嘘つきなキミの虜 (上)

usotsuki na kimi no toriko

嘘つきなキミの虜 (上)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
42
評価数
11件
平均
3.8 / 5
神率
27.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784775519004

あらすじ

イケメンで面倒見も良い上司の生田に憧れる亮輔。けれど、偶然知ってしまった生田のオフ顔はワガママ放題の暴君。亮輔の運命は!?

(出版社より)

表題作嘘つきなキミの虜 (上)

大学の先輩の代打で受様の会社で働くバイト・芹沢亮輔
穏やかで仕事ができるデザイン室長・生田悠希

同時収録作品償いの行方

水上 不良
桐越 生徒会長

評価・レビューする

レビュー投稿数6

水名瀬さんには珍しいタイプの受け様?

まだ下巻は読んでいないのですが、今回上巻を読んでまず思ったのが、受け様の性格が今まで読んできた水名瀬さんの作品には見たことがないなというタイプのものでした。
性格が男前というのは以前にも読んだことがあるのですが、二重人格でちょっとヤサグレな自暴自棄的なところがあるというのは…余り記憶にない…。
会社では出来る上司で温厚で部下からの信頼も厚く、完璧な男に見えるんですが、会社と離れたプライベートでは豹変して、普段の顔が完璧に自分の性癖を隠すものだということが分かる。
このギャップに驚かされて、「な、何があったんだろう?」と思わされるのですが、お話を読んでいくと、受け様は元々は恐らく結構乙女で純な青年だったんであろう、ということが伺えるんです。
あることをきっかけに今のように変わってしまったのでは?と推測されるんです。
それに対して攻め様はノンケなんですけど、昔受け様を見かけた時があって、その時の可憐な印象が拭いきれず、受け様が気になるんですよね。
受け様より恐らく8歳くらいは年下だと思われるんですが、優しい男なんです。
お話はこの二人ともう一人の人物で進んでいくのですが、一波続き乱ありそうな感じで終わっています。

同時収録されているのは高校生のお話。
不良xとっても真面目な生徒会長ですよ~(笑)。このカップリングも好きです。
不良の子は根は悪い子じゃないんだろうと思わせるのですが、結局は無理な要求を生徒会長にして、ちょっと強引で悪い子だな~wと思うことをするのですが、期待を裏切りませんね(笑)
ラストはちょっと甘い雰囲気になって、もっと甘々になった二人も見てみたい、と思いました。

0

TVドラマのように

水名瀬さんの作品は、特に好き!っていう訳ではないんだけれど、
なんとなくサラッ~とBL読みたい~みたいな気分の時に、手に取る。
まず美しい絵に安心感があるし、ちょっと綺麗な現実的過ぎないところや
それほど大きく心を揺すぶられないところが、安定したTVドラマみたいで。

大学生の芹沢亮輔は、友人の代打で短期にバイトをすることになったデザイン事務所で、
昔従兄の家で見かけた生田悠希に出会う。
美貌で優秀な上司・生田に憧れる、偶然知ってしまった生田のオフのもう一つの顔は…

キャラが好みです。
裏表が激しい生田の、夜になると豹変するオレ様でイジワルでセックス好きというギャップ!

どうも彼のこの二面性は、昔付き合っていたらしい従兄の由基が関係あるらしく、
その由基も出て来て、今後の展開は下巻に続く…です。

0

女王様受け!

ちるちるで女王様受カテゴリに入っていたので買ってみました。
悠希さん、すっごく好みの女王様でしたよ~。
口も性格も目つきも悪くて、攻めを見下してフフンと笑ってしまうようなかっこいい受け様でした。ふだんはそんな姿を隠しているのですが、「ホントは酒もタバコも大好きv……男もな」って、ハートマーク付きの台詞を見下し真顔でいいのけるその姿は貫禄たっぷりでステキすぎ!ノンケの亮輔が自分のキスで勃っちゃって、しゃーねえ俺が抜いてやるよって手コキするんですが、攻めがぎゅって目瞑って喘ぐ姿にゴクリと喉を鳴らす悠希さん…めっちゃ色っぽくてたまりません。

…ただ、亮輔の従兄が悠希さんの元カレだと判明してからは、元カレに未練たらたらですぐ傷ついて揺れちゃって、心から「女王様受けです!」ってオススメできるとはいえないんですが…。でも、美人で口が悪くて傲慢な受けが好きな方には良い受けなんじゃないかなって思います。

ストーリーとしては…元カレの従兄が悠希さんに固執する理由がイマイチよくわからなくてちょっと気持ち悪いだけかなーって感じがしますね。フられてるのに探偵に素行調査させたり家にまで来るって、続き怖いわーーー;
この先どうなるのか、早く下巻が欲しいですね。

0

ギャップにハマったら抜けられないゾ

今回は先輩の代打で期間限定バイトを引受けた大学生と
仕事ができて穏やかなイケメンデザイン室長のお話です。

攻様が密かに憧れていた受様と偶然再会した事で
受様と元カレとの恋愛事情に巻込まれていくまで。

大学生の攻様は
怪我をした先輩に頼みこまれて
彼のバイトの代打を引受けるのですが

そこで攻様は
攻様の年の離れた従兄が
学生時代に付合っていた人と
再会する事になります。

この人が今回の受様になります♪

とは言え、
攻様が受様を知っているのは
従兄宅にて2人を見かけたからで有り
一方的に知っているの過ぎません。

しかも攻様が知るかつての受様は
儚げなイメージの青年だったのですが

攻様のバイト先の
デザイン室室長となっていた受様は
仕事を教えてくれた社員からも
若くても頼りがいのある上司になっていて
なんとなく違和感を覚えた攻様でしたが

受様の変わりようとは
そんなものではなかったのです(笑)

攻様がソレを知ったのは
誘われた飲み会から帰宅する際に
具合が悪そうな攻様を
偶然拾った事に端を発します。
続き

最初は酔っぱらいかと思った男が
受様だった為に自宅に連れ帰った攻様ですが
とにかく風呂でもとすすめたあたりから
雲行きが怪しくなっていきます。

歩けないからと運ばされ、
服を脱がせて風呂に入れる手伝いまで
されられちゃうのですよ♪

しかも、
脱がせた攻様の身体には
あやしげな傷跡が沢山!!

何が何だかグルグルする攻様でしたが
風呂から上がった受様が口にしたのは

今夜誘われて寝た男が
いかに最悪だったかと言う
男同士の痴情のもつれもどき!!

かつての清純な受様は
仕事場での良き上司の面影は
全て造られたモノだったのか?!

受様の変わりように戸惑う攻様ですが
更にゲイとの「キス」という事実をもって
脅迫もどきの口封じまで重ねる受様。

受様の中で攻様の存在は
下僕にロックオンされた模様です(笑)

果たしてこんな2人の行き着く先とは?!

水名瀬先生の新作1巻目です。

BLでは王道な再会モノですが
昔はこんなじゃなかったのに
何があったんだ~と攻様が悶々するというか
変化に振り回されるのと

受様の元カレとして登場する
攻様の従兄の存在が
三角関係もどきな要素を加味させてるのが
楽しみどころなのかなと思います。

受様は攻様の従兄と付合っていましたが
従兄にとって受様は唯一無二の存在ではなく
受様は攻様の結婚が止められず
別れを選択するのです。

その事が受様の変化に
大きく影響している様なのですが

離婚していた攻様の従兄弟が
受様にヨリを戻そうと迫った事で
攻様は受様に従兄の対抗馬として
恋人扱いされてしまって大迷惑♪

クールビューティな受様と
ワンコな攻様カプが大好物な私としては
攻様に頑張ってほしいのですが

攻様が受様を放ってけない気持ちが
いつ恋になっていくのかが
次巻の展開の鍵なのでしょうね。

とにかく待て次巻!!です。

本作はフエア書店で購入すると
描下しペーパーが付きますが
作者コメントが大部分なのであったらラッキー
的な感覚でも良いかなと思います

今回はワンコな年下攻様のお話、
北上れんさん『ホネヌキにされたい』を
ご紹介作とします。

0

ホントの姿が見えた時に愛しさが溢れる

まるで二重人格かと思うような受け様が主人公のお話なのです。
そしてその毒牙?に捕まってしまうのは受け様の会社でバイトをする事になった
大学生の攻め様なのですが、二人の間には皮肉な繋がりがあったのです。
攻め様は受け様の事を見知っていたんです、それは攻め様の従兄弟で受け様の高校時代の
家庭教師をしていて、二人が一緒にいるところを見た事があるから・・・
でも過去に見知った受け様とバイト先で出会った受け様との印象が全然違っていた。
さらに、受け様がゲイで、会社で見せる温厚で優秀な上司に姿からは考えられない
傲慢で我儘で、男あさりをしてる姿を目撃してしまう。
攻め様は受け様の本当の姿がどれなのか困惑してしまうのですが、そんな時に海外にいた
攻め様の従兄弟が戻ってきて、二人が過去に付き合っていて、受け様の初恋の相手で
受け様がいるのに、従兄弟が結婚をした事を知る事になるのです。

受け様と従兄弟に巻き込まれる形で、いつの間にか受け様と付き合っている事に
されてしまい、更に思いもよらないような展開に巻き込まれ、憧れていた従兄弟の
最低な男ぶりに激怒して、受け様を渡したく続きないと思ってしまうのです。
過去の初恋を忘れられなくて、一夜の相手で気を紛らわせるような受け様の姿に
攻め様は次第に心が傾いていきます。
そして、攻め様の従兄弟も、受け様を忘れていないような感じで、続編でもひと波乱
ありそうな予感です。

0

幻影はどこへ?

亮輔は、大学の先輩の代理でアルバイトをすることになるが、そのアルバイト先に生田がいて、再会から始まる。
再会と言っても、亮輔が、従兄のかつてのカテキョ生徒だったと認識しているだけで。
そして、生田は由兄(亮輔の従兄)と再会することになります。
亮輔が薄々感じていた、由兄と生田の関係。
由兄の、生田への考えに、亮輔は苛立ちます。
また、生田の、由兄への感情に、亮輔の思いは募ります。

亮輔は、亮輔の知っている生田と、仕事をする生田、私生活の生田、更に生田の根底にある姿に振り回されます。でも、ほって置けないようですね。

お話は、本当にタイトル通り。嘘から始まる恋もある。

次巻はどうもドタバタしそうですね…。
人物勝負な水名瀬先生、今回も存分です。
亮輔でなくても、生田の表情の違いが分かります。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ