猛き龍に傅かれ

takeki ryuu ni kashizukare

猛き龍に傅かれ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
シリーズ
アズ・ノベルズ(小説・イーストプレス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784781607719

あらすじ

真澄は中国文学の講師を務める平凡な日本人だったが、香港有数の実業家であり黒社会のボスでもある許仁甫との出会いで、自分がそんな裏組織を取り仕切る四つの財閥のひとつ、崙家の跡取りだということを知る。香港へ渡り、仁の深い愛に支えられながら、ついに六同人と呼ばれる組織の議長の座につくことを決意した真澄。だが、それを阻もうとする策士たちの陰謀が……
サスペンスフル★マフィアLOVE
(出版社より)

表題作猛き龍に傅かれ

仁(許仁甫) 香港マフィア許大老で真澄の恋人
白鳥真澄 元大学非常勤講師で黒社会の崙家の跡取り

その他の収録作品

  • 春江花月の仙女
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

受け様の成長が垣間見える

「猛き龍に抱かれて」の7年ぶりくらいの続編の登場ですね。
あまりにも前だったので、思わず既刊を探して読み直してしまいました。
大学の臨時講師だった受け様も、黒社会の一員として成長してる気がする内容で
でも、シリアスな内容なのに、攻め様である仁との関係は甘いですね。

仁と共に生きる事を決め、亡き父の後を引き継ぐ形で未来の崙家の跡取りとして、
黒社会の6つの家をまとめる議長として、日々努力をしている受け様です。
でも、今回はその議長の座を巡って受け様を排除する為の策略が・・・
そして、受け様を一生守ると誓った攻め様の受け様にも言えない苦悩が・・・

書籍のカバーイラストとタイトルを見ると思わず三角関係勃発か?なんてちらり
思ったりしましたが、今回はそんな設定ではありませんでした。
猛き龍って言うのは、もちろん仁ですが、あと一人は張ですよね。
張も受け様を狙っているのですから、仁も心配ではありますが、今回はその張の
家が問題を起こすことになります。

受け様と仁は張を最後まで信じきる事が出来るのかがポイントですね。
そして、張が大好きで子供の頃にプロポーズ続きをしてる仁の弟も登場して、主役二人
だけでなく、脇キャラも今後のストーリー展開が楽しみな形で出張っています。

受け様の両親の事故死の真相も明らかになり、受け様は次期議長としての冷徹な
判断を迫られるシリアスな展開もあってかなりスリリングな内容ですが
仁と受け様との甘い関係も目一杯楽しめるお話になっていました。
張が主役のスピンオフ作も電子書籍で出る予定とのことでしたので楽しみですね。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ