剣と霧

tsurugi to kiri

剣と霧
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×212
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
13
得点
88
評価数
22件
平均
4 / 5
神率
22.7%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784799711484

あらすじ

「俺が恋をするとしたら…その時は命がけだ」
罪人を喰らう暗殺者のジエンは獲物を追う中で、美しい遊女と出会う。
暗殺のため利用しようと近づくが、彼女の正体は同じ暗殺者で“男”のウーだった。
口説いてキスまでしてしまった商売敵の2人だったけど…!?
暗殺者×暗殺者宿命を背負う狼達は、奪うように求め合う――。
描き下ろしは大人気のちみっこ4コマ収録♥

(出版社より)

表題作剣と霧

ジェン 暗殺者・南の狼
ウー 暗殺者・北の狼

その他の収録作品

  • アイツはちょっと猟奇的
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数13

北の狼、南の狼

いつも同じ二人の役者さんを使っているように思えるハヤテさんの作品。安心して読めます。今回はお得意の中華ファンタジー。忍者モノなのになぜか尻尾や耳があったような記憶に摩り替わってる(笑)あれ?狼って、別に狼に変身するわけではないのね?してもよさそうだけど。むしろしてもいいんだけど。ウーもジエンもふたりともすごく腕が立つし、オス同士って感じがたまりません。そして巻末のちびっ子4コマ漫画の可愛さのギャップがまたくせになる。

0

お!?BL武侠小説!?期待テンコモリ。

琥狗ハヤテさん、もとは朱鱶マサムネという筆名で「ネリヤカナヤ」という水滸伝の独自解釈コミックを出していた方だったんですねぇ…。
それがさらに発展したのが「メテオラ」、世界観をBLモードにしたのがこの「剣と霧」という感じでしょうか。それにしても琥狗ハヤテの世界観ってありきたりなようでそうでもない、すごーーく独特さがあって好きです。

この本のベースにあるのは、ほぼまちがいなく「武侠小説」というジャンルじゃないかな。あまり日本人にはなじみがないかもしれませんが、中国語圏の大衆小説ジャンルに「武侠小説」というのがあります。
日本風にいえば池波正太郎なんかの時代小説や中里介山の剣士モノに近いか。
超人的な強さを誇るワケありな剣士がほうぼうを彷徨う、ってな感じの大衆小説です。そうした天涯孤独な無頼の徒たちが彷徨う世界を俗に「江湖」というんだけど、このコミックの登場人物はまさにそうした江湖の民といった風です。うんうん、いいねいいね♪
成り行き上、相手を助けてそこからなんとなく腐れ縁っぽくなってしまうアバウトな展開も、いかにも武侠小説な感じです。
武侠小説って「努力・友情・勝利」ならぬ続き、「義侠心・友情・勝利」を軸にすすんでいくパターンがありがちではあるんですが、そのプロセスでしばしば暑苦しい「男同士の友情」がキモになってたりするので、それをちとズラしてBL化しちゃうっていうのは、いままで想像もつかなかったけれども考えてみたらアリです…思わぬ盲点を突かれた感じです。
第一巻の感触としては、「あくまでツカミです」。
武侠ストーリーとしては「いわく」や「因縁」要素がちょっと物足りないし、妖刀っぽい剣の力がまだそれほどあらわされてはいない…。かといってBLとしてはサッパリしすぎているので、これから本題に入るんでしょう(と期待)。つか、第二巻もうすぐ発売ですが、電子版と同時発売にしてくれると超うれしいです。リブレさんならやってくれそうです♡と期待しておく。
武侠小説で男女のパートナーや師弟関係にある者同志が恋愛に発展、みたいなのはよくありがちですが、お互い一匹狼のライバル同志が恋愛関係につっこむってかなり斬新なパターンなんで密か~~に楽しみです。

PS:ジエンってどういう字書くんだろ???ウーは「呉」か???とぐるんぐるん考えていたが、さっき気が付きました!!!
中国語読みすると剣は「ジェン」、霧は「ウー」と読めますね…。なぁんだ!

1

暗殺者同士の恋

来月2巻が発売されるので、読み返しました。何度読んでも面白いです。そして、琥狗ハヤテさんの描かれる、身体の肉体美が素晴らしいです。筋肉がしっかりついてるのに、セクシーでフェロモンさえ感じられます。いつも見るとウットリしてしまいます。できれば特大ポスターで欲しいぐらい…(スイマセン)

お話は、北の暗殺者のウーと南の暗殺者のジエンが仕事中に出会って、一緒に過ごす内に愛情が育っていく…という感じです。その仕事が正義の味方っぽいのも、好きな設定です。ライバル同士なのに、惹かれ合う設定もイイです。
ウーの女装姿は、ホントに男か?と思えるほど綺麗です。でも、強いです。強いけど綺麗だなんて、最高です。
ジエンは、男らしくて強いです。男臭いところがイイです。
エッチシーンでは、お互いへの愛情がダダ漏れで萌えます。

恒例の、最後のちみっこマンガには、可愛くて癒されます。ジエンの秘技は笑えるけど、ウーの趣味は危険です(笑)
2巻の発売がホント楽しみです。

4

武闘派どうしのライバル愛にウラハラ萌えv

舞台はいにしえの中国、唐の時代。
ただまあその辺は置いといて、平たく言えば、ライバル関係にあるアサシン2人(剣(ジアン)と霧(ウー))が、或る時は剣を抜いて戦い、或る時は助け合い、また或る時はくんずほつれつ・・・(萌)な、お話です。

どうやらこの国には、「北の白き狼」と「南の黒き狼」と呼ばれるアサシン集団がいるらしく、彼らに金を払えば、雇い主に代わって憎い相手の死刑を執行してくれるようで。
「狼」なる呼称は、恐らく彼らが集団ではなく基本は個人で仕事を請け負うことに由来しているんでしょう。
互いに別々の依頼主から受けた任務を遂行中、たまたま出会った「黒き狼」・ジアン(表紙絵手前)と「白き狼」・ウー(表紙絵・奥)。
ウー(受け)は絶世の美女に変装できるほどの美人。その上、めっぽう強いし、頭もいい。さらに、美女化け可能な一方で、脱いだらスゴい筋肉!
まあ、これはBLの受けにはよくあることなので、気にしない(`・ω・´)キリッ
攻めのジアンのほうは、ウーとは好対照の男くっさいタイプ。ちょっと軽率だったりもするんですが、そこはご愛嬌。
彼もまた腕っぷしが強く、そしてウーにぞっ続きこんです。
一話完結で次々に依頼された事件を解決していく中で、時には互いに牙を剥き、その合い間合い間には
「な、なんで俺がこんなやつに抱・・・アッー・・・(振動)」
的な濡れ場が。普段クールなウーが、濡れ場になると一転してめっぽう乱れちゃいます。

自分自身が萌えるBLシチュを考えてみるに、背徳感のある設定というのがまずダントツの萌えシチュではあるのですが、こういう、表面では毒づきあいながら実は・・・というウラハラな関係性もすごく萌える!ってことを最近発見。

実はウラハラ萌えに開眼したのは、この秋に読んだ石原理さんの「バーボンとハニートースト」。(こちらはライバル関係にある探偵どうしという設定です。)
どうも、ライバル関係というシチュの中でも、個人的にアクション系がツボ。お互い丁々発止とやり合いながらも内心はウラハラにLOVEがメラメラ(炎)な、熱~い話が好きなようです(ノ´∀`*)

絵の雰囲気は、青年漫画に近いです。
アクションヒーローものの青年漫画を読みながら妄想で補っていた部分(つまり濡れ場w)が、まんま作品に織り込まれていて、なんだか痒いところを思う存分掻いてもらったような満足感。
アクションヒーロー×アクションヒーローって、不滅の萌えカプ・・・ですよね☆

1

強い野郎同士なのが◎

設定もキャラも話も、かなり好きなんですが…。
なにかしっくりこない…。
キャラデザがちょっと凝り過ぎかなぁ。
コミックサイズでは読みづらさを感じてしまいました。
そして残念ながら、私好みじゃないんだなぁ…
これは好みの問題だからしょうがない事だけど。
すごくきちんと作り込まれている分、逆にハードル高くなっちゃってる気が…(-.-;)

それはそれとして…
ウーは20~中盤くらい、ジエンは20代後半~30代の
おっさんだと思ってるんだけど、そんな見解でいいのかな?
ジエンのヘタレっぷりも可愛いし、ウーのツンデレも可愛い。

妙齢の野郎同士がガッツリ!(また体がいいんだ!)とか
ツンデレ年下襲い受とか美味しいよ!
楽しませていただきました(^¬^)

3

素晴らしい筋肉!!!

『死生獄門』に登場したらしい二人の話。
前作は未読でしたが問題なく読めました。

舞台は千年前の唐。
暗殺を生業とする「狼」は北と南に二分され、ともに商売敵。
南の一族「黒い狼」ジエン×北の一族「白い狼」ウー
ある暗殺任務をきっかけに出会った二人が、ときに協力し合い
ときに騙し合いつつ、交流を深めていく…という話。

ウーは毒使いで、ジエンは手練の剣士(寝技も開発中www)。
1対1だったり大人数相手だったりと、迫力ある戦闘シーンは見もの。
またウーについては、体術に優れているだけでなく、
女性に化けていたり毒を仕込んだりと、敵の裏をかくシーンも見どころです。
それを見抜いて協力するジエンとの連携プレイもナイスコンビ♪

ほぼ毎回あるエロも、肉肉しく汁気多めで大満足v
ウーがジエンに後ろから抱きつくシーン、ウーのプライドをなげうった告白にも萌えるけどそれ以上に、二人の胸板の厚みと二の腕の逞しさに目を奪われました(*ノノ)
そこからのエロの盛り上がりがまた!当たり前のように青姦で全裸というシチュもいいし、終わったあとのクタクタ具合にも萌えww

敵対続き関係にあるにも関わらず恋に落ちた二人。
続編も BE×BOY GOLD で連載中のようで、コミックスになるの楽しみです♪

2

意外と…

雑誌掲載時には、絵が好みじゃないからと読み飛ばしていた作品。なんで読まなかったのか後悔してますよ。食わず嫌いはよくないね。


「中華ファンタジー仕立て」ということですが、中国の唐の時代を舞台にしているらしい。

暗殺者、南の狼ジエン×北の狼ウー

まさに漢×漢ってかんじでアクションなんかもある素敵な世界観。受も攻もがっしりしていて逞しいのに、1話では受のウーが女装して登場します。
んなゴツい女性なんかいるかよ!と思いますが、国と時代のせいでしょうか、違和感がまるでなく美しい!色っぽい!
日本の女性だと華奢だからこうはならないよね。アメリカとか中国って体格がいいからね。

ウーってばあんなに男前なのにジエンの前だとツンデレ発動してかわいいw
水銀を間違えて飲んでしまったと思い込んで心配するシーンなんか、可愛すぎて萌えます。
肌もなめらかで柔らかそうです。あんなにゴツいくせに不思議だw

仲介屋のおっさんもいいキャラで、今後も話の広がり方次第でもっと面白くなりそうですね。
まだ続くようなので楽しみに待ちたいと思います♪

書き下ろしのちみっこ4コマ漫画も可愛くてよかったです。

3

狼のまぐわい

当たり。
肉体の絡み 完璧です。
ガチムチ最高!
エロイ。蕩けます。

ジエン×ウー
南×北
黒×白
対比が素晴らしいです。
人物のコントラストがはっきりしていて たいへん読みやすい。
命がけの恋という設定もブレが無くて がっつり最後までいけた。
敵なので もしかしたら殺し遭いをしなくてはいけない そんなドキドキが止まらない。
それでも惹かれ合ってしまう 切なく愛おしい思い。
続き待ってます。
作者の描く筋肉は 最高!
良かったあ。


 

3

狼だけど耳も尻尾もない

今まで呼んだ琥狗さんの作品は、耳や尻尾や角なんかが標準装備でしたが、この作品は「狼」と称される、暗殺者=人間のお話です。
ケモ耳も角もありませんが、中国は唐の時代の設定の、結い上げた髪やデコラティブな装備や装束のおかげで、もはや人外レベルの素晴らしい肉体美にも、違和感なく萌えられます。

それにしても、ウーの色っぽいこと、この上ない。
こんなに色っぽい美人に迫られたら、つい、たががはずれて、朝までヤリまくりの、大惨事になってしまうのも無理ないやね。

2

たまらん

 受は美人なんだけど、男らしくてかっこ良くて、でも性格は可愛くて!
 攻は男らしいんだけど、受に対してだけはちょっぴり弱かったり。

 そしてどちらも素敵な筋肉がついてます。かっこいい……たまらん!!!!

 趣味に走ったとかなんとか書かれてましたが、もうそのまま突っ走って欲しいです!!!
 ついていきますっ。

2

なぜこのようにうまくかけるのか!

何がきっかけか急に琥狗ハヤテさんの本を買いあさり始めてますが、
いわゆるガチムチでありながら筋肉ばかりに目を奪われない生身な美しさに引き込まれます。

今回は比較的単純で単独行動ありながら処世に流されがちな南の狼と仲間と暮らしていて割合安定しているがゆえに周りに流されざるを得ない北の狼の話になるのですが、
お互いの立場が敵対に当たりながらお互いの評判はお互いに影響するという微妙!な立場がお互いなぜか惹かれていく(まぁきれいだから惹かれる、でいいと思う)とか、
結構複雑な話をグダグダ書かずに説明してくる感じがいいんです。

多分それを可能にしてるのが絵力だと思うのですが、
どっちも筋肉!な体なのにそれとは別のタイプのフェロモンが出てるような気がするんですよね・・・特に受けのウー。
女装しても筋肉の分厚さがなぜかうまい事色気に化けていて、綺麗なのです。
そこなんですよこの人の凄さ。ギリギリのラインでキャラクター調整がきいてる。

あ。後ろについているおまけの四コマ漫画(しかも2頭身w)も好き。

3

白い狼と黒い狼は番になれるのか?

前作で意表を突いた擬人化を堪能させて頂いたので今度はどんな引き出しから
作品が飛び出してくるのかとワクワクして読んだ1冊。
時代は千年前の唐の時代、主役の二人は北と南に分かれた暗殺者でした。
二人とも狼と呼ばれる裏稼業で悪人を抹殺する仕事をしているのですが、
出会いは同じターゲットを狙う者としてで、初めに策を労していたのが北の狼
美しい遊女としてターゲットを手玉に取りながら暗殺の機会を狙っている。
その遊女を使ってターゲットを抹殺してやろうと近づくのが南の狼。
しかし、南の狼の攻め様は、あっさり変装した北の狼の受け様にかわされるのです。

そして受け様が暗殺を実行する時が来て、男だと知りながらも受け様が気になり
様子を伺っていたが、毒殺が成功したかと思われた時にターゲットに不意を突かれ
受け様ピンチになった時に、商売敵と知っていながら助けてしまう攻め様。
受け様を背負って助けた事で受け様の肌から接種した毒が攻め様を・・・・
しかし、受け様に解毒され、更に借りは作りたくないと受け様自ら攻め様に
乗っかって身体でお礼をしちゃうのです。
一夜を共にした二人が再び続きめぐり合う事が出来るのか!
暗殺者がまかり通る時代のライバルとも言うべき二人の命がけの恋です。

2

必殺仕事人!

琥狗ハヤテさんベースの中華モノ。
今回は中華ファンタジーではなくて、妖怪とかケモミミとかは登場しません。
今回は、受け攻めも共に暗殺者。
二人とも腕の立つ仕事人の設定のようで、アクションもあれば、なんといっても二人とも男前!
それはひとりがやんちゃタイプで、ひとりがツンデレタイプ。
いつもの体の描き方も魅力なら、一方が寝技に長けているらしく(笑)そのポーズもエロチックな雰囲気をかもし、お話ももちろん!絵的にもとても魅せてくれます。
こういう典型的なキャラの組み合わせってすっごく萌え萌えします!(琥狗さんの絵と表現なので余計に♪)

北の狼と呼ばれる暗殺者と、南の狼と呼ばれる暗殺者。
狼というのは暗殺者の事で、依頼を仲介者をとおして多分恨みを晴らすという仕事がメインでやっているような感じです。
必撮仕事人ですね♪
彼等の出会いは、南の狼ジエンが悪代官に娘をなぶり殺しにされた商人に報復する仕事で、その役人が通いつめているという娼館を偵察しているときです。
代官が入れ込んでいる遊女が北の狼ウーだったのです。
まだ男だとは知りませんから、彼女を懐に引き込んで隙を狙おう続きとしてのですが、彼女にあっけなく撃退される。
そして、この北の狼ウーもまたこの代官を狙っていて、それは毒をもって行うという暗殺方法だったのです。
成功しかけたその一瞬の隙に抵抗に会い怪我をしたウーを救ったのがジエン。
その晩、ウーとジエンは体を重ねるのです。

最初の出会い編はこんな感じで始まり、そしてその後も何かと縁が続き二人はライバルとして顔を合わせたりするうちに、やんちゃなエロおやじジエンが放っておけなくて気になってつい面倒見てしまうウーの姿があったり、と掛け合い共に実にナイスなコンビネーションが展開されます。
ウーの、典型的ツンデレの”お、お前なんか!”みたいな我に返って狼狽する姿が男っぽいのに可愛らしくてv
そしてなにより、一番最初の男は初めてなのに襲い受け、ジエンの手を木に縛り付けてやってしまうところがなんとも色っぽいと言いますが、男気あふれるといいますか・・・惚れるぜ!!
ジェンはガハハ・・な感じな男前がいいですねv

巻末チビキャラ4コマ漫画は珍しく耳尻尾ついてないですが、特徴が出てて楽しい♪
本編中に、仲介屋のところで再会した二人が仲睦まじく喧嘩してる姿を(!?)を物陰から見てて、「血なまぐさくねぇが、エロ臭ぇ」とこぼすセリフが爆笑だったのですが。巻末おまけ漫画にも登場してる!!
これは今後も登場させてくださいね~♪っていうくらい受けたデス。

まだ続くのかな?
男前カプ、楽しみにしてます。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ