人生はバラ色だ 2

人生はバラ色だ 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
桜桃書房
シリーズ
Gust comics(ガストコミックス・桜桃書房)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784756713018

あらすじ

弥生は関係を迫ってくるホモの巨金持ち・カズと一回五千円の代償でキスを交わしている。何故カズが自分の事を好きなのか分からない弥生の前に、自分に瓜二つなカズの昔の恋人・沙月が現れて…。

表題作人生はバラ色だ 2

城多見グループの会長・城多見和人
1億円の借金持ち・宮代弥生

その他の収録作品

  • SAY YES 番外編

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ケンカップルの危機というか、ついに完結!

第二巻なのに、なかなかラブラブ度が進行しません。
それが二人らしいと言えば、らしいです。

カズが自分を好きな理由がまだわからない弥生の前に、弥生と瓜二つの男、カズの昔の恋人・沙月が現れて……。

バリ島ペア旅行が当たって、ラブラブ旅行になるかと思えば、いつもの二人です。
そんな余裕があるわけもなく、事件に巻き込まれます。
帰ってきてからもそんな余裕があるわけもなく、弥生そっくなりなカズの昔の恋人の所為で一波乱。
ケンカップルらしいまとまり方で、弥生でなくてはダメだったという理由も聞けて、満足な終わり方でした。
何度も読みたいというような面白さや感動がないので、楽しかったことは楽しかったんですが、いま一歩物足りなかったです。

SAY YES 番外編
城多見の父親×俊哉(いまは息子の秘書)
本編でカズの秘書をしていた俊哉の過去の話です。
城多見父が不器用だけど愛していたというのですが、やっていることも言っていることも、ただの鬼畜としか感じられません。
調教のように無理矢理に言いなりになるように躾けたしで、ラブが感じられませんでした。
俊哉も好きだったとい続きうのも更に解らずで、番外編よりは本編のその後の方が個人的には嬉しかったです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ