敏感男子はカタイのがお好き?

binkandanshi wa kataino ga osuki

敏感男子はカタイのがお好き?
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×25
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
74
評価数
19件
平均
3.9 / 5
神率
36.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784864363020

あらすじ

大学の男子寮に入寮している菅谷は、おカタイ寮長・冴木からなぜか目の敵に・・・。そんなある日、没収されたエロDVDを取り返そうと冴木の部屋に乗り込んだ菅谷は、ひとりエッチに耽っているイヤラシイ冴木を目撃!思わず自分のムスコも反応しちゃって!?

(出版社より)

表題作敏感男子はカタイのがお好き?

やんちゃな大学寮生 菅谷健二
お堅い大学の寮長 冴木 

その他の収録作品

  • 男の娘はデカイのがお好き?
  • おさななじみ
  • ドネコ男子は絶倫がお好き?

評価・レビューする

レビュー投稿数6

全体的に可愛かったです。

作者買いです。
すっかりポセイドンで有名な作者さんですが、この方のエロというよりも漫画のテンポが好きです。

このコミックスは、エロだらけなのはまあタイトル通りでいいのですが、話は他に著作に比べたら普通かなあという感じです。
悪くないし好きですが、「これ!!!萌える!」ってシーンはなかったような。
全体的に可愛かったです。

肉食系の男の娘も、可愛かった。
皆、幸せになるといいですよ。

そろそろ作者さんのシリアス長編を読んでみたいです、安西先生。

0

たまにはこんなエロもいかがですか?♪

時折読みたくなるんですよ、適当にバッと開いたページが常にエロイみたいな漫画。
正直、めっちゃ褒め言葉です。どのページ開いても大体がエロいことしてるっていうね(笑)
軽快なエロが読みたくなる、そんな時もあるものです(何)

オススメされて読んだこちら。
とーっても楽しくライトに楽しめました!好きですこういうの♪
ところどころにフザけたギャグとか点在してて、それを見つけて笑ったりして、夜寝る前に読んだら笑ってイイ眠りにつけそうな感覚(笑)


◆『敏感男子はカタイのがお好き?』全4話
男子寮のお部屋が隣同士。規則を破る菅谷と、厳しく取り締まるおカタイ寮長・冴木のお話。
いつものように取り締まろうとすると、菅谷のDVDレコーダーの電源が入り、アダルトな映像が流れ出し――と進んでいきます。
もう1話目から冴木が可愛い!THE☆ツンデレ!
お互いが「相手がお前だから好きになった」という関係性。他には欲情しないよ、という。
だからこそ、嫌いになられたら凄く辛いし、特にツンデレ冴木はグイグイ来る菅谷に真っ直ぐになんて飛び込めない。
けれど。けれど、ですよ。
エッチにな続きると、もーーーうもうもう。
「…嫌いにならない…?」
「初めての時みたいに もっと乱暴にして欲しい」
「菅谷の形にして 今すぐに」
そんな台詞が、あのおカタイ冴木の口から毎回のように何かしら出て来るという天国。
久々にツンデレ男子のギャップ言葉萌えが発令しました。

画は丁寧とは言い難いというのが正直な感想ですが、見せ方・読ませ方がお上手。
時折出て来るパロディだったりギャグだったりというのにはタマラナイものがあります。
(特に菅谷の妄想冴木女子「えースガヤおもーい」の毛をサスサスしてるのとかお気に入り・笑)

ランドリールームで致している所を、そっと隠れて覗きたい気分になりました(笑)


◆『男の娘はデカイのがお好き?』
「カタイ」漫画のスピンオフ。菅谷を狙っていた男の娘・リリコ(=龍ちゃん)のお話。
寮に忍び込んだ挙句振られたリリコは、菅谷の友人・斉藤に出くわす。
「コイツを利用して噂を広まらせよう」と企んだリリコでしたが――と進みます。
いいですね、こういうかっるーい斉藤くんとか!素直でイイコなんだけど超絶おばか的な感じがニクメナイ(笑)
そして…リリコの頬をひっぱたくほどの立派なモノをお持ちでまぁまぁ…(爆笑)
「好きで巨根なんじゃないんデス!」って…いやもう…ダメだあの数コマは私のヒットでした。
『同性同士なんて関係ない、お互い良かったらイイんじゃない?』なんて軽々しく言われた事に苛つきを覚えるリリコなんだけれど、最後は斉藤の言葉に救われて号泣します。
「男も女も一緒だね あったかい」
リリコもコレで、龍一郎として大好きな人と過ごせるんだなーと思うとちょっとほわっとなりました♪


他には、唯一雑誌掲載の『おさななじみ』も収録されています。
描き下ろしとして『ドネコ男子は絶倫がお好き?』。
絶倫男子に攻めまくる菅谷と斉藤…取り敢えずガンバレ!(笑)

ライトで笑えてキュンときてエロ満載!なお話が読みたい方にオススメです♪

1

すっごい好きになっちゃった!

普段、はじめての作家さんで題名がいかにもな本は買うことがないんですが、作者さんの名前がひらがなで回文だったというだけで手に取った本作。
いやもう、よくやった!とあのときの安易な自分を褒めてやりたい気分です。

帰ってきて裏のあらすじを読んで「ひとりエッチ」の文字を発見。
自慰シチュ好きなのでテンション↑↑。
でも、もくじに「drapモバ」の文字を発見し、携帯配信モノ=手軽にH補完というイメージがあったので、期待半分で読みました。
お話の流れは、身体から始まったふたりが、いろんな試練(?)を経て徐々気持ちを通い合わせる……みたいな所謂王道です。
もちろん、携帯配信モノだけあってエロい。
いや、エロいのはエロいんですが、それだけじゃなかったんです。
大学寮の寮長さん・冴木くん、この子が素晴らしい!軽くツンデレ超えてます。
普段、素直じゃない代表みたいな冴木くんですが、デレた途端、気持ちをぽろぽろ零しちゃう。
これはもう、どんなヤツでもイチコロですよ。
その上、酔っぱらったらさらに素直通り越して甘えんぼさんになっちゃって、もう読んでる私もメロメロです。

そして攻続きめの菅谷、コイツ、やりたいだけみたいなタイプじゃなかった。
冒頭で「久々のコンパ楽しみにしてっから!」なんて軽いノリで電話してるんで、うっかり「軽い子」前提で読み進めていったんですが…。
実は、やんちゃだけど思いやりがあって優しくて、割と素直で嘘つけないタイプ。
その上、男気もあるし、想ったら一途。なかなかの男前です。
コイツの素晴らしさがこのお話の評価UPにかなり貢献しています。(でもコイツ呼ばわり)
とにかく、ここ一番で発するセリフが萌えツボをガンガン突いてくるんです。
特に、酔っ払って泣きながら盛大に告白する冴木くんに放った一言。

「こんなゲロまみれで鼻水だらけできったねーお前にな、ためらいもなくキスできるド変態はこの世で俺だけだ」

もう、これだけでご飯3杯いけます!なんつー男前!!ドヤ顔も堪りません!!
実際は笑うトコなのかもしれませんが(汗)
それだけじゃありません、もっといい場面でいいセリフ言ってくれちゃってます。

全体通して出てくるギャグが私好み!おもろいです好きです初代ガ●ダムネタとかDBネタとか。
これ、CD化熱烈希望です。できれば達っつん×野島兄さんで!
読んでる間、脳内ではおふたりの声で再生されてました(ファンの方々スミマセン)。

当て馬役だった女装男子・リリコちゃんのお話も良かったです。
ここでもまた、天然あほの子攻め・斎藤クンがいいセリフ吐いてて萌えっとします。
もうひとつ、同時収録だった幼馴染モノも好きです♪

すごくすごく、好きになっちゃった1冊です。

3

晴々

>橘盾さん!
コメントありがとうございますー!!
ワーイ!読みたくなってきちゃいましたか!ヤッター!!
私の「読んで欲しいオーラ」が半端ないですよね(汗)
絵はホントかわいいですしかっこいいですしえろいです!
彩景センセ、ねこ田センセ、そして天城センセのえろさにも充分匹敵します……多分。
ストーリーは王道ながらも、セリフや表情にそそられまくりです!
ぜひぜひ、枕本のひとつに咥えて…じゃなく加えてください♪

橘盾

晴さん、
ヤバイよヤバイよ~読みたくなったよ~ヽ(^o^)丿
晴さんレビューで、次回購入候補マンガ部門の輝けるベスト3の1冊になりました!
かわいい絵で抜けちゃいますかー♪(笑)゛
彩景先生・ねこ田先生・天城先生あたりが大好きな橘めにも良さそうですかー?
ゲロが出てくるのーなんか嬉しい―←橘、変態death,
ご紹介を有難うございました♪

とにかく可愛いっ

最終、最後裏表紙折り返しの4コマが一番好きでした(ノ∀`)アホw
かわいくてエロス!なのは知っていた、やまだまやサンの作品。
これがまた可愛かった。
ちょっとアホなのもまたオイシイスパイスの一つでしたね。
や、なんちゅぅか、真面目な委員長タイプが実は淫乱。
感じやすくてエロエロで。
好きになったら一途で~wwなんて、セオリーではありつつの~
が可愛かった。
その受に、なんだかんだで翻弄されて、骨抜きにされて
最終骨身削って受の求めるままにwな図が面白かった。
好きになった人がタイプ。まさにそんなお話。

もう一つは、女装子とノンケな掛け合わせ。
実は見た目によらずの巨根攻。
実は愛されたことがない可愛い受(でも淫乱)
ちょっとアホな感じが可愛いカップリングでした。
続編とかあってもオイシイ二本立て。や、うん。可愛かった

2

ツンデレちゃんは淫乱ちゃん!?

大学生同士で同じ寮のお隣さん同士のエロエロラブなんです。
堅物生真面目メガネ君の受け様は、お隣に住んでる今どきの大学生の攻め様を
門限厳守のチェックを厳しく励行させてるのですが・・・・
あまりのも今どきじゃないような規則で、怒りモードに駆られて受け様に暴言。
でも言い過ぎだと自覚して謝りに行った受け様の部屋で意外なDVDを目にしてしまう。
それはゲイビデオで更にいないと思っていた受け様が部屋に帰って来た途端
エロ全開で自慰をし始める現場を目撃。

その姿に攻め様興奮しながらも、困惑して部屋に戻るが、翌日やっぱり受け様に
謝ろうとしたんだけど、謝るつもりがまたもや酷いことを言いながら、
自慰を見たことまでばらしながら、エロを仕掛けて抱いてしまう。
でも、受け様は泣きながら攻め様だけに反応しちゃうって・・・
ツンデレさんが泣きながらって萌え萌えで、攻め様もすっかり絆され過ぎて好きになる。
安易な展開なんですが、それもなかなか良いものです。

それに、ツンデレ真面目でお堅い受け様が、実は絶倫受け様だったりするから
ますます萌えなのですよ(笑)
それに、攻め様続きを狙ってるカワイコちゃんも登場するのですが、この子は過去に
手痛い思いをしているようで、ちょっぴり切ないけど、攻め様とは違う巨根男子を
攻め様たちの寮でゲットしちゃう。
こちらの受け様は女装男子で、無理に軽い遊び人を気取っているツンデレさんで、
ホントは一途で可愛い男の子なんですが、こちらも思いがけず相愛の相手が
出来たと思ったら・・・絶倫淫乱ちゃんになっていました!。
攻め様たちの体力精力は続くのか!!ってストーリーです。

5

ムッツリスケベじゃなくてガッツリスケベw

びっくりしました!
やまだまやさんて、過去Juneで単行本でてましたよね。
drapは初登場では?何だか今月のdrapはエロ攻撃なんですけどwww
しかし、やっぱりなーと思ったのはエロの見せ方。
やはりうまいこと局部描写とかを上半身ショットとか表情とかにすり替えてダイレクト表現からは少し遠くしている?
でも、全体から見たらやっぱりエロいのです。
しかも、このくらいの表現で丁度いいのかも。
全体としてはあっけらかんとしていて、楽しいエロ。
特に表題は、とっても規則に厳しいお堅い寮長がエロ魔人に変身するギャップが楽しかった。

寮の規則をやぶって青春を謳歌している菅谷に、厳しい寮長の冴木。
だけど、優しいところもあって、おにぎりなんかを作ってくれていたり。。。
お礼を言いに彼の部屋へ行くと、なんと!菅谷のAVは没収したのに、TVに映し出されているのはゲイビ!しかも、アナニーをしだす冴木の姿が!?
思わず襲ってしまう菅谷。
あまりにエロい冴木にはまっちゃって、一応お付き合い?な関係になる二人。
盛りまくる二人だけど、冴木は一回で部屋に帰ってしまうことから、喧嘩す続きるんだけど、その菅谷を拒む佐伯の理由は?
仲直りした二人に次に現れた障害は、菅谷に目を付けた女装男子!
無理やり押しかける彼に、二人の絆はより強まる。
と、ストーリー的には、身体から始まって、互いが「好き」を確認しあうまで、、、というところでしょうか。

なんといっても、冴木の豹変ぶりが一番のポイント。
お堅いはずだったのに、すごいエロくて、しかも積極的になる。
しかもM嗜好があったりして、むっつりスケベじゃなくて、ガッツリスケベの意地っ張りツンデレという、最強アイテムが揃ったようなキャラクター。
おいしいことこの上なし。
最初の登場で、一見チャラ男っぽかった菅谷が意外にも好きな子には一途というギャップもある。
やはりキャラ設定がいいから、面白いんですね♪

【男の娘はデカイのがお好き?】
は菅谷に迫って振られ、あげくラブラブを見せつけられてショックなリリコが帰るところから始まります。
彼は、以前「重い」と言われて振られたのがトラウマで愛が信じられない人。
ノンケを食っては、代償にしていたという、ちょっとひねくれた子。
それが、彼をうっかり女子と間違えて部屋に入れた同じ寮生に襲い受けしたところ、一番欲しかった「男だろうと女だろうと関係ない」という言葉をもらってほだされちゃうという話。
この寮生が超天然、ポジティブエロ男子♪
やれれば、男女関係ないの間違いではないのか?と突っ込みたくなるんですがwww
しかも、巨根でした☆

ラストの短編は【おさななじみ】
小学校の頃、カーテンの影で告白とキスをされた幼馴染。
だけど翌日海外へ家の転勤でいなくなってしまう。
それから8年、偶然の再会を果たすのだが、記憶喪失で全く自分の事を覚えていない。
というお話。
これはちょっとかわいいお話でしたね♪

描き下ろしの【ドネコ男子~】は冴木と女装男子のがエロすぎて、攻め男子は、体力的にももう大変っていうお話。

いや~今月のdrapコミックは、エロ路線で、なかなかに新境地でした☆

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ