アイドルだって恋をする!

RUSH!

rush

RUSH!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×219
  • 萌17
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
11
得点
139
評価数
40件
平均
3.5 / 5
神率
5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ホーム社
シリーズ
EYE'S COMICS BLink(アイズコミックスブリンク・ホーム社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784834262131

あらすじ

人気アイドルグループ「ru 2sh !」のメンバーであるユウとヒナタ。
メディアでは中の良さそうな二人だが実は犬猿の仲…!?
ある日、プレイボーイと噂のイケメン俳優、小椋(おぐら)
にお持ち帰りされかけてしまうユウ。
そのピンチに現れたのは、なんとヒナタだった――。

(出版社より)

表題作RUSH!

アイドルグループru2sh!・ヒナタ 21歳
アイドルグループru2sh!・ユウ 20歳

同時収録作品ふれてみたいの。

鷹木要一 作家
秦 侑成 高校生

その他の収録作品

  • ふれていたいの。【描き下ろし】
  • あなただけなの。【描き下ろし】

評価・レビューする

レビュー投稿数11

なんにせよ

ユウちゃん魔性(ノ´∀`*)w
お互いに可愛い可愛い言うてるのが可愛い。

ずっと読みたいと思っていた作品
予想以上に可愛いお話でした。
エロがもう少しあればさらにうれしかったが仕方がない。

お話はといいますと、
同じアイドルグループで活動中の二人。
はたから見れば仲良さげなのだが、中に入ってみれば全然。
ヒナタはなぜか自分だけに冷たい。
嫌われてる・・・のかと思いきやww
行動をはたから見ればなんともvな展開。
七転八倒な関係展開がすごく楽しかった。

本当はずっと~な一途さにキュン。
もっと早くいいなさいよと。

0

ユウ=Uではなく、

YUじゃないの?
ってことは、
ruush=ru2sh!ではなく、
rushy(形:い草のような)??

い草、イグサ・・・畳の香り。
俳句では夏の季語。
とってもさわやかじゃないですか!

と、どーでもいい話はここまでにして。

ヒナタがユウに対して
ツンケンしていたのは、
再会時に憶えてくれてなかったからで。

真相がわかったところで、
「ヒナタってかわいいね、会いたいな」
と、本心をぽろっとこぼしてしまう
ユウは素直でいいなぁ!と思いました。

小さい頃の二人は
ただただ、キュートでした。
(ハンカチでほっぺをとんとんしてからの、ぎゅ!)

そこでおしまいかっ!?
というところで本編は終了でしたが、
描き下ろしでちらっとその後が
見れたので、よし!とします。

もう一つの話は、
じいちゃんちのわんこ、
ブサカワ犬のチョロに
すべて持っていかれました。

チョロかわええ!

ユキのまっすぐさに
心を許していく鷹木さんの姿に
にやにやしました。

ユキには早く大人になってもらい、
下克上を狙ってもらいた続きいものです。

0

キラキラ芸能界のお話

アイドル同士のラブストーリーです。アイドルだから、みんなカッコ良くてキラキラしてて、もう、それだけで萌えます。主役のコは、5人グループの内の2人です。

なぜか自分にだけ冷たいヒナタと、そんなヒナタと仲良くしたいユウ。

ヒナタが冷たくしてた理由も可愛いし、ユウの酒癖の悪さも可愛いです。独占欲丸出しで、ユウを守ろうとするヒナタはカッコ良くてキュンとなるし。

そして、誤解が解けたと思ったら会えなくなって、寂しさを募らせてる2人に、切なくなります。
そんな2人のために頑張ってくれたリーダーのリョウも、イイ人で好きです。
スキャンダルに巻き込まれたり、ちょっとした事件もあるけど、無事に解決しての、エッチの時の酔っ払ったユウが色っぽくて萌えます。
登場するキャラが素敵で、大好きな甘いお話で、迷うことなく萌え萌え評価です。

4

おすすめです!

昔、会っていたのに気づいた子と、気づいてない子。
いじらしくキュンキュンするので、私は大好きです。

橋本あおいさんの作品は初めてだったので、ドキドキしながら読みましたが、今度からチェックしてみようと思いました。
友達や先輩にも布教してきましたwwwww

後ろの方に入っている作品も、可愛くて、大きいふさふさの犬とお世話してくれている女の人が二人のキューピットですね。わかります。

お酒に弱い子好きな方は、読んでみて下さい。

3

イケメンわんさか

アイドル物ということでイケメンが沢山登場!
少女マンガチックでした
話の内容的にはよかったのですが、
アイドルや芸能界物としてはちょっと物足りない感じはしましたが・・・
楽しめましたよ(*´∀`*)
でも もう少しアイドルとしてキラキラしたシーンが見たかったかも

個人的には後半の「ふれてみたいの。」の方が好みだったかな
受け様は元気ハツラツな感じで、攻め様は都会に疲れた男www
結局は玉の輿みたいな感じでしたが
楽しく読めて良かったです(*´∀`*)

0

アイドルものじゃなくても良かった気が…

キラキラアイドルものと、田舎での触れ合いもの。

【RUSH!!】
う~ん、アイドルものとしては△。
漫画のアイドルものって、そのユニットを考え出した作者の思い入れの強さが滲み出るだけに、この話ではどうもそこまで思い入れが強いとは感じにくい。
芸能人だけでなく、普通の大学生とかでも良かった気がする。
スピンオフも読むかどうかはちょっと微妙だけど、脇役のリョウちゃんが何気に気になるし、橋本さんの絵が好きだから迷うなぁ…

【ふれてみたいの】
同時収録のこちらのほうが好きかな。
田舎に遊びに来たユキが、猛暑に当たって倒れたところを面倒見てもらったのをきっかけに、近所付き合いのない鷹木のことが気になって…という流れ。

ユキ自身の素朴な恋心と、毎日出入りするようになっただけで何も特別な事をしていないのに鷹木がほだされていく様子が微笑ましい。

あと、話とは関係ないけれど、橋本さんってミドル世代を描くのが上手いなと思った。
芸能事務所の女社長とかお手伝いの通いのおばさんとか。

3

和服→スーツは卑怯!!

えろかわ度★3 乙女度★3 一途度★3 小椋度★1
あまあま:きゅんきゅん=2:3

「S+RUSH!」の小椋を追いかけて購入。ただの遊び人としてユウにちょっかいを出す地味なあて馬っぷりに大満足!! 自分の行きつけの店にユウを連れ込もうとし、探しにきたリョウに弱み(過去の女装写真)を握られてしまう迂闊さ。今後の事を思うと楽しくてしょうがないです。

 脇役はさておき、メインはアイドルグループのヒナタ×ユウの話です。何故か自分にだけ冷たいけれど、ピンチの時には助けてくれるヒナタが気になるユウ。素直になれない2人が想いを寄せ合っていく感じがくすぐったく幸せでした。本編はBLより少女漫画を読んでいる時の感覚に近い萌えで読みました。描き下ろしHの襲い受けユウがエロかわで、もっと続きが見たかったです。

◆ふれていたいの
 若くして世間に疲れ、隠居生活をしていた鷹木を癒すワンコ受けな高校生・ユキの夏休み。やさぐれた心が純粋な心に癒されて行く話は大好きですが、鷹木がエロすぎてただの攻めにしておくには勿体ない逸材! 物足りなさを感じてしまいました。和服→スーツ→ギャップの萌えコンボ。続きそのクールな顔が乱れるところが見てみたい! ユキがもう少し成長したら、可能でしょうか。

4

良い意味で予想外の執着心!

芸能モノがめちゃくちゃ好きというわけではないのですが
もし三次元で…と考えるとテンション上がりますww


アイドルグループ“ru2sh!”って、考えられてますね!
名前の一文字ずつとっているのは分かりやすいかもですが
リョウ(ryou)、ユウ(u)、ウタ(uta)、ソラ(sora)、ヒナタ(hinata)で
uが2つだからって、なんかセンス良いな!と感心しましたw

主人公の遊(ユウ)は同じグループのヒナタと
メディア上は仲が良いのですが
それ以外は何故か自分だけ避けられていて
どうしてなのか常々疑問に思っていました。
悩むユウにリーダーのリョウが愚痴を聞いてくれるとの事で
久々に飲むことに…なったのですが、
リョウと二人だけだと思っていたら、そこにはヒナタもいて
愚痴も言えず酒の量が増えてしまい泥酔w
酔うとキス魔になると自分では全く知らず、
ヒナタに絡んでしまうのでした!

人気俳優の小椋瞬にちょっかいを出されていて
身の危険を感じる事件とも言える出来事があり
どんどん距離が近づいて
嬉しいのは嬉しいけど戸惑いも否めないユウ。

続きそんな時、二人が抱き合っているような写真を
週刊誌にスッパ抜かれて会えなくなると
ヒナタへの想いが止まらなくなり……。

ヒナタが今までユウにだけ素っ気ない理由も
幼いころの過去を含めた愛情の裏返しだったわけですが
せっかくの逢瀬がダンススタジオで

背中とか痛くなかったかな…?w

当て馬・小椋瞬が傲慢で、
そのくせ周囲にはそんな悪く思われないように振る舞っていて
ヤな奴!!なんですけども
リョウがきっちり小椋に関するネタを手に入れていて
心強い味方なのでした♪


『ふれてみたいの。』
侑成は夏休みに田舎の祖父の家を訪ね、
延々と続く屋敷の塀で熱中症になったところを助けてられます。
その男は鷹木といい、無愛想で、色々良くない噂があるようだけれども
お手伝いのキヌさんの前では子供っぽいところも見せたりします。
人嫌いなのに親切にしてくれるので(ニコリともしないけど)
もっと鷹木を知りたいと思うようになって
キヌさんの手がまわらない庭の手入れを自ら申し出るのです。
そてから距離が少しずつ縮まったと思いかけた時、
鷹木が東京へ行って数日帰ってこなくなり…。

10歳も年下の素直な高校生にほだされて
家の事情によって頑なだった心も解された大人、
照れ屋さんだけど、やはり色事となると余裕が出てきてましたw

じいちゃん家のチョロ…ブサカワ……。カワ…??w
でも鷹木が「おまえはブサイクだ!だがそれがいい」と
チョロに言い放ったところが一番好きなシーンでしたww

庭の様子や屋敷、部屋の中や生活用品などが
すごく細かくて感動しましたが
1話目は結構絵柄が違うんだな!というのにちょっと驚きました☆


描き下ろし『ふれていたいの。』
鷹木×侑成の甘々なその後。
半分だけ挿入しても気持ち良くてイッちゃう侑成!w
全部入っちゃったらどうなるのー!?
そして鷹木にはものすごく生殺し……ww


描き下ろし『あなただけなの。』
ヒナタ×ユウのこちらも甘々&エロエロ。
酔っぱらってまたキス魔全開のユウに
押し倒され、愛撫をねだられるヒナタですが
好きな人にだけ、一番好きなのはヒナタだけと言われても
こんなにエロかったら心配だなぁ!
ホント、外では飲まないで!!w

きゅんとくる切なさというのは今回感じられませんでしたが
(すみません;)
目の保養にもなりましたし、充分萌えをいただきました♪

4

チョロ!!

表題作は芸能界物。
芸能界物って、昔から定番作品として、誰もがみんな通る道的に数多の作品があるけど、
この本はそんな王道の正統な後継者の2010年代版。
絵のきれいさや、男の子達のファッションも、もう何年かして振り返ると、ああ2010年代っぽい、ぽいぽいって、なんだか納得しちゃうような、ね。
それとは逆に同録の「ふれて~」は時代を感じさせないような、いつ読んでも今と思えるような、あるいは、いつ読んでも懐かしいと思えるような作品。

それにしても、ブサ犬のチョロ!!
かわいすぎ!

1

もうちょっと見たい~~~!

少女漫画っぽい本だなぁ~と感じる一冊でした。
あ、悪い意味で言っているわけじゃないです。
(もちろん苦手な人もいると思いますが)

元々、少女漫画でも違和感全然ナシ!な絵柄で、
アイドルのメンバー同士がくっつくお話に、
10歳年上の謎アリのイケメン金持ちと、高校生とのお話。
どちらも、明るめでサックリ読めます♪
(本編の詳しい内容の素敵レビューは、下に既にあるので割愛します~)

悪くないんですよ~、悪くないんですけど・・・
「それでは今日もいただきます。」で橋本さんの描くエロを見ちゃっているので、
それが印象的&とっても好きだったので、
ああん! もうちょっと見せてよ~~~~!!!と思ってしまったw
どちらのお話も本編ではエッチっぽいことはしたようなんですが、
読者に見せてくれたのは乳首をいじって舐めるところまで!

描き下ろしでは、もうちょっと先まで見せてくれました。
 ↓
表題作では、
ユウがまた酔って色気を増してエッロくなってて、
ヒナタの上に跨って「ね、さわって・・・?」と挑発~~。
ぐちゅぐちゅっと音がする程、さわってしごいてもら続きって頬を赤らめてるユウ。
やっぱり橋本さんの描く受けのダダ漏れの色気、いいなぁ~☆

もう一方の「ふれてみたいの。」では、初の挿入シーンが見れました♪
攻めが受けの耳元で言うセリフがいい~~
後ろを指で広げながら、
「ここを、俺のこれで、こすったらきっと気持ちいいぞ・・・?」
今まで、後ろを指で慣らすだけ~を何度もしてきたみたいで、だからこそのキュン♡
年下の受けがちゃんと大事にされいるっぽくて、微笑ましいなぁ~
挿入、今回は全部・・・じゃないみたいw

やっぱり、足りない! もうちょっと見たかった~~~!
あと、
表題作は、受けが攻めのことを好き・・・と思ったところがちょっと唐突に感じました。
そこももうちょっとどうにか~~だと嬉しかったな。
にしても、
5人組アイドルの話で、そのメンバーのひとりを狙う人気俳優が小椋瞬(オグラシュン)ってw

5

アイドル同士の恋♪

橋本先生の芸能界ものです!
お話もわかりやすいですし、とっても読みやすい1冊でした~!
読んでいて橋本先生芸能界ものお好きなんだな~というのが伝わってくる作品でした♪

デビューして4年目の人気アイドルグループ〈ru2sh!〉
【受け】〈ユウ〉は中性的な魅力の持ち主でドラマ出演もする人気メンバーの1人。
鈍感で優しい子ですが、酔うとキス魔になるという!
同じグループで1歳違いの【攻め】〈ヒナタ〉とはコンビで扱われることが多いものの、
実際は無自覚なユウに『口説かれるのは何人目だ』『隙があるからつけ込まれる』と
ヒナタはいつもユウにつっかかる。ユウも『俺嫌われてるのかな…』という印象を抱いていてあまり仲が良いとは言えない。

つっかかる、と言っても読み手からしたら「好きってのバレバレだよあなた!」と
ニヤニヤなんですが、ユウがドラマで共演する人気俳優・小椋に口説かれている場面ではタイミングよく助けに入ってくれたり、その後からは接し方を180度変えてマネージャー以上にユウの世話を焼いてあげたり甲斐甲斐しい(笑)
そんな彼らは少しずつ距離が縮まって、ユウもヒナタの自続き分に対しての様子や態度に
いろいろ意識してしまったり、実は過去に2人は…!なことが判明したり。
しかしそんな2人にピンチが…!

展開としてはよくある、ありきたりなものと正直感じてしまいますが、そこは橋本先生の
描かれる魅力的なキャラ達や描写が素敵なBLに仕上げてくれています♪
ユウの心情の描写が多いのも読みやすいポイントの1つでした~!

同時収録の『ふれてみたいの。』はまたガラリと雰囲気が違う作品です!
全3話なのですが、素直になれない攻め〈鷹木〉と素直で純粋な受け〈秦〉の年の差ラブで、いろいろと抱えている鷹木と、その光になって鷹木を変えてくれた秦の素敵なお話
です。登場するチョロ(犬)が可愛いです!鷹木の「おまえはブサイクだ!だがそれが
いい!」にウケました♪

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ