キミがいる深夜2時20分

kimi ga iru shinya 20ji20pun

キミがいる深夜2時20分
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×214
  • 萌18
  • 中立4
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
15
得点
149
評価数
45件
平均
3.4 / 5
神率
15.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
プランタン出版
シリーズ
Cannaコミックス(カンナコミックス・プランタン出版)
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784829685266

あらすじ

幼いころ、家が近所でよく遊んでいたいっちゃん(26)と伴太郎(18)は
高校教師とその生徒として14年ぶりに再会した。
昔は女の子のように可愛く、「いっちゃんとけっこんする」
と駄々をこねていた伴太郎はバリバリの体育会系に成長。
が、しかし――
図体はでかくなっても、伴太郎は昔と同じようにいっちゃんに迫ってきた!!
全力で好きだとアピールしてくる伴太郎に、いっちゃんの気苦労の日々がはじまって――!?

(出版社より)

著者:会川フゥ

表題作キミがいる深夜2時20分

(攻?)松尾伴太郎、高校生、18歳
(受?)小林一莉、高校教師、26歳

同時収録作品モウソウオトコ~Cafeteria ノ話~

(攻?)チョイ悪系イタリアーノ男
(受?)片桐、会社員

同時収録作品回りくどくて可愛いキミに

(攻?)シゲル、高校時代のバスケ部先輩
(受?)木場翔太、高校時代のバスケ部後輩

同時収録作品DRAGONに恋。

(攻?)小林一平
(受?)時町龍太郎、小説家志望

その他の収録作品

  • コンプレックスオーバーシュート 前編、後編
  • マリちゃん物語
  • あとがき
  • カバー裏あり

評価・レビューする

レビュー投稿数15

年下わんこ攻め

やっと会川フゥさんのデビュー作読ませていただきました。デビュー当初から2014年現在まで絵柄がほぼ変わっていませんし話傾向も相変わらずです^ ^

「キミがいる深夜2時20分」
題名の2時20分とは後日談での話のことかな?と勝手に解釈してます^o^
教え子であり幼馴染の伴と8歳年上の幼馴染であり教師のいっちゃんの話です。
幼少期からいっちゃんのことが好きだった伴は好機なことに自分の学校の新任教師として来ていたいっちゃんに好きだと伝えますが玉砕 完全子供扱いをされてしまいますσ(^_^;)
いっちゃんは8歳も離れてるし子供の頃の憧れの延長や自分がどのような恋愛をしてきた(それによって伴にどのような思いをさせてしまうか)やらなんやらで深く考えずに断りましたが伴はめげないボーイ何度もアタックさすが肉体派鋼の心かな笑

ある日二股されていると知っていながらも付き合っていた男がいっちゃんの前に現れよりを戻そうと言うがそこに伴(ストーキング)が登場ボコボコにします笑 それによって全てを話したのにまだ伴はいっちゃんが好きだというので大人になったらもう一度考えるという事で終わりましたが続き私は伴が成人する前にいっちゃん折れる気がするんですよね〜グイグイ系に弱い顔してますからw

「モウソウオトコ〜cafeteriaノ話」
これが一番続きが気になりました。完結するにしては話の区切りが悪いと思います。すごくあの…どっちなの?という感じで(モウソウオトコくんが受けだと私が嬉しい)
カフェで見かけた気になっていた人に話しかけられた→終 なのでその後「キミ僕のこと見つめていたよね、そんなに僕の顔が好き?」な感じで妄想してますね

会川さんの作品はついつい続きが読みたい!と思う作品ばかりなのでとても魅力的ですし読む意欲が掻き立てられます(^。^)

1

ほんわか

幼なじみで、後をくっついてまわる小さな子…。
その子が大きくなって、攻めに回ったら…?
好きな設定です!
バッチリOK!

というか、どっちが攻めか物語の中では
明確に記されてないんですが、
伴太郎がどうみても攻めでしょう!
いや、攻めでなくては困ります。

たいするいっちゃんは、これまた鉄壁のツンデレで
受けの雰囲気を醸し出してます。
これは受けでしょう!
いや、受けでなくては困ります。

本番もHっぽいこともなかったですが、
これはこれで楽しかったです。

第2話に出てくる妄想の彼。
面白すぎるでしょう。
いや、ここまできたら、妄想癖…。

でもそれが実りそうでよかったね。

会川さんの次作にも期待!

0

短編

最初に読んだ、フゥさん作品のインパクトが強かったので
どれもそのテイストなのかと思って読んでしまう。
可もなく不可もなくという感じかな。
ちょいちょい見える可愛さでみれば、悪くはないのかなとも思うのだけれど。

◆コンプレックスオーバー~・・・
幼いころから一途に一途に。
純粋培養かってくらいまっすぐ直球の年下攻。
夢は受と結婚することというなw
もちろん、大人な受はそれを本気にすることもなく
というところでは有るのだけれど、実際問題は
恋愛で傷ついて、おぼれて。
もろもろある受のほうがもろい部分多そうだな=な雑感。
一回合体したら節操ないんだろうな。きっとすぐそばなんだろうなww
と最後は大団円。意外とダメなのは大人の方だよなと
ちょっと切なくなりました。

◆モウソウオトコ
妄想に始まり妄想に終わる。
個人的にはめがねが受だと良いな。

◆回りくどくてカワイイきみに
ずっとホントウは。
まわりまわって大団円wよくある展開かな

0

「いっちゃんとけっこんする」

表題作は幼馴染再会ものです。
前向きな年下攻め×うじうじ年上受け。
個人的に年下攻めがあまり好きではないのに
読んだのが駄目だったのかもしれません。
最後の最後まで萌えられなかったのが悔やまれます。
受けは妻子持ちの不倫相手で、いざこざがあるんですが
攻めがその相手を殴りつけて関係を断ち切ります。
最終的に受けは攻めにほだされたんでしょうかね。
好きになっていく過程があまり伝わってこなかった
という印象が強く残っています。

あとは、妄想する男の話
高校時代の先輩後輩だった二人の話、
同級生再会の話、この3つのお話が収録されています。

一番萌えたのは、先輩×後輩の話です!
女の子が出張ってくるので、最初は地雷臭が漂っていましたが、
むしろ女子が良い当て馬、スパイスになって
大変萌えさせてもらいました。
分かりにくい先輩にびっくりしました。
先輩はノンケだとばかり思っていたので、まさかそんな……。
後輩が格好良い設定で、一時期男子の中でピンブームを
引き起こしたというのがツボで笑いましたw

妄想男の話は、ただの妄想で終わると思いきや、
続き
もうそう相手が話しかけてきて、これからどうなるの!?
そう思わせる良い所で終わったのがずるいですね。

同級生再会ものは、高校の時地味でさえなかった子が
実は格好良かったというありがちな設定でした。
寝るのを確認した後にほっとしたように
微笑むイケメンの顔が好きです。
BL力が足りていないのか、受け攻めを
どっちがどっちか分からなかったのが悔やまれますw

2

個性的なカップリング

表紙がきれいでなんとなく購入しました。
短編集なので、全体的にどの話ももうちょっと見たい、気になる感じでした。
個人的には「モウソウオトコ cafeteriaノ話」が気になりました。攻めキャラは「イタリアーノ男」と書かれていますが、カラーでは毛先が緑・・・ますます男の正体と今後の展開が気になります(笑)
個人的には表題作よりも他三作(モウソウオトコ・回りくどくて可愛いキミへ・DRAGONに恋)の方がおもしろかったです。

3

表題作じゃない作品が好き

幼馴染がダントツ好きだけど、
としの差あっても幼少期に一緒に遊んでいる関係も好き。

家が近所だったため、年は違うが一緒に遊んでいた2人。
伴太郎は大きくなったらいっちゃんと結婚したいと思っていた。

結婚したいとだだをこねる伴に、いっちゃんは、今はできないから大きくなってからねと言う。

いっちゃんは学校の先生となっていて伴はその学校の生徒。

18歳を迎えた伴は、結婚!結婚!と喜ぶが・・・

幼少期ならまだしも、18歳になってもまだ・・って
どんだけ純真だよ。とつっこみまくりたいですが
伴少年は愛くるしいから良い。

今後伴くんは悩む時がくるのだろうか。それともずっとこのままなのだろうか。

ほのぼのあったかい気持になったものの、ちらりと不安がよぎりました。

3

短編集

表題作の絵柄が・・・ある種の人間が読むと違う方向に妄想が炸裂してしまう雰囲気の絵でした。
会川さん…お好きですね!(何が)
絵柄自体は大変好きなタイプでした。

『コンプレックスオーバーショート 前後編』(中立)
『キミがいる深夜2時20分』(萌)
いわゆるご近所もの+再会ものです。
高校生の伴太郎(18)×高校教師のいっちゃん(26)のCP。
伴太郎が小さい頃からいっちゃんに対して「いっちゃんと結婚する」とずーっと言い続けていて、
そして高校生になっても結婚する結婚すると言いまくっているお話でした。
微笑ましいです。
しかし伴太郎、もうちょっと世の中の摂理というものを考えて欲しい感じですよねw
面白いんですがあまりにもいろんなことに対する引っかかりがなさすぎて、
明るすぎて萌えなかったです。
当て馬の人もあんまり萌えるキャラじゃなかったです。
ページ的な問題もあって、色々駆け足に感じる面もありました。
う~ん、個人的には惜しかったです!

『モウソウオトコ~cafeteriaノ話~』(萌)
これは笑ってしまった!妄想炸裂男のお話です。
黒髪+眼続き鏡は単純に好きです。
最近はメガネだから萌えるということもなくなりましたが、
そうはいってもメガネキャラはバカにできない!
メガネの需要は永遠にあると思います。
これはしかし続きが読みたかったです。
この先妄想男の妄想がどうなるのか、
そして照れてあたふたしているところなど見てみたかったです・・・!
お話としてはすごく好きな部類でしたがそこで終わってしまうのかー!
というショックが大きかったです。

『回りくどくて可愛いキミに』(萌)
The体育会系でした。先輩、回りくどいっすー!
でもぐるぐる系は時として嫌いじゃないのです。
震えながら抱きしめるシゲル先輩と照れているショータが可愛いかったです!!

『DRAGONに恋』(萌)
チャラ系・一平と地味系・時町のお話。
なるほどこれは時町のギャップ萌ですね!
普段地味な子が髪を上げるとイケメンだったというオチですが、萌的にはありです。
一平、人のネタ帳を勝手に見るのはいけませんな!
私も同級生の男子のネタ帳を拾ったことありますけどね。
気まずいですw

とりあえず短編という時点で満足度が低いのは覚悟していたのですが、
う~ん、それなりに萌は頂けたのですがやっぱり続きをプリーズと思いました!
これは面白いなーと思ったからこその感想ですね。

3

欲しいという気持ち…

 「コンプレックス・オーバーシュート」

 高校生の伴太郎はどうしても、幼なじみで今は高校教師の一莉と結婚したいと言い張ります。一莉も法律の問題などを盾に断るのですが、なかなか彼は折れません。
 
 一莉のかつての恋人であり、今は結婚して子供も居るという誠司から復縁を迫られるものの、そこは伴太郎がしっかり助けに入ります。(笑)
 今はまだ教師と生徒なのに、必ず一莉を守れる大人になるという伴太郎は、とても逞しく見えました。(笑)

 「モウソウオトコ」

 真面目な会社員、片桐が昼休みになると向かう先、カフェ。片桐は、そのカフェで高級スーツを着ている男性を見ては、彼が極道、あるいは女装をしているのではないかと妄想しているのです。

 片桐が新しい扉を開けたかどうかは残念ながら描かれていないのですが、短いお話なのにすごく印象に残りました。

 「キミがいる深夜2時20分」

 大学生になった伴太郎は、一莉の家に泊まりに来るようになります。周囲のこと、一莉を支えられるような大人になりたいという彼は、底抜けに明るいのにどこかしっかりしています。ずっと一莉は悩んでい続きたのに、その一言って実は大きいのかなと思ったお話でした。

4

それぞれ悩むこと

知人に面白いとすすめられたので購入しました!
それでもあんまり期待していなかったのですが、
期待以上!すごく面白かったです。

個人的には「回りくどくて可愛いキミに」が一番ときめきました。
そうだね、そこで迷うよね、男同士だもんね、
とほっこりした気持ちになれました。

「コンプレックスオーバーシュート」も悩んでました。
とっても素敵な悩み方で、
自分が男である故の悩みや歳の差など、
いっちゃんの悩み方は先のことをしっかり考えた
ホモである自分を真剣に見つめていてまさに理想でした。
この二人なら、きっといいカップルになれると思います。
すごく可愛かったです。

3

ずっと気になっていました!

たぶん好きだろうな…でも定価買いしていいものかどうか…と
散々悩んで結局定価買い。

さっぱりめの絵柄。作風。でも、それだけで終わらせられない何かが。
あ!まんじゅうさんはトジツキさんっぽいと!なるほど!!
それに雁須磨子さんも若干入っているような…個人的な感想です。

更に個人的に『モウソウオトコ~Cafeteriaノ話~』が一番好き!!
「キスとか師範レベルで上手そうだし
週に5日はセックスしてそうだ」とまで妄想してしまう、
会話もした事のない相手のイタリア―ノ…。
どんだけフェロモン出てんだ!ダダ洩れか!!
でも、そういうのってやっぱりわかるものなのかなぁ。すごいわ。
雰囲気って侮れないかもしれませんね。
その後が非常に気になります!!
描き下ろしはこれの続きが読みたかったのに!!

各話、一生懸命な恋が読めます。『モウソウオトコ』以外はw
また楽しみな作家さんが増えちゃったー♪
あー、買って良かった!



2

むふぉふぉふぉ

なんともむず痒い、微笑ましいBL。

これからの二人の物語が詰め込まれた一冊。
ハッピーエンド&ラブラブ
とまではいかないお話ばかりで
なんともむず痒いですが、
とっても明るい未来を希望できそうなものばかり。

ただたんに、のほほーんとしたものばかりかと思いきや
結構現実的に考えることも普通にあり、
漫画だなーと強く感じることなく楽しめました(*^^*)
絵のタッチも優しくて、読みやすい一冊です。

しかし、初恋でそれからずーっと好きなのが同性とは(笑)
ふりまわされる相手役もたいへんですね。爆

お互いがお互いを想ってるのがよくわかるお話でした。

2

ほほえましい気持ちになれる癒し系BL

飲料水でたとえるなら、ポカリスエットとかカルピスウォーターのイメージの短編集。
どのお話も、主人公たちがお互いを気になりだすところからはじまります。

恋をして相手のことが気になったり、ちょっとしたことが嬉しかったり、どきどきしたり・・・。
そういった甘酸っぱい心の揺れが伝わって、読んでいて照れくさくなってきます。

BL漫画はエッチがあってこそ!
そういう考えもよ~・・・っくわかりますが、エッチがなくても満足感のあるお話たちだと思います。
こういうさわやかな恋物語でほのぼの癒されるのもたまには良いと思いました。

8

男子男子していてとっても好き☆

作家さんのデビューコミックのようです。
実は読んでいて、キャラクターが某少年漫画の色々なキャラクターと似ているな~とかそんな登場人物がちらほら。
何らかの二次活動もされているんですかね(調べきれなかったので不明)
しかしながら、とても勢いがあって、作品自体はどれもとってもよかったのです。
「男子」という登場人物の表現が自分の好みにドンピシャ♪(表紙のデザインもpopで結構好みです)
楽しく明るく前向きで、気持ちのよい青空みたいな一冊でした。

表題は、この本の前半にある『コンプレックスオーバーシュート』の主人公達のその後なのですが、一応恋人(?)となるまでの話が肝心です。
8歳年上のいっちゃんに、小さい頃から執着して「結婚する」と言い続けた伴は、入学した高校で先生と生徒として再会するのです。
あいも変わらず「結婚する」を言い続けて何の迷いもない伴。
だけど、大人になったいっちゃんには、伴ほど素直に前向きになれない理由があるのです。
とまあ、ゲイであるが故の悩みを先に体験してしまった大人が、真っ直ぐで前向きな年下にほだされていくお話ですね♪
この伴のひたむきさ、真続きっ直ぐさ、バカワンコさが、好みです。
いっちゃんは多分受けなんですが、受け臭くないのもポイント高いです♪

一番気になって、これは絶対続編が欲しい!!と思ったのが『モウソウオトコ~cafeteriaノ話~』♪
メガネをかけてもっさりした会社員が、PCを持ち出してカフェで気になるイタリアーノに抱く妄想は、徐々にエスカレートして・・・
おおーっ!!現実になるのか?どうなのか?
めちゃ面白いです。
尚、多分、この妄想男、前の作品に通行人として顔が出てるようなきがするんですがwww

『回りくどくて可愛いキミに』
高校時代から好きだったバスケ部の先輩。
卒業してもOB会で付き合いは続いているのだが、気持ちは隠している。
そして、酔いつぶれた女子を先輩と一緒に送った時、女子にキスをされてしまった主人公を見て先輩は・・・
勘違いとスレ違いで、本当は両思いだったというチャンチャン♪なお話。
この先輩の天然ぶりが、焦って本気モードになる姿が何故か可愛らしかったりww

『DRAGONに恋 』
高校時代一度だけ言葉を交わした同級生と居酒屋で再会。
当時いつも前髪で目を、表情を隠していた彼はバイト先の居酒屋では顔をあらわにして、暗かった当時のイメージは一切なかったのだが、仕事が終わると下のとおりで何も変わってなくて。
昔声をかけたその一言を律儀に守ってくれていた彼にほだされる主人公(爆!)

やっぱり妄想男が絶対気になるのですが、描き下ろしの『マリちゃん物語』にもモブで!?
ひょっとしてモブキャラ専門なんですか?
とてもとても気になるキャラクター。
是非次回作は、彼で一冊読んでみたいですっ!

2

作家買いリストに追加!

知らない作家だな~と思ったら、それもそのはず
初コミックスなんですね。

正直、読むまでは中身がないオサレBLの可能性もぬぐえなかったのですが…… 今後は絶対作家買いします!!(宣言)
というくらい個人的に絵からキャラクターまでドストライクでした。
若干トジツキさんの影響を感じますが、それも許せるくらい萌えがつまってます!
というかトジツキさんが好きな方は絶対好きなはず。
若い男の子を描くのがすごく上手で魅力的。

短編が多くて物足りないところがあったので、次はもう少しちゃんとみたいです。
とりあえず作家買い決定!
今後も絶対追いかけます!

4

続きが気になる短編集

初読み作者さんです。
裏の帯の黒髪メガネが(ピンポイントですが)気になって
購入しましたが、1作1作はなかなか楽しめました。
ただ、短編集なので、え?この先無いの?気になる!
が積もり積もってしまいました(笑)

表題作は、幼馴染の再会もので、
子供のころから「結婚する!」と言われていたものの、
子供の話と思っていたが、
14年ぶりに再会しても、結婚したいと迫ってくるし、
高校生になっていい具合に成長してるし・・・なお話。

個人的に気になったのは、「モウソウオトコ」
そうです。購入時に気になった黒髪メガネのお話です。
でも、このお話は、始まる前に終わっちゃった感じで、
この先が気になって仕方ありません。

衝動買いでしたが、
買って、損はそんなにないかな~という1冊でした。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ