きっと、あれが僕の初恋

恋する箱庭

koisuru hakoniwa

恋する箱庭
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
22
評価数
10件
平均
2.6 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
シリーズ
クロスノベルス(小説・笠倉出版社)
発売日
価格
¥890(税抜)  ¥961(税込)
ISBN
9784773086232

あらすじ

僕は二度、捨てられた――。
借金のかたに尋希を買ったのは、蒼い瞳をした外国人・リーゼルだった。
売られるのは二度目。
初めは四歳の時、わけもわからず老夫婦の元で過ごした。
そして今回は、余命短い祖母のため、尋希は男の慰みものになる覚悟を決めた。
そして始まったリーゼルとの生活は、セックス以外は、とても平穏で……。
何を考えているかわからないリーゼルが、実は不器用な性格だと知り、惹かれていく尋希。だが、ある日なぜか豹変したリーゼルに無理やり犯されてしまい――。

(出版社より)

表題作恋する箱庭

ルーカス・リーゼル(25歳) 融資と引き換えに尋希を要求
澤田尋希(19歳) 借金の形に売られた大学生

その他の収録作品

  • 箱庭の来客
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

表紙に惑わされるw

表紙のせら先生の美しさに「おぉ!」と思い手に取りました(;´Д`)
すみません、せら先生ファンなもんで

表紙から察して、なんか綺麗なお庭でウフフな切ない感じかと思いきや
裏表紙で「こ、これは!」となりますw
読んでいくうちに監禁されている時のものだと分かるのですが・・・

砂漠物とか好きな方はイケル口だと思いますw

受け様は祖母の為に自分の身を犠牲にしてでも家を守ろうと
身売りされて強姦されても、どうにか攻め様とのふれあいをしていこうと思ってる
いいこちゃんです
攻め様は、受け様への気持ちがうまい具合に制御できないタイプみたいで
受け様に酷い仕打ちをしちゃいます

表紙絵で御近所物とおもいきや、エライ目にあう受け様が悲惨で・・・

0

なんかアラブものみたいだったよ・・・(アラブを曲解してますか、私?)

松幸さんは、基本的に好き作家さんですが、たまに『なんでそっち行くの!?』と呆然とする作品があるんですよね~。これもそのひとつかな。

設定もストーリー展開も、ホントによくある、まさに『王道・ベタ』って感じです。他に言い様がないくらいに。
でも、それは別にいいんですよ。王道も大好きですから!実際、設定や尋希(受)のキャラクターは、まあいかにもありがちですが、別にキライじゃないんです。それどころか、むしろ好みですね。

だから問題は、その(王道の)中身なんです。具体的には、リーゼル(攻)の行動ですね。なんでこういう即物的な方向に走るんですか・・・とガックリ。私は、H方向に暴走する攻は、いくら裏に愛情があっても、それだけで無理なことが多いので。

金で買われて、一方的に体を好きにさせてって、タイトル通り、『・・・アラブか』という感じでした。あ、あくまでもアラブはほとんど読まない私の、いわば勝手なイメージの『アラブ』ですから。

これがもっと、尋希にすぐ手を出さない展開なら、同じ『ベタ』『よくあるパターン』でも(いえ、ベタだからこそ)、すごく好きになれた可能性もあったと思いま続きす(松幸さんなら、という『好き作家さん』への期待を込めて)。

リーゼルの行動の理由になんとも無理がある気がするのと、いわば種明かしがラスト近くに(いかにも)説明的に、っていうのも、またマイナスポイントです。

あと、尋希の家族(父親と兄2人)も、このまま放置なの!?と途中で気になってしまいましたね。父親は悪役だからまだしも、兄2人はキャラクター設定上あのまま音沙汰なしは変だろ・・・
とりあえず、兄についてはSSでフォロー(?)はありましたが、どうもスッキリしません。

いっそのこと、どこまでもベタベタ路線を突っ走って欲しかった。あ、半端な鬼畜方面じゃなく、あまあまで。やっぱり松幸さんの『王道』はベタあまでこそ、と思うんですよ。
もちろん、どうせ『王道・ベタ』で行くんならまだしもその方が、って意味ですので。

これは私の個人的感覚に過ぎないかもしれませんが、松幸さんの(一応)強引H方面に走るキャラクターって、なんか作風というか雰囲気に馴染まない気がするんですよね。単に好みじゃないからそう感じるだけなんでしょうか。

正直なところ、松幸さんには外されることも少なくないんです。
レーベルによってはほとんど今ひとつ、というのもあるくらいですが、クロスノベルズは私の好みに合う作品が多いので(もちろん全部ではありませんが)、期待していた分、かなり残念でした。

0

2度親に売られる受け様なのです

好きな作家さんのお一人なのでかなり期待大で読んだのですが、大きな盛り上がりが
左程なく、受け様の身売りもキャラの性格もあるのでしょうが、悲壮感もなくて
まぁ、安心して読める作品だと思えばそれなりのお話なんでしょう。

受け様はかなりおばあちゃん子で、病気入院中の祖母が家をこよなく愛しているので
その祖母の家を守る為に身売りをする事になる受け様なのです。
両親は実の親なのですが、輸入業をしていて、父親が商売の才能が無くて倒産の危機。
その融資を頼んだ相手から受け様をよこせと言われて融資と引き換えにと言う話。
でも、この親も身勝手なんですが、それ程非道と言われるような感じでもない、
そしてその受け様を欲しがってる相手は、実は受け様が幼い時にやはり融資を受けた家の
孫にあたる人物なのですが、受け様が幼い時に融資と引き換えにその孫の遊び相手に
数年一緒に暮らしていた事があるのです。
前半では、その子供が攻め様だとは気が付かない受け様、子供の頃はハーフの攻め様を
女の子だと思っていて、更に初恋の相手でもあるんです。

14年ぶりの初恋相手との再会もので、後半で、攻め続き様が嫉妬と執着から受け様を
抱き潰してしまうような展開にはなりますが、所詮相愛なので、ハッピーで終わり。
若干物足りない感じで終わる作品です。

0

しまった!

前作が面白くて結構よかったので、次もとチャレンジしてみました。
・・・ごめんなさい、撃沈しました・・・
ちょっと不幸があっても、健気な主人公。
不幸といってもさほどのものではなくて、それは過去から現在につながる布石であり、
読み終えてみれば、いわゆる”運命の出会い”があって、再会があって、最後はすべて幸せに終わるという、全てがあま~い(内容も展開も)つくりは、自分的苦手作品の何者でもなかったという・・・
散々悲惨な目にあう受けじゃないからって、痛くないから読み応えがない、ってわけではないのですが、
あまりに全てが順調すぎて予定調和満載で、どこか引き込まれる魅力に乏しく感じたのが要因です。
あくまでも個人的趣味と見解ですので、好きな人には好きな甘さだと思います。

尋希の父親は会社を経営してるのですが、資金繰りに困り、3男の尋希を形に融通してもいいという人が現れたために、その相手の元へいくことになります。
強制ではないのですが、尋希の大好きな祖母が病気入院しており、余命宣告されているので、彼女を家で送り出したいという祖母への愛で、尋希はその相手の元でいくことになります続き
実は小さい頃にも一度、資金繰りのため援助者の元へやられたことのある尋希なのです。
子供のころは、ただそこでかわいがられて生活しただけですが、今回は知らない相手でしかも尋希も大人ですから、身体も込だと覚悟しています。
現れた相手は、昔見た妖精さんに瞳の色がそっくりなルーカスというスエーデン人でした。
もちろん、セックスもありましたが、無理強いするひどい扱いはありません。
一緒に暮らすうちに、なんとなく人となりが見え、彼の気遣いや優しさに気がついた頃、友人と仲良くしている姿を見て、ルーカスの側近と親しくしている姿をみて、切れたリーガルがてひどく尋希を犯すのです。

ルーカスが尋希の親に融通した金額は莫大だと思いますが、尋希にそれだけの価値が彼にとってはあるということ。
彼が見せる嫉妬は、ツンデレ?クーデレ?
ちょっと喜怒哀楽が控えめではっきりとわかりにくくはあります。
尋希は、親があんななのですが、結構しっかりした子かと思えば、末っ子ですねw少し天然風味というか、すごく子供っぽいです。
すねたり泣いたりとか喜怒哀楽の部分で子供というのではなくて、あきらめなのか順応力は高いのですが、全体の言動がおとなしい子供みたいな?

ルーカスが尋希を欲しいと強く思うほどの理由も今ひとつ説得力がないし、
人物の魅力も今ひとつな感じ
全体がぼや~ん、、として、、あ、そうですか。でおわってしまった(涙)
残念でした

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ