見た目よりもずっと逞しいその腕で、もっときつく、 折れるほど抱きしめて欲しくなる――

太陽の褥に揺れて

taiyou no shitone ni yurete

太陽の褥に揺れて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
0
得点
0
評価数
1件
平均
1 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
Milk-Crown
シリーズ
発売日
価格
ISBN

あらすじ

ソファラ王に滅ぼされたエストの民の生き残りで、予知能力を持つ少年ルーノ。
隣国ローデンまで逃げ延びた彼の前に、ある日、王兄を父に持つ貴公子ユリウスが現れる。
ルーノの力を見抜いたユリウスから「俺の役に立つのならお前を守ろう」と言われた彼は、ユリウスに仕えることに。
数年後、ユリウスの供で王宮を訪れたルーノは、故郷の森に似た清冽な空気を纏う青年と出会う。
ローデンの王子たるその青年ハーラルトに見初められたルーノは、しかしユリウスに特別な想いを抱いており!?

表題作太陽の褥に揺れて

ハーラルト,ローデンの王子
ルーノ,エストの民の生き残りで予知能力者

評価・レビューする

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ