マスカレード・ラバーズ

マスカレード・ラバーズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス・リンクスコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784344825826

あらすじ

人気小説家の朝倉高明と瀬川成人は、大学生の同期で親友の間柄。瀬川から何度も口説かれているがクールに突き放す朝倉の真意は―!?

(出版社より)

表題作マスカレード・ラバーズ

人気ミステリー作家 瀬川成人
大学同期で同業作家 朝倉高明

その他の収録作品

  • マスカレード・ハーツ 1,2
  • 不覚の檻
  • 不覚の予感
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

イケメン小説家は皆金持ち!?

実はこの作家さんの単行本は多分初読みです。
大人なストーリーと絵の作家さんという印象なんですが、何故か読み終わって人物の顔の印象が非常に薄いことに気がついた!?
あとで思い起こすと何故か皆のっぺらぼうで、シルエットとスタイル(服装)ばかりが残って、個々の顔があまり印象に残らないんですね。
目が小さいからかな?うつむき加減のイラストも多いからかも?

何故にマスカレードか?と思えば、本音を表さない、正体が知れないという意味で使っているのでしょうか。
大人な恋模様が2シリーズ収録です。

作家の朝倉の家に押しかけてきたのは、大学の同期でおなじジャンルの売れっ子作家である瀬川。
盛んにアピールをして朝倉のマネージャー村野に警戒されている。
瀬川は男女問わず、浮名を流しまくるプレイボーイ?
実は朝倉は瀬川に告白されているのだが、彼の素行がそんななので返事を保留にしているのです。
実は、両思いだったという話ではあるのですが、
本当は朝倉がモテるので、彼に近寄ってくる人々を片っ端から牽制で自分が食って、近づかないようにしていたという、ヘタレというか偏屈というか(w)そんな続き予防線が貼られていたという結末が、ちょっとコメディを呼ぶ。

そして、本当は朝倉が大好きだったのに瀬川にさらわれて失恋してしまったマネージャーの村野が、
彼等の先輩でベストセラー作家の生嶋に気に入られて公私ともに恋人兼秘書になる話です。
この村野、結構流されやすい人だったwww
しかし、生嶋、とんでもない金持ちだよん!!!
イギリスに家があるのだが、家令を含め4人の使用人がいるのだが、皆イケメン♪
村野は、全く生嶋は・・・と思っていたら、なんと、彼等は責め属性だから身の安全を心配するのは村野だ・・・とか(笑)

どの話も一見シリアスに進行しながら、ちょっとコメディなオチをつけていて軽くなっています。
合間に挿入される4コマが楽しいデス。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ