Blue Rose 榎田尤利作品集

Blue Rose 榎田尤利作品集
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×213
  • 萌11
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
13
得点
125
評価数
32件
平均
3.9 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥1,230(税抜)  ¥1,328(税込)
ISBN
9784813012566

あらすじ

青山にある、看板のない『FILAMENT』。
そこでは花のオーダーができる。蘭、白百合、向日葵。
様々な花の一級品が揃っている。店で最も高価な花は青薔薇で――。
愛を売る青年、青の物語が始まる――!
(出版社より)

表題作Blue Rose 榎田尤利作品集

客:高瀬、三津井 /義父:雅弥 /親友:トオル
男娼「青薔薇」 百瀬青

その他の収録作品

  • Sleeping Rose
  • Weeds
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数13

榎田せんせーぇ!!

またまたトンデモナイ物語と出会ってしまった。古い作品に魅了されているので、どうしてか直感的にヘヴィーなものを引いてしまう。 むしろこういうズンと来るものを読みたいと思っているけれど、こう続くとなんでBLを読んでいるのかわからなくなってくるくらい、打ちひしがれてしまいます。。

ただ一人の愛を求めながら、金で買われた相手に愛を売る高級男娼・百瀬青の物語。青の客が物語の主人公と見せ掛けてストーリーに導入していくツカミが上手い。冒頭、高瀬の自宅に会社の共同経営者からご褒美として遣わされた青が訪ねてくるシーンで既に彼の存在に惹きつけられている。とにかくミステリアスで魅力のある青年なんです。

契約期間を終えると、高瀬の家で偶然青が再会したトオルって一体何者?…気になる謎を残しながら青は次の客、外科医・三津井のもとへ。SMプレイで客の望みを叶えると同時に、悩みも受けとめる青。三津井による調教シーンそのものも楽しませてくれながら、このエピソードに込められている重要な意味が後に明らかになり、登場してくる人物が次々と繋がっていきます。

トオルが通う大学の教員・小鳥遊の客となったあたりから続き暗くて重い展開になっていく感じ。この時点で一旦、わたしは耐え切れなくなって思わず絶叫しそうになりましたよ…。

「Sleeping Rose」は、青の初恋の人とのドラマが描かれています。榎田先生って、読むのが辛くなるほど激しく揺さぶられるような、こんな痛々しいお話も描かれていたんですね。読後の虚脱感が激しかった。「Blue Rose」に出てきた高瀬が再登場するんですけど、ここではむっちゃイイ男ぶりを見せてくれます。実は作中で魅力的なキャラNo. 1なんじゃないかな。

一番好きな人とはセックスをしなくても心が通じ合っているだけで満たされる。男娼を描くことでそう伝えてくる先生の手腕に、改めて脱帽です。

最後に「Weeds」が収録されていて、この小品によって救われる思いがしました。そこらへんが先生らしい読者サービスなのかもしれません。

3

独特の雰囲気

何処が良いか、具体的な点を挙げられないのですが、何となく全てが良いのです。
好きです。この作品。
物語を流れる空気感というか、全体の雰囲気が今までにない感じです。

あとがきに、主人公 百瀬青が愛を探す物語とあります。
まさしく、それです。
全体を流れる独特の雰囲気の正体はそれなのです。
特定の二人の恋愛物語ではないのです。
普通のBLとは違うのです。

愛を売る男娼の青、その愛を買う人。
そして、愛を売りながら、必死に愛を探す青。
せつないです。

ただ、最後の『Weeds』は、余計です。
これがあるために、無理矢理小さくまとまってしまった感じ。
折角の空気感が台無しです。
いらないわ、これ。
むしろ、表題作だけで良い気がします。


3

薔薇の日々の果てには……

2001年発行の「Blue Rose」と続編「Sleeping Rose」に
書き下ろし「Weeds」を加えた新装版。

看板すら出ていない青山のバーFILAMENTでは、酒だけではなく「花」も売っている。
それぞれの花の名前で呼ばれる、高級娼婦だ。
その中でも最も高価な「青薔薇」こと百瀬青は男娼、
彼は1週間、客の望むものを与える。
性的な関係も含まれるが、彼が与えるのは身体だけじゃない、愛。

美貌の青を買った若い実業家、S趣味の医師……
普通のBLのようにカップルの話が描かれるのではなく、
主人公の青を軸に、人々を描きながら話が進んで行き
やがて青の人生と過去にとらわれて破滅を願いながら生きる心が焙り出されていく。


読みながら感じたのは、デビュー作の魚住くんシリーズと同じ匂い。
勿論全然雰囲気の違う話なのだけれど、かつての榎田先生の匂いというか
今でも実は「交渉人」シリーズなどでもふと垣間見える先生の世界。

青のキャラクターが好きかどうかで、思い入れ度も作品の評価も違うように思う。
私は登場人物のそれぞれに愛おしい思いを持って読んだが続き
とりわけ青は好き……というよりも、幸せを祈らずにいられないキャラだった。


本編の10年後を描いた「Weeds」は蛇足、という意見はあるだろう。
それまでと雰囲気も違うとってつけたような不自然さは否めず、
作品を凡庸にしているのも確か。

「Sleeping Rose」のうっすらと希望が見える終わりで充分とも言えるが、
でも、雑草というタイトルが示す青の成長や
彼のはっきりした幸せのありどころを見せてもらったのは、
個人的には嬉しかった。


高階先生の挿絵は美しく、これぞBlue Rose青という感じだが
一方で他のキャラの絵は今ひとつ見分けがつかないというか印象に残らない。
実際には、それぞれ印象的なキャラクターなのだけれど。
特に最後であしながおじさんを買って出た高瀬は、スピンオフがあってもよさそう……
榎田先生は同人誌を書かれないし、ないのかな?


4

彼の「ごめんね」

 百瀬青は、青薔薇という名前で体を売る男娼です。この物語の中でも何人かの男性と体の関係を持ち、その度に心に残るエピソードがあるのですが、私は最初の高瀬との話が心に残りました。

 高瀬はゲイという自分の性癖のせいで、家族と絶縁状態のまま過ごしているのです。酒浸りの日々の中で、共同経営者でもある友人から青をプレゼントされます。
 気乗りではないどころか、青のことを疎ましく思っていた高瀬ですが、青の友人であるトオルとの再会や青の呻きなどから、彼も欠けたものを持っていることを知るのです。

 青は小学生の時からの友人、トオルを避けて会おうとしないのですが、会いたくない人に限って会ってしまうのは何の因果なのかなと考えてしまいました。
昔の青はそんな青ではなかったと、トオルは青を取り戻そうとします。友情と恋愛を取り違えた過ちでキスをしたことは、「俺がジジイになっても忘れない」というのに萌えてしました。
 
 青は時々うなされる理由、彼が男娼を続ける理由が、青の再婚相手である雅弥であることはとてもかわいそうなことに思えたのですが、青の母は何だか全てを知っていたような気がするので続きす。青が誰かと体を重ねる度に、彼から「ごめんね」と聞こえるような気がして、それは胸が締め付けられるようでした。自分を傷つけてばかりの青に、最後にトオルがいたことが、救い、一番の幸せだったような気がするのです。

2

なんだろう、不思議な感じ。

読後感が「ああ、BL読んだー!」「萌えたー!」って感じのお話ではないんですよね。
もっとなんか深い。
恋愛面よりも青の成長面の方が大きいというか。
すべては青の成長物語だったような気もします。

まず描かれるのは、高級男娼としての青。
客となる人物の望みを叶えるべく自分を変貌させていく。
客にとって居心地のいい空間を創りだす存在。
「愛を与える職業」と語る青。
それでいてどこか愛を欲しがっているのは青のようでもあって。
与えているだけではないような関係。
その危うさ、脆さはSMプレイを好む医師との間でも露呈していきますが、この医師がその一線を見極めることのできる人物であってよかったなぁと心底思いました。
青の根底にある自己否定、自己破壊願望に引きずられることなく、なんとか「プレイ」の範疇で収めることができる人物。
ちゃんと身分の証明された者だけが許される高級男娼のやりとりだからこそ、その見極めもできたのだろうなぁと。
だから、その後の荒れてからの青はその境界を超えてしまうような部分も見てとれて痛々しいです。

それから過去から連なるたった1人に縛られれい続きる青。
それは義父で青が愛した唯一の人。
青のある秘密を共有することになったことから次第に距離は近づいていき、母親の入院もあってやがてその形を変えていく。
常に愛情に飢えていた青は甘やかしてくれる存在に情を感じ、それをずっと育んでいて。
それは母親の死後、義父が消えてからも胸の奥底で燻っているもので。
だから、再会して激情のままに2人で飛び出していくことにも違和感はない。
ただ、最後の最後で義父が求め続けていたものとの相違を知ることになって。
この義父と堕ちていく感じがなかなか好きです。
どれだけ愛しても愛されなくて。
それでも…。

旧版ではここまでで終わってたんですよね。
救い…はあるのかないのか。
余韻を残したままの感じ。
個人的にはそこまででもよかったんじゃないかな、と思わないことも。

書き下ろしの部分ではその後の青とトオルが描かれているのですが。
これはなんというかちょっとそこまでの展開の雰囲気とは違う気がするんですよね。
これはこれで救いになるのかもしれないけれど。
それでも、なんだかあっさりしすぎていてしっくりこないような気もするというか。
個人的には高瀬が好きだったってのもあるのかもしれませんが。
この2人はもうあのままなのかなとも思っていたので。
もしくは、もう少しじっくり2人の関係を詰められたらよかったのかなと。

3

結末に不満はないけれど・・・

レビューの順番は前後していますが、この作品が、私にとっての榎田さん、初読みです。「Blue Rose」「Sleeping Rose」「Weeds」3編収録されています。
「FILAMENT」は花をオーダーできるバー、その中でもっとも高価な青薔薇、百瀬青。
過去と再会することで壊れていく(壊れてしまいたいと思っている)青。
その過程が重く辛いですが、そんな青を様々な立場から思う人がいて救われます。
トオルがキーになるとは思っていたので「Weeds」の結末に不満はありませんが本編の独特な雰囲気が壊れたような残念さが残りました。

2

男娼 青

自分をとことん痛めつける。
そうしないと自分を保てない。
男娼 青。
人の助けを断る男。
いつも孤独の中に住んでいる。
お客は毎回擬似恋愛だ。
人前では笑ってはいるが 心からは絶対に笑ってはいないだろう。
過去のこだわり。
心のキズはそう簡単には直らない。
義父との再開場面がこの本の核ではないか?
忘れられない男だった義父。
だが最も残酷でもあった義父。
義父は青をまったく愛してはいなかったのだ。
それから 10年。
トオルが一筋の希望の光になる事を願う。
ハッピーエンドがホッとします。

1

自分には無いからこそ欲する

blue rose、青はただひたすら立っています。
衝動に耐えて耐えてそれでも欲する。
真に何を欲しているのかは作品を読んで確認してください。
何が欲しかったのか、本人にも最初はよく分かってなかったのではないでしょうか。
それでも誰かに優しくして欲しくて、優しくしたくて、
でもそれだけでは全然駄目で……
徐々にふらふらしていく青、でもそんな中で登場人物が上手く動いてくれます。
青は強いのか弱いのか、いやきっと中途半端に強くて弱いから哀しいのでしょうね。
最後にはきちんと綺麗に立ってくれます。
キリよく終わって爽快って感じです!

1

10年かかって

10年かかって完結にたどり着く物語。

それは、物語世界の中でも、作品の完結としてでも。

約10年前に書かれた物語は、男娼「青薔薇」が「愛を売る」パートと、百瀬青が「得たかった愛」のお話。
章立てされた、ひとつひとつのエピソードでもそれぞれ完結した1冊の本になりそうな内容なのに、トオルという1本の縦糸を絡めて、青と青に関わる人たちのお話が、密接にリンクしていきます。
人間は、ただ一面的な物ではなくて、その抱える物、表に見せる物は時として、相手によってさまざまで、でも、根底にある物は変わらない。
後半、いろいろ都合よくバタバタ片付いてしまいますが、最後の書き下ろしで、10年かかって、本当に欲しかった、原初の地に、お互いようやくたどり着く。

よかった、
よかった、、、

って、この話、
私はトオルが嫌いだわ。
なので萌ー1


1

一人の男娼から見えてくる人間の脆さと再生

オムニバスの短編から構成されているような作品で、一人の青薔薇と呼ばれる
人気で高額の『FILAMENT』の男娼とどこか心に傷や痛みを抱えて弱ってる
客とのそれぞれのストーリーと、男娼本人のトラウマ的な過去が次第に見えてくる
そんな切なくも悲しくて、人間の弱さに焦点を当てた、男娼を取り巻く人間関係が
多様な形で描かれる味わい深いストーリーでした。

高瀬は実業家で、ゲイだとカミングアウトした矢先に母親が脳梗塞で倒れ、
兄にお前のせいだとなじられる、母親に対する後悔にも似た思いを抱える客。

三津井は外科医だが、サディストな性癖だが、オンオフの切り替えが出来ないタイプで
命を救う医者なのに、自分の性癖とのギャップで悩んでるような客。

小鳥遊は、大学准教授で妻を1年前に自殺で失ってしまっていて、生きる希望も
目的も全て失ってしまったような男。
この三人の客との関わり合いの中で男娼である青の過去の断片が見えてくる。
青の逃れられない過去そのままのような状況の進み具合とマッチングするかのような
3人の客との時間の流れが興味深いのです。
始めの客で青も母親と何か続き過去にあった事が伺えて、次の客で過去の痛みに苛まれ、
その痛みをすり替えるようにそれ以上の痛みを受け入れようとする。
そして3人目の客で、再生も叶わない破滅の道へのシンクロでもするように
歩き始めてしまう。
しかし、その度にいつも青を引き留めるような存在のトオルが在るのです。
過去を全て捨て去ったような青がまだ、何者にも穢されていない無垢な時に
共にいた親友がトオルなのですが、このトオルは青と最後まで係る事になります。

そしてSleeping Rose で青薔薇の青本人の切なくも悲しく苦しい過去がメインに
描かれているストーリーなのです。
青が過去に捕らわれ、心が動かない状態が一気に義父との再会で動き出す。
過去の亡霊との再会、未練、失望、裏切り、堕落、全てが噴出してしまうような
内容で一番重いストーリーなのかも知れません。
でも、ここから本当の青の再生への道が開けてくる。
そしてWeedsで、青が愛する人と未来を紡げるようなストーリーになるのです。
簡単にこの人が攻め様でハッピーラブなんてノリのストーリーではないし
痛みや重さもある作品ではあるのですが、人間の強さも感じられる作品で
奥深い内容に興味が尽きない展開で楽しめました。

3

自己破壊願望の姿として

01年からの、男娼:青を主人公にした作品を1冊にまとめたもの。
過去作品は2冊ですが、この「Blue Rose」と「Sleeping Rose」では1年後という設定もあり、主人公のあり方が多少違ってきます。
Blueでは、青の男娼としての仕事の姿と客とのスタンス、そして全編を通して道しるべとなる存在、昔の親友:トオルの登場。
Sleepでは、高級男娼としての青の姿ではなくて、彼自身の問題の話としての展開。
なのでこれが1冊にまとまったこと、そして書き下ろし「Weed」という数年後設定の現在の彼等の姿を書き足すことによって、過去のBLと現在のBLがつながった感を得ます。

初期作品集ということで、かなり主人公はデビュー作品の魚住君と似通ったモノを感じます。
あちらは、色々抱えながらも周囲に人々が集まり、仲間として擬似家族のような存在で主人公を支えていきました。
この物語も、一番幸せだった頃を知るトオルが、バーのオーナーが、白薔薇の宮乃が、客の高瀬が、彼を見守る立場として登場しています。
彼等がそっと支えながらも、立ち直るのは自分の意思と力だということ。

高級男娼と続きしての仕事ぶりの中では、実に彼は見事な仕事ぶりをします。
的確に相手の気持ちを汲み取り、それに答え、出張ることもなく、相手が「愛」を錯覚するほどに、まさに「愛」を売っています。
だけど、その中で明らかになる青の「自己破壊願望」
SMではそれが顕著に出ていましたが、あげく、自殺願望の大学の先生に付き合おうとまでしていましたから、彼の抱える何かというのは、とてつもなく深く苦しいものなことがわかります。
青も本当は愛が欲しかったのです、但し、それはある限定の人の。

最初、トオルと再会したとき青は激しい拒絶を示すのですが、「Sleeping Rose」においては親友の立場を復活させています。
だけどその反面、すごく自虐的になり、安全な青薔薇の仕事ではなく、安易で危険な売りをしている。
すごく情緒不安定な面を見せています。
最初、客として登場した高瀬が再び登場して、青の不安定さが気になり再び彼を買うのですが、一番最初のときのような思いやりや関係はなく、ただの男娼になってしまっていました。
この高瀬は今度は青のために彼を救ってあげたいと思っていたのです。
青の忘れられない人、それはトオルなのかと仕掛けをするのですが、彼等は完全な性行為をすることができませんでした。
青が一番こだわっていた人は、義父の雅弥だったのです。
話の合間合間にぼつぼつと挿入されていた青の過去、
それが詳しく明かされます。
青は、本当に雅弥を愛していたのか?いくらか疑問には思わなくもないのですが、禁忌を犯した、そして愛する母への罪悪感から来る、自分でかけてしまった呪縛だったのだと思います。

普通のBLのように、1対1の恋愛を描くのではなく、トラウマを乗り越えるための遍歴ではあるのですが、その遍歴を経てはじめて1対1になれると、そういう形をとっていたのかなと思います。

自分的に魚住君が最高峰にあるので、それに似た作品的にはそれよりは1段下がる評価ではありますが、こうした変遷、たくさんの人々が関わって主人公の人となりが、そして主人公が成長していくのがわかる展開の物語は大変好きです。(こうして見ると、交渉人シリーズは、この榎田作品のルーツに近い作品なんだなということがわかりますね)

「Weed」は、ああー!今の榎田作品だ!!と言わせる、Roseシリーズとの違いが見られますね。

10

榎田さんの書く重い話です。榎田さんワールド詰まってます。

まず本の見た目と作りが素晴らしい。

主人公が高級男娼というに相応しい、表紙の高級感と重量感、2段組み350ページ越え
そしてそれらに見合うこの価格。税込¥1,292

肝心な中身はというと、榎田さんの色々情熱が感じられた作品な気がしました。
初期作品だからでしょうか、すごく気合いというか本気度がやばかったです。
今の作風より話が全体的に重いです。

主要になる登場人物が多めなのに、この思い日常だけど現実とかけ離れた世界にすんなり入り込めたのは榎田さんワールドだからでしょうか。

普通はメインに進む2人のお話がセオリーのBLですが、これは主人公青が愛を探す物語。
もう一人の相手トオルは最初まさかの完全にモブ扱いで、改めて読むと面白い登場の仕方だと思いました笑
主人公青は高級男娼だけあって、とても魅力的でした。私も青の虜でした。完全に心酔してました。

相変わらずというか、登場人物1人1人のキャラクターが光っていて、
挿絵に出て来ないサブキャラ1人1人に物語を感じさせる書き方が本当に上手なんだなぁと改めて思います。

第2章のSMプレイのお話が少し前に続き出された、「優しいSの育て方」に通じる部分があって全然話とは関係ないところで楽しかったです。

この本見せ場が多いので読んでてお腹いっぱいになります。
一番は逃避行後の刃傷沙汰までの件なんでしょうが、私は個人的に高瀬が2回目に青を買ってトオルと青を二人にしてからのところとか、初めの方ですが高瀬母の介護のシーンとか好きかも。

そしてトオルがめっちゃ良いセリフを言うんです。
P.164上l.8 と P.164下l.6 (長くなるので本文は略させて頂きます)

小鳥遊と消えた青を探して見つけて連れ帰ろうとする海岸のシーンなんですが、
何が肝って、セリフ長いのに「。」と「、」が多いとこ。
気持ちが急いて言いたいこといっぱいあるのに感情と言葉が追いついてない必死なトオルの気持ちがすっごい伝わってきませんか。
特に個人的に「なんか、どうにも、つまんねえよ」ってとこがすごい好き。
すいません、すごーく細かいところで熱くなりまして・・・

トオルがすっごいほんと超いいやつ!こんな友達いたら最高でしょうね。

スピンオフ切実希望です。
高瀬メインの話で脇にその後の青とトオルを書いてくれたら最高です。

そういえば初版の時は義父との再会で終わってる形だったんですね。
終わりに満足出来なかった方々には榎田さんからのプレゼントのような終わり方かもしれません。高瀬さん人気なのですね笑 私も好きです。

4

痛々しいけれど、名作

私は、現実世界では悲しくなることの方が多いんだからお話くらい幸せじゃないと!、という読書嗜好の持ち主です。
しかしこの本は、何度も閉じて、落ち着かなくなる胸を整えながらではないと続きを読めませんでした。
本屋で「あ、榎田先生の新刊だー。やったー。」なんて軽ーい気持で購入し、読み始めた自分に「覚悟しときなさい!」と教えてあげたい。

主人公の青の痛々しくて、歪で、哀れな愛を求める姿にはひどく胸が痛みます。
何度も読むのを止めかけました。
最後まで読められたのはひとえに「榎田先生の作品」だから最後には救いがあるはずだ、と思えたのと、自らが幸せになるために生活できるようになる主人公の姿が見たかったからでした。

作品は「blue rose」、「sleeping rose」,「weeds」といった3タイトルで構成されてます。

blue roseでは青とお客様との絡みでお話が回ります。
青がお客様に関わり、そのお客様達を的確に見抜き、心の悩みを払っていくんですよね。
『ほうほう・・なんかそういうお悩み解決して皆に愛されるお話だったりしますかね。時々出てくる不穏な空気は無続き視してもいいかな?』と最初から願いました。

なんてったって空気が不穏すぎるんです。
一人目の時は「精神が原因で時々摂食が困難」が発覚、二人目には「SMプレイにかこつけた危険な自己破壊願望」を気付かれ、三人目だと「自殺願望者にまぎれて自分も死のうとする」んですもん。
ここらでようやく、ただのはっぴーくるっぴーなお話じゃないことを観念しましたw

さぁ、sleeping roseでは何が来るのか。
榎田先生の初期作品ならそうとうディープなものが来るだろうなぁ・・と予測はしてましたが、想像以上でした。
もうこの章は読んでいただくしかない。
かなり青くんキてます。
一番キてる時に、自分が歪んだきっかけの一つの初恋の男に再会しちゃいます。
再会しちゃったので、堕ちるとこまで堕ちます。

何度「青ーーー!!しっかりしろ!」と頬を張り倒して目を覚ましてやりたくなったか・・・青君自身がそこから動くことを望んでないのでただの暴力になっちゃいますがw

本当にこういったまだ血がダラダラと流れてるのにさらに塩やら何やら盛り込んでいく様を見せつけるお話はたいっへん!もうほんと大変!!苦手なんですが、最後の最後に青君が本音をぶちまけるシーンは涙が出てしまいました。


ここまで散々不穏な感想を書きましたが、ハッピーエンドですよ!
堕ちるとこまで堕ちますが、ハッピーエンドです!!

普段ラブラブイチャイチャなお話を重点的に読んでらっしゃる方は、心を強く持って臨んでください。
主人公はある意味半端な奴じゃありませんのでw

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ