memory -後日談-

memory gojitsudan

memory -後日談-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
笠倉出版社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
コミコミスタジオ オリジナル特典 番外編小冊子

あらすじ

叔父の一条が痴漢騒動で被害者女性に謝罪しに行くお話。
好奇心で黒河もついて行き、謝罪後、帰宅した一条と黒河の
それぞれのカップルは…。

表題作memory -後日談-

一条隆徳 / 産科医で隆也の叔父
一条隆也 / 葬儀会社勤務

評価・レビューする

レビュー投稿数1

一条と黒河!?

『memory -白衣の激情- 』の、コミコミスタジオ限定書き下ろし番外編小冊子です。

タイトル通り、本編の後日談。

本編中で、一条自身が痴漢と疑われた事件で、被害者の女性に謝罪に向かった際の顛末です。それに何故か黒河も同行してます。

さすがに、伊達に女性ばかり相手にしているわけではないらしく、お見事に口八丁で丸め込んでお詫びの食事に誘い『示談』を引き出したんですね。
その後、2人とも急患で病院に呼び出されます。

深夜に帰宅した一条は、白石に『一条って療治の何!?』と問い詰められ・・・一条と黒河の浮気疑惑って、考えるだけでコワいんだけど。

一方、一条と隆也サイド。
『謝罪デート』をした(痴漢事件の)女性を羨み、自分も一条とデートしたいと・・・

休日が重ならない2人にはデートは困難そうですが、ラブラブです。

本編はまったくダメだったんですが、こういうコミカルな番外編なら結構楽しめます。というより、一条×隆也のラブが比率として低いからかも。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ