くちびるは嘘を吐く

kuchibiru wa uso wo haku

くちびるは嘘を吐く
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×22
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
38
評価数
10件
平均
3.8 / 5
神率
30%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784758071994

あらすじ

人と接することに臆病な彫師の史堂。 だが、史堂が経営する店のオーナー・滝田は 毎日大げさな愛の言葉を囁きにくる。 滝田を誘ったあの夜求めたのは、刹那のぬくもり。 ただ、それだけだったはずなのに…。 切なくて苦しい臆病者の恋。 「BODY TALK PARADOX.」が新装版となって再び!!

(出版社より)

表題作くちびるは嘘を吐く

ビルのオーナー 滝田
タトゥー店オーナーアーチスト 史堂肇

同時収録作品恋心センシティブ

Tatoo店従業員 梶
同僚 笹目

同時収録作品MAD synapse

ドジな営業社員 鈴木
営業社員 秋本

その他の収録作品

  • WORKアフター。~NADアフター~
  • WORKアフター。~恋心アフター~
  • WORKアフター。~くちびるアフター~
  • うそつきの出会い

評価・レビューする

レビュー投稿数2

くちびるは

儚げ美人かと思っていたんだけど違った。

目付きが悪いだけで絡まれる可哀想な受けでした。
それが、人と接することを臆病にさせてしまったようです。

唯一の友達、修司と接するときに目付きが優しかったり声のトーンが変わるのは修司を信じていて心を開いてるからなんだろうなと。

それを、滝田に指摘されて自覚してしまった肇はもう、修司に合わせる顔がないと思ってしまいます。
自分がゲイで修司はそれを、知らないから。

肇を心配する笹目が可愛い。
好きな人に対する嫉妬と言うよりは大事なオモチャを取られた子どものようで。

笹目が寒さに弱くて梶の上着の中に自分の体を突っ込むところは可愛すぎた。

梶と笹目のカップルが面白くて好きです。

0

超ネガティブにワンコおやじです♪

旧版「BOD YTALK PARADOX」の新装版
旧版にあった竜介の話「馨しき日々」は載っていません。
それについては9月にwebで掲載した続編も合わせて1冊の単行本で出版予定だそうです(カバー裏あとがきに作者さん記載)
そしてこちらは、彫師史堂を中心にその従業員、そして史堂の友人・修司の話と、それぞれのその後の話が新規に、そして描き下ろしという構成の新しい1冊になってます。

目つきが悪いと小さい頃から怖がられ注意され、超超ネガティブになってしまって人付き合いがとっても苦手な彫師の史堂と、
彼を好きだ好きだ好きだとまっすぐにぶつかってくるビルのオーナー滝田のお話。
そんなネガティブ史堂と友達づきあいをしてくれる修司達に、まだためらいもあるものの、自分がゲイであることをしられて友人を失いたくないと、またネガティブになる。
だからこそ、滝田の求愛も受け入れることができない。
この超ネガティブにイライラするかとおもいきや、ここまでくると結構潔ぎよいネガティブで、笑っちゃうのです(ちょっとかわいそうだけど)
滝田、一見強面なんだけど、大好きな史堂に思いっきり拒否されてヘ続きタレてみたり、率直に謝ろうとする健気な姿が外見とのギャップ。
お話的には、とにかく史堂のひとりグルグルなのですが、周囲の人々の関わりが本人が思っているほど嫌われていない、そしてナイスな言動をしているのが全体を明るくしています。

そして、史堂を尊敬して本編中でズケズケとしたモノいいをする笹目と、世話焼きのおかん体質の梶のお話♪
このキャラクターがいいですね~☆
寒がり低血圧で一見かわいい外見なのに、口が悪い笹目。
モヒカン頭にタトゥーでメガネをはずさない梶は、本当に面倒見がいいv
寒がる笹目をおんぶして、ご飯をたべさせて、かいがいしいことこの上ないのです。

史堂の友人修司の話ですが、この修司ドSだった!?
いや、彼をすきな緊張するとテンパる癖のあるドジっこ鈴木に好かれている事を知り、冷たく当たるのが、しかもなんでもない顔をしてしれっと。。。
なのにメゲない鈴木が楽しいです。
彼はドMワンコなのか!?
修司に挑発されて攻めた後、いかがでしたでしょうか?って・・・爆笑!!
楽しいおもちゃを手に入れた?そんな感じデス。

それぞれのその後の後日談は、
鈴木はメガネが黒縁真四角からフチなしになりスマートになって相変わらずワンコ下僕でしたw
笹目は相変わらず梶におぶられてましたw
史堂は相変わらずネガ発動して怖いオーラを振りまいてましたw

そして描き下ろしは、滝田さんと史堂の出会いの話。滝田さん、ヤクザみたいに怖い人でした!!
優しさとデレデレは史堂限定だったのね♪

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ