けているのがヤクザの兄貴分
そして、その姿にいつも目が離せなくなっている医者の受け様。

命を懸ける程、兄貴分に片思いしてる攻め様を好きになった医師の辛く苦しい片思い
そんな二人が埋められない寂しさを補うようにセフレ関係になって4年
その関係は互いに相手に依存だけしているような刹那的な関係に感じられ
受け様は、自分の気持ちが叶うことは無いと知りながらも攻め様を求めてしまう。

そして、一見すると受け様をただ利用してるような傲慢で勝手な男に見える攻め様が
実は受け様に依存してると思っている受け様がとった行動は、自分も追い詰める事で・・
受け様の一方的な片思いのようなお話かと思えば、いつの間にか受け様も気が付かない
内に、二人の間には依存なのではない、思いが既に育っていたって言う展開でした。

攻め様の素直じゃない性格と、嫌われる事が怖くて臆病になってしまった受け様との
すれ違い的な思いが何度も二人の関係を終わらせてしまうような展開に・・・
続き
シリアスな雰囲気の中にほっとする間があったり、後半で思いが伝わりあって
ハッピーな展開になった時に見せる攻め様の甘々で子供みたいなじゃれ合いに
溢れる愛情を感じる事が出来る素敵なお話でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ