本気の恋はひとつだけ。今、確実に掴み取れ!!

ジャイブ

jive

ジャイブ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
32
評価数
9件
平均
3.6 / 5
神率
22.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784812449295

あらすじ

「俺に隠し事とは上等だ!!」。
敏腕刑事の河東一馬と、科捜研の新鋭・神宮聡志。
2年前から付き合い始めたふたりの間には、
いつも繰り広げられる攻防戦がある。
それは、どちらも『抱かれる側』には
なりたくないということ。
でも、好きな相手とは抱き合いたい…。
そんな葛藤を繰り返すふたりに危機が訪れる。
本庁捜査一課で『変わり者』と呼ばれる
謎の男前とコンビを組むことになった一馬は、
人一倍、嫉妬深い神宮が、独占欲を剥き出しにして、
男を牽制するだろうと予想していたのだが。
いつになく無反応は神宮は、どうやら一馬に
隠し事があるようで…。

<いおかいつき先生のコメント>
一馬が捜査一課に応援で駆り出されたり、
二人が喧嘩したり、新キャラが出てきたりと、
毎回のことながら、忙しくばたばたしております。
もしかしたら、今までで一番、ラブラブっぽいかもしれません。
是非とも手にとってお確かめください。

表題作ジャイブ

神宮聡志/科学技術捜査研究所所員
河東一馬/検挙率NO1の警視庁の刑事

評価・レビューする

レビュー投稿数3

ろく

シリーズ6作目。毎回事件に挑んで解決して~という流れなので真新しさはありませんが、安定感はあります。

毎度河東は神宮にしてやられていて「次は俺が抱く!」と懲りないセリフを吐くわけですが、なんだかここまでくるといおか先生も河東に神宮を抱かせる気はなさそうに思えます。というか河東はいい加減しつこい(笑)。早く諦めればいいのにと思います。

河東が新キャラとコンビを組むことになって、それに対して神宮が嫉妬すると思ったらそんなことなかった上に隠し事されて詰め寄るシーンはなんか河東可愛かったです。

ところでこのシリーズBLだからでしょうか?事件の動機にゲイ絡みが多いような気がします。二人の味方にも何人かいますし、そんな狭い範囲であちこちにゲイはいないと思うんですけどねえ(笑)。

まあここまで来たら二人に最後まで付き合います!

0

終わりよければ・・・

といっても、これでシリーズ最後というわけではないと思いますw
もう8冊も迎えて安定の神宮×一馬です♪
本当にね、回を重ねる毎にこの二人の互いを信頼しあう安定感はどっしりと増していき、とてもとても男前カプに仕上がっていて、今回はそれがより顕著に出てたような気がします。
最初のきっかけでもあり、見せ場でもある攻め×攻め攻防戦も、これもすでに言葉だけの二人の刺激的なプレイの一環になってると思いませんか♪

今回は国会議員の秘書が殺された事件で、本庁捜査一課に一馬が借りだされる事がきっかけです。
科捜研は桜田門の隣にあり、一馬は神宮の部屋へしばし居候。
本庁でコンビを組まされた、昔検挙率一位を誇った、今は抜け殻と呼ばれる一馬に似た一匹オオカミのような刑事・本条とコンビを組まされ、
権力が圧力を掛ける捜査に、いつもの独自目線で自由に捜査さする彼等。
一体この殺人事件は?という謎解きを、神宮も水面下で協力したりして、解決していくというお話は、久々に中々面白い展開で魅せました。

その中で、本条が過去から脱皮できずにぐずついていた部分を溶かすきっかけにしてみたり、
神宮が、己続きの不利益を覚悟で捜査に協力していたり、またそれは一馬も同じであったりと、二人の結びつきの固さを示していて、シリーズの中ではとてもラブラブ(彼等比w)な展開だったと思いますよv

このシリーズも一体どこへ向かいどうなっていくのか、こうなったらとことん神宮と一馬に付き合うか(笑)という覚悟でございまする♪

1

なんだかんだで甘い二人

シリーズもスピンオフまで入れると8冊目になるロングランになってくると
ワンパターンで飽きが出てくる事もあるのですが、未だに楽しませてくれる作品です。

今回ももちろん、どっちが抱く側になるかで、駆け引きしてるような感じですが
やっぱり猪突猛進型で、素直な性格の河東が子供だましのような手に毎回引っかかり
結局抱かれる側になってしまうのですよね。
1度くらいは・・・なんて思ってしまう事もあるけれど、出来そうで出来ない感じが
何となく萌え感を擽る感じがしちゃいますね。

今回の事件は政治家秘書の殺人事件を軸に、攻め様の海外研修や本庁に応援に捜査に
いく事になった受け様との、お話なんですが、いつもより甘めな感じです。
攻め様のいつもと違う様子に疑心暗鬼になってケンカしちゃったり、本庁の刑事と
即席コンビを組むことになったのに、いつもは嫉妬全開の攻め様が無関心?!
それにコンビを組んだ刑事は受け様もびっくりするほど組織から外れてる変わり者
でも、昔は受け様と同じく検挙率NO1だったりするのです。
過去を引きずってるような即席相棒の過去話や、事件の意外な真相など
続き愛話だけで終わらない読みごたえもあってやっぱり楽しめるお話でした。


2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ