俺、いつかこの絶倫イケメンにやり殺されるかも?

好きになってよ。

suki ni natteyo

好きになってよ。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
3
得点
11
評価数
7件
平均
2.1 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784576120874

あらすじ

大学生の寛太は、入試で一目ぼれした哲平に片想い中。イケメンだけど、真面目で恋愛に疎い哲平に安心していた。しかし、子虎捕獲騒動で大学中の注目を集めてしまい哲平のモテ期到来! 誰かにとられるくらいなら、いっそ…。上京したてで右も左もわからない哲平に、都会では男同士でも身体の関係は普通だと唆す寛太。「寛太……ごめん。俺、なんかもう……っ、止まらない!」温厚な性格に反して絶倫の哲平に激しく突き上げられ、快感に溺れる寛太だが――。

(出版社より)

表題作好きになってよ。

葛城哲平 北海道出身の大学生・18歳
三輪寛太 大阪出身の大学生・18歳

その他の収録作品

  • 二人で片想い
  • 一人でできるかな?
  • 哲平の本音
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

さらっとしていた

猫をだっこしている表紙につられて
購入

文章は非常に読みやすく
言葉も難しくなかったのでスラスラよめました

大学生同級生になった二人の話です
受けは男性経験があるが攻めはノンケ

ひょういひょいと話しがすすみますので
感情は動かなかったです

付き合えて良かったとか
どちらかが可愛いいとか
驚くほど感情移入ができなかった
作品です

読みやすくてイメージしやすかったにも
かかわらずです
手軽すぎたのかもしれません

よくある話で・・・
よくある話でもはまるときははまるので

この作品とはあわなかったのだと思います




1

真面目な人ほどのめり込むと激しいのね

相葉さんの可愛いイラストに期待を大にして読み始めて、まぁこんなもんでしょうね。
って思うようなストーリーでしたね。個人的には嫌いじゃない作品ですが(笑)
大阪出身の大学生の受け様と北海道出身の攻め様、大学入試の時に偶然知り合い
それからは1番仲の良い友人付き合いをしながら何かと一緒にいる二人。
でも、受け様はゲイで初めから攻め様に一目ぼれの片思いなのです。
そして攻め様は素朴で純朴な動物大好きな好青年なのですが、スタイルも顔も
かなりのイケメンで、受け様は気が気じゃないのです。

そして子猫を攻め様が助けた事から受け様の自宅で攻め様と同居する事に。
そんな時に脱走したトラの子供を捕まえた事から有名人になってモテ期到来の攻め様。
攻め様を狙う女から何とか攻め様を取られないようにと純朴でH方面にニブイ攻め様を
騙すようにして身体の関係を結んでしまう。
そして肉体的な欲求のままに抱き合う事が日常化した日々で受け様は次第に心が伴わない
関係に悩み始めてしまうことになるのです。

この作品の攻め様はイケメンだけど、ホントにそちら方面の免疫も知識も皆無で
今どきそん続きな純情過ぎる男なんていくら田舎でもいないだろうと思うけど
いざHに突入すると受け様も逃げ出したくなる程絶倫のエロ大魔神になるんです。
その普段とのギャップも萌え対象でした。
受け様は過去に恋人に裏切られ、女性に恋人を奪われた経験があるので余計に
気持ちを伝える事に臆病になってしまっている。
そして攻め様は、恋なんてしたこともない純朴青年なので受け様に対する気持ちが
何かも解らないままに肉体の関係だけ深くなっていくのです。

これも身体から始まる恋の一種だし、受け様にとっては片思いの相手を騙しても
どうしても手に入れたい相手。
一緒にいられるだけで満足だった受け様は次第に心まで欲しくなるのですが
そこに思わぬ強敵が現れ・・・
恋に臆病な受け様と恋に鈍感な攻め様との擦れ違い&片思いラブでした。

0

趣味じゃない

初めて、趣味じゃないという意味を痛感させられる
1冊に出会ってしまいました。
「面白くない」とは違うんです。
だんだん読むにつれて「私には」合わなくて、
読み進めるのに苦労してしまいました。

個人的に合わないだけなので
参考になればと、どう合わないかを記載したいと思います。

まず受の一人称でストーリーは展開するのですが、関西弁なんです。
個人的にBLでは、関西弁の主人公は苦手なのですが、
一人称であるが故に、ずっと関西弁が続きます。
(普段の話す関西弁とかはいいんですが、
 何故かBL小説での関西弁はあまり好きでは無いんです。)

関西弁の主人公が、あほっ子感がありあり。

ジュースとお酒を間違うとか良くあるハプニングなのですが、
上記理由で、登場人物に違和感がある中に、
そんなバカなハプニングが起きたせいで、呆れてしまう。

子虎捕獲騒動がきっかけで、2人の恋愛模様が動き始めるのですが、
その事件が、個人的に違和感がある・・・。

なんて理由で、私としては「しゅみじゃない」評価です。
逆に、上記理由が「どこに問題あるの??」と思っ続きていただける方には、
楽しんでもらえるのかもしれません。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ