花丸漫画 vol.5

花丸漫画 vol.5
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
白泉社
シリーズ
花丸コミックス(コミック・白泉社)
発売日
価格
¥933(税抜)  ¥1,008(税込)
ISBN
9784592728054

表題作花丸漫画 vol.5

アンソロの為割愛
アンソロの為割愛

その他の収録作品

  • 新井サチ「青い風の吹く街で」
  • 藤たまき「縁側のレシピ」
  • 新也美樹「妄想力☆男子」
  • 伊藤倭人「不器用なぼくらの恋のつづき」
  • 大和名瀬「不思議の国のチーフ」
  • 西田東「エースの休日」
  • いつきまこと「イクニイ!」
  • 北上武蔵「猫メン」
  • 羽入山へび子「夜明けのブルース」
  • 岡田屋鉄蔵「線-燭道中夢碑-」
  • 平喜多ゆや「だいじょうぶなふたり」
  • 本間アキラ「坊主かわいや袈裟までいとし スペシャルショート」
  • 立野真琴「トラットリア闇市」
  • ARUKU「蓮根サイコロジー」
  • 青山十三「みちうきにいちど-骨-」
  • 紺野キタ「貴様と俺」
  • 奥山ぷく「いちにのさん!」

評価・レビューする

レビュー投稿数1

今回もてんこ盛りで満足・満腹☆

いつもとちょっと違う表紙だなと思ったら、大和名瀬さんのイラストで、、、チーちゃんでないですか!!!
ねずみの漫画家のチーフアシスタント・チーちゃん♪
はい、載っておりますよv
そして、最終回が二本!
へび子さんの「夜明けのブルース」とARUKUさんの「蓮根サイコロジー」
新連載が新井サチさんに、藤たまきさん、
連載陣のお兄さん犬の紺野キタさんに、おやじの西田東さん、オムニバスが読ませる青山十三さんに、新たな魅力を発見してしまった立野真琴作品に、天然コメディの新也作品、ハイテンションないつきまこと作品に、かわいらしいのが平喜多さんと奥山ぷくさん、
またまた番外エピソードで一体いつになったら本編が進行するの?なマルコメ本間作品に、「いよっ、岡田屋」はいよいよ千の過去が!?な展開も。。。
どれもこれも注目で、目が離せない作品ばかりの花丸漫画第5号。
相変わらず高水準な満足度で、読み応え満点です!!

中でも注目だったのが最終回♪
『夜明けのブルース』店を売らなければならないのか?な問題と、マスターとカッチーの恋のすれ違いが、とうとう終局を迎えました!
なんだかまるで続きミュージカルを見ているような、その展開。
注目はエッチシーン(ハァハァ、、)マスター色っぽいのに、事後のギャップは一体何ぞや(爆!)
大胆濡れ場が6Pに、モッテケドロボーな大盤振る舞いを見て、もう九州に足向けて寝られませんwww

『蓮根サイコロジー』も最終回を迎えて、まさかよもやの大障害!
蓮根を好きになってしまったと告白したセラピストも交えて恋の三角関係はどうなるの?と思いきや、まさかそんなところに障害となるべき伏兵が!?
自分じゃわからないよ~と一見流され気味なのか、と思えた奥手の蓮根くんは、恋を知って成長したんだね♪

『青い風の吹く街で』新連載の新井サチさんは、安定の始まりです。
定食屋で知り合った子持ちの絵本画家に惹かれていく主人公。
人情と暖かさと、その影に隠された何かありそうな過去。
で、いい話が展開しそうです♪

思わず感動を感じてしまったのが藤たまきさんの新連載『縁側のレシピ』
家が食堂を経営していることもあり、高校は料理科のある学校へ進学しようと決めている主人公。
彼は女王様気質の大変にキツい姉がいるせいで、女性より男が好きということを自覚している。
ある日、高飛車な姉が自宅に連れてきた出会い系で知り合ったという青年は、なんと超肥満のデブ男で速攻姉に振られてしまう。
そんなデブ男と会話しているうちに、彼等は主人公の考案するレシピでダイエットに挑戦することになる。
目標を決めてメールでやり取りをかわすうちに芽生える恋心。
そして約束の二年後・・・現れた彼は!?
切ない気持ち、優しい気持ち、そんな藤たまきさんらしい世界が広がって、次回も大いに期待してしまうのです!

他にとても胸にジーンときて心を掴まれたのは、青山十三さんの『みつきにいちど-骨-』です。
幼馴染の女性と、友人と主人公の3人はとても仲良しで、本当は女性と主人公はこの友人が大好きだったのです。
女性は友人と結婚し、そして病気で亡くなった葬儀の晩、回想される彼等の関係。
切ない押し隠した気持ちと秘密の共有。
皆が友人を好きだったために、一番何も知らないできてしまった友人は、ひどくそれを知ったとき傷ついてしまうのだが・・・
青山作品は派手さはないのですが、本当、しみじみといい作品を描かれます!
単行本が出る日が待ち遠しいです♪

全部書くと書ききれないくらい萌えも満載です。
冒頭にまとめて色々詰め込みましたので、それにて勘弁を!
この雑誌、本当に絶好調です☆

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ