吉原艶情

吉原艶情
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×26
  • 萌5
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
54
評価数
18件
平均
3.3 / 5
神率
11.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
プラチナ文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784829625316

あらすじ

吉原を調査する特高警察の桐守は、異国人の男花魁・翡翠と出会う。蔑んでいたはずの彼に惹かれていくが、共に特高に捕らわれ……。

(出版社より)

表題作吉原艶情

男花魁 翡翠 20歳
特高警察 桐守青一郎 29歳

その他の収録作品

  • 赤い肌
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数7

異国人の陰間

ちょっと珍しい設定。でも、ラブストーリーだけでなく物語の進行がしっかりしていて、相変わらずの沙野さんという出来、非常に読み応えがあって私は大変満足しました。

舞台は鎖国時代の吉原。受けは堅物で恋をしたこともない特高。ひょんなことから売れっ子陰間、しかも異国人に助けられ、体の関係に。。
最初は反発しつつも、心の交流をするうちに引かれていく。王道展開ながら、ラブストーリーだけで終わらないのが沙野さん。
今作は、鎖国時代の政策に疑問を感じた人達が立ち上がるまでの物語が背景で進行します。攻めの翡翠はキーパーソンとなります。受けの”青さん”は、翡翠と出会うことで、恋愛でも仕事でも成長してゆきます。

少しのすれ違いはありつつも、お互いをしっかり思い合うカップルとして安心して読めます。
とらえられて陵辱される(2人とも)シーンは、痛いですが純粋にエロを楽しめました :-)

遊廓ものとしてもお勧めしたい一作。

1

閉ざされた時代を照らす火

ちるちるで評価が低いので、興味があったものの購入を迷っていました。しかし読み終わった後は思い切って買って良かったと思える本でした。沙野風結子先生の本を読むのは初めてでしたが、楽しめました。

時は昭和初期。外国を排除する国粋主義の時代。特高警察の桐守青一郎は反国家の思想犯たちが頻繁に出入りする吉原地区の担当になります。友人の政治家・三田村徳重とともに吉原を訪れた日、桐守は大見世〈鳴葉楼〉の売れっ妓男花魁の翡翠と出会います。翡翠は金髪碧眼の異邦人でした。翡翠に反発する桐守ですが、巷間で出回っている「鎖の手紙」なる反鎖国主義を訴える手紙の調査のため翡翠の力を借りることに。情報の交換で何度も顔を合わせるうちに、二人は徐々に惹かれあっていきます。
翡翠との出会いで桐守のスタンスが大きく変わっていきます。疑わしき者なら誰でもいいから連行して拷問にかけ犯人を炙り出そうとする昭島上官への疑問。特高として思想統一する側でありながら、異分子である翡翠に惹かれてしまうという葛藤。桐守は特高の在り方や自身の気持ちに苦悩します。
しかし翡翠は桐守に隠し事をしていました。それを知った桐守は裏切られたと感続きじ、翡翠を拒否します。

その頃、反鎖国主義を掲げていた政治家・鳳が殺害される事件が発生。桐守の友人・三田村が犯人とされます。立て続けに〈鳴葉楼〉の男花魁・藤乃が客に殺されてしまいます。殺人事件の捜査を通して翡翠の本当の思いを知った桐守。しかし時遅く翡翠は特高に捕らわれてしまいました。翡翠を庇った桐守も捕らわてしまい…。牢獄で二人を待っていたのは特高警察による拷問でした。


昭和初期、吉原、特高、拷問…と魅力的な要素が散りばめられたお話。それらの要素に国や時代への疑問や葛藤が加わり、シリアスで重いお話に仕上がっています。パラレル昭和設定なので時代考証はできていませんが、この時代をエンターテイメントとして描くにはこの程度で充分なのかも。「鎖の手紙」を回していたのは誰なのか、殺人事件の真相は?というミステリな部分も良かったです。とにかく物語に引き込まれます。
また花魁×特高警察官というカップリングの妙。どっちも自分の萌え要素だったのでさらに楽しめました。あえて花魁を攻め、金髪碧眼にしたのも普通の遊郭ものとずれていてオリジナリティがありました。


桐守と翡翠、二人の思いが時代の流れを変えます。
しかし個人の力では時代は簡単には動かせない。相容れない世の中で、人は何を選択しどのように生きるのか。帯文「ただひとりの人のために、火を放った」というフレーズが表す「火」は時代に何を残すのか。物語の続きが気になる終わり方でした。
死と隣り合わせの牢獄で愛を誓い合った二人に幸あれと思わずにはいられません。

2

沙野先生どうしちゃった?

薄いです。
いつもの沙野テイストを期待して読むとびっくりするほどに。
いわゆる“受が花魁”というセオリーどおりの遊郭ものでなく、攻キャラが花魁。
この設定自体はBLでは結構珍しいと思うので、話の展開次第ではもっといろいろやりようもあったのではないかと思うのですが。

とにかく、薄味。
文体も“一行ごとに文頭”という(これは文章力のない人の書き方)BLによくある書き方になぜか変えた(?)ため、余白が多く、一冊全体の文字数がいつもよりも全然少ない。
少ないせいで、人物や設定が深く掘り下げられないまま話が進み、そのままさらっと終わってしまっているという印象です。
特に、攻の翡翠はそもそも何者なのか。
日本に来た理由や花魁をやることになった経緯、またそのことについてどう思っているのかはさらっとしか触れていませんが、その掘り下げは必要不可欠だったんじゃないですかね?
登場人物に感情移入できないと、読者は心情の変化や機微が読み取れません。

全体的にいつもの、どろりと薄暗く、そして救いのない沙野風味の世界観がほとんど感じられません。
執着攻や因習やヤクザといった“濃い要素続き”が出てこないせいもあるのかな?
そのわりに、物語中盤から後半にかけて出てくる拷問のシーンがだらだらと異様に長く、やたらと陰鬱な気分にだけはさせられるので、たちが悪いとすら思いました。
そして、オチも特にびっくりするような展開も無く…。

これが沙野作品の真髄とは思いたくないです。
また、初めて沙野作品を読もうとしている人にも勧めたくないなぁ…。
おそらく編集方針として意図的にいつもとテイストを変えてきたのだと思いますが、沙野ファンが沙野先生に求めているものは、他の作者でも容易に書けるような、ライトなタッチの読み物ではないと思います。
とりあえず、それだけは声を大にして言いたい。

3

設定はドストライクでしたが……。

表紙と作者さんとあらすじ。
この三つから少々期待しすぎていたために、私はあまり楽しめず勿体ないことをしてしまいました。
というのも、パラレルとはいえ昭和初期の時代もの、しかも吉原と特高なんて設定で作者が沙野風結子さんとくれば、正直かなりヘビーな話を期待してしまっていた訳です。
勝手に自分でハードルを上げてその結果、粗ともいえないような部分が目についてしまいました。

以下、こうだったらなぁ……という無い物ねだり。

物語では、まず整合性の取れなさ。それは無いだろうと眉を顰めてしまい、入り込めなかったところがそれなりにありました。
また、肉体的には十分痛いのですがその分といっていいのか、正直精神面の重さが物足りなかったです。もっとこう、ぐぐぅっと圧迫されるような?感じ――受けの桐守が追い詰められていく様が見たかった(笑) 沙野風結子さんの「斜行線」を再読したばかりだったので、余計にそう思ったのかもしれません。
それともう一つは、脇役の扱いでしょうか。敵役としてはテンプレな上官・昭島やいい味を出していた三田村はともかくとして、藤乃や直澄など目を惹く脇役の扱いの微妙さが残念続きでした。もっとも直澄は、下僕発言の出た彼とのスピンオフが期待できるかもしれませんが。

そして雰囲気、正直いってこれに一番興が削がれてしまいました……。
といっても、遊里の艶やかな退廃だとか、特高の暗さだとかがあまり感じられなかったのは、大して気にはなりませんでした。
けれどちらほら使われる単語――警視庁やアリバイ・タクシー・光の手紙等の、時代とのそぐわなさがどうにも。実際に当時使われていたのかとか、そういう事は関係なく私は駄目でした。(まぁそもそもこの話、パラレルな訳ですが……)

結局全体として、物理的にも内容的にも少々薄かったなという印象です。
ただしこれらは読み方を失敗した、しかも濫読により刺激に対して鈍化した読者の受けた印象なので、実際そう物足りないということはないと思います。
攻め・翡翠の手慣れているようでいて結構なワンコっぷり&受け受けしさだとか、そのまっさらさ故に(笑)素直に落ちてしまった、桐守のいやらしさだとか。私も十分美味しくいただきました。

過剰な期待を持っていなければ、評価はおそらく萌×2だっただろうとは明記しておきます。

0

発想は神!しかし、好みとなると…

タイトル『吉原艶情』でとある映画を連想し、【たった一人のひとのために火を放った】ではとある浄瑠璃芝居を連想して勝手にイメージを膨らませ過ぎたのがいけなかったのかしら…。
ニュアンスの違いに戸惑ったまま読完…。火は火でもそっちかい(゚∀゚ゞ)その発想はなかったw
様々な要素を一つ一つ見ていくと、魅力的なお話なのには間違いないのですがね。
今回は自分の好みではなかったようで中立とします。

パラレル時代作品で吉原遊郭が舞台という設定に付け加え、特高や鎖国主義などの時代背景を匂わすアイテムを盛り込んだ部分に関しては素晴らしいと思います。
しかしながら、ストーリー展開とCPに関しては、私の好みではなかったようで萌えることはなかったです。その辺りは、どうしても個人的な好みが出て来てしまうので評価とし ては難しいところです。

とにかく鞭が大好きな輩が出現します。何気に出現率高しw
どんだけ鞭好きなのよッ!てぐらいビシバシと。何気に長いしw
う~ん、ビシバシ描写の肉体的な苦痛よりも、もっともっと精神的な苦痛を見せた方がエンドに向けてジンワリと響いたんじゃないかと。

男花魁続きがひたすら攻めな作品は私には初めてでして何だか新鮮でした。でも、やはり花魁には受けでいてほしいです。年齢設定から考えると抱く側が自然的なのかもしれませんが。
私個人の意見で恐縮なのですが…翡翠は作風にうまく滑り込まないキャラというか、何というか…。
もう少し違ったキャラ設定ならなばビシバシな拷問シーンも更に盛り上がり、桐守に対しての愛情みたいなものを、もっともっと全身で感じ取れたのでは?と思います。
そんな、翡翠が桐守に対して好意全開剥き出しモードだったところも、ちょっとなぁ…。
時折、見せる凛とした強さみたいのも感じますが基本はワンコな彼でした。

一方、桐守は男前で思想を統一するために送りこまれた特高ということでその雰囲気をとても良い具合に醸し出していたと思います。
特高としての自分と、異分子とされる翡翠を求めてしまう自分とのせめぎ合い。
難攻不落と思われるような桐守がたった一人の男のために火を放った。
心を悩め痛めて導き出した桐守の答えにスポットをあてるならば、とても素晴らしい良作品だと思います。

桐守の「貴様」という二人称が堪らんですw拷問中の蜂蜜プレイもビシバシの緩和剤となってくれて楽しかったです( *´艸`)
魅力的なサブキャラが登場してきますので、そちらも気になるところです。
特に、直澄!!翡翠の極上客。思った以上に良い子だったので直澄の番外編を是非とも読みたいなと思いました。

0

清廉潔白堅物男が愛した男花魁の本当の顔は?

鞭打ちがかなり頭に残るストーリーでした・・・そうです拷問です。
個人的にこの手の拷問系は苦手なんですよ。
いくら内容的に良くても、SMとはちょっとニュアンスが違う拷問は萌え下がります。

お話は特攻警察の受け様と、男花魁との己を犠牲にしても相手を助けたいなんて言う
内容だと思います。
それに、民主化運動や反政府運動などを背景に、吉原を担当していた受け様と
金髪碧眼の年下攻め様との愛と、推理的要素を取り入れたシリアス系のお話です。
内容は悪くないと思うんだけど、個人的趣味からからは若干はずれました。

2

炎の手紙が人々を立ち上がらせる

思わず五社映画を連想させる題名で、似たような題名の作品は他にもありましたが、なるほど!そちらだったか。
炎上と艶情のひっかけでもあり、たしかに物語は炎上がきっかけで事態が変化するのです。
そして吉原といえば遊郭でありますが、ただの男娼と客のしっとり刹那モノではない。
しかも思想統制というバックグラウンドを持ってきたために、その中に嗜虐趣味のサディストや裏切りやら嫉妬や憎しみも入り、一筋縄でいかない物語。
クライマックスは、本当に肉体も心も痛いです!

昭和初期を連想させる、国粋主義に国が走り、外国を排除して思想統制をしようと鎖国主義がはばをきかせる時代。
その取締を行う特高警察に抜擢されて3ヶ月目の警官・桐守は、女性の経験も全くないのに思想家が潜り込みやすいからという理由でマークされている遊郭のある・吉原の担当になってしまったために、友人の三田村に頼み現地を案内してもらう。
しかし、その晩泥酔して寝込んでしまったらしく、気がついたとき見知らぬ場所で、翠の瞳に金色の髪の男花魁の翡翠に手淫でイカされてしまう。
羞恥と怒りで、その場を出るのだが、巷で出回りはじめた「鎖の手紙続き」と呼ばれる反鎖国主義を訴える手紙が出回りはじめたことから、情報収集に翡翠の協力が不本意ながら必要になっていき、翡翠も惜しみない協力を申し出てくれるようになるのです。

そんな下地の中で、桐守の自分の特高警察としてのありかた。
嗜虐趣味で、ムチを使う鬼畜な上官が時代の象徴として出てきますが、彼が人身御供を欲するために、罪もないものがとらわれていく様を見て、取締のはずの桐守がそのものを捉えるのではなく、いつの間にか守るスタンスを取るようになっている。
上官と統制のあり方に疑問を抱きながら、職務に苦悩し
そして、翡翠との接触により同時に彼を好きになっていく気持ちもあり、仕事との板挟みが、
翡翠が男娼であるから、その相手への嫉妬もあったり、そしてその感情はおしこめなくてはならなかったりと、
桐守と翡翠の苦しみは半端ないものがあります。
それが様々な障害が立ちふさがるので、だんだんと求め合う気持ちがありながらも、突き放す桐守の姿が痛々しくて、、、
しかし、彼は最後まで筋が通ったまっすぐな人でゆるぎなかったのが、よかったでした。

翡翠がどうしてこんな敵対するような桐守に好意的なのか、だんだん好きになっていくような様子がみられるのが謎ですが、不思議に思う気持ちより物語に引き込まれる力の方が大きくて、それはそれで納得してしまうのです。
ミイラ取りがミイラになる的な部分が二人にあったのかもしれません。

萌を担う部分は残虐な上官の鞭打ちでの興奮を示す様でもありますが、拷問のシーンでもあります。
そして、一人とても重要な人物がアッと驚く転身を遂げて登場してまいります。
かれもまたサディストなのでしょうか?
これは面白い部分なので秘密にしておきましょう♪

こうした時代物めいた警官モノはともすれば耽美に走ってみたり、どうにも頓珍漢になる部分が目に付いたりしてしまうのですが、
それが遊郭を絡ませながらも、男娼が攻めであるという設定もさることながら、ユニークに飽きさせない展開で進められる点は、
いろいろがてんこ盛りにあれもこれもと欲張り丼状態なのに、散漫になってないのはさすがと思います!
主人公のタイプに萌を感じるとかそういうのはないのですが、物語としての面白さを評価したいと思います。

ただ、一箇所間違っている部分がありました(涙)翡翠と藤野を間違ってる場所が・・・!?これは速攻訂正するべきでしょう。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ