鳥を愛した獣

tori wo aishita kemono

鳥を愛した獣
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
20
評価数
4件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オトメチカ出版
シリーズ
発売日
価格
ISBN

あらすじ

木に守られながら、子守をして暮らす「鳥」の元に、瀕死の「獣」が逃げこんだ。自分を喰う存在の獣を、鳥は恐れることなく自然と受け入れる。やがて警戒していた獣の心に、少しずつ変化がおきてゆく。肉食と草食。本来、違う世界に生きる二人のはずだった。「私を喰え」と叫ぶ鳥に、獣が伝える想いとは――…。ちょっと不思議で、ほっと幸せな世界を、「俺の恋したファンタジーおじさん」で人気を博す作者が、優しい筆致で描く。

表題作鳥を愛した獣

ゴンマ・肉食獣・年齢不詳
ボー・鳥・年齢不詳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

肉食獣(人型)×人生疲れてます的な小鳥(人型)ですが、いい話です!

レビューないやん と気付いたのでレビュー。いい作品だと思うのですが。
電子限定だったのか。
天然ボケボケ小鳥に、迷い込んできた肉食獣が癒されて、
一緒に生きてくことにした という、自然界ではありえねーお話。
でも ちょっとじんわりして、泣きそうになる優しい話 でした。
エロさ、激しさなんかは全くないです&絵が特徴的なので事前に確認ください。

表紙の絵の黒髪が肉食獣(虎よりは弱い肉食獣みたい。狐?ぐらいかな?)
で攻め。
魚、肉食べます。獣姿になったりはしないです。
表紙の白い方が小鳥。木の実、果物、花なんかが食料。
表紙は10割増しの美しさ。
少々小汚い、やる気なしおっさんみたいな絵です、中は(笑)。
鳥姿もないですが、ちゃんと空飛びます。

森にある大きな木(神木みたいな感じ)の洞に小鳥は住んでて、
木守り&託児所している。木の世話をしている様子はなし。

木の根が生えてる範囲に結界がある模様で、普通の成獣は入れない。
入れるのは子供か死にかけてる獣だけ。
(死んだ後、木の養分になるから入れる らしい。ひょえー)
小鳥のところに肉食獣(虎と続きか)が、まだ肉を食べられない子供なんかを
預けにきます。
小鳥はおっさんなんで、子供と一緒に寝てるだけ(爆)

そこに傷ついた攻めが迷い込み・・・というお話。
ところどころで笑えるネタもあり、しんみりするネタもあり
人生色々だよね、油断大敵だよね と色々考えて、面白かったです。
最後は、ちゃんと鳥ちゃんが運命を選んで、新しい道を歩みだすので
これまた嬉しい。
エッチシーンも少ないですが、一応あります。
夜は鳥目で見えなかったのに、最後1回だけ昼間にイタすシーンあり
その時は鳥ちゃん、めっちゃ照れてました。おっさん風なのに(笑)

ファンタジーokで、絵が大丈夫そうなら、オススメです!
じんわり来ます!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ