罪深くあいして

tsumibukaku aishite

爱你是重罪

罪深くあいして
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
2
評価数
3件
平均
1.7 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス・リンクスコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥676(税抜)  ¥730(税込)
ISBN
9784344825338

あらすじ

中堅天使のレリエルは弟の罪の連帯責任で人間として地上に堕とされてしまうが、偶然通りかかった平岡という男に拾われ――! ?

(出版社より)

著者:如月 奏

表題作罪深くあいして

人間 平岡/監察官 悠希/堕天使 モルフィル/雅樹
堕天使 レリエル/ラミエル/人間 葵/天使 サレム

その他の収録作品

  • 罪深く愛して~堕天使・レリエル編~
  • 罪深く愛して~堕天使・ラミエル編~
  • 罪深く愛して~堕天使・モルフィル編~
  • 罪深く愛して~天使・サレム編1,2~
  • 恋焦がれてコンプレックス
  • 罪深く愛して~再会~
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

堕天使のそれぞれの訳

ファンタジーもので、天使が主役の分厚いコミックス。
印象としては少女コミックみたいな作風で、ノリもそんなテイストオンリー。
別にBLでなくてもいいんじゃない?読んで見ての感想かな。

天界から様々な罪によって人間として堕天された天使たちの人間との
それぞれの愛の形を1冊にした作品なのですが、何故か1篇だけ天使以外が題材。
だからと言ってそれが凄く今までと違うかと言えばそうでもなくて天使ものに
一息的な要素でもないけれど、別物が紛れ込んでの分厚い1冊。
読み応えは・・・あるんだかないんだか・・・ただ厚いだけ。
強いて言えば、天使・サレム編のラストはファンタジーに切なさが感じられて
良かったと思える1篇でした。

0

印象に残りません

【姦淫の罪で地獄に堕ちようともおまえと一つになりたいー…】という帯のキャッチコピーにつられて購入しちゃいました。
許されない人間との禁断の恋だとか、背徳心、そういったものに期待してたのですが…う~ん、何かが違う。
許されない恋なんだろうけど、それが全く感じられないんですよね。
どれもこれも淡々としすぎて印象に残りませんでした。
受け様は女の子っぽいし。
BLというより少女漫画で描かれた方がよかったのでは?と強く感じてしまいます。

堕天使シリーズと関連性がないお話も一本収録されてますが…何故、これを入れたんだろ。これのおかげ私の中では更に評価が下がりました(ノД`)
絵もストーリーもまだまだと言わざるを得ません。


デビューコミックスを買うのが割りかし好きなのですが、これからはちょっと控えようかなぁ…。

1

ファンタジーらしさを絵で表現するのも難しいと思った

作者さん初単行本。
かなり分厚いし、天界を追放された堕天使の話ということでかなりの読み応えを期待していたのですが・・・
4人の天使の物語オムニバスと、人間モノが1本の構成・・・?
ちょっと「天使禁猟区」みたいな感じを想像していたためにギャップが埋められませんでした。
また外見も天使だから中性的ということでしょうが、中性的というより、受けちゃんは女子みたいだし、ナチの軍服みたいのを着た天使がいてみたり(しかもおっさんw)いろいろと自分の想像するものと食い違ってしまったのがマイナス大きかったのです(涙)
話としては、よくある感じでこれもまた想像の域をでませんでして。。。

◆レリエル
弟の罪により、天界を追放された双子のレリエル。
落ちた処を拾ってくれた親切な建築士が、レリエルの黄金比率の容姿に思わず家に連れて帰り、保護していくうちに・・という話。
レリエルは純粋な天然ちゃんでした。
◆ラミエル
しばしば天界を抜け出して地上で人間と関係を持っては隋落させた罪で地上へ追放されたラミエルは売りをしているのだが、ある日呼ばれた客の元へ行くと、彼は堕天した天使を見張る監察官続きだった。
世話焼きの監察官に人間らしい生活を教えられる話。
◆モルフィル
彼は死天使(死神)なのだが、その役目を破り本来死ぬはずだった少年を生かしてしまった罪で地上に追放された天使。
そんな彼を忘れられず追いかけてきた少年という出会い。この少年かなり執着してますw
◆サレム
好きだった地上に堕とされた天使エリヤが罪を許されたと25年経ち地上に迎えに行ったサレムだが、彼によく似た青年に出会うのだがなんとエリヤはすでに死んでおり、彼はエリヤの息子だという。
人間界の食べ物を口にしてしまったため、力が弱くなったサレムは天界へ帰れなくなり、そして彼が地上にきたのは、実はエリヤに嫉妬していた天使の罠だったという!
これが一番話が長く、そこそこに波乱などあり、天使の物語の中では一番面白い展開を見せたものでした。

悪くはないのですが、受けちゃんにショタ臭がしますw
それと絵柄的にあまり天使な感じがしないのが・・・もうちょっと荘厳さとかファンタジーな雰囲気がほしかったかな~

人間モノの短編は、売りをやっているという噂のバイト先の先輩が気になって仕方ない後輩。
自分が先輩を買う!と行って彼を守ろうとするその真摯さに先輩がほだされる話。

まだこの一冊だけでは力量がわかりませんが、
天使モノだけでどうして一冊にしなかったのか、疑問が残ります。
他の作風も見せたいという編集さんの心遣いでしょうか?

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ