世界のすべてを包む恋

sekai nosubete wo tsutsumu koi

世界のすべてを包む恋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×29
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
6
得点
53
評価数
19件
平均
3.1 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784344825444

あらすじ

1つ上の幼なじみ・和哉を大切に思う瑛二。高校になり、綺麗に微笑む和哉を意識しつつも遠ざけてしまう瑛二は…! ?待望の文庫化。

(出版社より)

表題作世界のすべてを包む恋

坂本瑛二・高校生
花家和哉・高校生

その他の収録作品

  • 許してあげる
  • 夏が溢れる
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

初々しい二人

崎谷はるひさんのデビュー作(改題・文庫化)。

 初出の新書版が1998年発売なので、執筆はそれより前ということでしょうか。今の文章と比べると若干硬さや読みづらさはあるものの、完成度は高めでした。エッチは今よりあっさりめかな?

 高身長同士で、二人とも格好良くて。なのに、なんだか初々しくて。そんな幼馴染み達が恋を自覚し、成長していく姿が、じっくり丁寧に描かれています。
 ただ、ひとつ苦手だなあと感じたのは『セックス』という単語の使われ方です。崎谷さんの初期作品によく見られる表現ですが、やっぱり少し、違和感を覚えます。それ以外は特に気になるところもなく、楽しんで読めたのでよかったと思います。

1

青くて酸っぱくて甘い

崎谷先生のデビュー作を改題した作品ということで、後書きでご本人も書いておられるように、全体に青々しい。
幼馴染みの高校生同士が、互いに初恋を成就させるお話。

作品の最初の方から、和哉と瑛二それぞれの視点で語られているので、二人がそれぞれ相手が好きな事は読者には明らかにされています。
その、好きな気持ちを隠していることで何だかぎくしゃくしていた二人が、和哉の母親の再婚話をきっかけに、いっきに、、、。

一つ年上の和哉。
年齢ではけして追いつけない瑛二。
瑛二の身長が和哉とならび、追い越す。

幼馴染みの年下が攻め成長する、初恋成就物の基本が、この作品には詰まっています。

1

なんとも青臭い雰囲気が良かった(^^*)

崎谷先生のデビュー作でというか、皆さんのレビューを読んでいて
長身カプというのでそこに興味が湧き購入。
デビュー作ということもあるのかなんとも初々しく青臭い感じが凄く良かったです!
何が一番良かったかって、お互いが初めて同士ということ。
崎谷先生の作品は攻様はとくに結構経験値つんでたりするので・・・
お互いが好き同士でこの人としかしたくなかったという!
未熟な時期だからこその愛おしさがありました。
初エッチで瑛二が泣いちゃったのが良かったな~溢れる思いが伝わってきました。
話はかわりますが、崎谷先生の作品でひとつ苦手なのはセックスの使い方。
『あるいて、あした』を読んだ時に意味が通じなくて調べるはめに。
こういう使い方もあるんだ~とは思いましたがちょっと苦手です。
最後に瑛二大きくなり過ぎwww194センチで成長とまってないって・・・


1

なんとも初々しくって可愛いな~。

崎谷さんのデビュー作の新装版文庫化ですが、デビューがこれっていっそ怖いくらいです。それくらい完成度は高いと思いました。もちろん、今の崎谷さんと比べれば、『若い』と思う部分も多かったですけどね。
『事件』も起こらず、クドい説明もなく(少なく?)、とにかくシンプルであっさり。でも、だからこそのよさもあると思いました。今の(何かと濃い)崎谷さんも、私は好きですが。

小説の書き方で言うなら、まず視点移動の多さが気になりました。これは、崎谷さんの初期作にはよく感じますね。ただ、『視点がふらふら定まらなくてイラつく』というほどではないんです。今の崎谷さんを読み慣れていると、あれ!?と思いますが。

でも私、こんな長身同士のCPって他に知らないかも。双方180オーバーって、並ぶと迫力あるよね~。
でも最初は、あらすじにも、和哉(受)の方が背が高くて~とあるので、これは結構珍しい『受の方が背が高い』CPなのか、と思っていたんですが、結局瑛二(攻)が逆転しちゃうんですね。別にそのままでもよかった気はしますが。

そして、蓮川さんのイラストもよかったです。特にカバーは、お見事にストーリー続きやキャラクターのピュアで可愛い雰囲気を表しているな~と感心しました。ホント、このカバーイラストは素敵です。

1

デビュー作だなんて思えない萌え作品

いやいや、とっても良かった、甘かった!幼なじみ同士で微妙なお年頃の
男の戸惑いみたいな雰囲気がバンバン感じられるし、受け様が幼い時から
まわりに傷つけられて、それでもわんぱく小僧でぶっきらぼうな年下の幼なじみが
いつも傍にいる事で、壊れそうになった心さえ、取り戻すことが出来る唯一の相手。
そんな二人の成長と、思春期ならではの精神的肉体的な欲望のアンバランスさが
感じられたり、それを圧して余りある互いへの深い思いが溢れてる作品でした。

受け様にとって攻め様は唯一心を開くことが出来る相手なんですが、年ごろになって
いつも一緒にいた幼なじみの攻め様から、距離を置かれ避けられるように・・・
受け様は攻め様が恋愛の意味でずっと好きだったのですが、嫌われてしまったと落ち込む
そして攻め様と言えば、男とは思えない程綺麗で、成績も優秀で男女問わずモテる
受け様に、同性として嫉妬や僻みや劣等感を持ってたりします。
最なる事柄が身長が受け様の方が高いと言う事、この辺はかなり可愛いです。

そしてそんな思いを持つのは、受け様の事が気になって、攻め様もまた、
受け様に惹かれてい続きるから、受け様よりも男でいたいなんて言う可愛い男心なんです。
そのすれ違いもちょっとしたことが切っ掛けで再び近くにいるようになるのですが
受け様の母親の再婚話が切っ掛けで、受け様は幼い時と同じように発作的に
心を閉じて家を飛び出す出来事が起きるのです。
小さな頃から泣き虫でそれでも何かを我慢してる受け様が子供の頃から心配で
でも、不器用で、慰める言葉も出ない攻め様は、返って怒鳴って泣き止ますなんて
事をしていたんですが、その時から辛い時でも泣かなくなった受け様の事が心配と
同時に、泣くことで辛いことを流そうとしていたような受け様が泣けないように
なってしまったことに罪悪感を感じてる攻め様。

今回も辛いことから逃げるように飛び出した受け様を追いかけ、でも、うまく言葉が
出なくて、癇癪を起こし、またもやすれ違うと思われた攻め様が戻って来て受け様を
守るように抱きしめる、そこでやっと二人の思いが通じ合う。
ホントにこの攻め様の不器用で、子供じみた感じが萌えなんですよね。
受け様を守りたいけど、自分に自信が無かったり、拒絶されることに怯えたり
受け様もまた同じような事を考えてる。
切なさの中に甘さがたっぷり詰まった優しいお話で良かったです。

2

高身長カプ

崎谷さんのデビュー作「楽園の雫」の文庫化ということで、
読んだことがなかったので、うきうきしながら発売を待っていました。

まず、目次を見たときに、表題作のほかに2作短編が入っていることに
嬉しさを感じました。
短編が入ってるのって、なんだか嬉しいんですよね。
だから、本のページ数などで仕方ないのは分かっていますが、
短編が入ってないと、ちょこっと残念に思ったりします。

デビュー作・・・。これ本当にデビュー作?と思うほどに
完成度が高かったです。そして、今でも、惹きつけてやまない作品を
描き続ける崎谷さんの強さを見た気がします。

ストーリーは、高校生の幼馴染もの。
幼馴染ものも数多く出版されていますし、
特別な事件が起きるわけでもありません。
でも、高校生という微妙な年頃の心の動きが丁寧に書いてあり、
2人の気持ちに感情移入していってしまいます。
(これは、好きな作家さんだからの、欲目なのかしら・・・。)

短編では、付き合ってその後の様子が描いてあり、
幸せそうな2人を見れて良かったです。

ちなみに、超高身長カプなのが、ちょこっと笑続きってしまいました(笑)
こんな2人がアルタ前にいたら、そりゃ注目しちゃいますよ!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ