立野真琴が描く、白衣の下のシークレット・ラブ・カルテ!

とある外科医と内科医の。

taru gekai to naikai no

とある外科医と内科医の。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
17
評価数
5件
平均
3.4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784403663505

あらすじ

内科医の三沢は、親友の外科医・風見にずっと片想いしている。
風見はフツーに女好き。
三沢はそんな風見に想いを告げるつもりはなかったが、後輩の遠野に、
秘密の恋を見ぬかれたうえ、風見を好きなままでいいと口説かれ、揺れてしまう。
そんな時、風見がーーー!?

(出版社より)

表題作とある外科医と内科医の。

風見哲司 外科医 28才
三沢蛍 内科医 28才

評価・レビューする

レビュー投稿数2

白衣の下の…

白衣って…良いものですね。
今までそんなに強く惹かれなかったお医者様ものなんですが
「白衣でも隠せない恋が、俺のカラダをほてらせてる。」の帯に煽られましたw

女好きで腕のいい外科医の親友・風見に片想いする内科医の三沢。
血に弱いけど“オペだけが医療じゃない”と、努力する熱血漢な面と
ひた隠す恋心が切なかったです。

三沢の気持ちを後輩の遠野に見抜かれ、口説かれます。
最初はちょっと軽い感じでしたが、徐々に真剣味が伝わって、
遠野に応えようとした矢先、風見にキスされ
「俺もお前にほれてるらしい」と告げられます。

担当患者の女の子の容体が悪化し、
そちらに集中するべく、どちらも選ばないと決意しますが…。

風見の自信ありげな強引さと
当て馬・遠野の健気さのバランスが良いお話でした。

実は立野さん初読みです。
すごく有名な漫画家さんなんですよね。
失礼ながら、絵が好みだったら萌×2だったと思います…。


1

親友がゲイだと知った時

外科医と内科医で同期で親友の二人の切ないラブストーリー。
受け様は同期の内科医の攻め様に片思いしているが、攻め様は女好きで
受け様は自分の思いを告げる事をするつもりもないけれど、攻め様を思って
切ない思いを常にしているのです。
攻め様は受け様の思いに気が付かないから、スキンシップは激しいし、
何かと受け様の事を気にかけて見ていてくれるので余計に捨てきれない思いで
受け様は苦しむことになるのです。

そんな時に、後輩の内科研修医に攻め様への思いを気が付かれ、自分と付き合って
くれと告白されて、病院の仮眠室で流されるように抱き合う寸前で攻め様に
見られてしまい、病院内での不埒な行いに怒りを向けられる。
しかし、攻め様との近い距離に苦しんでいた受け様は逆に無視される事で
安堵も覚えていて、後輩にも慰められ、いつしか後輩を可愛いと思うようになる。

攻め様は親友がゲイだと知り、初めは二人の姿を見て怒りが湧いていたが
それでもやっぱり親友として二人の仲を認める発言を・・・
受け様はその言葉にショックを受けて、後輩の求めるままにホテルへ・・・

ノンケの攻め様が続き、親友を恋愛的な意味で好きだと言う事に気づいて、
そして受け様が時折見せる悲しい顔の意味を考えた時に二人の関係が大きく変わる。
そして当て馬さん状態の後輩君は・・・可哀想でしたね。
始めは軽い感じだったのに、受け様の健気な姿や可愛らしい姿を見ていて次第に
本気になっていくんですよね。
そして攻め様を諦めようとしている受け様は後輩君を少しずつ好きになり始めて
いたようなのですが、攻め様が間一髪間に合ったって流れでした。
イラスト事態は好みでは無いのですが、それなりに楽しめる作品でした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ