妄想エレキテル (3)

妄想エレキテル (3)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神21
  • 萌×216
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
182
評価数
43件
平均
4.3 / 5
神率
48.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784864363426

あらすじ

初版のみの特別仕様”リバーシブルカバー&フルカラー帯”? 描き下ろしもたっぷりあり♪

ポジキャラ春平とネガキャラふみは、幼なじみで恋人同士? イチャイチャ&ラブラブしたいのに、二人の前には今日もまた問題が勃発して!?
等身大の高校生たちの恋愛をリアルに描いたハートフル青春ラブストーリー、待望の第3弾♪

表題作妄想エレキテル (3)

本木文博・高校生
山名春平・高校生

その他の収録作品

  • ACT.9
  • ACT.10
  • ACT.11
  • ACT.12
  • ACT.13
  • ナース?CAFE学園祭ですることになりましたの巻 前夜

評価・レビューする

レビュー投稿数10

カミングアウトーッ!!

葉神が振り回してくれた2人の関係だけど
最終的には、うまくいって一安心だよね。

今回もたくさんふみ泣かせてくれた春平。
お互いが相手のことを思いすぎての隠し事は、やっぱり後から出てくるのね。
ハラハラしつつも、春平の後先考えてないような行動に救われもしましたが。
嵐は次々やってくるわけで…(笑)
春平の安心した涙も可愛いかったよvv
もう2人の邪魔をする者が出てこないように祈るのみ。

そして相変わらずの会長
本当に自分重視で腹黒で、今回も結構引っ掻き回してくれてありがとう。
可哀想に桜田くん…まさかあのロープがこういうことに使われようとは…

そして出版社の垣根を超えての友情出演!!
あちらの本もまた読みたくなりました。
ビーボーイコミックス「酷くしないで」

0

愛があれば乗り越えられる。

シリーズ3作目は今までの中ではドロドロ展開と言うべき流れでしょうかね。
前作で文博をモデルにしたいと意欲的な後輩が出て来て、これはライバル出現かと
思っていたら、石膏フェチの変態後輩君でしたが、今回もモデルを諦めていない。
そのためには何でもする姑息さも垣間見える感じでした。

それに春平の元カノが現れ、こちらもひと波乱あって気が抜けない展開なんです。
相手を思っているからの行動が裏目に出てしまう、恋する二人にはありがちな展開。
やっぱり恋は人を臆病にも強くもする病ですね。
そして今回はやっとの事で快感得られる最後までコースが描かれてる。
好きの気持ちのだけでは越えられなかったことも互いにもっと理解し合うと
心だけでなく身体も繋がる、伝わる、そんな甘い展開でした。

1

子供みたいな独占欲でも

ふみと春平が付き合ってる事を知らない片山からの、コンパの誘いを断り切れない春平。
仕方ないと言いながら、不機嫌なふみ。
そんな時に、ふみは葉神に何故春平なのかと迫られた上、
「学校の友達に関係がしられても、貴方をとるのかな」と言われ、動揺します。

一方春平は、偶然コンパで元カノのまゆちゃんに再会したことを、
どうやってふみに伝えるか悩みます。
が、片山の口から伝わってしまい、ふみはショックを受けます。
もし別れても、もう幼馴染には戻れないと言うふみ。
そしてここで、またまた春平が男前を発揮!
片山に、まさかのカミングアウトをするんです!!

春平って、ちょっとおバカで妄想癖があって、
ふみに触られたらメロメロになっちゃうエロ可愛いネコなのに、
ここぞ!っていう時に男前を発揮しますよね~。
むちゃくちゃ私好みの受け様です!春平大好き!!

片山もしぶしぶ二人の関係を認め、これで一件落着・・・と思ったんですが、
まだまだ続きます、まゆちゃん事件&葉神事件(笑)
相手を想って秘密にしていた事がお互いにバレて、ケンカになっちゃいます。
まゆちゃんを泣か続きせて走り去るふみ。
追いかけてこない春平に、分かっていながらも傷つきます。
確かに、春平は泣いてる女の子を放っておくタイプじゃないですよね(笑)
基本的に優しくて男前なので(だから私は春平が好きなんですが♪)
でも、この時のふみは、切なかったです。
春平が好きで好きで、自分で感情のコントロールが出来なくなってて・・・
うずくまって泣く姿が、痛々しかったです。

最後の仲直りは本当に良かったです。春平の包容力を感じました!
そして無事仲直りできて、ホッとしてボロボロ泣き出すところが春平らしい・・・
もう、可愛いすぎっ!!
そして仲直りエッチのふみの表情の色っぽいことと言ったら・・・♪

幼馴染カップル、万歳です!!

2

カムアウト萌。

ひとりでカラ回るの得意な妄想男子(ときどき男前)・春平と、そんな男への執着心が半端ない美少年(わりと根暗)・フミの高校生同士のめっちゃ愉快なラブコメ第3弾です!

第1弾で恋人関係におさまり(未挿入)、
第2弾で念願の挿入までこぎつけ、
来る第3弾はなんぞや!?と思っていたら、今回は『恋のライバルを排除せよ!』という内容でした~!
ちなみに、裏コンセプトは『彼氏と友達どっちが大事なのか』。

2巻から引き続き、独特のしつこさでフミにつきまとう美術部員が春平の前に立ちはだかり、
一方で、昔ちょっと付き合ってたけどこっ酷く春平を振った元カノが、また春平に接近してきてフミの威嚇スイッチ押したりと、両方に火種が…!!
春平はわりと冷静に事態をおさめようと努力するので、「お!」と男前評価があがります。
が、フミは女子相手でも容赦なく、泣かせるまで威嚇するので、その必死っぷりがモエましたv

また、春平はかつては女の子大好きだったので、そんな彼の友人たちが「フミとばっかつるまないで俺らとも付き合え」といろいろ合コン話を持ってきたりします。
拗ねやすいフミのご機嫌伺いが板に続きついてきた春平は、「これはフミの地雷になる!」と瞬時に判断し、早々にフミに言い訳したり、理解を求めたりと奔走するのですが、結果的には、めんどくせぇとばかりに、一番仲いい友人を公園に呼び出して、あっさりと実妹に続くカムアウトをしちゃいます!
友人ドン引き、フミ感激。
ここぞってとこで大胆で男前な春平にまたも「ヤラレタ…!!」と思った瞬間でした。
くっそ~~~!!抑えるとこちゃんとおさえるんだもんな~!!
本人無自覚な男前って、狙ってないぶん余計にカッコイイんだクソ!!みたいな。笑
ホモカップルのカムアウトエピソードが殊の外、大好物なので、この展開はめっちゃ胸キュンでした!!

ただ…
第1弾のインパクトや第2弾の新鮮なカップルのエロさなどに比べると、今回は勢いが低減したかな~…という印象があります。
というのも、ライバルが出現して一波乱、というのはよくある展開で、それをいかに面白く描くかがポイントになるところ、今回の展開はややムリヤリ感があるというか…こじつけるように無理にことを大きくしているような気がして、ちょっと冷静になってしまう場面がありました。

たまたま合コンで再会した春平の元カノからメールがきたってだけで、不機嫌になるフミもフミだし、それを恐れてビクつく春平も大げさだなあ…と思ったり。
べつに、春平から積極的にメールしたわけでもないのに、なにをそんなに問題視しているのかちょっと謎でした。
そんな元カノに過剰に反応して、泣かせるほどのセリフを浴びせて牽制するフミの余裕の無さは面白かったですが、そこまでに至る過程部分にはムリヤリ感が否めません。
元カノからしたら、もう一度より戻してもいいなと思って接近するのはふつうにアリなことだし、なんにも悪くないのにね…。


もう少しスムーズにライバルを仕立てて欲しかったという点で、総合的な評価は萌1つに。
両想いになってからはありがちな展開に陥りやすいので、どうかこのシリーズがそうならないことを願ってます!

その他、ねこ田さんの同時進行のシリーズ作品である『酷くしないで』とのコラボ漫画が入っているのはとっても嬉しいオマケでした☆
大好きな真矢が客観的に見れてちょ~~楽しかったvv
やっぱ、この二人は身長差がステキすぎる…!!!

《個人的 好感度》
★★★・・ :ストーリー
★★★・・ :エロス
★★★★・ :キャラ
★★★・・ :設定/シチュ
★★・・・ :構成

1

思い思われ

ねこ田先生を10日位前に知り(遅ッッ)、「酷くしないで」に続き買い漁ったこちらの作品。
私的に「酷く~」が相当電流気味にツボだったので、
「妄想エレキテル、霞むんじゃないかな」
なんて勝手に思っていた自分。

そんな自分を呪い殺したいっ……出来れば今すぐにっ……!!

いやー、めっちゃ可愛いっ。
受と思いきや攻めちゃうネガティブ男子のふみと、明るいオーラをまとったポジティブおばか男子の春平。
2人が付き合う事になって、今までとは違う関係が1つ増えた(幼馴染+恋人)けれど、そうなるとやっぱり色々と考えたり悩んだり問題も起きる訳で。
受けの事を「にゃんこ」と言う辺りが既に可愛くて鼻血が出ます。

ふみ、ネガティブと称されていますけど、私からしたらすごーく普通に思える。
(と言うより、私自身が根っからのネガティブ性格だからアテにならないか)
春平の元カノに対する言葉も、キツイけれど大正解だ!ふみは間違えてないよ!と言いたい自分がここに居ますよ。

ゴタゴタすったもんだあった後にようやくふみが帰って来て、春平がギューッとした後、結局ほだされて許しちゃうふみ。
続き「次は来てね」なんて、可愛過ぎてワホワホしちゃう。
そして、ふみにようやくギュッてして貰えて、涙がこらえきれなくて泣いちゃう春平。
私、ここで春平と一緒に泣きました。え、あれ、普通に泣いちゃいましたけど(笑)
泣きながら吐き出される春平の気持ちを聞いたら、ふみも嬉しくて黙っていられないよね。
春平の気持ちは本当に恋心なのか、独占欲だけなのか、それはきっとハッキリ定かじゃないというか、ふみからしたら不確かに感じて怖いんだと思う。
でも、ずっと一緒に居たいって気持ちも俺だけの物って思う独占欲も、春平の本音に変わりないと思う。

いやー、可愛さ満点。
ふみは春平の性格に救われているし、春平はふみの穏やかさに癒されていると思う。
春平は「ふみは男子の中で一番可愛いんだから」とか言っちゃう辺りが罪(笑)

ずーっとこの2人を眺めて居たいなーと思える程、甘酸っぱくて可愛くてキュンと来ちゃいました。
ハタから見れば、ちゃーんと両想いで可愛らしい2人です。

1

ふみが可愛いです!

本木文博×山名春平の幼馴染・高校生モノです!

もうね・・・ふみも春平も可愛いです( *´艸`)
としか言い様がないですww

新たな変態・葉神がしつこかったり、春平の元カノが出てきたりと、
問題が山積みで揉めたりもしましたが、今まで以上に絆が強まったりでGJでした!

この2人は冗談抜きでリバでもいいと思うのですよ!!
ていうか2人のリバが読みたいです(*'Д'*)ノシ
という淡い期待を抱きつつ次巻も楽しみですね!!
どうなることやらww早く葉神の件は完全解決してほしいですね~。

ただ・・・個人的に里中の出番が少なかったのは残念だったりします(笑)
里中は結構、嫌いじゃないです((´∀`*))
でもカバー下の桜田には衝撃を受けましたww

あと私表紙の2人の目がハートだってことはレビュアーさんのレビューを見て
気づきました(ノ∀`;)

1

今更気がつきましたが・・・

表紙の2人の瞳の光がハートだったんですね。
『酷くしないで』の3巻もよく見たらハートになっていてねこ田先生芸がこまかいな~ 
と1人で感心してました。
『酷くしないで』と同時発売ということでついに手を出してしまった1冊。
皆さんのレビューなんかでリバ希望をよく目にしていたのでどんな攻様なのかと
思いきやふみ~面倒な攻様ですな・・・
春平のホローがなかったらどうなってしまうんだ・・・
春平の明るさにふみくんもどれだけ救われたことやら。
今回ついに目覚めてしまった春平ですが、このイチャイチャは良かった~!
後ろで感じちゃう春平も可愛かったし、野獣になっちゃうふみくんも素敵。
イチャ後の春平が「大大大 大好きっ」ってふみくんを抱きしめてあげるシーンが
凄く好きでした。ふみくんに足からませてるとことか、ふみくんの幸せそうな顔が~
個人的に秋乃ちゃんが大好きです(^^)

1

相思相愛


今回のコミックス発売を機に米蔵先生の作品を初めて読ませていただきました。
一~三巻通して萌とエロが満載ですが、三巻は格段に萌とエロが増量してます。
あと女装と緊縛に抵抗が無い人はさらにwww
(ちなみに、女装はふみくんと春平くんどちらもで緊縛は桜田くんですww
おかげさまで新しいジャンルを開眼してしまいました~ww桜田くん不憫すぎるww)

ストーリーとしては
葉神くん、会長、春平くんの元カノ(まゆちゃん)、春平くんの妹(秋乃ちゃん)、片山くんなど、多くの登場人物によってふみくんと春平くんがお互いの関係を深め、理解し合う内容になっています。
二人には相思相愛という言葉がぴったりだと思いました。
最初はふみくんの方が春平くんを五年も想っていたということもあり、気持ちの大きさとしてはふみくんの方が勝っていましたが、三巻にしてようやく同等に近づいた感じです。
だからこそ、濡れ場が甘々で見ごたえがありましたww

まだdrapで連載されてるという事で次巻の発売が今から楽しみですが、一つ気になることが・・・
リバの可能性です!!!
私自身はリバはあまり好きではない続きのですが、あまりにふみくんが受けっぽいので。
しかも今回ははっきりにゃんこ発言があつたので、もしや・・・と思ってますww
しかし、時折見せる男前な発言もあるので困りものです。はい。
ふみくんの色気は特に破壊力ありすぎですww

破壊力といえば、カバー下の桜田くんww
桜田くんスキーな私は萌禿げましたwwクラスメイトに見つかるまであの格好とかww
コミックス派なので桜田くんと会長の話が連載されているかは分かりませんが、密かにコミックス化が進んでいればいいな。と期待しています。

最後に米蔵先生のあとがきにもありますが、今回のハイライトは春平くんの「初めて気持ちの良いH」とありました。
ということで、ふみくん、桜田くんについて色々言ってしまいましたがやっぱり春平くんに注目です。はい。
鼻水萌、鼻水萌ですww

少しでも皆さんのお役にたてれば幸いです。
読んでいただき、ありがとうございました!!!

2

ようやくコミック発売

先月発売のドラマCDを聞いてから、ずっと楽しみにしていたコミックの単行本がようやく発売。
原作の雑誌連載は追いかけていないので、声で聞いていた作品を、こうやって絵で見ると萌が燃え上がる。
特にふみ!
こ~んなにかわいい顔して、頬赤らめて「にゃんこにして、、、」とか、泣きながら「おいかけてこいよ、、、」とか、とか、、
こんなかわいい顔して、こんなかわいいセリフ言っていて、
声が安元さん!
絵があると、やっぱりインパクト倍増!
っていうか、3倍増?
ぜひ、ドラマCDも一緒に楽しんでくださいね。

1

こりゃいい!

いや~。神評価と悩んでしまいましたよ。

1巻2巻も良かったのですが、私としては、
この3巻が今のところ1番です。

2巻から登場した、美術部の葉神がフミをなかなか
手放そうとしません。
フミにとっては、春平をゲイではないのに、自分が戻れないように
引きとめているに過ぎないという自覚があって、
そこを葉神に突かれてしまっています。

また、春平の元カノが登場してきたりと
2人にとっては心休まるときは無いです。
でもその分2人の結びつきが強くなった印象です。

フミ君の台詞が、めちゃくちゃ胸キュンでした。
(10話の終わりがけに入っていますので、確認いただければ☆)

あとねこ田さんの唇の描き方!!!
もう、最高過ぎてたまりません(><)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ