loveholic~恋愛中毒~(2)

loveholic~恋愛中毒~(2)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×27
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
56
評価数
16件
平均
3.6 / 5
神率
18.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784799711415

あらすじ

大手広告代理店の松川と新進気鋭の若手カメラマン西岡。
2人は喧嘩が絶えない関係でも、仕事ではベストパートナー。
そんな彼らは仕事を通して、認め合う二人から、いつしか恋人の関係に…。
だけど相変わらず頑固で照れ屋な西岡に優しく振り回されつつも、互いに仕事のある男として様々な葛藤が芽生えて…!?
新装版、2巻完結編がショート描き下ろし付で待望の復刊!!

(出版社より)

表題作loveholic~恋愛中毒~(2)

大手広告代理店の営業 松川大介・27歳
新進気鋭のカメラマン 西岡健太郎

その他の収録作品

  • 私の上に降る雪は
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

恋愛に中毒な2人

カメラマンとやり手営業マンの、お仕事BLの2巻です。2巻は、恋人になってからのお話になります。

やり手営業マンの大ちゃんが、すっかり西岡に骨抜きにされて、仕事に私情を挟んだりして振り回されてる様子に萌えます。

一方の西岡は、恋人であろうと仕事では負けたくないと、本気で大ちゃんに挑みます。そして、負けた時には本気で悔しがってるのが可愛いです。
おまけに、雪やお祭りではしゃいだりするし。
大ちゃんがメロメロになるのも納得です。

そんな二人に試練がやってきます。
父親が倒れたことで、大阪に戻ろうと決める西岡。会社命令で海外に行くことになった大ちゃん。遠距離恋愛になるのか!?とドキドキしてると、仕事を辞めると言い出す大ちゃんの迷いの無さに、キュンとなります。

もちろん、最後に覚悟を決めた西岡にも萌えまくりです。初めての西岡からのプロポーズにキュンキュンします。

描き下ろしでは、大阪で一緒に暮らす二人が見れます。
西岡の、「うちの松川」の殺し文句にグッときます。
この作品は、川唯さんの作品で、一番好きなシリーズです。

3

タイトルに納得。

1巻から通して読むと2巻は絵がずいぶん見やすくなっています。
でも時間をおいて2巻だけ読むと、
やっぱり今とは違う…と思ってしまいますけどねw


1巻と2巻の間がずい分と空いていて、
描いた時期もバラバラ、絵がおかしなコトに…
そう作者の川唯さんはあとがきで言っておられましたが、
個人的には絵よりも、攻めのキャラにバラつきがあるような気がして、
なんだかそれがとても気になってしまいました…(/_;)
それも、絵のバラつきで感じることなのかな~

でも、内容としては1巻よりずっと好きです。甘いです♪
タイトルの「恋愛中毒」という言葉が、
1巻ではいまいちシックリこないように思ったのですが、
2巻を読んで納得です☆
仕事に私情(恋愛感情)を持ち込んで、バタバタしたり、
仕事よりも恋を優先させるシーンがあったり。
好き嫌いは人によってありそうですが、
攻めがそうなる姿は、見ていて結構気持ちがよいかも?

普段は強気な受けが、
付き合っていて、もう何度もエッチしているのに、
ベッドで仕事の話をしだして慣れない様子を見せるのが、可愛かったです。
続きそれから、仕事で攻めに負けたと思った時、
その夜に抱かれるのは男としてみじめだからイヤだ…
そう言うの時の表情がよかったな~
強気と弱さの両方を覗かせてそそる、素直じゃないけど、素直な人でした☆


この新装版で追加された描き下ろしを読むと、
ああ、やっぱり今の絵はいいな~~と思ってしまいますw
川唯さんの新しい作品が、早く読みたいなぁ♪

3

最後までドキドキ&キュンキュン萌えさせられた、素敵なカップル‼

新装版第2巻!完結編‼

やっぱりこの2人は萌ツボキャラ♡
いつも強気なカメラマン西岡。
でも、実は、純情で照れ屋さん。
そこを必死で隠そうとしてるのが、また可愛いくて萌。
松川は、仕事は遣り手のエリート、言葉も巧でスマートないい男。
でも、西岡の前で時折見せる、男臭さや、乱暴気味な話し方のギャップに萌。
本当にハマりにハマってしまったカップルです♡

2巻は、西岡とその後輩が松川のライバルになったり…
松川のニューヨークへの転勤話に、西岡までもが、東京を離れ、地元関西に帰ろうと考え始めて…
と、やっと恋人になったものの、まだまだ、気持ち的に不安定な二人の、恋愛試練が垣間見れる展開です。

すれ違いぶりに、ハラハラ&ドキドキしながらも、お互いの進む道を切り開いていく2人の恋愛模様に、キュンキュンさせられました。
やっぱり大好きな作品です。

男の仕事に対するプライドと、男を好きになった恋愛感情との葛藤が繰り広げられ、
2人がライバル的立ち位置に立ったことで衝突しちゃいます。
お互いに腕は認め合っているものの、負けず嫌いな西岡は松川に負けたことがショ続きックで泣いちゃうし(笑)
西岡の後輩に嫉妬心を燃やした松川は、私情を持ち込み、仕事もプライベートでも西岡を独占したい余り、仕事を横からかっさらっちゃいます(笑)
でも、その後の仲直りシーンがいいんです。
松川は、本当に情熱的なくらい西岡のことを思っているし、泣いちゃうくらい仕事優先なようで、『片思いとかゆーな』って、素直な気持ちを照れながら伝える西岡の2人が本当に可愛らしいんです。
そして、西岡の朝チュン♡
もう可愛すぎて、純情っぷりに、こっちまで移って照れちゃいます♡
朝チュンシーンは、特にこの2人のはドキドキ萌えて大好き♡

そして、最後のお互いの将来を左右する決断。
お互いに、仕事で成功しているからこそ抱える問題。
大人だからこそ、不器用で、素直に寄りかかることが出来なくて。
恋人同士だから、理解し合えているようで…していると思っていたら大間違い。
好きだと想いあっていたはずなのに、それすら分からなくなっていく2人。
そのすれ違いがせつないくらい伝わってきます。

でも、ここは男松川でした!
すべてを投げ出して西岡にぶつかるんです…かっこいい♡
そして、西岡も過去の後悔を思い出し、その過ちを振り払うかのように、やっとの一言を!素直に打ち明けてくれます。

互いに辛い過去を経験し、せつない恋を経て、今の恋に没頭していく姿。
その一生懸命な姿が本当に2人にとって自然形としてうつしだされ、優しい気持ちにさせてくれます。

同時収録の番外編でも、色んな2人を見せてくれてます。
夏祭りを楽しむ二人に、ちょっとドラマチックな夜のホワイト・バレンタインデーの2人のお話。
笑に、ほのぼの〜しっとりまで、最後まで楽しませてくれるから、萌ます。

そして、西岡が今まで怖くて聞けなかった、松川のイレズミ篇。
この西岡の純情さが可愛過ぎでした。
密かに将来を告白しちゃう天然っぷりと、西岡命の松川の喜びっぷりの2人の日常に、幸せいっぱいの気持ちにさせられちゃいます。

最後の新装版描き下ろしは、本編〜1時年後!
大阪での2人の休日が描かれたお話。
相変わらずの2人なんですけど…仕事のパートナーとしても、恋人としても、より絆も深くなって、愛情たっぷりな幸せな日常模様に、お腹いっぱいにさせていただきました。

いつも仕事の延長で、しっかり恋愛にも一生懸命な2人。
毎回読み終わるのが惜しい、素敵な作品です。

一度ハマったら抜け出せない…まさに恋愛は中毒‼
そして、私もそんな2人に魅了され、中毒漬けにされた1人でした(笑)

是非是非オススメしたい作品です。

3

その後が少し新たに描き下ろし

一応、恋人になった松川と西岡。
今回は仕事を通した嫉妬によるちょっと辛い展開が。
後輩が新規に立ち上げた代理店が宝飾会社のコンペに参加することになり、それに西岡が協力を。
松川の会社も当然参加しているのだが、担当は違う人と課ということで安心していたのだが、後輩と仲良くしている西岡に嫉妬して松川がコンペ担当に直接名乗り出てくる。
ライバルになる二人、、と行った展開と、
クライアントとの調整がうまくいかず、名前だけが一人歩きして焦燥感が募る西岡に、父親が倒れたとの知らせが。
それを期に、大阪へ引っ越して心機一転やり直したいと考える西岡と、
海外転勤を内々に打診される松川
という、二人の岐路の物語の展開になります。

決して二人がべったり甘甘だけの恋愛ではなく、それぞれに仕事を真摯に考えて、でも同じだけ相手の事を考えて、悩んでいる姿がやっぱり働く男のBLです♪
でも、この場合松川のほうが西岡への執着度は高いかもw
昔、言いたい事を言えなかった後悔があるから、今度は後悔したくないから口に出して言わなくちゃいけない言葉が西岡にはある。
二人揃えばなんでもできる、そして思続きい切りと思いやりと、
そんな未来をこれから想像させる終わりは、きっと夢と希望しかないと思います!

新たな描きおろしはそのラストから1年後。
二人の大阪での暮らしです♪
旧版でその後が気になった方にはちょっと満足な描き下ろしなんではないでしょうか?
相変わらずの二人でした♪

作者さんのあとがきに、某酒蔵漫画と攻めキャラが一緒!とか、受けも!とかかれてますが、それは実は自分も思いましたwww
でも、ちゃんと別の漫画になってますから♪

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ