オオカミさんの発情理由

ookamisan no hatsujou riyuu

オオカミさんの発情理由
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌10
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
44
評価数
15件
平均
3.1 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784861345609

あらすじ

マイペースで他人に興味を持ったことのない酒徳。しかし、同期で同じ寮に住む藤木が先輩に押し倒されている所を助けて以来、その時のエロスな表情が頭から離れなくなってしまった! 守ってやる約束をしたものの、一緒に入った風呂でつい自分を抑えきれず…!? 藤木の表情にいちいち身体が反応してしまう! 他にも、着物フェチやアイドルオタクなど、妄想男子満載の短編集♪

表題作オオカミさんの発情理由

酒徳巧・サラリーマン
藤木亮太・サラリーマン

同時収録作品粋な艶男と地味メガネ

あずま /呉服店バイト
奈津勝之進 /和装マニア・27才

同時収録作品スイートワルツ

和田稔次 /ミハルのファン
ミハル /アイドル

同時収録作品きみとおままごと

小松原 /大学生
アミノ /大学生

その他の収録作品

  • オオカミさんの翌日事情
  • オオカミさんのトイレ事情
  • 同居開始の日
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

フツーかな?

酒徳(攻め)の性格は面白かったと思います。
個性的で。

でもそれ以外はありきたりな感じで、
あまり萌えがなかったような感じがしました。

主人公の藤木(受け)に対するエロエロな妄想を
さらりと言ってのけるところは、
個性的ですね。

てか、さすがに
共同浴場でおもくそ勃起してるなよ!
って感じがしました。

主人公の藤木に
もうちょっと何かくせというか、
個性があればなー。

なんというか、
表紙と題名に騙された感があります。

表紙ほど、漫画の方の絵はうまくないなぁと
感じました。

0

妄想はいつも素晴らしい

目が固定化されていて
動きがある表情にみえないのがずっと気になりました。

無表情とはとれなくて
人形のような紙芝居を見ている
感じの描き方に見えた。

同じ会社で寮生活をしているサラリーマンのお話です。

ある夜隣の部屋で男性先輩に押し倒されている同僚の様子を目撃してしまう。

目撃したのは社内であまりつきあいをしないマイペースな男。

助けてあげるが、その日から
なぜか襲われている同僚の事が気になってしかたなくなる。

襲われた先輩から守るため
入れる時は自分が一緒にいると
申し出る。

それからは一緒にいることが多くなる。

あらぬ妄想をして勃ったままで
お風呂に入ったり
会社のトイレでぬいたり
ちょっとそれはどうなのだろうと
つっこみたくなること多々あれど

2人が幸せなら良い。

襲った先輩があまり悪役にならなかったのも珍しいかも。

0

妄想が美味しい

お気に入り本。どのお話もギャグ路線で突き抜けていて素敵です。

【オオカミさんの発情理由】 酒徳巧×藤木亮太
表題作のリーマン妄想もの。
自分の妄想を隠そうともせず、エッチなことでもなんでも口にして
妄想だだ漏れになっちゃってる酒徳くんが最高でした…笑
受けの藤木くんも、いい子でとっても可愛いのです。
藤木くんが会社のトイレでオナニーしちゃったのにはびっくりだけど、
これはあれかな……攻めも受けもオオカミさん、という事でいいのかな!

【粋な艶男と地味メガネ】 あずま×奈津勝之進
和装オタクな奈津さん可愛い。このお話も妄想炸裂でした。
しかも、受け側が願射してほしい願望を持っているだなんて。
受けが鼻血を出すほど妄想するお話なんてあまり無いですよね。

【スイートワルツ】
田舎育ちの純朴な青年がアイドルの可愛い男の子に惚れ込んで
握手会に出向き、更に偶然が重なり、家に泊まりにくるという、
なんとも羨ましい展開の、可愛いお話でした。

……と、どのお話もだいたい可愛くて好きなんですが、どれもこれも
良いところで終わっちゃうんです。
エロ必須とい続きうわけでもないんですけど、途中までヤっちゃってるし、
続きが読みたいしで、寸止めが切ないです。
焦らさないで、ラブラブエロも読ませてください!

同人誌のほうでは酒徳×藤木の番外編を読むことが出来ますが、
通勤電車の中で勃っちゃったり、トイレで致しちゃったり
美味しいネタ満載でした。そっちもいつかコミックスに
収録されたりしないかな。

1

変態バンザイ!

今回の高岡さんの新作、何が私の琴線に触れたかというと、短篇集の中に変態君が二人( ̄▽ ̄)

表題作は、誰が狼なんだかよくわかんなかったけど、この表紙がもうすでに攻めの妄想だとかで。
鈍感でコミュニケーションのとり方がよくわかってない攻めの、本人が意図せずして言葉攻めをしている様が面白かったです。
自分がどんなことを妄想しているかや、今自分がどれほど発情しているかということを、無表情できっちり事細かに普通の声のボリュームで説明しちゃうんだもの。幼稚園児でも、もっと空気読むはず。
イケメンだから成立してるけど、かなりの変人です。

「イキな艶男と地味メガネ」
これなんだろう…新しいジャンルだ。
ストリート系っぽいのに和服男子と、見るからにオタで奥手っぽいのに妄想がとんでもなくて行動も積極的な受け。
申し訳ないけど、私はこの和風男子君の良さがちっともわかんなかったです。もっと本当に粋な着こなしだったら恋しちゃう理由がわかるんだけども。
でもそんなことはもういいやってぐらい、受けが突っ走ちゃってて笑えます。これもどう見ても変人で変態。

あとの2編は
地方で農業を営続きむ無骨な感じの青年が、アイドルに恋して…というお話と、元同級生とルームシェアしたお話。
これはどちらも攻めがすごく奥手で、ムズムズする初々しいお話でした。
私は変態ありきのほうが好みです。これからもそっち路線で進んでいただきたいなあ。

3

天然系の可愛い妄想

全体的に天然系の可愛い妄想が主流のような作品でした。
個人的には全てに於いて物足りなさを感じてしまった作品なのですが
表題のストーリーは他人への興味が薄い完ぺき我関せずのようなリーマンの攻め様が
同期で同僚の受け様が寮の隣室の先輩に押し倒されているところを目撃してから
何故か受け様を見ると発情してしまうと言うお話でした。
それも頭の中でイケナイ妄想を繰り広げてしまう結果ですが、
受け様への気持ちを自覚しないで身体だけ反応してしまう天然気味で
その手の事も大きな声で堂々と語ってしまう恥ずかしいタイプの攻め様。
対する受け様は、入社時から仲良くなりたかった受け様ですが攻め様に
何度も軽くスルーされて落ち込むクルクル表情の変わる可愛い系の受け様。
そんな二人のある意味身体&妄想から始まる恋のお話でした。

2

とにかく可愛い!

高岡先生の書かれる受けちゃん、キュートで大好きです☆
恥ずかしがる表情が堪らないです( *´艸`)

今回は変態さんが多めに登場しますが、どちらのお話も可愛さ全開!
キュンキュンほくほく~♪

表題作『オオカミさんの発情理由』では巧の妄想が暴走しております。
乳首の妄想、是非にとも実践してくれ!と、悶えてしまいました。
巧の斜め上をいくような性格に振り回される藤木が本当に可愛くて仕方なかったです(*´Д`*)

高岡先生作品は、可愛くて萌えはするのですが、ストーリーとなってくるとイマイチなんですよねぇ。

ストーリーに期待をせずに、可愛い絵を見てキュンキュン癒されたいときなどにオススメかなと。

1

どんぐり目がカワイイ!!

高岡さんのキャラ設定は背が高い方で切れ長な目が攻(暫定)。
背が低い方でどんぐり目が受(暫定)。
…なのですが、この短編集のすべての受はやっぱりカワイかった。
カワイイと言うのはキャラ自体もですが、絵柄が、顔が、スゲーカワイイ。
毎度毎度カワイイ!

表題作"オオカミさんの発情理由"の藤木くんはその髪型とか、コロコロ変わる表情とかも小動物みたいにカワイイ。
"スイートワルツ"のミハルくんなんてホントに瞳に星が住んでるんですぅ。
"きみとおままごと"の小松原くんは天然ボケで天然カワイイ系で、この短編集の中では一番、高岡七六さんらしい受キャラだと思いました。

しかし、全体通してどうだったかと言うと…やはりパンチがない。。
好きな作家さんの新作なので楽しみにしてましたが、前回の「恋化け」に引き続き、またも不発…といった印象でした。
なんだろ…。絵はキレイだし、キャラの表情もカワイイし…、ストーリー設定も悪かないと思うんですけど…。
"粋な艷男と地味メガネ"なんて、もっともあり得ない変態受けなんだから、もっとギャグ色濃い目でいただきたい。
全体的に薄味なんです。
もっと、突き抜けちゃって欲し続きいです!!

1

妄想全開!

タイトルから気になってしまい、購入したのですが、
なんだか私には、絵が合わなかったみたいです。
ごめんなさいっ!!

ストーリーは、酒徳は、
同期の藤木が会社の先輩に襲われかけているのに
遭遇してしまい、それ以来、ムラムラしてしまう。

でも、藤木も元々酒徳のことが気になっているんだけれど、
酒徳のマーペースすぎる性格により、全く気付いていなくて・・・。

というもので、酒徳の性格がぶっとんでいて、面白かったです。
酒徳の妄想具合が、ツボですね。

また、その他短編としては、和装ものがあったりするのですが、
全体を通して、「妄想」がキーワードになるかなと思います。
妄想ワールドを楽しむには良いかと思います。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ