闘う!!ラブリーエプロン

tatakau lovely apron

闘う!!ラブリーエプロン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×27
  • 萌11
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
69
評価数
23件
平均
3.2 / 5
神率
4.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784758072069

あらすじ

ツンな保育士・直樹とイジワルなアルバイト大学生・凌。
年下のくせに仕事がデキて自分にだけ
イヤミ~な凌くんがなにかと気に入らない直樹先生なんですが、
あることをきっかけに二人の距離は大接近!!
さらにさらにっ、ハプニングだらけの同・棲・生・活も始まって…?

『半端なKOIならヤメにしろ!』が描き下ろしを加え、お着がえして登場!!
ドタバタあーんどハートフルな直樹先生と凌くんのラブライフ★

(出版社より)

表題作闘う!!ラブリーエプロン

万城目凌 保育園の事務バイトの大学生
直樹 子供が子供の面倒を見てるような保育士

その他の収録作品

  • 戸惑う!?ラブリーエプロン
  • 口にするのも恐ろしい
  • 半端なKOIならヤメにしろ!①
  • 半端なKOIならヤメにしろ!②
  • 春まち?おこたデート
  • 年下のおとこのこ
  • がーるずとーく+1
  • 書下ろし
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

保育士さんと幼児に目覚めました

保育士さんと幼児に目覚めました。
危ない扉をまた一つ開かれてしまいました、この作品。
保育園が舞台で、めめこさんワールド炸裂の
個性的なキャラクターたちが沢山出てきます。
かわいい女性保育士さんにも注目です!

「半端なKOIならヤメにしろ!」のリメイク版です。

ハイスペックで尊大な攻めと、
反対に何をやらしても……な元気でアホな子な受け。
年下であるにも関わらず、ぐいぐいと受けに迫り、弄り、
時にはあんなことをしちゃったりなんかする
強引な攻めなんですが、それもこれも全部受けのことが好きで
構い倒したいからなんですよね、素晴らしい。
ドSなところが読んでいてたまりませんでした。
もっと受けをいじめてほしくて仕方なくなります。
酔ってる時にいたしてしまって、
起きたときにぎゅうっと受けを抱きしめるシーンが好きです。
「覚えていなかったら夢と変わらない」 その通りですねw
名言だと思いましたw
あとは、「俺は好きなのに~」という台詞も好きです。
涼しい顔をして、さらっと甘いこというところがずるいです。
ある特定の種類のお酒を飲むと、続き豹変する受けも
強気なところがすごく好きです。
攻めがアルバイトやめたら、この関係どうなるんでしょうかね?
一緒に住んでるので、なんとかなりますよね、きっと。

地味に好きなキャラクターは受けの友達(へび使い)と
受けと遊んでくれる幼児たちです。
幼児の成長した姿が イラストでちょこっと載っているのですが、
つぼでしたw みんなカッコいいし可愛いです。

明るくポップでちょっと変わった刺激を求めている
お嬢様方におすすめです!めめこワールドに浸ってください!
ひとりじめシリーズだけをご存じの方も是非読んで貰いたいです!

1

絵がかわいらしい

年下攻め年上受けが大好きなのでひたすらキャラ萌えしてました。
酒乱の凌くんがと普段のポンコツな凌くんのギャップがとても可愛かったです。

受けが簡単に流されていくのがあまり好きでないのでストーリーはイマイチと感じましたがこればっかりは趣味なのでなんとも言えまんね。
もうすこし好きになるまでの描写があれば良かったかも。
ですがBL慣れしている方(登場人物オールホモ!みたいな感じがOK)ならとくに気になるレベルではないと思います。

とにかく絵がかわいらしいです。
時々出てくる妙に大人びた園児も面白いく、軽く読めるポップなBLといった印象を受けました。
ライトに読めるBLを求めている方はぜひ。

0

脇役がいい!

“受けが大好きな攻め”が好きな私には大好物でした。

受けを好きなことをまったく顔や態度に出さないけど、
頭の中ではグルグルしているタイプの攻め、好きです!
そして、攻めにほだされないよう、意地をはる受けもスキ☆

一番魅力的だったのは、脇役の姉妹たちと友達!
本作の受けであるお兄ちゃん大好きな姉妹たち!
お兄ちゃんをとらないで!と作戦を練る姿とかイイw

たまに読み返して、あ〜なんか幸せだなこいつらwと思えるような微笑ましいBLでしたw

1

同じ本をタイトル違いでまた買う

「半端なKOIならヤメにしろ!」を
「説明しようとすればするほど分からなくなってくる」
と投げ捨てて、またこの本に引っかかる。
・・・わたしゃぁあほですね、あほw
「ひとりじめボーイフレンド」とか1冊買ったの忘れてもう1冊買ってるしさ、どんだけありいめめこさんにアホにさせられてんの自分は。

でもなぜかなぁ、今回はそれなりに面白かった。

「不機嫌な顔しかメモリにないんでないのか」と思う万城目が結構すんなり「あり」になってたのはBLの読み方が変わったからなのか微妙なおまけが空白をすんなり埋めたからなのか、

・・・それとも「ガトー」というブランドに騙されているのかw

取り敢えずほとんど一緒です、ほとんど。
でも評価は中古行きにするほど悪くない、という感じ。

2

受け様の第一印象は?・・・アホだ。。。

どちらが園児なのか分からないようなお子ちゃまな保育士の受け様とちょっと
意地悪、ホントは思いを口に出来ない・・・と言うより恋を語るスキルがない
年下大学生の攻め様との誤解がらみのハイテンション気味のラブ。

保育士の受け様は就職もままならず、親から子供なお前は子供と遊べと言われ保育士に
でもそれが本人にとってはまさに、子供と一緒に遊べる天職なのですが、
保育園のバイトである攻め様と些細なことから日々ケンカの毎日。
受け様が失敗してると何かとイジワルを言ってくる攻め様にむきになって向かう受け様。
そして攻め様の事をほんの少し見直した途端に、キスされて、それも面白いと理由で。
ここから誤解が始まるのですが、仕事が出来る賢い攻め様の恋愛スキルが無さ過ぎて
思っている事を全然伝えられず、受け様を逆にどんどん怒らせることになる。
でも、受け様もそんな攻め様の事が気になってて、面白いって事でキスされた事に
傷ついていたりするんです。
何度もこれで相愛でくっ付くのか?ってところで受け様が誤解で怒り出す展開で
進んでいくお話です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ