押しが強い年下シェフ×プライドが高いBarオーナー――じれったい大人の恋。甘い書きおろしも収録!

恋を終わりにしたければ

koi wo owari ni shitakereba

恋を終わりにしたければ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
6
得点
15
評価数
7件
平均
2.4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784796403313

あらすじ

小さなバーを経営する完治は、長く片想いをしていた男から結婚の報告を受ける。誰にも言えない…言うつもりもない想い。けれど、その想いをシェフの曜平に気づかれていた。そして――「さっさと告ってフラれてくれよ。あんたを押し倒すのはそれからだろ?」と熱い眼差しで迫られ…。
年下の男に強引に口説かれ、翻弄される心とカラダ――意地っ張りな大人の恋。

収録作:恋を終わりにしたければ/描きおろし

(出版社より)

表題作恋を終わりにしたければ

従業員のシェフ 曜平
バーのオーナー 完司

その他の収録作品

  • 描きおろし
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

髪、長っ!

表紙絵を見てビックリ。裏表紙を見て、「あ、そうでもないわ」と安心しました(笑)

「恋っていうのは」のスピンオフなのですが、元作品がかなり気に入っていたためか、こちらはそこそこの評価になってしまいました。

二人の関係が動く前の、停滞した状態をもう少し読みたかったですね。結構早い段階で動いたので。ただ、カラダの関係を持ってからの、二人の感情の揺れは面白かったです。

あと、序盤は曜平(攻め)が髪フェチらしくエロ場面でも髪をいじっていたのですが、後半はちょっとそれが無くなったのが残念でした。

裏表紙がやけにエロくてお気に入りなのと、「慣れてたまるか…!! こんなこと…!!」とうずくまる完治が非常に可愛かったです!

2

カラー絵が好き

表紙絵は魅力的なのですが、描き分けが今一つ。リンク作の人物も出るんですが、絵だけでは「誰だっけ?」となり、もう一度他作を読み返す羽目に。

おそらくスタイリッシュに分類されるのであろう雰囲気は嫌いじゃないんですが、これBLの文脈が無かったら作品として成立するの?書きたいものはちらほら感じ取れるし絵はうまい(んだろう)けれど、漫画としての表現力に難ありという印象でした。

カラー絵はとてもきれいで、いつもそれにつられてしまいます。表紙が見えるように本棚に飾っておきたいような本でした。

0

バーでの恋物語♪

いいですねー、大人って感じで!

攻めの曜平が、結構理想的かもしれません。
完治が失恋したノンケを「好きなら押し倒せ!」なんて簡単に言う、
年下らしい子供っぽさもありつつ、
(だって本当にそんなの無理でしょー)
ちゃんと自分の気持ちは伝え、完治を待ち、引くところは引く。
それでも結局がっついてしまうという。
強引さと健気さが丁度良かった気がします。

一方受け(それまで攻め)の完治は、
毒舌キャラで売ってはいても、実は意地っ張りで弱いところもある。
しかし…長髪は特に萌えないな……。
まぁ、曜平が「切るな」って言うから切らないのは好き。
想いを寄せられても、そうそうあっさりなびかない。
大人の恋~♪
やはり、こうでなくちゃ。
でも完治はかなりヘビースモーカーだなぁ。
いっぱい曜平とキスして、本数を減らして欲しいです。(そういう問題?)

このコミックスの“ぎゅーん!!”な曜平のセリフ、
「あんたの全てに口出す権利が欲しいよ。
あんたの心も体も 俺だけに好きにさせて欲しい」
…っかーーーーー!!
いいです!年下攻め!!

1

ロング ロング ヘアー

インパクトのある表紙に釣られ買いました。
受けがめっちゃロングヘアーですよ。
彼氏(攻め)が長髪大好きだから 髪の毛 切らないんだってさ!
男性でここまで髪の毛伸ばしている方 珍しいのでは?
だって 表紙の絵 床まで伸びてます。
バーのお仕事されているのに じゃまになりませんかねえ。
逆に色っぽいかもな。
いらない心配をしてしまいました。
受けが意地っ張りで なかなか愛情表現をしてくれません。
それで攻めが がんばってモノにする話です。
前作「恋っていうのは」を読んでおいた方がいいと思います。
ロンゲ好きに お勧めです。
私は 短髪が好みです。
1回読めばもう十分な話でした。

※受けは 前の男まで攻めでした。リバ希望!

0

ふん。相変わらず表紙が麗しい。
個人的には、わりとズシっとくる印象が作品にある作家さんというイメージだったのですが、今回は実際そんなでもなかったかな・・と思ってしまったのが一つ。
もちろん、悪い意味ではないのだけれど、絵柄含めて、ちょっと古い作品~(後半は絵も新しくなるけど)なストーリーだったのも要因なのかな。

表紙と、カラーの口絵は好き。
ウマww
あと、帯びの煽り。
煽りって、購入の要因のひとつになりますが、
これもまたウマwでしたね。
だからこそ、それほどインパクトのある話じゃなかったのが残念。
あと、ロン毛があんまり・・・(ぇ

2

小憎らしい好きな人

『恋っていうのは』でいい働きをした気になる脇役だった完治が主人公だそうです。
前作読んでなかったのですが、ちょっと何か事実関係みたいのが物足りない気がしたのですが、主人公たちの二人の関係と展開を見ていく分には全く問題なかったように思います。
すごく無駄を削ぎ落として、シンプルに見せる話と絵がとても魅力的に感じる作家さんです。
大人の意地っ張りと強気が、キャラクターがとても魅力的でした♪

長年思っていた男が結婚することになり完全失恋になったバーのオーナー完治。
シェフの曜平は、完治が好きなのに彼を煽って、襲ってでも徹底的に振られろとけしかけ、それから俺が押し倒してやると言い放つ。
曜平は余計な事に口を出さないから好きなのに、完治の恋のことには口を出す。
彼の言う事は多分完治の本音をついてくるからその言葉が突き刺ささる。
そして誰より完治の事を見ていて、察することができる相手。

好きだとか愛してるとか、普通の恋愛進行ではないけれど
意地を貼り続ける完治が何故か憎めなくてかわいい意地っ張りに見えてしまう。
曜平も無愛想なある意味ワンコというか犬?番犬?
ちょっ続きと接近していい感じになって曜平は完治に優しくしようとすると、何かあったのかと不安を隠してまた意地を張る完治。
これだけ素直になれないというのは裏返せば、もう曜平にはまってるってこと。
そんな二人がとても素敵でした。
完治が意地張る一部に、彼はどうもタチらしいのですが、曜平との関係ではネコなんですよね。
それをひっくり返されるのが怖くて曜平が押し倒すっていうのもあるみたい(笑)

激的な展開はなく、ごくごく日常の会話とやり取りのなかでの感情の起伏。
おしゃれ系で雰囲気系なのかもしれないですが、こういう大人のやりとりがとても好きです。
完治が髪を切れないのは曜平が長髪が好きだったとか、
長髪だけど顔もカラダもちゃんと男男してる完治がときとき垣間見せる子供っぽい表情が魅力的でした。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ