左手が接吻

hidarite ga seppun

用左手接吻

左手が接吻
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×25
  • 萌12
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
59
評価数
21件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
ISBN
9784864362788

あらすじ

古書店で働いている西門の前に学生時代の後輩・高子が現れた。好青年だった昔のイメージからは一変しヤクザのような風貌に驚きつつも、再会を喜んでいたが突然押し倒され、愛の告白を受けて…!?

(出版社より)

表題作左手が接吻

高子,カタギじゃない後輩
西門,古本屋の高校時代の先輩

同時収録作品触らないで、泣いちゃうから 前・後編・甘さずどうぞ

江田,飲食店店長
阿久津京次郎,店のバイト

その他の収録作品

  • 右手に噛跡 前・後編

評価・レビューする

レビュー投稿数10

少しアッサリしてますが

2年ぶり位に山田さんの作品を読みました。
表題作シリーズの他にもシリーズ物が1作品。
どちらも攻め様の方が性格が男らしくて好きでした。
すごく強く印象に残るようなパンチはなかったのですが、表題作の方はちょっと強面だけど受け様には優しい年下攻め様は結構好み。
高校時代の先輩後輩の間柄で、受け様が卒業してからは疎遠になっていた2人なんですが、高校時代の想い出話をしている所とか、なんとなく2人ともお互いが好きだったのね、というのが伝わってきて、甘酸っぱいです(笑)。

「触らないで、泣いちゃうから」のシリーズの方は、受け様がかなり人と接するのが苦手なキャラで、ほぼ全編に渡ってオドオドしている感じなので、人によっては好みが分かれそう。
攻め様はバイト先の飲食店店長なんですが、そんな受け様をさりげなくフォローしていて優しいです(こちらは顔も男前 笑)。
トラウマがある受け様と徐々に距離を縮めたいと思っていて、ズカズカと入り込んでこないところが大人な感じでした。
でも心の裏では結構我慢している、というのが可愛いですね。

どちらのカップルもすごく甘々というのではないのでちょっ続きと物足りないような気もするかもしれませんが、そのちょっと離れた距離にクーデレみたいなところも感じられて、それも萌ポイントでした。

2

ほのぼの?

カタギじゃない人が出てくる割に、ほのぼのしてました。
同時収録作も、あんまりガツガツしてないと思います。

表題作は、高校時代の先輩後輩の再会ラブ。厳ついけど受けを思い続けてた後輩×ほんわかフワフワした先輩、というおいしい設定ですが、甘い展開はそんなになく。ただ、お互いの愛情の深さが分かるような回想ややり取りは癒しに良いと思います。山田先生の受けの切羽詰った赤面を堪能したい方には物足りないかもしれないです。


同時収録作品は、ファミレス店長×コミュ障バイト。
こちらは不完全燃焼なヶ所がいくつもありました。
受けのトラウマの根本とか。だけどページ数的に仕方ないのかな。キスシーンが色っぽかったので、そこは楽しませていただきましたが(笑)

1

うーん…

売れっ子作家さんということで
二冊いっぺんに買いました。

初めて、山田さんの本を買いました。

でも…

正直印象はかなり薄かったですね。

ぺらぺらーっとページをめくっただけで、
あとは、見ませんでした。

ストーリーも頭のなかに入ってこなかったです。

「ん?いったい何が言いたかったストーリーなんだろう?」
「登場人物ってどんなのだっけ?」
「読み返しても、全然覚えていることがない。
 思い出すことがひとつもない」

って感じでした。

人気の作家さんなのに、スミマセン…。

1

ふむ

若干薄めな印象はあるものの、
この絵柄が好きなのだ(ノ∀`)と思えば満足度も高いw←ソレデイイノカ
癒してきな意味では割と嫌いじゃない。そんな作品でした。

お話はといえば、高校の時の先輩と後輩。
突然の再会は、運命とは呼べるものではない。
一人の女を追うもの匿うもの。
結局のところ、先輩には優しくしてしまう、好きがゆえの~な後輩は可愛いというお話でした。なんだろうね、あーいう大きい子がと思うと萌えますな。
後輩が先輩のこと従順に好きとか萌えますなww
お話はあんまり濃いないようではないのだけれど、まぁ、可愛いから許す。

もういっぺん
触られることに慣れない。人に慣れない。
そんな受が・・・・と変わっていくお話。
攻に逆にギューーーーーーーーーーーが可愛かったw

2

不完全燃焼…

前2作のキャラたちの活きがよかった山田2丁目さん。
今作は私にはちょっとわかりづらい性格の人たちが主役でした。

表題作と同時収録がもうひとつの中編2作で構成されています。

【左手が接吻】
高校の部活の先輩後輩が金貸し(借金取り)と古本屋として再会する。
高子(攻)は店の金を持ち逃げした女を追う際に女の関係者に高校時代の部活の先輩:西門(受)がいることを知ります。

高校時代は仲のよかった2人は西門が左腕に負った怪我をキッカケに疎遠となり卒業してからは音信不通に。

…イマイチ受の西門に気持ちが入らず。
迫られても本気で抵抗しないってことは無自覚ながら気持ちは高子に向いているの?

経過が素っ気なくて表情も曖昧だから本心がわかりづらい。
そこに至るまでの気持ちの流れが薄い気がしました。

両想いという事実だけが独り歩きしちゃったみたいな不完全燃焼。

せっかく高子が無骨可愛いのに残念~。

【触らないで泣いちゃうから】【余さずどうぞ】
タイトルが好き。
このタイトルだけで興味持てます。

対人恐怖症なのか緊張して他人と上手くコミュニケーションがとれない阿久津(受)。

叔父に紹介され続きたバイト先の店長:江田(攻)はそんな阿久津の性格を『クセ』として理解して面倒を見てくれます。

スキンシップ過多な江田に対して人に触られるのが苦手な阿久津は最初は逃げ腰になりますが構われるうちに意識するようになります。

触られなくなると物足りなく感じたり、うろたえて赤くなる姿が可愛い!

江田もそんな阿久津を見て楽しかったんだと思いますが、阿久津が自分の事をそういう意味で意識し始めたと悟ったら『酷だろう』と距離を置きます。

その気がないのなら、それもいいけれど、苦手な知り合いに接客して萎縮する阿久津を心配しての行為とはいえ、キスするってどうよ(汗)

その後も憎からず想ってるという気持ちを告げないまま先へ進もうとすれば阿久津がビックリしても当たり前でしょー!

オッサン何してるの!?とツッコミながら読む私。気分はお母さん。

最終的に阿久津も自分から店長の首に腕をまわしていたからいいんですけどね(笑)

脇役スキーの私は叔父が気になります。
他の作品で主役はれそうな存在感なんですがリンクしてるの?
古賀×涼次でお願いしますw

阿久津の抱えるトラウマも説明ナシ。
それでも話は通りますが全体的に唐突感は否めなかったです。


1

高校生時代の続き

面白かったのはもちろんなのですが、山田2丁目さんの照れ顔や顔を真っ赤にして逢わ環っとなってる表情が大好きでして。
表題作はもちろん、同時収録されている作品でもそういう表情が大変多くて読んでいて楽しかったです。
成人男子・青少年が顔を染めて可愛いのはBLファンタジーならではの醍醐味と思っております。

大人なんですけどね、どうにもこうにも大人らしからぬ恋愛模様でした。
先輩後輩の再会物だからでしょうか?
しかも、段々と疎遠に~というよりは、攻が受を避け始めてという雰囲気のものがあったので、その時の溝を埋めるように昔を懐かしむ受とか。
どうにも、高校時代を引きずってる感がありました。
いつまでも後輩と思うな、自分が後輩と思ってる間は後輩だ というようなやり取りもあったのでそう感じたのかもしれません。

特に表題作の、西門の怪我の跡を見て寝取られたような感覚に落ち入り、挙句の果て俺のもんに傷付けてんじゃねーよ・・・まで思っておいて「アレ、これってどういう感情?」と混乱した結果逃げ出してしまった。
という部分がなんとも確かに西門からすれば「そんな理由」分り難いよ・・と思う続きのだけど、それが高校生と若かった高子には精一杯の持て余した感情の逃げ道だったのだろうなぁと思う。
西門は西門で、どーう考えても無自覚で高子に好意を持っているみたいだし。
好きの前、好きと言うにははっきりしない、友人とか後輩とかとしてのいいなぁとか、恋愛感情抜きで好きだなぁとかいう止まりの感情なぽいけれど、それよりはもおうちょぃ踏み込んだような?
ふたりともじれじれとした、あと一歩を踏み出せば関係が変わるのに、以前の問題であと一歩踏み出す前の切っ掛け待ち状態。
数年たっての再会で、高校時代に止まってしまった歩みがまた進み、理由はどんなものでもあれ、切っ掛けができて進展し、高校時代のもやっとした感情の答えを見つけることができて良かったと思うのでした。
カバー下事後のオマケだけでなんだか色々想像して、ちょっと幸せになれた気分。

『触らないで、泣いちゃうから』タイトルが好きです!
対人恐怖症&接触恐怖症なトラウマ持ちの受けの、だんだんと心を許していく過程で見せてくれる表情の変化に萌です。
困り眉だったり、表情が硬かったり、目つきが悪かったり。全て緊張から苦手意識からくる硬かった表情が緩んで、ほわ~となる変化がなんとも。
ただ、押せば(どうして触ってくるの?ドキドキ)逃げる、引けば(なんで触ってくれないんですか?)追いかけてくる・・・という受の積極的なんだか、小教区的なんだか分らない部分はちょっぴりイラっとしましたが。

ふた組ともじれったいカップルでした。
1stコミックのインパクトが未だに残る山田さん、いつかあれ以上のインパクトを与えてくれるお話を期待しています。

1

強面後輩とお人よし先輩の再会ラブ!

待ってました~!山田先生の待望の新刊です!
いつも独特の萌えを提供してくださる先生ですが、今回は後輩×先輩…!
しかも帯に『…つけ込めそうな事言うのはひでえよ、先輩』と!
こりゃー期待せずにはいられないと鼻息をフンフン荒くして読み始めました。

高校の先輩後輩の再会ものですが、古本屋で働く〈受け〉西門のもとへ、その店のお金を
持ち逃げしたと疑われる女の行き先を〈攻め〉高子が探りに来たことによって
2人は数年振りに再会します。

高校卒業以来連絡を取っていなかった彼ら。実は高子が西門への想いから
逃げていたという西門の知らない事実があったのです。
学生時代同じ部活に所属していた彼らですが、西門が左腕に怪我をしてしまったことに
よって状況が変わります。それまで「いい先輩」として西門を慕っていた高子でしたが、
傷を見たことによって『俺のもんに傷つけてんじゃねーよ』的な独占欲というか
俺様っぷりを自覚してしまい、戸惑った結果西門を避けて疎遠に…というもの。

しかし、久しぶりに再会したもののまったく昔と変わらない西門に、高子はやっぱり
想いを捨て切れず、お金持続きち去りの件も一件落着した後、2人は結ばれます。
この西門が可愛いったら…!素直で、優しくて鈍感で…。
高子への想いも、本人に『あんた俺の事好きなんすね』と言われて自覚するという!
女の行き先を決して口を割らない西門に高子が冗談で脅しをかけ、それを真に受けて
『脱ぐ』と決心したり、高子がさらっと言った『惚れた』という言葉に『あ、やばい
ちょっと嬉しい』と赤面したり…!すぐ顔を赤くしちゃう先輩に萌えなのでした!

強面の後輩・高子が先輩・西門にぐいぐい迫っていく、しかも先輩オンリーで甘いと
いうのがさらにキュン!きっとこれからも高子は西門の危なっかしさ・人のよさに
心配しつつも、お互いを大事に想い合い夢中なんだろうなーと思います!

1

このじれったさが堪らない?

高校の先輩後輩の再会ものラブなんですが、何とも展開がじれったくもありました。
受け様は無自覚で攻め様大好きだし、攻め様は先輩である受け様が今でも好きで
どこか無防備な受け様が心配でたまらない。
再会した内容は、お金を持ち逃げした女を受け様が匿っていて、攻め様がそれを
探してる、相反する関係での再会なのです。

でも、攻め様はやっぱり受け様が好きで、学生時代みたいに受け様が望む展開に
しちゃってるんですよね。
学生時代の受け様の怪我が切っ掛けでいつの間にか疎遠になってしまった二人。
攻め様はその受け様が負った怪我が切っ掛けで、思いを自覚して、逆に受け様から
逃げ出してしまう程の独占欲が怖くてなんて案外ヘタレ年下攻め様。

そして、いつも心配されお世話されながらも、無自覚で好意を受け取っていたような
鈍感な受け様、手に力が入らないから拒めないなんて理由で攻め様から押し倒されても
嫌がらない時点で好きなの丸わかりなんですけど、攻め様に言われて自覚した時の
可愛らしさは萌えでした。

0

なんだよ!コイツら♪

剃毛とかヤンキーとか、キャラクターのやりとりがユニークで注目された作家さんですが、その作品の変化が顕著に出たというか、進化途中なのか、そんな一冊になっていたような気がします。
何だかうまく言えないんだけど「チクショー!!なんだよ、こいつら」みたいなw
カプの出来あがる様は少年みたいなんだけど、関係性はすごく大人な雰囲気がします。
以前と違って、読み終わってしばらくしてから冒頭の「」の言葉が出てくるという(単に自分が鈍い?)後になってこの作品の良さがじわじわ浸食してくる感じです。

表題の関係性は嫉妬と執着な攻めと、流されているようですでに覚悟が出来ていたような受け。
高校時代バレー部で先輩後輩だった西門と高子。
高子は金融会社(街金?)なのかな?踏み倒して逃げた女を追っていたらそれが先輩の西門に関係があって、それで彼の元へ通いつめるんだけど、
バレー部時代に、西門が怪我をする事故があって、仲のよかった先輩後輩関係がその時から途切れて、今回の再会になったという伏線。
多分、高子の想いが女の存在によって再燃したのかな?
この高子が狼が牙をむいているような外見なのに、実は続き大型犬で西門に尻尾フリフリだったというそのある種の傲慢ツンデレ犬という珍しい犬種がかわいらしかったり♪
西門は男前天然風味?
まだ若いだろうに、ご隠居のような枯れ感を感じてしまうのは古本屋やってるからかw
西門の「お前、そこ揉んでも何も出ないぞ」「そんな出たら気持ち悪い」とかそんなやり取りの言葉にウケてしまった♪
カバー裏本体表紙にエッチ後があるのでお忘れなく!

『触らないで、泣いちゃうから』
対人恐怖症なのかな?接触恐怖症もある?そんな男子が叔父の紹介でカフェのバイトを。
緊張しまくっていても頑張っている彼に店長が優しく接してくるんだけど、他の人に触られるのは駄目なのに、店長に触れると嬉しい。
そんな表情の極端な変化が楽しいのだが、彼の最後に見せる積極性に超ビックリ!
ひょっとして、、?
この彼のトラウマみたいのは全く明かされることはなかったんですが、ひょっとすると彼はゲイということなんだろうか?
そう考えると何となくつじつまが合うような。。。

全体を見ると、結構色んな事情や詳しい設定はかなり省いてしまっています。
必要ないといえばそうだし、そこが欲しいといえばそうだし、
主人公達の関係性だけ見るには、きっと細かい事情設定は、ささいな事なのだろうか。


0

見た目はかわっても…

高校時代に慕われていた後輩・高子(たかね)が、すっかりガラの悪い借金取りになって西門の目の前に現れた!
見た目ガラが悪くなっても、中身は高校時代となんらかわらない高子が可愛くかった!
実は怪力な西門にはワロタw
近藤や恵ちゃんなど脇役もいいキャラしてますw

無自覚に高子が好きだったことを、西門が高子に指摘されるシーンは萌え転がりました!
いい再会ものでした!
Hシーンほぼ朝チュンなのはなんだかもったいないっ。そ…そこんとこ詳しく見たかった!!w
カバー裏に、朝チュンになるまでwのことがちらっと描いてあってニヤニヤしましたw甘やかされたんですねww・・・見たかった!!

『触らないで、泣いちゃうから』
面倒見のいい店長×対人スキル低すぎて機嫌悪くみられるオドオド系ウエイター
ちょっと触るだけでものすごい赤面する阿久津のことがだんだん気になる店長。
阿久津はもともと人に触られるのが苦手なだけだったんだけど・・・。
大人なのになんともかわいらしい恋愛でした。胸キュン!
通路で二人が抱き合ってるところを見た同僚女子の対応にはワロタw・・・ワロタ
そしてやっぱり続き涼次さんと古賀さんの関係が気になりましたw

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ