リンゴに蜂蜜

ringo ni hachimitsu

リンゴに蜂蜜
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神20
  • 萌×212
  • 萌7
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

298

レビュー数
7
得点
172
評価数
43件
平均
4.1 / 5
神率
46.5%
著者
作品演出・監督
土屋雅紀
音楽
鈴木潤一郎(選曲)
脚本
前川陽子
原画・イラスト
秀良子
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
73 分
枚数
1 枚
ふろく
外付け特典CD:おしゃべりCD
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

松田夏樹・大学2年生…ゲイ。付き合っている男に突然結婚すると言われ、年下の男に唐突に「カレー部入んない?」と誘われた。寂しさも哀しみもカレーが大好きなアイツが現れてから少しずつ幸せへと形を変えていく――。恐れを知らないチャラい後輩・コマノ×自分に自信のないメガネ先輩・夏樹のすごく甘くてちょっぴり可笑しい、ラブな物語がついにドラマCD化!

表題作 リンゴに蜂蜜

コマノ → 前野智昭

松田夏樹 → 日野聡

その他キャラ
中田[松本忍]/ 友人[高橋英則]/ 男子[小田久史]/ 子供夏樹[菅谷弥生]/ 山田[松本健太]

評価・レビューする

レビュー投稿数7

日野さん受に開眼する

原作既読。
先日聴いた日野さん受が良かったので、もっと他のを聴いてみたいなー、ということで購入。
コマノ(前野さん)も夏樹(日野さん)も原作のイメージを壊すことなく、とても自然な感じで良かったです。
ただ、原作が独特な雰囲気のある作品なので、微妙な表情の変化やシーンなど、原作を読んでいる、もしくは読みながらでないと理解しにくい部分があるんじゃないかな、と少し思いました。

チャラチャラしてるけど真っ直ぐな性格の青年を演じる前野さんと、恋に臆病な後ろ向き青年を演じる日野さんはとても相性が良いのではないでしょうか。
愛情には飢えてるけど臆病な夏樹には、コマノのような直球系がぴったり。
しっぽ振って甘えてくる年下男にほだされて、よしよしと可愛がる姿にたまらなく萌えました。
声質も少し似た感じがあるというか、所々どっちがどっち?となってしまいましたが、逆にそれが年の近い大学生という設定に合っていて自然な気がしました。

前野さん攻は安心して聴いてられるので言わずもがなですが、日野さんの受に本格的に嵌りそう……。
吐息混じりの控えめ喘ぎがものっそい好みで、コマノじゃないけど続き思わずがっつきたくなるような色気を孕んでます。
そしてキス音がやたらと湿ってて、妙にエロい。
激しい絡みはないですが、このSEによる満足感は半端ないです。

特にドラマチックな展開はないですが、日常系のお話が好きな方は気に入るのではないかと思います。
気軽に聴けるのでリピ決定。

3

とにかく二人ともかわいかった!!

日野さんは個人的に攻めのイメージしかなかったのですが、
このCDを聞いて「日野さん受けもいいな…」としみじみと思いました(笑)
乙女ゲーム等で最近は低い声ばかり聞くようになってたので、高めのトーンの日野さんはレアでは?
対して前野さんですが相変わらずの攻めでよかったです…!!
人のことを振りまわしてるようで、でもワンコで、でも攻めるところはがっつり!!
絡みシーンは少なめ?のように感じましたが、まぁその時の二人の息ぴったりの演技に脱帽です。
どちらかの声優が好きな方はぜひ聞いてほしいです!!

4

原作をよりリアルに

原作既読です。
こちらのドラマCDは、
・『リンゴに蜂蜜』
・『彼のバラ色の人生』
上記2冊のコミックス分が1枚となって収録されています。

原作の『リンゴに蜂蜜』を読んだ時はそれほど作品に面白みを感じなかったのですが、暫くして『彼の~』を読んだら物凄く面白くて。
ドラマCDの配役を見たら、夏樹は日野聡さん、コマノは前野智昭さん。

実は日野さんのお声は聴いた事が無くて、どんな感じだろうと思いつつ聴いたら、もう正に「夏樹」そのもので感動しました。
ゲイであるが故に堂々と出来ない自分。それは過去に「女みたいだ」と馬鹿にされた経緯があるからで、それが高校の時にはっきりと自覚し、更にそれが強まった。
繊細ですぐ考え込んで一人になって。
そういう気難しい性格の夏樹は、本当に日野さんしか有り得ないんじゃないかと聴き終えてそう感じたのです。

一方、前野さん。
お調子者で、こうと決めたら割と突き進むタイプのコマノを、かっこかわいく演じています。
最初は単に興味があっただけの存在だった夏樹を、見て追い掛ける内に自分のものにしたくて堪らなくなって、自分の物にしても結局も続きっともっと知りたくなって。
そういうちょっとお馬鹿な所を前野さんが演じると、凄く際立って面白かった。
特に原作でも目立っていたモノローグ、「どこでもかしこでもひん剥いて突っ込みたい」は名台詞だなぁと♡
コマノ目線で進んでいく回は本当にコマノがそこにいる気さえして、ちょっと友達と話してる夏樹を見るだけで嫉妬するとか、もう止まらなくなって構内で致すとか。
強引だけど一直線なコマノを、前野さんのお蔭で益々好きになれました。

最後、おしゃべりトークCDにて。
大人しめな夏樹を演じた日野さんに、何も考えない一直線なコマノ役だった前野さん。
実はお互いの性格は、相手が演じた役に近いとのこと!
割と夏樹寄りなのが前野さん、コマノ寄りなのが日野さんらしく、それを聞いた瞬間何故か二度美味しいみたいな感覚になりました(笑)


是非こちらのドラマCDは、『リンゴに蜂蜜』『彼のバラ色の人生』2冊両方を読んでから楽しまれるといいと思います♡

3

なんかかわいい。

自分の性癖やらのせいで自信が持てない夏樹と、そんな夏樹が気になってしまったコマノの物語。
夏樹がなかなかにぐるぐるしちゃうタイプで、まぁそれもこれまでに性癖のこともあっていろいろと悩んだり悲しい思いとかしてきたからなんですが。
自分の中に全部押し込めちゃうというか、周りに気を遣ってるような感じもあって。
下手するとウジウジしてるだけになりそうなのに、なんかわりと好きなタイプです。
ちょっと卑屈な感じのところとか。
一方のコマノはどっちかっていうとチャラそうな雰囲気。
でも、夏樹に対しての接し方はそうでもなくて。
いや、口調だけ聞いてるとチャラくも聞こえなくないけど、それでもちゃんと夏樹のことが好きなんだろうなと思える部分もあって。
夏樹がもっとそこを信じることが出来たら不安にならずに済むんだろうな、とか。
途中、コマノを犬に例えるシーンがあるんですがそのシーンの前野くんのコマノ犬が非常にかわいかったです。
あと、チャラい感じのヒャハハって感じの笑い方もスゴイ似合ってた。
日野くんの夏樹も口調とかかわいくて好きです。
えちシーンの2人もステキだったv

ただ。続き
コマノの母親が登場するシーンだけ、なんかほかのシーンに比べると違う感じがするというか…。
話の流れ的に母親が登場すること自体は自然な流れなんですが、その母親のテンションがそれまでの物語のトーンからちょっと離れた感じだったので驚いてしまいました。
原作を読んでないのでなんともいえないんですが、原作でもあんなトーンの母親なんだろうか。
それとも、物語がもっとうまく繋がれてたのかな。

3

10代の性欲と熱情、なめんな!(笑)

 原作既読
 
 なんでしょうか…日野聡さんと前野君がすごく良い。
 現在進行形にツライ夏樹。過去もいじめや差別を受けていて。
 心の奥底で自分そのものを自分一人を愛してくれる男を探していた。
 現れたのは、何を考えているか全くわからない後輩コマノ。
 気が付いたら落とされていた。
 その落差に戸惑う日野さんの夏樹がすごく良い。
 乙女なモノローグと表面冷静さを装うクールな会話。
 一方、逆にとんでもないラインで突っ込んでくる前野君のコマノがワイルドで無軌道でカッコイイ!
 両想いになってからの歯止めのきかなくなったコマノの性欲と熱情が眩しすぎる。
 夏樹も圧倒されほだされてしまうよな。若いしなあ…いいなあ…
 後半は人と付き合うことの責任について。相手の人生を背負うって片想いよりはるかに大変なことだけど。
 でもだからこそ、素晴らしい体験なんだと二人が教えてくれる。
 友人たちもとても存在感があって、いい味だしてます~。
 可愛かった…

 Cab vol21 号に秀良子先生のアフレコレポートと声優の皆様のキャストインタビューがのっています。こちらも続きおススメ(*^。^*)

3

原作片手に!

大大大好きな原作のドラマCDということで、発売が決まってからまだかまだかと
楽しみに待っていた作品です。
最近好きな作品のドラマCD化ラッシュで嬉しい限りです!
好きな作品を好きな声優さんたちの素敵なお声で堪能でき、仕事の疲れなんぞ
ぶっ飛びます。ありがとうBL~♪(笑)

原作読みながら聴こう!と原作『リンゴに蜂蜜』を用意していたのですが、
まさか『彼のバラ色の人生』まで収録されているとは!
それを知らなく、「彼の~もドラマCD発売されないかなぁ~」と思っていたわたしは
くーっ!わかってるネ!ありがとう!と大興奮でした。

キャストの感想です。
コマノ:前野さんは東雲月虹さまのレビューでも書かれていたのですが、
もっと軽く、もっとチャラい感じでも良かったかなぁなんて…!
とってもとっても素敵なんですが、ちょっと物足りない!
しかし、最初はんん?と違和感が多少あったものの、聴き進めていくと
前野さん=コマノとしてイメージが固まり、『うはは』『うひゃひゃ』など
コマノの笑い声に萌えました。夏樹へのわんこ具合が可愛いです。

夏樹:日野さんは夏樹の繊細続きさが上手く出てました!夏樹の静かな泣きがいいですな~。
ぐるぐる1人で悩んで抱え込んで、でもやっぱりコマノが好きで。
そんな夏樹が上手く表現されていて、夏樹の心情の語りも良かったです。

原作に忠実で素敵な作品でしたが、音声だけではちょっと萌えが足りないかもしれ
ません。音声なので仕方ないのですが、原作の素敵な間というか、じわじわとくる
きゅーっと締めつけられるようなドキドキをもう少し堪能したかった!
なので、もしこれから…という方がいらっしゃいましたら、原作を読みながら聴かれた方が萌え倍増かな?なんて勝手に思ったりしています。

2

ぶたりん

東雲月虹さま…ではなく、東雲月虹さんで失礼します!
初めまして!いつも楽しくレビューを拝読しております。
あたたか~いコメント、ありがとうございます!
コメントなんて頂いたのは初めてだったので、とーっても嬉しいです♪

前野さんの年下攻めたまらんですよね!
とっても素敵なお声なんですが、東雲さんのおっしゃる通り前野さんの誠実さが
終始出たコマノで、もっとチャラさが欲しかった!と東雲さんのレビューを拝読して
そうそう!と共感させていただきました。
秀先生の作品は、登場人物たちの表情・間の表現がすんばらしいですよね!
東雲さんのレビューはまさにわたしの気持ちを代弁してくださってまして!(笑)
わたしも原作に萌えまくって大好きで音声化もとっても楽しみにしていたのですが、
よくできているんだけども…大好きであるが故にちょっと期待しすぎたかな~と正直思ってしまいました。

東雲さんも、夏バテ等に気をつけてお過ごし下さいね♪
あたたかいコメント、ありがとうございました!

東雲月虹

ぶたりんさん、初めまして!東雲です。
『東雲月虹さま』なんてとんでもねぇ!!と思いながら、
チャラさ加減について同意していただき、嬉しくなりコメントさせていただきました☆

前野さんの年下攻めはたまらないですよね!
まさに『うひゃひゃ』が可愛かったです♪
日野さんは、ずっと傍にいてあげたくなるような感じの夏樹が本当に素敵でしたね。
私はコミックスを見ながらではなく聴いたのですが
(脳内では展開していました)
ぶたりんさんのおっしゃるとおり、次に聴くときは
2冊をしっかり用意してみます。

では、まだまだ夏の暑さがしんどいですが、
体調にお気をつけて下さいね♪
突然のコメント、失礼いたしました!

原作が好きすぎて…

これはきっと期待しすぎてしまったという、
自分自身の問題かと思います。
聴く方によって違うかもしれませんが…。

原作自体、山あり谷あり、波瀾万丈!的なお話じゃないから
ドラマCDにするとこういう感じかーというか。
だけど秀さんの素晴らしい間や表情で、
それはもう神作品だったんです!!!!!

日野さんの夏樹、繊細な感じが非常に合っていました!
前野さんのコマノは…。
もうちょっとチャラくても良いような気がしてしまいました。
なんというか、前野さんの誠実さが終始出ていたようなw

フリートークはほのぼの。
日野さんも前野さんも、地声がとても好きです。
もう、ずっとそのまま二人でおしゃべりしていて欲しいくらいに。
酔うと伝説を作ってしまうという前野さん、
過去にどんな出来事が…?と気になりました。
(やたら何回もおっしゃっていたので)

声優さん達の飲みって、いい声ばかりで贅沢な感じがしますよね。
ご本人達はそんな気は全くないんでしょうけれど。
愉快な方々ばかりだし。

話が逸れてしまいましたが、
Hシーンで、結構コマノの気持ちよさそう続きな声が出ていたのが良かったです。
(そこかい!!)
夏樹も色っぽかったですよ♪

あ、残念だったのが、コマノの名前『いちのしん』と
夏樹が呼ぶHシーンが無かった事です。
まぁ、短すぎてお話としては成り立たなかったのかもしれないんですが…。
日野さんのお声で聴きたかったです。


6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ