夜獣の刻印

夜獣の刻印
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×21
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
45
評価数
12件
平均
3.8 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784861345623

あらすじ

経営コンサルタントの鷺沢泰明にとって自分の生い立ちは負の因子でしかない。泰明の母は鷺沢組組長の一人娘で組のために政略結婚をしたものの竜桜会会長だった夫に虐げられ出奔。泰明を一人で育てた母は裏社会への恨みと嫌悪を泰明の心に強く残し他界した。そんな泰明の前に突然、現れた鷺沢組の多賀城はいきなり組長になれと迫り、泰明が拒むと身も心も力ずくで屈服させようと…。

表題作夜獣の刻印

鷺沢組組長代行 多賀城雄馬
出自を隠す経営コンサルタント 鷺沢泰明

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

エロくなぁ~い!

購入を迷っていたのですが、先のお二人のレビューで購入決定!(*^^)v
私の大好きな男前受け!
でもって、敬語攻めにレイプされんの! (あ、人格うたがわれそう・・・仕方ないけど)

やくざの血をひく受け様、その血を厭い身元をかくしてビジネスマンとして成功しようとしていたけど、母の実家から迎えが・・・「組長になれ」と。
拒否すると「どうしても連れてかえる」とレイプされ・・ってここまでページ3分の1使ってるよ、この話無事終わるんだろか?

わたしの感覚ではあさひさんって設定のエロさにわくわくする作家さんなのだけど、なんだろうこの作品ぜんっぜん!エロくない!あっぱれなほどエロくない!
この二人のセックスって、ようするに主導権争いなんだわ。

攻めもクールなエリート風で、いかにもなやくざってかんじじゃなく、なにより受け様ーたとえどんな目にあおうとも絶対自分が最後の勝者になってやるという強い意志!
やくざ世界も攻め様も嫌いだけど、まずは敵を知らなければ勝負にならない。
強い大きな渦にまきこまれた受け様、でも嘆くのではなく流されるのではなく、あくまでたたかい、組織を内側から続き打ち壊してやると決意します。それが心を病んで亡くなったお母さんと、自分の復讐だと。

でも、皮肉なことにそんな受け様だからこそ攻め様の執着は増し、若い舎弟たちからは信頼され・・受け様はすこしずつ理解してゆきます。攻め様の誓う忠誠の意味、上に立つ者の負う義務、よせられる純粋な期待。

ホント、BLっぽい甘さのない作品でした、でもハードなやくざモノでもないし。ドライなっていえばいいかな?
とにかく主人公のまさしく女王様的嬌慢さがいっそさわやかでいい。
小路龍流さんの描く受け様がまたいい。小路さんの絵って線のほそさがちょっと苦手だったけど、この作品ではクールな力強さがあって「おおっ!」と思わされました。
ストーリー的には主人公の新たなスタートというところで終っていますが強力タッグの出来上がりなので、「こいつらなら、なんとかうまくやっていくだろうな。」と思わされました。
ほんと、いい意味で『私の知ってるあさひさんらしくない作品』でした。

1

狂った獣に懐かれたしたたかな調教師

受け様は、ヤクザの娘と敵対していた組織の総長との政略結婚で生まれた男。
そして、母親は結婚した相手を嫌い、政略結婚をさせたヤクザな親を怨み子供にも
その恨みを植え付けるようにして亡くなったので、受け様は筋金いりの極道嫌い。

しかし、出生を隠しながら歩んできた普通の暮らしが1日にして壊れてしまう。
実父の死を境に、母の実家から組長として戻るように言われ、拒むと、組長代行の
攻め様に力ずくで凌辱されることになるんです。
プライドの高そうな相手には暴力よりも身体で屈辱を与え壊してしまう程の行為を
した方が効き目があるみたいな理屈で犯される受け様なんです。

でも、この受け様、やっぱり極道のサラブレッドなんでしょうね。
犯されたくらいでは何も苦痛を感じない強者でもありました。
冷静に自分を犯した相手や、自分が置かれた現状を分析する能力があるなんて凄いです。
その受け様の姿に余計に煽られるように、獣臭いギラギラした目をする攻め様。
欲しいものは力ずくで手に入れる攻め様ですが、それを甘んじて受けるような
受け様ではないのです。

受け様はヤクザを嫌いながらも、自続き分の周りで起きている事を分析し、黙って組長に
なるのではなくて、自分が組織を壊して復讐してやるしたたかさがあるんです。
なかなか男前な受け様なんです、そして人間観察も鋭くて情に流されるタイプでもない。
上に立つことが当たり前のような受け様で、そんな受け様に執着を強くして
いつも受け様が欲しくてたまらない攻め様との、戦う男同士の欲望の話です。
恋愛的なメロメロや、グズグズしたような流れは一切なくてシリアスな設定だけど、
何か爽快感があるストーリーに仕上がっているんです。

きっと受け様は獣を上手に手なずけながらその男前ぶりでもっと激しい執着される
ような予感を感じさせるし、古いヤクザなんて壊して、父方の大組織の組まで巻き込んで
経済ヤクザ以上に組織を新たに作るかも知れない受け様だと思わせる話で楽しめました。

2

俺がぶっ壊してやるぜ

ヤクザを忌み嫌い、逃げた母親から生まれた息子が、決してその世界にだけは交わらないように生きてきたのに、突然きた迎え。
その主人公をずっと見守り、いきなり自分を命に代えても、という姿勢を見せる男に蹂躙されて・・・
このエロページの長いこと!ひょっとして、身体でどうにかしてといういつものパターンなのか?と思いきや。
この主人公、とてつもなく男気あふれる男前でびっくりしました!
そんな意外性があった点で、好印象です。
いや~なんか最近発売される作品はどの作家さんのも、男前受けが多い気がしませんか?(嬉しいのだが)
流行りとか波とかあるんでしょうかw

主人公・泰明の母親は昔気質の任侠・鷺沢組の娘で勢力を伸ばしてきた竜桜組との抗争が激化したためにその手打ちとして、親組織・佐倉連合の先代の息子といにそぐわない結婚をさせられ、そして逃げて彼を生んだのでした。
ヤクザを忌み嫌い、バレないように暮らしてきた母子ですが、母親もなくなり、外資系会社で経営コンサルタントとしてそれなりに順調に生活してきた泰明の前にある日、ヤクザの集団が時期組長として迎えに来たのでした。
その頭である多賀城続きは、泰明にとっては初対面なのに、彼に命を捧げるという。
拒む泰明に身体で屈服させようと、強姦まがいのセックスをしかけ、そして交合しながら泰明の身体に証である刺青を掘らせてしまう。
賢い泰明は、この場は反抗するのは得策でないと悟り、鷺沢の実家へ入ることにするのだが、彼は一方的に押さえつけられるのではなく、懐へ入ることで、忌み嫌っていたヤクザの世界を潰してやろうと思うのです。

そんな背景のなかで、多賀城は多賀城なりの理由で泰明に心酔し、自分のすべてを捧げる覚悟、しかも公私ともどもすべて自分のものにしたいと願う欲張りものでありますから、彼も食わせ物っぽいのですが、結構純粋です。
むしろ、泰明が血は争えないというか、どこにこんな強気が!
ま、元々ヘタレではなくうまく立ち回れる人なので、ヤクザはむいているのかもしれませんね。
なので、彼の変身ぶりはあまり意外ではなかったです。
なるべくしてなったという感じでしょうか。

それにしても、佐倉の家ですが、こんなどうしようもないのによく連合などと銘打って親団体をやってられるな~とびっくりですw
古い体質をこれからひっくり返して壊そうとしている若い獅子というか竜というか蛇というか。。。そしてそれにしっかりとつきそう忠実な犬
意外にもかなりポジティブで前向きなヤクザものなのでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ