……永遠に、おまえしかいらない。――超人気『敬春&操』シリーズ感動の完結編!!

愛縁 -きずな-

愛縁 -きずな-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
12
評価数
4件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ブライト出版
シリーズ
ローズキー文庫(小説・ブライト出版)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784861232558

あらすじ

敵対組織と緊張状態が続く中、柚木操は軌条会の若き会頭で恋人・軌条敬春の秘書として働きはじめる。しかし守られるだけの日々に操は、いつか自分も敬春を支え、守る存在になりたいと願い続けていた。そんなある日、軌条会の組員がマフィア『青』に襲撃され人質にされてしまう。窮地の敬春を救うため身代わりに人質となる決意をした操。そしてひとり敵地に赴いた操を再び激しい陵辱が襲い――!? 超人気『敬春&操』シリーズ感動の完結編!!愛を紡ぐ二人の豪華書き下ろし有!!

(出版社より)

表題作愛縁 -きずな-

幼馴染で軌条会の会頭 軌条敬春・26歳
大学卒業後秘書となる恋人 柚木操・23歳

その他の収録作品

  • 敬春&操シリーズキャラ紹介
  • 羞華
  • 恋華
  • 比翼連理
  • 凪の風景
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

完結編は激甘仕立て

シリーズ文庫化再販の完結編、前回でお互いに心が通じ合った二人ですが
今回は更にタイトル通りの絆を深める激甘仕立てになっておりました。

受け様は1年遅れで無事に大学卒業を迎え、前から希望していた攻め様の為に
自分も守られるだけでなく守れるようになりたいと攻め様に秘書になるのですが
その秘書は名前だけで何もさせてもらえない。
いつもただ守られるだけの存在で、受け様は自分の不甲斐なさに落ち込むのです。
受け様は組での自分の居場所や役割が無いことで、攻め様に愛玩される存在だけだと
言う事が辛く、攻め様の為に自分が出来る事を探してるのです。

攻め様はただ受け様が傍にいてくれることが何よりのして欲しいことなのですが
互いに思い合っている思いが強すぎる為の微妙な擦れ違いになりますが
受け様、そこで自分の我を通さず攻め様の事を思い一歩引いた状態でいるようになる。
既に極道の姉さんみたいなんですが、それに男だからと言う事で気が付かないのは
受け様だけだったりするんですよね。

男としてのプライドよりも攻め様を愛することや、支えになろうとすることを選ぶような
ストーリ続きーになっていて、攻め様が不安な気持ちを少しでも解消するために
受け様からプロポーズみたいな展開もあって芯の強さを感じさせます。
攻め様は受け様に愛されている事を信じているのですが、対受け様になると自分に
自信がなくなってしまう、可愛さがあります。
猫ちゃんに本気の焼き餅を焼いている攻め様は前回に引き続き萌えました。

今回は極道的な強さでは無い、愛する人の為に自分が出来る事を命がけで実行する
受け様の愛の強さと、その思いを受け止め、受け様以外にも会頭として守らなければ
ならないものがある攻め様の身を切られるような苦悩が感じられる展開で完結に
相応しい内容だったと思います。
同時収録の短編は何年たっても蜜月のように甘く初々しい二人が描かれていて
甘さこってりのラブになっています。

1

操のデカ乳首!?

ゴメンナサイ!下世話なタイトルで(大汗)
だって、だって、、この本で一番のインパクトはこれで、明らかになった事実がとっても印象的だったんですよーーーwww
敬春にも、サイズを測っておけばよかったと言われて、人質になった半島系マフィアにもデカ乳首と呼ばれ、きっとそれは紛れもなく本当だと思うから(爆)

さて、無理矢理情人にさせられ「愛しているになるかもしれない」の関係が2巻で「愛している」になり、そして3巻。
主人公の操は敬春にまるきり女の扱いをされて、守られるばかりの立場だったのですが、
今回大学も無事卒業して、敬春の為に、組の為に役に立ちたい。
守られるばかりでなく、自分も敬春や組を守りたいと、一歩踏み出すお話になっておりました。
そうですよね、、いつまでも”女”で3巻も展開されたんじゃぁ面白くないです♪
・・・でもやっぱり女性っぽいんですけど。

大学を卒業して、何かしたいと敬春の秘書となった操。
ある日、敬春の元へ警視庁の公安の人間だという星城という男が現れてから敬春が渋い顔をして、何か面倒な事を背負い込んでいるような様子を見せます。
敬春が、弱音を、現続き在負っている悩み事を操に話したことで、操は自らもめ事の相手となっている半島系マフィアの元へ人質として出向くことを提案します。

そんな出来事を通して、更に強固な二人の結びつきと、操の活躍・・と言いたいところですが、かなりバカップル話ですw
今回より明確になるのは、案外敬春は操に頼っているということかな?
イライラがあると操とエッチで気分を落ち着かせ、何かにつけてエッチしている敬春は、その実エッチしながら甘えてる感じがするんですよね。
だからtkbがデカクなっちゃうのかwww(スミマセン)
しかも、以前からそうでしたがものすごくヤキモチ妬きですしね。

操が人質として自ら出向く話も実は、割とよく考えるとトンチンカンな話だったりするんですが、蓋をあけた真実が結末にあることで、成るほど~
ですが、マフィアの執行人やりすぎwこれ、結構個人の趣味だったりして(笑)
後で、そんなニヤニヤする設定が見えてきます。

組の危機はとりあえず救いましたが、操は敬春の情人でしかなく、他の舎弟のように何かできるわけでもないので、彼は彼なりに、彼にしかできないことを模索してやるしかないとは思うのですが、結局突き詰めると敬春のお守だったりするのかもしれませんねw

旧版にはない書き下ろしは『凪の風景』です。
病気で伏せっている操を心配して、やったこともない料理に挑戦しようとする健気な敬春が見られます。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ