小説b-Boy (ビーボーイ) 2012年 07月号(雑誌著者等複数)

shousetsu b-boy

小説b-Boy (ビーボーイ) 2012年 07月号(雑誌著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
発売日
価格
¥848(税抜)  ¥916(税込)
ISBN

あらすじ

7月号は「木原音瀬特集」特別ふろく小冊子つき!!!!

【小説】
御堂なな子×高峰 顕
桂生青依×緒田涼歌
ななおあきら×芥 ミチ
吉田ナツ×陵クミコ
比奈咲カオル×小椋ムク
鈴木あみ×香林セージ

【コミック】
ウノハナ
宮本佳野
南川ぺと
その他豪華執筆陣!

(出版社より)

表題作小説b-Boy (ビーボーイ) 2012年 07月号(雑誌著者等複数)

いろいろ
いろいろ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

小説雑誌は初めて読みましたが

小冊子に惹かれ、初めて小説B-BOYを買いました。
雑誌だと今まで漫画版を買っていたことがあるのですが、
小説は初めてで、「どれどれ」読みましたが、
なかなか楽しめました。

中でも、ななおあきら×芥 ミチの小説が面白かったです。
大学生の周は、
子供のころの影響で、夜になると男とエチをする妄想をしてしまい、
別人格になってしまったかのように発情することを悩みに思っている。

或る時周が困っていたときに助けてくれたのは、同じ大学に通う崎谷。
周は、崎谷のことが気になるようになるのですが、
自分の二重人格にも似た悩みがあり、崎谷にもうまく接することができません。

で、しょんなことから、周は、崎谷の家においてもらうことになるのですが、
夜になると、発情してしまい・・・

というものです。
読んでいて、最後まで、なんで周はそんな風になってしまうのか?
家が旧家という設定なので、何か、お家の憑き物系?とか
思いつつ読み、最後まで、興味が尽きませんでした。

この作品を読めただけでも、儲けものかな♪と思います。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ