溺愛イトコン!

dekiai itokon

哥哥的溺爱日记!

溺愛イトコン!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×29
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
12
得点
110
評価数
28件
平均
4 / 5
神率
35.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784799711507

あらすじ

透司の日課は料理・洗濯・掃除…いつの間にやら大家族・宇田川家を仕切る世話焼き主夫になっておりました。そこに従弟の有都がやってきた!! 純真で引っ込み思案な有都が気になって仕方ない透司。有都のエロい妄想を繰り広げるも、そんな気持ちがいつしか…?
暴走するモウソウ、エスカレートするイトコン(イトココンプレックス★)の行方は…!?

(出版社より)

表題作溺愛イトコン!

宇田川透司 大家族を仕切る
有都 父親の転勤で従兄弟の家に居候する高校生

同時収録作品透ける男

透ける乳首が気になる 冨澤
真面目で地味な同僚 村口

同時収録作品12年目のキス

童貞のフリーデザイナー 隼人
バツ1のサラリーマン 晶

その他の収録作品

  • あとがき
  • スペシャル描き下ろし(4コマ漫画)

評価・レビューする

レビュー投稿数12

美形大家族

暴走する妄想と、エスカレートするイトコ愛を堪能できる1冊です。登場する大家族の全員が美形で目の保養にもなります。1作目では、その後の作品に比べて、妄想っぷりは幾分少ないけど笑えます。

大学生の透司は、宇田川家を支える主夫的存在です。13人の大家族に加わったのは、高校生の有都。有都は、昔から人見知りが激しくて、透司にしか懐いていませんでした。そのため、有都を守らねばと思っていた透司。その思いがいつからか、恋になっていた…というお話です。

有都が、天然で純情でちょっとずれていて可愛いです。
透司は有都に対して、過保護で溺愛しすぎてお腹いっぱいな感じです。有都からのプレゼントだったら、フリフリエプロンでも喜んでつける、男前なところが好きです。グルグル空回ってるのも可愛いです。

そして、大和さんの描かれるチビッ子たちは、本当に可愛いと実感します。

1

むっつり具合がツボ!

「ちんつぶ」で大和作品と出会い、その作品中に登場する岩淵に激しく萌えを刺激された私。
端正な顔で、真面目な性格で、でもむっつり妄想・・・というキャラを再び求めて大和作品を収集。そして、この「溺愛イトコン!」にたどり着きました。

むっつり妄想キャラとしてはもう合格!!!
表情も発言も行動も、心の声もいちいち面白いです。
本当に笑わせてもらいました。
サブキャラ(別のいとこ、兄、叔父)も今後の展開が楽しみな面々で、笑いとしては本当に楽しめます。
ただ、ショタっぽいキャラが元々得意ではないせいか、「ちんつぶ」の時のように萌え+笑・・・とはならず、残念ながら笑いがほとんどで萌えをほとんど感じませんでした。
でも、話は本当に面白いので、笑いたい時におすすめです。

実は、本書で激しく萌えを感じたのは、本編とは無関係の同時収録作品の「12年目のキス」の方でした。
こちらは、同級生再会物なのですが、面白さだけでなく、Hシーンがとっても萌えました。
眼鏡(受け。子持ちのバツイチ。)、一途童貞(攻め。ずっと受けへ気持ちが忘れられず・・・)・・・と好きな要素が入っていたというのも続きありますが、この作品で非常に萌えたので、萌×2としました。


3

イトコンって……何?

あまりにもお話がかわいすぎましたね。
なんというか、
少女漫画を見ている気分になりました。

すみませんが、
少女漫画はちょっとダメでして…><

まあ、下着の話(ブリーフ)は
面白かったかなー?

でも、大家族過ぎて、
子供も多すぎて、
カワイイと思う暇もない!

イトコンっていうのは、
結局
「イトココンプレックス」
の略だったんですね……。

あまりにも聞き慣れない言葉だったので、
何かと思っちゃいました。

相手(受け)の子が
あまりにも女の子っぽくて、
恥じらいがあって、
あまり好みじゃなかったです。

女の子っぽい男の子は
ちょっと苦手かなー?

残念。

0

大家族に万歳♪

従弟コンプレックス、略してイトコン。
そっちか~、完全におでんの具のやつを想像してました☆
ちなみにこの話、親戚みんなで暮らす大家族のお話。
大家族の良さとプライバシーの無さが、と~っても面白いです♪


簡単あらすじ
祖父母が残してくれた家に暮らす大家族。
主人公の透司(とうじ)は、母屋に兄、叔父、叔父息子、自分、そして新しく仲間入りした有都(ゆうと)と住んでいる。
他の3つある離れには、二家族、独身の叔父がそれぞれ住んでいたる。
透司の両親は事故でおらず、いつのまにやら大学生の透司が皆の家事をまかされていた。
有都の父は転勤が多く、母はおらず、ずっと父と二人で様々なところで暮らしていた。
その父が海外へ転勤になり、この大家族に加わる事に。
年に一度くらいしか会わなかった有都は、昔からイトコ達の中で浮いていて。
世話焼きな透司は、いつも彼の遊び相手になっていた。
大きくなってもその関係は変わらず。
透司は自分になつく有都へ、なぜか次第にエロい妄想をするようになり…!?


Hなシーンが無いのに、なぜかものすご~くエロい!!
そして一見クールな透続き司が、有都によってどんどんキャラを破壊されていきます。
その過程が面白いのなんの!
透司と同じ大学生のリンと有都が、ある場所で仲良くなった事にショックを受けたり。
透司の兄と二人で過ごしただけで、猛烈に嫉妬したり。
そして後悔して悶々としていると、必ずや有都から甘えられ(本人自覚ゼロ)仲直り♪

透司の有都への執着・溺愛のすごさも面白いんですが。
有都のかなりズレてる返しが透司の混乱を招きます。
小さいときは「さみしいよう~、遊んでよ~」というキラキラオーラが透司の世話焼き心に火をつけて。
一緒に暮らしてからは、透司の独占欲に火をつけます。
そしていつしか、特別な気持ちに…!
しかし、有都はそんな事ま~ったく気づかず。
透司が思う方向とは違う行動をして、悩ませる。
天然くんってコワ~イ!
有都からもらったものを素直に喜ぶ透司の壊れっぷりは、かなり楽しいです♪

驚いたり、喜んだり、かたまったり、嫉妬したり、怒ったり、とにかく忙しいのなんの。
これ、今二冊目まで出ていますが。
まだ続いていくもようです♪
同時収録の2つにはHシーンあります。
でも個人的には、透司の妄想が一番エロいと思うなぁ~♪

2

萌えました。

兄弟、従弟、伯父などなどたくさんの親族が同じ屋根の下に住んでる宇田川家
そんな大家族にまた一人従弟がやってきて・・・・。
従弟コンプレックス略してイトコン?
先生の王道な感じはあまりいつも好きではないんですけどね。これは別腹でした。
萌えた・・・・。なにこの天然受けと天然攻め・・・。
周りも目のやり場にこまっとるやんけ!!!!!
受けちゃんの天然かつ可愛い誘い受けに萌えました。
ん~。ラブリー。こんな可愛い従弟ならメロメロになって当然よね。
攻めのむっつりもおいしいです(笑)

すごーつ疲れた時これよむとスッキリ心機一転できます。
それくらい可愛い可愛いお話です。

2

理由なんてきっといらない

微笑ましい。
実際の大家族ものって苦手ですが
この作品の大家族は楽しい

作品のタイトルの通りの内容です。

従兄弟の有都くんが可愛くて仕方ない。都合の良い妄想を繰り広げる。
面倒をみまくる、過保護な兄貴
透司くん

こういった作品は時々読みたくなります。

くっつくまでいかない
妄想と思春期祭りみたいな・・

守ってあげたい。自分だけが知ってる部分。
好きの感情の違いはどこからなのだろう

やはり、身体に触りたいとか
そういうことなのかな??
と、新鮮に思える
かわいい作品でした

1

溺愛にもほどがある!

今作の見所は攻めさんの「溺愛」「妄想」「ヘタレ」ぶりです。
受けさんを溺愛しすぎて妄想が暴走しています。
そのうち不埒な自分を自分で殴り出すんじゃないかというほどの溺愛妄想ぶりです。
しかも攻めさん、受けさんが寝ていてお腹を出している所を見ただけでも「見ない見ない」と心の中で呪文を唱えてしまうほどです。
妄想がどんどんエスカレートしていて笑えます。
そしてこの人なんだかんだ言ってヘタレの予感です。

受けさんなんですけど、絵からしてショタ受けです。
ショタ受け苦手な人は勧められないかもです。

受けさんは成長期なので、
顔つきや体つきも大人っぽくなったあたりも見てみたい気がしました。

『透ける男』
こちらの作品は乳首ものでした。ワイシャツの下に下着を着ていない受けさんの乳首が透けて困るというお話でした。
確かにスケスケだと目のやり場に困るかも。
そして攻めさんと恋仲になったあとはキスマークがついていて目のやり場に困るという落ちw

『12年目のキス』
再開もので受けに子供がいるという内容のものでした。
見た目は社会人×社会人で一番好きなパターン続きでした。
再開ものは好きです。が、
コブ付きパターンってどうやら私は萌え要素には入らないらしく、
あんまり興味ないことが多いです。
でもBLって何故か子供が出てくるパターン多いですね。
最近では子連れものも珍しくなくなってきましたね。

1

妄想スキルが上がる

とっても絵が綺麗で、背景等の描き込みも細かく凄い!というのが、大和名瀬さん初体験の私の感想です。
そしてデフォルメなチビ画も果てしなく可愛い魅力全開っ

透司は大家族の主夫的立場で、男女関係なくお洗濯もするんですが、まぁ従弟の有都には甘い甘い!!
小さなキーワード1つで果てしなく妄想していける透司は、自分の変態妄想加減に少しだけ悩むけれど、それが「=好き」なんだと自覚するので吹っ切れ方が早くて分かり易い。
天然な有都相手に、これがもっと「何でこう思うんだ」「この感情は何なんだ」が長いと足踏みしちゃうと思うので、透司のこの展開の早さはドンピシャでした。

とにかく有都が可愛い!!
透司は引っ掻き回されて大変ーと思いますが、実は有都も、大家族の中では透司が特別な存在なので、透司に冷たくされるとショックだし、考えちゃう。
けど有都の生まれ持った性格のお蔭で、透司より折れるのが早く素直に謝ってきたりするので、そこは透司がとても救われているなーと♪

同本に収録されている【透ける男】【12年目のキス】も面白かったんですが。
何せ大和名瀬さん初体験+表題作に濃い絡みが一切な続きかったので、この2作を観て「おおぅ!!」となりました。
いや、何て言いますか、絵がとても緻密で上手な方なので、そちらの描き方も何たる丁寧さ…という(笑)

ドタバタ可愛い!!を楽しむならコチラはうってつけじゃないかなぁと思います。

2

天然キャラを愛するって難しい

 ともかく有都は天然で、人を疑うことを知らない。ともかく誰でも真っ直ぐな目で見るものだから、いちいちかわいいキャラです。そんな顔されたら、誰だってかまいたくなるし、透司が妄想を膨らませてしまうのも分かる気がします。(笑)

 透司の「おれは有都が好きだ」という一世一代の告白、も残念ながら有都には難しかったようで…。と、このコミックは残念ながらここまで。コミカル系の作品で安定感があるので、是非とも続編が読んでみたいです。

他に乳首=こんなものと思っている村口を描いた「透ける男」と、同級生との再会を描いた「12年目の再会」を収録しています。いずれもコミカルな作品で、笑いながら読めます。加えて、随所で出てくるちびキャラがかわいいです。

1

イトココンプレックス

かわいらしい作品でした。
ある程度、容姿も良くて、教養もあるはずなのに
受にめろめろスギて、なんかダメな攻ってのがツボです(○´∀`○)
今回のものもまずそれですね。
オレがついていなくちゃ!俺が!オレが!
が、機転だった幼少時代。すこし大人になって帰ってきたいとこ。
やっぱり、オレが!オレが!と想っているのに
なんだかんだで、あれ?俺がいなくても・・・・?!
二人の関係はもう少し続くようですが、ガッツリカップリングされるまでは
見守ろうかなというところ。
本編としては、いささか物足りない感じがしたのは私だけだろうか。
ん~・・・・

補填という意味では、巻末の4コマ
実は、これが一番好きだったりします。
何より、攻のだめっぷりが余すことなくはっきされているからなのですがw

ほか短編。
乳首が透けているリーマンの話。
これはどうなのよ、可愛い年下男子社員なら、透けてるの
黙ってて、ニヨニヨしてたほうが楽しいと思うのだけど
綺麗なピンクならなおさらっ!なおさらっ!なおさらっ!

1

1冊で3度オイシイ♪

『溺愛イトコン!』3話と読切『透ける男』『12年目のキス』で構成。

・溺愛イトコン!
可愛い従兄弟の有都が自分たち大家族と一緒に暮らすことに!
昔から一番仲がよかった透司(攻め)は有都(受け)をあれこれ心配したり、世話を焼いたり、他の家族に馴染んだのを妬いたり(笑)

自分では制御できない気持ちに振り回されて悶々とする男前・透司と
天然パワーで透司を翻弄するカワイコちゃん・有都の噛み合ないやりとりがたいへん美味♪

天然ちゃんが相手なので進展やエロはほとんどないですが、早く続きが読みたいお話でした!
他の家族もしっかりキャラ立ちしてて美形なので、そっちでも今後の展開を期待してます☆

・透ける男
リーマンもの。
乳首が透けている同期・村口(受け)に冨澤(攻め)が下着の指導をしてあげるんですが、なりゆきでふざけてじゃれあっているうちにエロい雰囲気になり、気づいたら可愛いと思うようになったというお話。

乳首が透ける設定が斬新!(笑)

・12年目のキス
高校時代に仲が良かった同級生が幼稚園で保護者として再会。
バツイチでいじっぱりの晶(受け)と妹続きの子供を世話している隼人(攻め)。
大人の意地や昔の行き違いを乗り越えて結ばれるお話。

一度あきらめた恋が再燃する様子は切なく甘いです。


表題作にエロが少ない分、読み切りでちゃんとバランスとってます♪
どの作品も美しい絵と安定した面白さがあるので、間違いなく☆5つです/

6

俺が守らなくて誰が守るっ!

攻め様の叫びが聞こえてくるような鼫愛甘々ものなのですが
受け様がまだまだお子ちゃまで天然なので攻め様の苦労がしのばれるお話になってます。

受け様の父親の海外転勤で親戚で従兄弟でもある攻め様たちの家に居候する事になった
受け様なのですが、他の従兄弟たちは皆で昔から家族単位のコロニーみたいな感じで
母屋や離れが3棟ある家で大家族のように暮らしてる家に来たのです。
昔から1年に数度しか遊びに来れなかったこともあり、幼い時はなかなか馴染めず
従兄弟一人で透司から面倒を見て貰っていた受け様。
そんな受け様が来ることになり、いつも来る度に面倒を見なければと幼い時から
面倒見が良い透司も今回も張り切っているのです。

しかし、受け様も成長していて、周りの空気を読んでそつなく周りに溶け込んで
いけるようになっていて、透司は物足りない思いを感じ始める。
心配で気になる従兄弟から次第にエロ妄想までしてしまう程意識してしまう透司。
天然で純粋な受け様に思いが本当に届いているのか心配な攻め様との
ハートフルラブです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ