逃げ道はこちら

nigemichi wa kochira

逃げ道はこちら
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×26
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
57
評価数
17件
平均
3.4 / 5
神率
5.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
心交社
シリーズ
Chocolat comics (ショコラコミックス・心交社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784778113360

あらすじ

転職した先で 中学時代の同級生、宵越と再会した昼巻。初恋相手との運命の出会いに浮かれていた昼巻だが、宵越の態度はどこかよそよそしい。さらには同僚からも「宵越に嫌われている」とまで言われてしまう。ショックを受けながらもどうしても真実を知りたい昼巻は、思いあまって宵越に迫ってしまい……! ?

(出版社より)

表題作逃げ道はこちら

中途入社の不動産営業 昼巻洋介
元同級生の経理課責任者 宵越雪夫

同時収録作品歩く男

ヒロシ 大学生
ミヤ 大学生

同時収録作品寂しすぎると死んでしまうの

凪佐 高校生
ハルヒ 高校生

同時収録作品ぜんぶ愛して抱きしめて

キユ
シミ

同時収録作品スペシャルクッキング

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

スーツ着た中学生カップル?

って位可愛いというかほほえましいというか子供っぽいというか(笑)
見た目は大人、中身は子供! なカップルです。

中学の同級生同士が同じ会社で再開するんですが
とにかく二人とも中身が中学から成長していませんw
小学生が好きな子イジメしているレベルから
相手の気持ちがやたら気になる中学生レベルにほんの少し成長して
当時からのすれ違いを解消しゴールインする物語、かな。

とにかくツンデレ受けの宵越君は好き避けしまくり、
ワンコ攻めの昼巻君は人目もはばからず大好き全開で追っかけ。
こんな社会人いるのだろうかw
読んでるうちにいつのまにやら二人が三頭身キャラに見えてきてしまいましたw
しょーがねーやつらだ、まったく(笑)

いつまでも男の子っぽいコンビが好きな人はぜひ!

1

かわいいなぁー

昼巻と宵越は(名前がまず可笑しい!)中学時代の同級生。
新しい会社にやってきた昼巻は、そこに偶然宵越がいることを知って喜ぶが、
かつて自分は彼に虐められていたと思っている宵越しは、避けて冷たく接する。

押しまくる無邪気で明るい昼巻と、それに引きずられてしまう宵越。
実は、一生懸命自分の心に動揺すまいと言い聞かせてしまう程、昼巻に惹かれていくんだけれど。
可愛いなぁ〜

昼巻くんは実は中学時代から宵越が好きだったのだけれど、
ほら、好きな子にちょっかいだして本気で嫌がられてっていう男の子のアレですね(笑)

キュンキュンしながら読み終わりました。

後半の短編はどれもサラッと。
ウサギ耳高校生の話「寂し過ぎると〜」は、ハルじゃじゃくて凪佐にウサギ耳が生える‥ってとこがいい。
あれ?攻めにウサギ耳って…ああ、元さんが挿絵の「ウサギの王国」ですね。
どっちが先なのかな?

2

逃げ道はこちらがすごく好き

レビューを見ていてずっと気になっていたのを
やっと購入しました。

ハルヒラ先生の本は初めて読ませていただいたのですが、
とってもかわいかったです。

表題作の、「逃げ道はこちら」が本当に可愛かったです。
受けがこんなに可愛いと思える作品に久々に出会いました。
攻めに対しての反応がものすごくときめきました。
逃げ道はこちらだけだったら神評価をつけるレベルです。
他の作品がつまらなかったわけではないのですが、
逃げ道ほど心にグッと来るものがなかったので今回は萌×2評価です。

イラストもとてもきれいで、読みやすくてとても幸せになれました!

1

日常的なほっこりラブマンガです。

ワンコ系の攻めか小動物系の受けが活躍している作品集。
ライバルとか大きな事件とかはない、全体的にほのぼのした印象の1冊です。

■逃げ道はこちら
表題作。
中学時代から受けが好きで愛情表現としてちょっかい出してた攻めと、
それをいじめられてると感じていた受けが、
攻めの転職により同じ会社の同僚になる話。
再会を喜ぶワンコ系の無邪気な攻めと、いじめっ子との再会で敵視してくる受けとの対比が面白いです。
実は嫌われてる、ということに攻めが気づき、まずは仲良くなろうと、健気に昼食誘ったりいろいろアクションを起こすのがかわいい。
その内、過去の行いが好意からくるものだったと知った受けが、だんだんほだされてゴールインと。
一途だけど愛情表現の方向を間違ってた攻めが、焦ったり悩んだりしながら念願の相手を意中に収め、幸せいっぱいな感じでラブラブしてんのもほっこりしました~(v´∀`*)

■歩く男
両想いのカップルのとある日常を描いたほのぼのマンガ。
熟年カップルっぽい雰囲気が漂う作品で、ツボでした。
実は、この二人が一番好きだったかも。
スポーツマンタイプの短髪イケ続きメンの大学生×低血圧っぽいものぐさな大学生。
久々にサークルの合宿から返ってきた攻めとイチャイチャしていたら途中で受けが足をつって断念……、運動しようよ、と言われて、仕方なしに歩いたりと、なんだかんだで攻めが大好きな受けの愛が見える話。
このカップルが萌えるのは、スポーツマン系の攻めがすっごい受けに優しく話しかけるのと、低血圧っぽい受けが滅多に赤面しないから。
広く分類すれば多分受けはツンデレキャラなんだろうが、デレの比重が極めて少ないのがとっても良いです!
「いろいろめんどくさーい。アイスたべたーい」といいつつも、このまま足をつり続けていたらエッチできなくて攻めに捨てられるかも…と思ってちょっとだけ頑張る受けがとってもカワイイ!
ほんと短い短編だったけど、すごい好きでした~~!ヾ(´∀`○)ノ♪

■寂しすぎると死んでしまうの
元ハルヒラさんお得意の、唐突アニマル変化モノ。
大型ワンコ系の無邪気な高校生×地味だけどちょっとカワイイ系の高校生。
二人は幼なじみでクラスも同じ仲良しさんですが、受けは密かに攻めが好きです。
学校帰りに繁華街でバニーちゃんのウサ耳した呼び込みのお姉さんを見かけて、攻めがちょっとロマンだよな、と言ったのをきき、俺もそんな風にみられたいと思いながら眠ったら、翌日、攻めの頭にウサギの耳が!!!というビックリ展開のお話。
この作家さんは、よくわかんないドリームな設定を脈絡なくぶっ込んでくるので、よく驚かされますが、今回はポムポムしたウサ耳がソーキュートでとってもツボでした!
まさか攻めの方に耳がはえるとは!!というギャップ萌えもよかったし、ちゃんとウサ耳として機能してて、受けの心臓の音とかもよく聞こえちゃうっていう設定もよかったですvv

■ぜんぶ愛して抱きしめて
付き合って3ヶ月の初々しいカップルが、初エッチのムードを高めるために、理想的なデートプランを立てて実行してみるのだが、いろいろ計画通りにいかなくて、張り切り過ぎてた攻めが拗ねたり、受けがなだめたりしながら愛を深める話。
ちょっと段取りの下手な攻めのカラ回りっぷりがイラっとしたが、受けはその一生懸命さが好きなんだなと思ってみてました。こういうカップルは実際にもよくいるよね。

■スペシャルクッキング
仕事の都合で人並みに料理できなきゃいけなくなったサラリーマン×料理教室の先生。
料理教室での出会いをきっかけに、お互いに片思いしてるけど告白はできないまま終わります。
なのでエロなし。

刺激は少ないけどほのぼのしてて、ほっとなるようなラブコメが読みたい時にオススメな1冊。

《個人的 好感度》
★★★★・ :ストーリー
★★・・・ :エロス
★★★・・ :キャラ
★★★★・ :設定/シチュ
★★★・・ :構成

3

可愛い短篇集

ワンコスキーにはたまらないアホワンコ攻めが出てきて、ぬふふ。となりました。
ちょっと強引だだけど、ツンツン君にはどのぐらいの図々しいワンコがちょうどいい。
昼巻くんと宵越しさんという名前もいい。
そして、ここにも唐突にウサ耳とシッポが生えるという不思議話入ってます。
長い耳が一度折れて元の形状に戻る時の擬音がナイス。

2

か、可愛い………

『虎穴ダイニング』のとんでも設定で楽しんだハルヒラさんですが
今作はわりと現実的ですよ!
ひとつウサ耳出てきますがw

でも、ハルヒラさんのリーマンは、どこかリーマンぽくないと言うか…。
なんでだろう。
受けの宵越は気持ちを顔に出さないようにしていたのに
攻めの昼巻に押されてわたわたしまくり、
昼巻は遠慮せず押しまくり…w
正反対なタイプが一緒にいるってしんどそうだけど、
この二人は押しつ押されつでうまくいくんだろうな。
本当、ほのぼので可愛い♪

好きだったのは『ぜんぶ愛して抱きしめて』。
無茶なデートプランを遂行するべく、わちゃわちゃになるカップル。
でも、花束をガツンと最初に渡されたら大変だよねぇ!
渡した方はいいかもだけど、というのが気になるw
シチュエーションにこだわらず、二人で一緒に過ごして
夜は甘い時間を分かち合うのが一番いいじゃないか!
Hもうまくいったみたいだし、まさに終わりよければ、だよ!
へちゃっとした花束もお水で元気になったようだし。良かった。

全体的に、本当に可愛らしい話満載!!
受けが女の子っぽいとかじゃ全然無続きいんですけど、
素直なところ、素直じゃないところ、
ストレートに気持ちを伝える主人公、
伝えられずにいるカップル、
様々な可愛らしさです。

ハルヒラさんの絵柄、好きだなぁ…。
優しい気持ちになりつつ、でもやっぱり間合いが独特☆
オリジナリティがある作家さんだと改めて思いました。

2

好きだから苛めちゃう、でもされた相手は・・・

転職した会社で中学時代に大好きだった相手と再会した攻め様はその偶然に運命を感じ
一生懸命アプローチするがことごとく無視される。
そして知るのは、受け様が攻め様を嫌っていると言う事実。
それは過去に好きだから苛めて、かなりしつこく構い倒した事が、受け様にとっては
苛められていると思われていたんです。
その誤解と、今でも受け様が大好きなことを一生懸命アプローチする攻め様。
ワンコの直情型みたいに一直線でかなりしつこい、過去の受け様が気の毒になる
リーマン同士だけど、攻め様が思っている以上に受け様は過去を忘れていないみたいで、
簡単に攻め様に心を開かないのですが、攻め様のしつこさに絆され気味。

かなり強引強気に押しまくる攻め様に、結局はっきり嫌だと言えない押しに弱い受け様
始めから終わりまで攻め様に押されてペースを崩されて、でも一緒にいる事を選ぶ。
そんな二人の恋のお話です。

2

押して押して押しまくる☆

最初は切ない系の作家さんだったのに、改名してから本当!力が抜けて、いい意味でゆるくて脱力系の作品を描かれるようになりました。
今回の短編集も、まさにゆるゆる♪
表題なんかは、きっと普通だったらイラっとするかもしれない攻めの行動も、何か受けが流されているのと、攻めの憎めない性格で、何か許してしまえちゃう。
他の作品も、ほのぼのと、まるでハートが空気中にプカリプカリ浮いているようなw

中学時代、好きで構いすぎて泣かせてしまっていた同級生の宵越と、転職先で一緒になる昼巻。
明らかに自分を避けている宵越に、仕事なら話してくれることに気がついて、付箋メモのやりとりから始める。
いい感じと思ったのも束の間、貯められていたその付箋がゴミ箱に捨ててあるのを発見した昼巻は強硬手段に出るのです(笑)

と、まあそんな始まりで展開する執着男の押せ押せ物語。
受けとなる宵越、決して甘い顔を見せません。
逃げる逃げられないのか?と思いきや、顔を赤くしてみたり、気持ちは全く不明だけど、とにかく昼巻の押しに流されて、そして究極のほだされ受けwww
クーデレもここまでくると立派です♪
彼ら続きは一体いくつの年齢設定なんでしょうね?
昼巻が執着ワンコで、とても若く見えるのに、宵越はまるで10歳くらい年上のオッサンに見えますw
でも、意外にメガネをはずすと可愛かったりして♪

【歩く男】恋人に押し倒されたとき、足がつってしまってエッチができなかった主人公。
それ以来、ひきこもりはよくないと歩くことにしました♪

【寂しすぎると死んでしまうの】同級生が密かに好きな主人公。
学校の帰り道、バニガールをガン見する彼に、うさ耳萌えがあるんだと、自分にも欲しいと願ったら、なんと彼に耳が生えてしまった!
とってもポジティブファンタジーなかわいいお話

【ぜんぶ愛して抱きしめて】お付き合いして三ヶ月。
彼氏の誕生日に何が欲しいと聞くと、自分が考えるベストなシチュエーションで主人公が欲しいという。
そして迎えたその日、彼氏の計画はことごとく失敗して・・・
めげない乙女な彼氏が何かかわいいぞwww

【スペシャルクッキング 】店の入口に料理教室の張り紙を見て、通うことにした営業マン。
そこの店主に一目惚れ。

話はかわいいのに、絵柄まですごくかわいいって感じでないので、ひょうひょうとした雰囲気が先立って、イヤミにならない可愛さが魅力の短編集でしたv

3

リーマンで

表紙に惹かれ購入したのですが、
元ハルヒラさん、あの虎な日向さんの作者さんでしたか。
今回の表題作は、リーマンじんわり系でした。
ワンコな押せ押せな攻と押されちゃうちょっと疲れた感じの受。
この受の感じがよくでていて、良かったです。

昼巻は、転勤先で中学時代の初恋の相手、宵越と再会する。
あまりに嬉しくて、色々誘うものの、全く相手にされず、
ついには、同僚から「宵越に嫌われている」とまで言われてしまう。
ここで、ステキだったのは、昼巻は、宵越に少しでも好かれたいと
ちょっとずつちゃんとアプローチするんです。
そんな昼巻に対して、宵越は、中学時代からずっとからかわれていると
感じていたのですが、自分のことが好きでいたからの行動としり、
少しずつ心を開いていきます。
ただ、宵越の、押され弱い感じが面白い。

また、宵越の声を聞いたり、会ったりするときの
ワンコのような昼巻もかわいかったりします。

じわじわ系リーマンを読みたいときにお勧めです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ