DRAMAtical Murder 通常版

dramatical murder

DRAMAtical Murder 通常版
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神16
  • 萌×28
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
115
評価数
25件
平均
4.6 / 5
神率
64%
音楽
GOATBED・GEORIDE
脚本
淵井鏑
原画・イラスト
ほにゃらら
オリジナル媒体
オリジナル
ゲーム発売会社
Nitro+ CHiRAL
枚数
ふろく
発売日
価格
¥7,800(税抜)  ¥8,424(税込)

あらすじ

※18禁
今よりずっと先の未来。
日本列島の南西に位置する碧島(みどりじま)。
かつてそこは自然と人々が共存する豊かな島であった。

しかし日本有数の財閥の1つである「東江財閥」によって買い上げられ、
島の約3分の1が豪華な会員制娯楽施設「プラチナ・ジェイル」へと姿を変えた。
最新鋭の設備を備えた「プラチナ・ジェイル」が注目を集める一方、
強引な開発の犠牲となった島民たちは「旧住民区」に追いやられ、
決して裕福とは言えないその場所での生活を余儀なくされていた。

主人公“蒼葉”はその旧住民区にあるジャンクショップ「平凡」でのアルバイトに日々を費やし、祖母のタエと二人で暮らしていた。

旧住民区の若者たちの間では、とあるゲームが流行していた。
かたやチームを作り、肉弾戦での縄張り争いを日々繰り広げる「リブスティーズ」と、
かたや仮想世界を舞台にした電脳オンラインゲーム「ライム」に熱狂する「ライマー」。
だが、蒼葉はそのどちらにも興味を示すことなく、ただ婆ちゃんとのんびり暮らせればそれでいいと思っていた。

しかし、そんな蒼葉の測り知れない所で
平穏な日々を揺るがす異変は確実に起こりはじめていた――。

表題作

その他キャラ
瀬良垣蒼葉[嘉神塁]/ 蓮[髭内悪太]/ 紅雀[沖野靖広]/ ノイズ[野次馬根性]/ クリア[佐和真中]/ ミンク[早川凛太]/ ウイルス[須賀紀哉]/ トリップ[黒井鋼]/ ミズキ[丈隆志]/ ベニ[大海原渉]/ トリ[祭大!]/ 瀬良垣タエ[西野玖海]/ 羽賀[J-一郎]/ 悪島[南部哲好]/ ミオ[野神奈々]/ 東江辰男[林檎畑四十郎]/ セイ[蒼井夕真]

評価・レビューする

レビュー投稿数6

re:codeとは違う視点のレビューです

私はドラマダが大好きで、
(今もドラマダの曲を聞きながらレビューしてるくらい)
re:codeのレビューにドラマダへの熱い想いを語っていますが、
折角なので此処では違う視点で、
各ルートの感想などをレビューしたいと思います。
ちなみに私がプレイした順番はre:code→通常版→re:connectです。
通常版ではエロシーンとgoodendとbadendを確認した程度です。
別のBLゲームでbadendがトラウマになったので、
耐性をつけるためにスチルなど多少の情報を入れてからプレイしました。
でもこのゲームはbadendがとても重要だと思いました。
badendはある意味相手が心の奥底で望んでいる願望のend、
goodendは蒼葉によって相手の世界を壊して変えたendだからです。
私が攻略した順番は、ミンク→クリア→紅雀→ノイズ→蓮です。


*ミンク*
まず始めにやっぱり思うのが、何でクラブに遊びに行っちゃったの!?
と突っ込みたくなりましたね~ホントに(苦笑)
偵察だったのかな?
エロシーンは一番多かったけど(確か3回かな?)
蒼葉がラリ続きってだったり、レイプばっかりで、
私は暴力が嫌いなので、最後まで好きになれなかったです。
*badend
まさかの首チョンパ!re:codeよりやはりリアルでうわぁとなりました。
*goodend
re:codeと違ってあっさりでビックリ。
re:codeでは蒼葉がミンクを探しまくって
切なくて健気な蒼葉に涙したのにあれ!?となりました。

*クリア*
ガスマスクだし良い意味で浮いててぶっ飛んでる
天然和みキャラだと思いました。
(ロボットと知って納得しましたが)
裸エプロンは素敵でした(笑)
蒼葉への告白、キスシーンはドキドキしました!
エロシーンではどんどんクリアが壊れて行くので泣いてしまいました。
エロ<切ないでした。
*badend
蒼葉の身体をどんどん不自由にして自分と同じにしていく
何とも病んでる感じでしたが(目と足がなくなってたし)、
何だかちょっと理解?共感?出来るなぁと思ったりしました。
*goodend
クリアが直って戻ってくるのにまた涙。
くらげの歌がまた感動でした。

*紅雀*
制作会社さんは紅雀ルートに
めっちゃ力を入れていたんじゃないかと思います。
あからさまに力の入れようが違うのを感じました(笑)
正直に言うと他の人達にも同じくらい力を注いで欲しかった。。。
個人的に竜邦も怪しげで魅力ある男だなぁと思ったり思わなかったり。
*badend
竜邦の入れ墨で狂っちゃう訳ですが、エンディング曲が本当に切ない。
*goodend
エロシーンではホントに萌え禿げました!!
あの女たらしの紅雀が蒼葉に対する自分の気持ちを認め
まるで初恋みたいに告白してセックスするシーンにはやられました!!
しかも鼻血出しちゃうとかそこがまた・・・!!
蒼葉の髪を切りたいとか素敵だな~って
独占欲丸出しなのもまた良いなぁと思いました。

*ノイズ*
もーノイズが一番大好きです!!声も大好き!!
今まで私が読んだBL漫画、聞いたCD、やったゲームの中でNO.1攻めです♡
痛みを感じず辛い過去を背負い、世間知らずでちょっぴり甘えん坊、
だけど男らしくて頼れるノイズ、大好き!!
(キモくてすみません。。。)
本当にノイズは嫌いなところがないです。
蒼葉と勢いでコキ合っちゃうのも、たこ焼きをパクっと食べるところも、
蒼葉と殴り合いの喧嘩したり、
抱き締めてわかり合おうとするところも・・・全て萌えました♡
2人の関係性も仲良し兄弟みたいで2人とも可愛かったです!!
*badend
ノイズの望みは蒼葉と一緒にいることと
痛みを感じられればそれで良い・・・
蒼葉と血まみれになって(骨も見えてた?)傷つき合うendは
とても切なかったけれど何だか共感しちゃいました。
*goodend
病室でのエロシーンも蒼葉をからかったり、甘えたり、直球なところも
また可愛いなぁと思ったし、きちんとライムで戦うのも良かった。
そして何と言っても3ヶ月姿を消してドイツから蒼葉を迎えに来るとか
何てイケメン!何て紳士!何てセレブ!
このendで全て持って行かれました!!!!

*蓮*
蒼葉の抑止力としていつも側にいたオールメイトの蓮。
一番蒼葉の愛情を感じました。
海で(理性の)蒼葉が蓮(抑止力の蒼葉)と
向き合い抱き締め合い愛し合う姿に
涙が止まりませんでした。
それに最終的には欲望の蒼葉とも手を握って仲直りして、
理性の蒼葉の中に入って、
お互い存在を許し、認め合えて良かったねとまた号泣しました。
*badend
蒼葉を食い殺そうとする蓮がとにかく怖かったです・・・
蒼葉の骨まで見えていた時はゾッとしました。。。
*goodend
蓮がセイとなって帰って来たのには驚きましたが、
ハッピーエンドで良かったです。

*ウイルストリップ*
ウイルストリップはbadendなはずなのに、
私にはそう思えませんでした!!
2人とも声がイケボで・・・
ウイルスの礼儀正しい感じもトリップの砕けた感じも大好き!!
監禁もライオンや蛇に襲われるのも二輪差しも私には萌でした!!
むしろ歪んでるけれど2人に愛されてる蒼葉が
羨ましくなってしまいました(笑)

*蒼葉*
相手によってキャラが変わるのが魅力的でした。
基本的に可愛いけど男らしくて優しくて包容力のあって大好きです♡
理性、抑止力、欲望の蒼葉、全部大好き♡


最後にストーリーに関しては、
よく練り込まれてると思いますが、
各ルートでも書いたように突っ込み所や
伏線投げっぱなしが多いとは思います。
でも伏線はre:connectで回収してるし、満足してます(エロ満載だし)
また、各キャラのbadendとgoodendの分岐の時の選択肢は
とても凝ってるし面白いなと思いました。


正直に言うとまだレビューしたりないくらいですが、
文字数制限があるのがもどかしい。
それくらい思い入れのある大好きな作品となりました♡

3

*マリン*

あやちゃん

レビューを心待ちしてたとのことでありがとうございます!
re:connectも近々レビューします!
私は完璧主義なので、隅から隅までレビューしたいみたいです(笑)
もうノイズが大好きすぎて辛いです・・・
いつもは受けばかり好きになるので、
攻めでこんなに好きになったの初めてってくらい好きになりました!!

あやちゅけ

*マリン*さま

レビュー、じっくりと見させて貰いました。
とっても心待ちにしていたレビューだったので、
読めて嬉しいです。
GOOD ENDとBAD ENDの感想が両方共書いてあるのが新鮮でした。
やっぱりノイズが一番でしたかー。
いいですよね!私も大好きですー《*≧∀≦》

ストーリーだけでも面白い!

今までのニトキラと違って、なんか明るくポップ…というのが
第一印象でした。

でも、その中でもどんどんやってくるストーリーの闇の部分、
主人公の正体・謎……。
BLというカテゴリを外しても、これはとても面白いものに
なるのではないかと思いました。
※ただ、TVアニメ版は、ちょっと不本意な出来でしたが……

どのルートが一番好きかと問われたら、
これは選びがたいです。
物語の最後の真相を暴くには、蓮ルートは必須だし、
いやでも、ノイズも好きだし、紅雀も最高だし、
クリアはキャラクター構成としては、一番だし…。

ということで、選べません><

蒼葉は、総受けでした。
(これは、好み!総受け大好き!)

ただ、ストーリーの謎の部分(特に蒼葉の謎)は、
一回クリアしたぐらいでは、これは理解しづらいのではなかろうか…と
思いました。

いや、でも楽しませていただきました。
さすが、ニトロプラスキラル!
このクォリティはさすがですね。
ほにゃららさんの絵も良かったです。
これからも頑張って欲しいです。

4

*マリン*

ドラマダをお勧めして下さり、本当にありがとうございました!!
おかげさまで素晴らしい作品に出会えました(*^O^*)
ドラマダ最高!!
ニトロプラスキラルの他の作品も気になります~
新作も待ち遠しいです♪

あなたは必ず蓮が欲しくなる


攻めの心情、受けである主人公を好きになるまでの過程や、その時々に感じる受けへ愛情、好意の気持ちが、
分かりにくく、攻めの、受けを好きという理由と、
気持ちの強さが、あまり感じることができませんでした。

淵井さん初の一人称視点らしいのですが、
そのせいかな?なんて思ったりもして・・・。

ようは、受け視点でストーリーが進んでいくので、
攻めの心情があんまり出てこない。
所々ででてくるのですが、
急だし、今まで受けの心情しか見えなかったから
「え?そうだったの?そんなことで?」という、
頭の上に疑問のマークがつくような感じ。

ですが最終的に攻めが受けに「こう思ってた」的な事をザザ〜っと言っていくわけで、そこで私達は初めて攻めの気持ちを知るわけです。
なのでなんというか、軽く感じたのです・・・。

それと、全員攻略しなければストーリーの真相に辿りつけないため、初めの方は「これで終わりかよ!?」という、
モヤモヤ感がありましたが、最後までプレイすると、
感動です。

やはりさすがニトロプラスキラル、
はずしませんね。
さすが淵井さん、腐女子続きのツボついてきますね。
萌えが止まりません。

甘さ、切なさ、悲しさ、辛さ、痛さ、
そして感動が、詰まってます。
キャラクターの性格が濃い!そして素敵!
ドラマダを攻略した人は必ずキャラクター達を好きになること間違い無しです。ハズレ無し。
声優の配役もピッタリで、よくある「これ声あってねえよ・・・」みたいにガッカリすることは無く、
むしろ腰にクるほどええ声した声優さん達ばかりで、
「これストーリー無しでキャラクターだけでもイけるな・・・」ぐらいの勢いです。


イラストを担当したほにゃららさんの絵がまた、
素敵で、今までのニトロプラスキラルのBLゲームのイラストの作風とは少し違い、アニメチックで、コミカルな感じ。
賛否あったようですが、私は好きです。

アニメ化までもっていってるだけあって、
終わった後は「おもしろかった〜」という言葉が自然にでるほど、満足のいく作品でした。


がしかし!!!
が、しかし、

エロが少なくないですか?
ちょっとそこが不満ですね・・・
モブレイプとか、異物挿入とか、あんなことやそんなことや、もっと露骨なエロさが欲しかった・・・

一言で表せば「健全」でした。
もちろん健全というのは私感ですからね!
頭のおかしい変態の私からしたら、これは健全なんです!
だから勘違いしないでください、ちゃんとセックスしてます。少ないですが、エッチシーンは萌えます。
ただ、18禁にしては、ちょぉっと、エロさ足りないかな?
と思っただけです。


だけど本当に淵井さんって才能がありますよね。(なんか上から目線)

咎狗の血をプレイしたときの衝撃は今でも忘れませんよ!
今でも咎狗の大ファン。後にも先にも咎狗ほど好きになった作品はありません(おっと、咎狗のレビューになっちゃう)

余談ですが、咎狗の血をプレイしたことがある方、
咎狗の血にハマったよーっていう方は、ドラマティカルマーダーオススメです。

ドラマダは一見明るい感じのストーリーに見えますが、意外とダークで、病んでるし、戦闘場面やストーリーの内容が
咎狗と似てます。だから咎狗好きな人は必ず好きになるとおもいます。





2

今更ですが。

いや~はまりました。
もともとNitro+CHiRALさんのゲームは大好きで咎狗からやってますが…
Nitro+CHiRALさんの作品は結構バイオレンスですね!
ストーリーも長くて、そしてなにより音楽が、作られる雰囲気が素晴らしくどっぷりハマってしまいます。


その中でもDRAMAtical Murderは元々絵を担当されてるほにゃららさんのファンだったこともあって、Nitro+CHiRALさんがほにゃららさんと!という前情報を聞いた時点で小躍りしておりました(笑)
バイオレンスすぎるのは苦手ですが、DRAMAtical Murderは大丈夫でした。


絵で躊躇していた、という意見も私の周りにありますが、それほど(ラメント)ほど長く感じないですしキャラクターもかわいい!独特の世界観。
色々楽しめると思います!!



ここからネタバレですが。。。
私はあの紺色わんこの虜なので
もう是非いろんな方に最後までplayしていただきたい!


ファンディスクで続きもでているのですよ!!今からでも遅くない!i`Ljww
主人公蒼葉の髪続きが触ると感覚があるとか色々萌える設定がありますですよ!!

満足満腹の一本です

2

ニトロでは新しいテイストの作品

ニトロキラルにしてはあまりダークなイメージもなく、コミカルなシナリオでニトロキラルにドロドロした先入観を持たれて足踏みしているのであればオススメしたいです!!

たしかにイラストはじはじめ馴染めませんでしたが、この世界観ならこういうイラストもありかな?プレイを進めていくうちに全然気にならなくなります!
後、映像の演出が凝っていこれは大絶賛です!うまい具合にカットインが入ってきたり、アニメっぽい画だけど色合いも綺麗です。
BGMも今までのニトロキラルの作品をプレイしてきた人なら馴染みのあるとこなんで、間違いないです。サントラ買いました

主人公の蒼葉がいったいどんなキャラなのかと思ったら!こんな男の子した(ショタではない)好感度のモテる子だったとは!はっきり言ってまず主人公に好感が持てないとプレイしてても辛い・・・。でもキャラの中では一番好き。

攻略順は悩みますが私の場合、紅雀→ノイズ→ミンク→クリア→隠れ

の順でやりました。

紅雀が一番はじめにプレイするなら無難かも。。。ノイズは実はかわいいヤツだし、ミンクはハードボイルド、クリアは泣きシナリオです。

続き
アニメイトカフェにも行きましたが、ドラマダに脳内クラッシュされました!!!ほんとにハマってる!

ちょっと不満があるとするならば・・・シナリオが短いwww共通√まではほぼスキップですっ飛ばせます。専用√になってからが短すぎる!!

ニトロキラルってFDあんまり出さないから今後はドラマCDに期待ですね

2

オールメイトが欲しい…!!

Nitro+ CHiRALの4作目です。(キラル盛などのバラエティーディスクを除いて)
今作からインターネット接続によるネット認証(オンライン(アクティベーション)ライセンス認証)が必須になっています。
ネット接続されたPC、またはネット接続できる携帯電話が必要なので注意して下さい。
なお、修正パッチが公式サイトより配布されています。
初回版の方は修正パッチ必須なので公式サポートからパッチをDLするのをお忘れなく!
通常版発売後にも修正パッチが出ているので、念のため公式サイトのサポートで最新のバージョンを確認した方がいいと思います。

既作でもBGM、演出が優れていましたが、今作は更にそれらがパワーアップしていました。
単純に、ゲーム画面がワイド(1024×576)になったこともあって、美麗なスチルが大きく表示されて、見応えがありました。

舞台は近未来風な日本、とはいえ、ブランド第一作の「咎狗の血」のような退廃した雰囲気ではなく、雑然としつつも活気にあふれた島が舞台です。
その島は、リゾート用に開発された『プラチナジェイル』と、主人公の蒼葉たちが暮らす『旧市街区続き』に分かれています。
旧市街区で祖母と暮らし、ジャンクショップでバイトをする、主人公の蒼葉(23歳)。
親しい友人にも恵まれ、それなりに平穏に日々を過ごしていました。
リアルで縄張り争いをする『リブ』と、仮想世界で戦う電脳ゲーム『ライム』。
流行する2つのゲーム、そのどちらにも蒼葉は興味はなかったが、『リブ』をやっている親友のミズキから、最近のリブの不穏な状況を聞かされます。
一方、こちらの意志とは関係なく強制的に『ライム』に引き込まれる『辻斬りライム』にも遭遇する蒼葉。
そんな中、祖母が何者かにさらわれてしまい、蒼葉は否応なく騒動に巻き込まれていき、やがて『ブラチナジェイル』を舞台に、さらなる陰謀、そして蒼葉自身の秘密を知ることに……という展開になっていきます。

攻略キャラは、幼なじみの兄貴分の紅雀、ライマーのノイズ、謎のガスマスク男なクリア、ドレッドでちょっとおっかないミンクの4人、+αです。
18禁ゲームなので声優名は皆さんいつものお名前とは違いますが、普段BLドラマCDを聞き慣れている方なら、聞けばおそらくわかるであろう、メジャーな声優さん方が熱演しています。
攻略キャラルートに入ってからが、思ったよりもやや短く、攻略キャラによってはずいぶん駆け足に思える部分もありましたが(そこは口で説明するんじゃなくて、エピソードで見せてください!と思ったシーンも…)、個人的にはどの攻略キャラルートもそれぞれに違った萌えがあって、楽しめました!
今回、最後の選択肢がちょっと凝っていて(ここはぜひプレイして確認して欲しいところです!)グッドエンドを見るために何回かやりなおしたりもしましたが、攻略自体はさほど難しくありません。
なんとか自力でフルコンプ出来るのではないかと……。
グッドエンドは、どれもタイトル通りにまさにドラマチックでした!
バッドエンドもこだわって作られていて、グッドエンドでは共通のEDテーマが、バッドエンドでは何故か攻略キャラごとに違ったりします。(逆じゃないのか!と思いましたww)
そして大事なエッチシーンですが、スチルの差分も多く、何より蒼葉のポテンシャル(?)が……!
こんなにエロに積極的と言うか、協力的なキラル主人公は初めてだったので、プレイしててなんだか動揺してしまいました。
ちなみに、蒼葉は総受けですw

真相ルートで、攻略キャラルートだけをプレイしていて疑問に思った部分のあらかたは解決してすっきりしましたが、それでもなお疑問に思う設定の矛盾(?)や謎は多少残りました。
その辺、あえて書いていないのか、単に風呂敷を畳みきれなかっただけかはわかりませんが、設定の細かい部分は(私は)萌えでカバーできたので、買ってよかったと思います。
満足です……!

蒼葉がいつも一緒に連れている、青い犬(スピッツ風)のオールメイトという人工生命体が、もふもふで大変可愛かったので、一刻も早く製品化して欲しいです。
おしゃべり蓮ぬいぐるみな、オールメイトが欲しいです……!!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?