クリームな僕

クリームな僕
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×25
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
34
評価数
10件
平均
3.5 / 5
神率
10%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫black(小説・白泉社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784592850922

あらすじ

僕、ミナト。猫耳とふさふさの尻尾をもつキャットピープル。グランマが死んで競り市に掛けられ、ご主人様のおもちゃになったの。さっそくバナナを入れられて、他の猫と交わるように命じられて!? 

(出版社より)

作画:ぽ〜じゅ

表題作クリームな僕

キャットピープルと呼ばれる性奴 シャオ /ミナト
同じく ミナト /シャオ

その他の収録作品

  • ディナーには僕を
  • 天児
  • 妖精王子東京へ行く
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

えろ度の高い短編集

短編集ですが、表題作はかなりショタチックです。
キャラクターが可愛くて口調が幼児ぽく女のコぽいので読み手を選ぶかもしれません。

設定は愛玩具として買われてしまった主人公、というものですが、えろえろだけど本人は無邪気で楽しんでもいますので思っていたよりライトなお話でした。嗜好が合えば楽しいお話だと思います。

2つめも少年受けのお話で、ひたすら攻められるショートストーリーです。内容よりプレイを楽しむお話かと思います。ですが、これが一番好みだったかも。
でもいいところで終わっているので残念でした。もう少し読みたかった!

その他、時代もの、ファンタジーなどバラエティに富んだ内容になっています。最初の2つが特にえろ度が高めでした。
作者さんご本人はこのお話を書いたことをすっかり忘れていた過去の作品と言ってますが、きっとその時は楽しんで書いたんだろうなぁというのが伝わってくる感じでした。

0

花丸文庫らしい上品さとチョイスの良さ。

「クリームな僕」はショタちっくでさすがに驚いたけど、
読み進めるとやっぱりヤマーイ先生なんだよね(笑)
山藍先生ご自身、「書いたことを忘れていた」というから、
探してきた花丸文庫さんグッジョーブ!です。
いまどきとなってはショタ同人誌レベルでありがちな話になっちゃうんだけど、
あくまでかわいらしさとエロっぷりを両立させているところは山藍節というか。

花丸文庫って、ほかのレーベルよりもイラストがあまり直接的じゃないのと
数が少ないのが特徴だと思うんですが、それがうまく作用してます。

短編集4つが入ってるんですが、この順番もなかなかうまい。
序盤で、「え!?こ、これがヤマーイ先生ですか!?」とい度胆抜かれつつ
コンパクトな読みやすさ。

次の「ディナーには僕を」はありがちなポルノ展開かと思いきや…Σ(゚д゚) エッ!?
コミックでいえば国枝彩香に近いブラックさがあります。

そして今回のイチオシ!寓話風の「天児」。
山藍作品っていうとやたらダークなイメージありますが、よくよく読むと
こういうやわらかい温かさを持った作品も実は多い。

「妖精王子続き東京へ行く」は「金環蝕」にもおさめられていた
エロティック・ブラックユーモアなんですが、イラストレーションが
ものすごく面白かった(笑)

最後まで読むとニヤリとさせられる選択がイキです。

1

耽美の女王のショタ風味

短編4作を同時収録した耽美の女王が送るショタ風味が満載のお話です。
作者の短編集に既に載ってる作品を加筆修正した4作で、なかなか面白いチョイス!
作者の短編集『金環蝕』からは「妖精王子東京へ行く」、『シシリー』からは「天児」、
『愛と憎しみの迷宮 下』からは「ディナーには僕を」そして表題の「クリームな僕」
からなる4編なのですが、表題はホントに全てが無垢なにゃんこちゃんの調教のもで
無垢で無邪気なペット&性奴だから痛さの無い可愛さなのですよ。
バナナを入れられ3Pありのエロエロ耽美ショタなのですが
山藍先生の作品なのに痛さが無くて、でも恋する切なさを耽美に込めてる作風で
ネコ耳シッポのラブリーさをぽーじゅ先生がナイスアシストしてる作品です。

「ディナーには僕を」は妄想学生の白昼夢的なお話で、屈強な警備員に
浣腸プレイをされて、嫌々しながらも耽溺していく少年なのです。

「天児」は平安時代を彷彿とさせるような設定で、作者のお得意どころの作風です。
ひな人形の身代り的な要素を題材にしたお話で、双子の妹の全ての穢れを一心に
受ける身代り依り代として売童として凌続き辱を受ける日々に耐えるお話です。
主人公目線で語られる手法で綴られるお話で、凌辱のかぎりに貪られながらも
ただ一人に恋する乙女的な内容もあり、痛さはあるけど、最後は幸せになる話。

「妖精王子東京へ行く」はホントに珍しくもコミカルな作風で、
主人公の倒錯的変態かげんが開花したと思ったらその対象で玩具になっていた
妖精王子様に逆にエロ仕返しされるお話です。
自業自得の悪いことをしたらこうなるよ的な寓話をもじったような作品です。

重くて暗くて痛い、そして狂気で切なくて苦しいなんて作品が多い作家さんですが
それを理由に今までさけていた方にも山藍紫姫子入門編みたいに読んで頂けたら
って感じの短編集になっていると思います。
もちろんエロエロ耽美やショタが苦手なんて言う方にはおススメ出来ないかも・・・
BL的に多様な要素を巧みに組み入れた耽美作品です。

1

ア・ラ・かると

この表紙が発表になったとき、いや、書店では表を向けられないよな・・と心臓に毛が生えかけてる自分でも(?)思わずためらいがw
しかし、この本においてかなり年齢の低いショタや、人外である妖精といった登場人物がほとんどのため、大人の描写は極力控えられており、このレーターさんの起用はとても成功していると思います♪
特にこの表題は、キャットピープルと呼ばれる猫耳しっぽをもつ性奴を主役にしておりますので、イラストによってその魅力がより増すのですv
この本は短編集です。
全部で4本の作品が掲載されており、一番長いのは表題ではなく最後の「妖精王子東京へ行く」というお話でした。
それぞれに、カラーが違い(エロなのは間違いないですが)バラエティ度がとても高く、飽きさせない組み合わせの楽しめる一冊になっています。
それにそんなに重くないのでとても読みやすかったです。

表題は、保護者に可愛がられて育ったキャットピープルの少年・ミナトが、その保護者のグランマがなくなったことにより、性奴としてオークションにかけられ、買われたご主人様の元で、同じキャットピープルのシャオと出会い、開花するお話。
続きとても可愛らしく淫靡な調教が繰り広げられていく点が、エロティックです。
亀頭の表現が”さくらんぼ”、ご主人様は”プラム”とか、なかなかに表現も象徴的でダイレクトな名詞より淫靡さが増します。
ミナトの発する声が「キャっ!」とか「ひぃん、ひぃん、、」とかそんな描写も猫ショタらしくていい表現だな~などと、些細な部分に惹かれます。

『ディナーには僕を』書店での男子校生の妄想劇。
果たして本当だったのか、妄想だったのか?未来に起こる予想だったのか?
ミステリアスなラスト落ちに、これは何かの物語の冒頭だったのでは?と思われます。
万引きを疑われ、警備員に連れて行かれた先で与えられる陵辱は快感を産み・・・
ガッツリスカトロなので、苦手の方、ご用心!

『天児』ガラっとカラーが代わり王朝モノであります!
名のある家柄に生まれたのに、双子だったため、父親に売られてしまい、遊郭で客を取る生活をしている主人公:安珠。
双子の妹がやんごとなきお方の后となったため、そのけがれを一身に背負う「天児」として、売れっ子といいつつ実は憎しみや代理の身の上でそれは保たれている悲しい身の上。
彼には、もう16になるのに放逐されないのは、そんな理由があるから。
新しく入ってきた乙彦を指導しつつ、ライバル視され、更に密かに片思いをしている陰陽師の土御門様を奪われ、安珠には彼を憎しみの対象としていたぶる相手に買い下げられるしかないと思っていたその時・・・
意外にも、とても素敵なハッピーエンドが待っていた物語に驚きが!!
山藍さんの、王朝モノ・時代モノは本当にいいですね~♪

『妖精王子東京へ行く』ちょっとミステリアスなホラーチックなのかと思いきや、ファンタジーでもあり、逆転もありという、驚きが隠された作品♪
妖精画家として名を馳せる男が、海外旅行先で捕まえた本物の妖精を東京へ連れ帰り、人形の服を着せ、籠で飼うのですが、捕まえたときにノームに言われた満月の呪いに怯えている。
最初の満月のとき、なにも起こらずほっとしてた主人公だが、次の満月の夜!?
妖精をいたぶる嗜虐趣味の主人公が、逆転したときの姿が滑稽なのだが、妖精に驚愕させられます(爆)
けっこう、いいコンビだと思うよwww

という具合ニ、ア・ラ・カルトは、とてもライトですが、軽すぎず重すぎず、ちょうどいい短編集となっています。
山藍作品初めての人にも読みやすいこの作家さんのカラーがいろいろとわかる一冊になっているのではないでしょうか? 

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ