すこし不思議な、ヒトとヒトと、猫のおはなし―――

the way I am

the way I am
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×25
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
51
評価数
12件
平均
4.3 / 5
神率
41.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
茜新社
シリーズ
EDGE COMIX(エッジコミックス・茜新社)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784863493063

あらすじ

飼っていた猫がいなくなって落ち込む鈴木の前に、突然(傘を強奪しに)現われた
先輩の猫柳。猫耳が目を引く彼だったけど、どうやらそう見えているのは自分だけ!?
一方猫柳の方も、猫耳がどうのと妙なことを言いつつ懐いてくる鈴木が可愛くて仕方なくて…。
猫がつないだ二人の、普通とはちょっと違う恋の物語。
(出版社より)

表題作the way I am

先輩に猫耳が見える高校生 鈴木広海
先輩 猫柳

その他の収録作品

  • 描きおろし ふたりあそび
  • 描きおろし 雨の日

評価・レビューする

レビュー投稿数3

心の距離はどのくらい?

何も接点のなかったはずの一年違いの高校生男子が、
ある日の雨がきっかけで知り合い、
恋に落ちたお話?

長年飼ってて死んだ猫が夢にでてきた日、鈴木は彼女に振られます。
そんな話を教室で友人としているところに、いきなり「傘かして」と入ってきた上級生の頭には、なぜだか猫耳が生えていて。

一目惚れして追いかけて、追いつきそうになると今度は追い払われるのが怖くて、好きの距離を測りかねている。
でもそれは、追いかけられる方だって同じ事。
そんなことを段々に、言葉と態度でちゃんと表しあって、ゆっくりでも着実に二人で歩いていこう。
ッテカンジで、実にセンシティブで真っ当な物語。
絵も物語とバランスのとれた雰囲気の良さで、
読んでて、とってもほっこり。
カバーの猫たちの行進のイラストもかわいいです。

2

雀影

セルフつっこみ
そして、余りにもまったりほっこり、いやなところのないお話なので、
どうしても寝ちゃう。
読んでいて何度寝オチしかけて本を取り落としたことか、
日を変え、時間を変えても、やっぱり寝オチする。
超強力睡眠導入本なので、レビューを書くまでに時間がかかったのでした。

不思議な猫耳恋物語

OPERAにて既読でしたが、掲載時二ヶ月置きの連載は、何だかよくわけがわからなかったのが自分の感想でした。
ただわかっていたのは、いなくなった猫が夢に出てきて、その子が連れてた子猫にそっくりな先輩と知り合い、その先輩に猫耳が見えて、運命の出会いを感じて好きになっていくという出会い部分だけがやけに印象的で、
なにがこうも、よくわからなかったんだろう?と1冊になった単行本を読んでわかったのは、、、、「鈴木、お前面倒くさい!」←笑
ということだったのだと、ストンと腑に落ちたのですw

鈴木が好きになって、猫耳が見える先輩・猫柳は、とても男前です。小さくて可愛いけどw
先輩なのに兄弟の末っ子というのもあるのか、鈴木になつかれるのがまんざらでもない。
鈴木は猫柳を猫みたいって言いますが、鈴木も十分猫みたいなんです。
鈴木はモテるという設定です。
だけど、いつも相手の女子に「面倒な女子と一緒にいるみたい」と言われて振られること三回。
この部分がよくわからなかったのですが、展開の中で見えてきました。
割と一人勝手に自分で決め付けて、自分一人で妄想して、相手をよく考えないんです。続き
しかし、その一人舞い上がりが猫柳を翻弄して、女子と違うのはそれを途中で放り出さない猫柳の姿。
彼もまた考えて、思って行動して、言いたい事もちゃんと言って。
ここで猫柳の男前な正確が効いてくるのです。
そうやって、ただのかわいい好きから、恋という好きに変化していく過程が、実にほのぼのとして、ちょっと切なさもありながら魅せていくんですね。

そして、気持ちが通じ合ったとき、猫耳は鈴木にしか見えないのですが、猫耳があるから猫柳が好きなのか、耳がなかったら好きでないのか?
という重大問題がラストに残るのですw
しかしながら、それまでの過程で気持ちが十分に通じ合っていましたからね♪
猫耳は、鈴木の猫への愛情が見せた幻覚だったのか、いなくなった猫が結びつけてくれた目印だったのか。
いずれにせよ、この猫耳という存在が、鈴木がおとなへ成長していく、本当の恋を知る過程のキーワードだったのだな、と思いました。

描き下ろしの『雨の日』で、その後の彼等の姿が描かれてますが、鈴木の外見が~!!なんか余計天然臭くなってるよ(笑)
そして猫柳の男前なことよ!!

猫柳先輩がとても魅力的なキャラクターで大好きです♪

1

恋に落ちるのは、やっぱり不思議なことなのだ

死んでしまった飼い猫が、見知らぬ猫を引き合わせる夢を見た翌日。
教室にやってきた先輩の頭には、自分にだけ見える猫の耳があった!?

猫耳が見える自分は変だと思いつつも、先輩が可愛く思えて仕方ない主人公。
亡き猫が連れてきた、運命の出会いだとしか思えない。
「カワイイ」「夢に出てきた猫に似てて好きです」と伝えても遠い感じで、どうしたら先輩と一緒にいられるのか、考えてもわからない…
そんな主人公が、変な子ちゃんで可愛らしくて微笑ましいです。

一方、主人公に振り回されている先輩は、自分の中の暴力的でいてひどく甘ったるい気持ちが膨らんでいくのが怖くて仕方ない。
「猫耳のある俺」がいいのか、「ふつうの俺」はいらないのか、揺れて苦しくてナヨナヨクラクラしてしまって…
二人とも初々しいなぁ、ピュアでいいなぁ。
恋する切なさやうれしさが堪能できて、とってもよかった一冊でした。
(エロシーンはないけど!)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ