オレ様☆女王様

oresama joousama

オレ様☆女王様
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一水社(光彩書房)
シリーズ
光彩コミックス(コミック・光彩書房)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784860933432

あらすじ

超オレ様な先輩・粟屋に高校時代から振りまわされていた・昌哉。同じ大学に入って粟屋の背を追い越したことに妙な快感を覚えるが、「昌哉のくせに生意気だ!!」粟屋のオレ様ぶりにはみがきがかかってきて・・・。
たまりかねた昌哉は逆転の強制Hを仕掛けるけれど!?
――犬的後輩×女王様先輩の甘辛フィジカルラブシリーズに、スピンオフと女装男子物語をプラス!
ファン待望の作品集!!
(カバーより)

表題作オレ様☆女王様

高校からの後輩 矢田部昌哉
元バド部でテニスサークルの先輩 粟谷

同時収録作品昼夜fighter

イチロー
ナオ

同時収録作品イジワルな悪魔

あづ馬

その他の収録作品

  • オレ様☆好奇心
  • オレ様と言葉足らずの恋

評価・レビューする

レビュー投稿数2

擬音効果は腰乃作品リスペクトか?

この作家さん初めてお目にかかったんですが、エッチ描写が実に腰乃さんに似ている!
それが第一印象。
思わず大胆な構図の表現もそうですが、
エッチシーンの手書き吹き出しを使った擬音表示
キスが”にるにる” 擦りっこが”ずっ、ずっ、” 発射が”びゅるるる” さわりっこが”にゅこにゅこ” 挿入が”ぢゅぷ””にゅぷ” などなどなど。。。
びっしりと細かく入る描写が体の汗の表現と混じって・・・見にくい!!
うう~ん、、比較してはいけませんが、腰乃作品の擬音表現の素晴らしさを逆に感じてしまう結果に。
しかしながら、これはこれで一つの特徴として面白くはあるんですけどね。
細かくどのくらい彼等が動いているか、その吹き出しの数で激しいんだろうな~とかいうのがわかるという点では、表したいものがわかる仕組みになっているのかも。

さて、表題シリーズの後輩×先輩モノは、話としては実は面白いです!
不遜で傲慢っぽいのに、無防備で天然な先輩に翻弄される後輩。
後輩は、先輩が最初好きとは気がついてなかったんですよ!あまり無自覚なんで、つい襲っちゃって、そして先輩もまた「おうっ!」ってなもんであ続きっけらかんとしている。
そして好奇心が勝っちゃう感じ。
意地っ張りのツンデレなのか、天然なのか、、その実恋もしたことのない人だったという!
だから子供みたいな天然だったんだなww
ワンコな後輩がひとりでぐるぐるしてる様も非常に楽しいです♪

「昼夜fighter」は、可愛い顔で女子みたいな名前なのが嫌でタチにこだわる男子の話
「イジワルな悪魔」はメイドコス同士のエッチ

それなりに楽しい作品。
絵が若干不安定ですが、これの掲載が時系列になっているので、だんだんと絵がきれいになっていく様子も見られます。

0

どうしようもない先輩。

表紙のピンク色に釣られて購入しちゃいました☆
表紙のデザインが可愛いんですもん★(*・ω・)v

表紙を初め、カラーイラストは苦手テイストなんですけど(いっちゃってるような目線がちょっとなぁ…)中を覗いてみると、そうでもなかったです。というか、今こういった絵柄が流行ってるのですかね??

俺様で傲慢で幼稚な先輩・粟谷に振り回されまくりの昌哉。
どーしようもない先輩・粟谷と高校時代にバドミントンのダブルスを組んでいた昌哉なのですが、粟谷の大学進学をきっかけに断絶状態に。
大学で粟谷とバッタリ再会してから再び振り回されることになる昌哉なのでした。
いつのまにか粟谷を追い越した身長に妙な快感を覚えた昌哉は、相変わらず俺様な粟谷にこれ以上、振り回されるのは懲り懲りと押し倒します。そして、二人はなだれ込むように…。

俺様な粟谷が、可愛い一面を見せたり、タチ争奪戦、お邪魔虫出現に疲れきってしまう昌哉など、味わい深くて楽しいお話でした(*´・ω・`*)

『昼夜fighter』は、表題作の昌哉のゲイ友達のお話です。
俺もタチだ!俺もだ!タチ争奪戦によりなかなか関係が進展し続きないお話。

『イジワルな悪魔 』は、アルバイトで女装をする男子のお話。
メイド服のHに萌え萌え(●´艸`)

いや~、Hの描き方がなんとも凄いです。効果音の嵐!!
びゅるびゅるるるる~、ずこずこ、しこしこといった具合です(*´・ω・)
何気に汁気もあって楽しかったです♪

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ