恋愛未満

恋愛未満
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×25
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
53
評価数
13件
平均
4.2 / 5
神率
46.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784813012597

あらすじ

トップスタイリストとして働く瀬川渉は、
二年に亘る長期出張から住み慣れた東京に戻ってきた。
そこには、穏やかな笑みを浮かべて渉を迎える支倉の姿があった。
八年前に妻を失った支倉と、二年前に恋人と別れた渉は、どれほど肌を重ねても恋人ではないことを、互いの上に気持ちはないことを承知したうえで、いけないと思いつつ、関係を続けていた。
でも、自分がきっかけで始めた関係に罪悪感を抱いている渉は、これ以上支倉に甘えていられないと友人という立場に戻る決意をするのだが……

(出版社より)


表題作恋愛未満

大学他多くの学校で教鞭をとる講師 支倉正晴
美容室のトップスタイリスト 瀬川渉

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

無くしたくない想いを胸に抱えて…

既読の日を記念して。
購入しながら『恋愛以上』を再読してから読もうと思いつつ
つい積んでおいてしまいました。

前作の『恋愛以上』よりこちらの方が好きです。
前作では主人公の先輩で、10年以上も付き合ったのに結婚し家業を継ぐから別れてくれと突然言われ納得もできないまま別れることになった、美容師の瀬川の物語です。

10年付き合ってという部分が最近読んだ『お休みなさい、また明日』を思い出しました。事情も内容も全く違いますが。

身勝手な理由で何の前触れもなく捨てられる理不尽さに憤りましたが、この瀬川の相手の南は、自分の都合で振り回したり捨てるようなキャラには感じられず、何か止むに止まれぬ事情があるのでは?と気になっていたので、スピンオフがあって嬉しかったです。

最後にはその事情というのが明かされ仕方のないことかもしれないけれど、一人で決めていいことじゃないだろうと思うのです。
相手のためとか君の苦労を見たくなかった…とか言っても、結局相手には選択肢を与えずに勝ってに決めつけてしまうというのは許せないし到底納得できないと思いました。
話し合った結果納得して分かれ続きても、選択を失敗して結局別れることになっても自分の選びできることをしての結末であれば2年以上も苦しめることにはらず心を立て直せたかもしれないのに、ひどいことをしたと思います。

けど、それなくしては先生との恋の始まりはあり得なかったのですから、先生と瀬川にとっては必要な試練だったわけですね。
結ばれるべき運命の人は南ではなく先生だったのかと思うと、酷い仕打ちをしたと思った南が哀れにも思えました。

過去に育んだ大切な人への想いを胸にしまっておきながらも、今目の前にいる人を愛しているという二人の複雑な気持ちがとても理解できました。

1

大人の切なさ

全般的に起伏の少ないお話でしたが、淡々とした中にも「狡い」一歩手前の大人の駆け引きがあり、テンポ良く読めました。

受けさんの一方的な気持ちなのかと思っていましたが、最後に両思いで、お互いがお互いを静かに想い合ってるのね~と、ほわ~んとした気持ちで読み終えられました。

最後まで読んだら、「なんか・・・攻めさんは最初から好きだったんじゃないか」と妙に納得できて、BLという括りのお話だけど、こういう風にお互いを求める恋愛も素敵♪
と、読後惚けてしまいました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ