堕楽の島 ~狂犬と野獣~

堕楽の島 ~狂犬と野獣~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神22
  • 萌×211
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
170
評価数
40件
平均
4.3 / 5
神率
55%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784812490976

あらすじ

「あんたを信じられない」
テロに巻き込まれて負傷した靫真通(ゆぎまさみち)を陵辱し、そう言葉を残して消息を絶った峯上周(ほうじょうあまね)。峯上は暴力団藜(あかざ)組の若き幹部で、公安警察官・靫の協力者であり、最高のパートナー…のはずだった。
靫は焦燥感と失意のなかで、マークしているテロ組織に峯上がいることを突き止める。だが、峯上はテロリスト・櫟(いちい)に取り込まれていて、靫の存在すらどうでもいい様子だった。
「愛を失うのは苦しいね?」
破壊されたふたりの絆は取り戻せるのか!? 野獣と狂犬の共闘、その最終決戦の行方は――!?

(出版社より)

表題作堕楽の島 ~狂犬と野獣~

族上がりのヤクザ幹部 峯上周 27歳
警視庁公安部刑事 靫真通 32歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

とんだ甘えたサン

狂犬と野獣シリーズ3作目で完結編。
3作目では靫が特段の用事もないのに峯上を呼び出すまで関係が前進しています。
二人とも「甘えたサン」になっていて可愛いかったです(笑)

DV被害が多発するという異常事態が発生し、これまで同様にその原因に思想コントロールがあると考える靫は単独操作捜査を開始します。
そんな中、突然峯上の様子がおかしくなり失踪。
峯上を取り戻そう必死になる靫の前に現れたのは1作目の教祖櫟と側近でした。
まさか峯上までリズムにコントロールされてしまうなんて・・・。
自分も取り込まれそうになりながら、闘う靫がかっこよかったです。
この靫の奮闘ぶりを正常な精神状態の峯上に見せてあげたかった!

ちなみに1作目では教祖様と側近の4Pでした、今回はまさかの6P?!

2

ラブラブモード突入

並外れたはねっかえりのワガママ犬が飼い主にそっぽ向かれたとたん、焦りまくってあれやこれや頑張ってるのを、カッコつけてハードにしてみましたよ、のお話。

私的にはカルトや洗脳に対抗する一番のカギはどうしても手放せない絆だった、という部分が一番響きました。
生きてると心が脆くなるようなつらいことと出会うことはあるけど、それを乗り越える力になるのは愛する人の存在。言葉にしてしまうと陳腐だけれども、事実だから仕方ない。
カルト教団だったり二人の関係の形だったり、表面的なものは目新しくても軸になっているのは愛情で、どこまでも愛とは?を追及していく姿勢は沙野さんだなぁと思いました。年を重ねるごとにそれに対する考察が深まるのが、作品がどんどん面白くなっていく秘密なのかな。

靫の「愛してる」は唐突だとは思いませんでした。だって、靫はとうに峯上が自分にとってかけがえのない存在だと気付いていて、言わなかったのはきっと「わかるだろ、言わせんな」であって、必要がなければ一生言わなかったんじゃないかと。それでも口にしたのは、変わってしまった峯上を何とかして取り戻したい一心だったわけで。そう簡単には続き峯上に届きませんでしたが、そうやってもがくうちにちょっと反省したりして。
「俺のもんに触るんじゃねぇ」のシーンには、ニヤついてしまいました。

とびぬけた男前じゃじゃ馬受けと超重量級オカン型熊のこのカプの放つ異彩が魅力的なシリーズでした。精神世界の部分に読みごたえもあって面白かったです。

2

カルトの終焉

美しすぎる公安の狂犬と、お化けバイクに乗った野獣のカップルもついにシリーズ完結編。
いままでのBLにはない超辛口ハードボイルドカップルは心ざわめく面白さがありました。

しかし、うわぁ~…評価分かれるぞ、コレ。
導入部分、カワサキニンジャで疾走するシーンはかなりシビれましたw
BLっていうとあんまりマニアックなモーターもの出てきませんからなおさらです。
自分は四輪派で二輪はウトいんだけど、にしても、カワサキ・ニンジャやボスホスとは
あきらかにガチガチ硬派です。
ホンダとかドゥカティじゃないところが…!

さて、シリーズで毎回登場してくるマインドコントロールというテーマ、
正直、本作ではやや雑。そこらへんは2作目のほうがいいデキです。

ついにネタ切れですか!?

靫(ゆぎ)が周(あまね)の深い愛に気付いて愕然としたり、
二の腕に寄り掛かって甘えるのはなかなかオイシイんですけど
カルトの描写がなぁ…。

シュールな描写も面白いといえば面白いんですが、煮え切らない感じで、
1作目のヒステリックな世界観、
2作目の暴力的カルトに比べると迫力不足かなぁ続き
2人のトラウマの掘り下げももう少しやってほしかったかも。

さらに、周と靫のセックスがどんどん痛そうな感じになっていくのも…(苦笑)
シリーズ中どれから読んでも大丈夫な作りにはなっていますが、
この第3作目から読みはじめても、このシリーズの魅力は掴みにくいと思います。

余談ながらこのシリーズ、イラストレーションが最高です。
靫のイメージは超超超ツボですね。

1

相変わらずブレない男前受・靫真通

靫の男前度がさらにアップ。
BL界に数多くの受はあれど、ここまで雄々しい受キャラもなかなか居ないかと。(笑)
前々作のレビューでも書きましたが、相手が周でなければ、靫は間違いなく攻キャラとして登場したはず。
それくらい、凛々しいです。かっこいいです。惚れてまうやろ…!(古い)

お話の内容は、まさかの宗教団体もの3連発。
靫の所属する部署上当然なのでしょうが、正直、3作とも展開が似通っていて、「またか」と思わずにはいられませんでした。
もう少し違ったアプローチで靫の活躍が見たかったです。
周は暴力団に所属しているという設定ですが、結局最後まで組関連のほうへお話が流れなかったのは(意図的なのかとは思いますが)設定が活かしきれていると言えるかどうか?
むしろテーマが集約されていてよかったのか?
判断に迷うところです。

総じて、前2作に比べてパワーダウンした感が否めません。
前2作で広がった話の収拾をつけることがメインになってしまい、肝心要の、この雄々しいカップルがLOVEに帰結していくまでの展開が薄くなってしまっている。
せっかく3作を使ってじっくりと恋愛プロ続きセスを描く環境があったのにも関わらずです。
その点は非常に惜しい…というか残念です。
続きもののお話としてだけ見れば秀逸なので、余計に。

沙野先生ご自身があとがきで仰っているように、確かにラブラブモードではある。
靫が周を自然と名前で呼べるようになっていることからも、彼らの関係が深まっていることが分かります。
ですが、私には何故だか靫が突然に「愛してる」と言い始めたような気がしてしまいました。
前作『落園の鎖』の時点で果たして、靫の周に対する気持ちはそこまで高まっていたかどうか?
今作中にそこまで気持ちが高まる要素があったかどうか?
疑問です。

「愛」という言葉は本来、相当にハードルの高い言葉だと思うんですが、その言葉で気持ちを表現できるようになった心の動きや理由をしっかり描かないと、言葉だけが独り歩きしてしまいます。
その点が、今作ではいまいち消化しきれていなかった。
これならむしろ、前作までで完結していた方が納まりがよかったような気すらしています。

1作目は神認定にしましたが、今作は萌評価で。
とはいえ、大好きな男前受・靫と大型ワンコ攻・周のカップルのお話がもう読めないと思うと、大変悲しいです。

3

シリーズ完結は定着と中和がポイント

狂犬と野獣の過激コンビが完結を迎える作品です。
リズムを操るテロ活動で1作目からかなり過激な展開でしたが、これで終わり。
サブリミナル効果をモチーフにしたかなり興味深い作品で、どんどん惹きこまれました。
1作目の破壊のリズムから始まり、人間の喜怒哀楽や欲望と願望を増幅させるリズム、
そして今回の第3のリズムが揃う事で、受け様は攻め様を奪われる事になる展開です。

1作目から登場の悲しく愚かなヒール役のテロリスト・櫟が裏の主役で出張ってます。
この人のテロ行為事態は憎むべき犯罪なのですが、心が無自覚で壊れてる悲しさを
いつも感じてしまう憎み切れない悪役なんですよね。
今回はとうとう、精神的にも攻め様に追い込まれてしまうラスト。

それに、強面の野獣の攻め様が、1番脆い部分を櫟に付け込まれ、櫟の創り出すリズムに
淘汰されてしまい、攻め様の奪還を受け様は誓う。
でも、この攻め様、かなり強靭な精神力をしていますよね。
そして攻め様を取り戻す手段は、この二人ならではの激しい戦いのようなHです!
やはり、リズムにはリズムで対抗でしょうか(笑)
今回の受け様が気が付い続きた三つ目のリズムは、今までのリズムと組み合わせる事で
完ぺきな定着を植え付けるリズムでしたね。
なかなか細かく作り込まれていて面白かったです。
そして、一旦リズムに汚染されてしまった人にとって特効薬的なリズムが出来上がる。
それが中和なんですが、その開発者は前シリーズに出ていた岩城光、受け様の同僚の
チワックス宮木が協力者として唯一手に入れた恋人です。
この二人の表だった活躍は少なかったですね。
個人的にチワックス宮木のファンだったりします(笑)

今回の事件で二人のトラウマ的なものが表面に出て来て、かなりのピンチになるが、
やっぱり受け様は美しすぎる狂犬だと思いましたね。
攻め様は受け様を想うあまり相手方に捕らわれてしまうのですが、最後の最後で
やっぱり二人の強い絆を感じる事が出来る内容でした。
かなり優れものの作品だと思いましたねおススメです。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ