新進気鋭の作家・楡野ユキと人気BL小説家・橘 紅緒が贈る、センシティブ・ラブストーリー

未完成パズル (1)

mikansei puzzle

未完成パズル (1)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×25
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
84
評価数
22件
平均
3.9 / 5
神率
36.4%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
エンターブレイン
シリーズ
B's‐LOVEY COMICS(コミック・エンターブレイン)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784047282773

あらすじ

大学生の藍は氷見、リカ、ナナとルームシェアをしている。そこに大学で知り合った友人、新と眞紀も加わり、6人で毎日を過ごしていた。
氷見に対して以前から秘めた想いを抱いていた藍は、高校時代、その気持ちを伝えようとしたことがあった。それを避けるような態度をとられて以来、藍は自らの思いを押し殺してきた。しかし、その決意が揺らぐ出来事がおこり……。

(出版社より)

表題作未完成パズル (1)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

う~ん…

表紙がとても好きだったので手に取ってみました。

内容はすでに書いてくださっているので感想を。ごめんなさい、辛口の感想です。

なんだかよくできた、一昔前の青春ドラマをみているようでした。なんか既視感があるというか。男女四人でルームシェアしてるとか、みんなで「せーの」で柵を飛び越えるとか。自分がオバサンだからなのか、そういう「これぞ青春!」みたいなのがちょっと目について仕方なかった。

そして何よりメインCPの二人に感情移入できなかった。

「ヘタに告白して友達の関係を崩すなら今のままでいい」と思ってるなら黙ってればいいじゃん!と藍くんに対して思ってしまった。彼女と電話している氷見くんにやきもち焼いて電話口でキス音を出してみるとか、思わせぶりな態度を取るとか。友達に「誰」とは言わず氷見くんのことを愚痴るとか。何だ、それ…。子どもじゃん。って思ってしまった。

なんだか、作者の「こう思ってほしい」感が溢れていてちょっとげんなりしてしまいました。

まあ藍くんと氷見くんは付き合うとして、ナナとリカの関係の方が気になってしまったワタクシでした。

1

大学生6人の青春ストーリー

ここ最近の作品の中では『セブンデイズ』や『若葉のー少年期ー』などでも有名な橘紅緒
先生原作の大学生6人の青春ものです♪
ちょっぴり切なかったりちょっぴりキュンとしたり、心情の描写もなかなか細かくあり
読みやすい1冊でした!
主要メンバーは6人なのですが、うち2人は双子の女子で、今のところ恋愛があるのは
男子残り4人のうち2人のみになります。

高校時代からの仲良しグループ、藍と氷見、リカとナナ(女子2人)は4人で
ルームシェアをしていて、大学からの友人・新と眞紀も加わって彼らはいつも一緒。
6人でわいわいやっている様子は楽しげで大学生いいな~!青春!感が溢れています。
この作品は藍と氷見のすれ違いLOVEなお話なのですが、実はお互いを想い合っている
2人がすれ違うたび、読み手は「あなたたち両想いだってば!」とやきもき。
でもその焦れったいところがいいんですよね~!!

中学からの仲で9年以上の友人関係な藍と氷見。
〈藍〉は中性的な容姿をしていて、氷見と出会った中学時代は女子のような容姿に
コンプレックスを抱いていました。そんな藍は氷見に秘めた想いを抱いて続きいて、でも
それは伝えられない。
一方〈氷見〉はモテモテのイケメン男子。女の子もとっかえひっかえとの噂ですが、
そんな彼にも実は秘密が…
『藍がかわいくてしょうがないんだよ』と想いを隠したまま藍に悶々したり隠れて赤面
するシーンは萌えでした!

丁寧で見やすい絵柄でしたが、表紙よりも中の絵の方が好みでした♪
でもちょっとトーンの使用が多すぎ…?なんて印象も勝手に抱いてしまいました。
ごめんなさい!!

この1巻の終わりではようやくお互いの気持ちを伝い合えた2人ですが、これから
どうなっていくのか?
2巻ではもっと悶々&ドキドキがてんこもり…ということらしいので(先生のあとがきに
書かれていました!)期待MAXで待っててよいでしょうか!?(笑)

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ