極道ダーリン

gokudou darlin'

極道ダーリン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
32
評価数
9件
平均
3.6 / 5
神率
11.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
光文社
シリーズ
Kobunsha BLコミックシリーズ(光文社BLコミックシリーズ・光文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784334807931

あらすじ

母親が再婚相手と新婚旅行先で事故死し、その相手がヤクザの親分とも知らず、貧乏ホストの巽は遺産の受け取りを拒否し続けていた。
しかし、義理の弟にあたる二代目の吉宗が現われ、強引に家族として迎え入れられる。何かと迫ってくる吉宗との生活で巽は次第に……!? 
血の繋がらない兄と弟の恋愛攻防を描くハードボイルドBL♥(裏表紙より)

表題作極道ダーリン

吉宗,義弟で遠極組の組長 
和田巽,義兄で新宿のホスト 

同時収録作品bitter kiss & sweet

元野良の虎猫
猫かぶりのロシアンブルー

その他の収録作品

  • 描き下ろしコミック Act.5.5

評価・レビューする

レビュー投稿数4

どこかほんわかした極道モノ

藤河さんはちょっと何かが足りないと思うことが多々ある作家さんなのですが、絵が綺麗なので読んでいます。
でも今回は今まで読んだ藤河さんの作品の中でも結構ツボに嵌る作品でした。
裏表紙のあらすじ紹介に「ハードボイルド」とあるのですが、それよりほのぼのした印象です。
裏社会っぽい展開はあるのですが、それ程緊迫した感じじゃありません。
攻め様の要望がタレ目で優しそうな目に、受け様に対しては少しワンコっぽい印象もあるので余計にそう思うのかもしれません。
部下に対しては厳しいので、受け様に対する態度とのギャップも楽しめます。
年下俺様攻めのカテゴリーに入るのでしょうけれど、受け様がダメ!と言ったことには結局従うし、嫌だと言うこともしないので、かなり惚れてるんだな~と感じられてキュンキュンしました。^^
受け様も男前な性格で好印象です。

同時収録作品は飼い猫の擬人化。
元野良で拾われたらしい虎猫と、こちらも拾われてきたロシアンブルー。
ロシアンブルーのクールな美人っぽさと、ボス猫なのにロシアンブルーには甘い虎猫が可愛いです。

0

毎回、巽の同じ顔で終わるのに笑えるvv

タイトルに極道ってあるけど、重い話でもなくサラッと読める1冊。

お母さんの再婚で義兄弟になった2人。
新婚旅行ですぐに亡くなってしまったんだけど
オイオイ、お母さん、普通息子には旦那さんの職業くらい話してるんじゃないのか?
(と、一人でツッコミ)

勿論、その息子とくっつく訳ですが、後半もう1人の弟も登場でシリアス系に?
かと思いきや、巽が2人のお兄ちゃんって感じで一軒落着!!
本当にササッと終わってしまったので、もう少し何かが欲しかったかなぁ…私は。


別作で擬人化が1本。
ヤッパリ耳、尻尾はいいなぁvv

0

ヤクザな義弟に執着される

母親の再婚で義弟になったのは、極道の頭だった・・・そして兄貴と呼びながらも
強引に迫りくる義弟に振り回される受け様なのです。
母親が再婚して、母子家庭で苦労してこれから女として幸せになるという時に
新婚旅行で事故に遭い、義父と共に亡くなってしまった母。
そして受け様は一人で、将来自分の店を持つべくホストで地道に頑張っている。
そんな日々に、義父からの遺言で受け様にも遺産を受け取れると何度も手紙が来ていたが
受け様は、最後に母親を幸せにしてくれたことだけで、遺産など見向きもしない。
目標の為に地道に生活してる受け様はかなりホストなのに堅実なんですよね。

そして、そのホストクラブに新人がやって来て、店長に頼まれ受け様は新人を自宅で
面倒を見る事になるんです。
実はその新人が顔も見た事が無い義弟の攻め様なんです。
寡黙なわりに、何かにつけて受け様を触ってくる攻め様、何やら攻め様に懐かれて
しまった感じで、その懐きが次第に強く執着に近い感じになってきます。
そして、受け様が義弟の事を知り、挙句極道の頭だと知り驚愕しますが
この受け様は、結構物事に動じない人で、で続きも次第に攻め様にドキドキしてしまう。
堅実で意外に真面目な受け様と極道の攻め様とのラブストーリで、後半で出てくる
もう一人の義弟とのトラブルで二人の関係が大きくかわります。
極道に懐かれる遺伝子が組み込まれているのかも知れませんね。

1

傲慢な弟攻めでした

いつも藤河るり作品は、どっか惜しいところがあって、特に切ない系に関して外してしまうことが多いのですが、それでも絵は好きなので読んでしまう作家さんです。
今回は、全く血の繋がらない兄弟モノ。
めちゃ傲慢で俺様のヤクザの弟に、清貧で頼りがいのある男前な兄のホストという組み合わせ。
過去作品比で、自分的にかなりいい評価が出ました♪
絵の描かれ方も、いつもとちょっと違う感じがする。
それはきっと攻めがタレ目の極道を感じさせる漢フェロモン系に描かれているのが、個人的に気に入ったのかもしれません。
普段は前髪を上げて立ててるんですが、寝起きとか髪をおろしてるんですが、背が高いガタイのいい設定のせいか思わず、ケンシロウなのか!?と(爆)
筋肉の割れた体の描写も見ものかな♪
ホストのお兄ちゃん、清貧設定のせいかスーツ姿がサラリーマンみたいなのも何かいいかもw

貧乏な母子家庭で育った主人公・巽の元に遺産相続の通知文書が届くのだが、放置している。
自分を育ててくれた母親は、再婚して幸せを掴んだ矢先、新婚旅行先で事故に遭い亡くなってしまい、それは再婚相手の遺言なのです。
ある日、店続きに吉宗という男が新人ホストとしてやってきて、店の№2である巽のボロアパートに住まわすことになる。
店が地上げと買収で遠極組に狙われているという噂が飛び交っている中、店の周囲をうろつくヤクザに、吉宗が巽を「オレの兄貴だから」と紹介する。
吉宗は母親の再婚相手の息子で、父親亡き後組を継いで組長となった、血の繋がらない弟だったのです!
父親の遺言を見て、あったこともない義兄に興味を持った弟は顔を見るために店にきたのでした。
そして、巽の生活ぶりと人となりを見て、気に入ったと、店の買収を盾に巽を自宅へ監禁してしまいます。

吉宗の激しい巽への執着愛があるのはわかるのですが、傲慢すぎるが故か、巽視点のせいか(w)今ひとつそれが本当に愛情なのか、遺産を巡るたぶらかしなのかちょっと判断つきにくいですが、
巽は、吉宗と生活することで、少しずつ意識するようになっていくのは大変にわかりやすいです。
吉宗は傲慢だけど、ベタ惚れでメロメロをかくしているんだと見て取ると、この超大型傲慢ワンコも結構かわいく見えてくるかも。
そして巽が男前なのがいいですね♪

途中で吉宗の弟・政宗が登場します。
彼は、巽が遺産狙いだと決めてかかり、組長の座を狙うべく吉宗の命さえも狙いかねない非道の男という設定らしいですが、
結局のとこと、男前な巽に惚れる!?
ラストの結末円団がさささっ、とまとまりすぎたので、ええーっ!?って感じで、
本当は、描き下ろしで冷酷な政宗が辰巳大好きワンコに変身して、吉宗と巽可愛がり争いをする番外編があったらたのしかったのに!
と、それが残念でなりません・・・それがあったら、もうワンランク評価あがったかも・・・

結構漢くさい、ヤクザの設定と、およそホストらしからぬ、とても人のいいホストという組み合わせが新鮮で起伏のある話はとても楽しめました。

同時掲載は、猫ミミ尻尾の擬人化モノです♪

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ