片恋ノススメ

katakoi no susume

片恋ノススメ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784861345791

あらすじ

学校の図書室に、本も読まず入り浸る英吾の目的はただひとつ、片想いの相手・清一朗のそばにいること。遂に我慢できず告白をした英吾だが、清一朗からは「世界で一番嫌いな名前だ」と告げられてしまう。それでもめげずに、堂々とストーカー宣言をした英吾は、こっそり清一朗の跡をつけ、ある時、意外な秘密を知ってしまい??!? 密かな恋が重なる、一方通行の恋の行方は…?

(出版社より)

表題作片恋ノススメ

清一郎のストーカー高校生 吉田英吾
片思いの相手の同級生 高瀬清一郎

その他の収録作品

  • 片恋のススメ その後
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

うーん・・・

絵柄が下記で はたて、さん がレビューして下さっているように、細い線で描かれキラキラの王子さまが出て来る乙女ゲームみたいな絵柄です。(うたプリとは違う系統ですけど・・・)
コメディ風で可愛いくて、チビキャラ率が高いのが好きな方は、楽しめるかと思います(^^*)

ただ個人的に話が、ちょっとわかりづらかった気がします。。。この作品はスピンオフか、何かの関連作なのかな?って思う位、あまり説明もなく自然に出て来た出番の多い脇役2人(カップルなのかな?)

--(以下ネタバレが含みます)--
お話もストーカーということだったので、片思いで思い悩む攻めを想像していて、ちょっと暗い雰囲気を期待していました。
展開が攻め→受け→他の誰か。 受け様は実は他の人の後を追いかけていて。(←人はそれをストーカーと呼ぶらしい:笑)
三人の気持ちが複雑に絡み合うのかな?と、「おお!これはどうなってしまうのだろう!!」と思いきや、意外とあっさりしていて、一応 決定打があるのですが、攻めに気持ちが傾くのが早い・・・気が・・・します(;▽;)
もっと戸惑いとかあるのかと思ったんですけど(笑)

続きあんまり苦しくなくて、明るくて可愛いほわほわ~したお話が読みたい!
という時には面白いのではないかな~と思いました。

1

新しいストーカーものです

【タイトル】片恋ノススメ
【作者】日吉丸晃
【設定】学生
【舞台】学園・日常
【攻め】わんこ・天然・マイペース・おバカ(英吾)
【受け】優等生・真面目・ゆるいツンデレ(清一郎)
【絵】線が細い、繊細、可愛い

【内容(表紙の後ろ参照)】 英吾の日課は、片思い相手清一郎を傍でながめること。
我慢できずに告白するが、『世界で一番嫌いな名前』と言われてしまう。
英吾はめげずに堂々とストーカー宣言するが、清一郎を追っているうちに
清一郎もある先輩を追っていることに気付いてしまって・・・

【個人的感想】
ストーカーものということでドロドロ執着モノに
期待していたのですがまったく違います。
どちらかというとほのぼの爽やかコメディギャグっぽい感じでした。
いい意味で裏切られました(笑)

絵は表紙からもわかる通り、線が細く、可愛い系です。
お話の中に出てくるデフォルメ絵もすごく魅力的ですが、
総合してみるとBL向けの絵というより、
乙女ゲームなどの乙女向け作品が好きな人の方が魅力を感じる絵かもしれません。

ストーリーですが、話の繋がり方が分かりに続きくいところや、ここで出るキャラは
一体なんなの(誰なの)だろう?と感じるときが何回かありました。
また、攻めキャラが可愛く描かれているシーンが多すぎるので、
他のキャラをもう少し活かしてあげてもいいのかなと感じました。

しかし、先輩をストーカーしている受けをストーカーする攻めなど
ぶっとんだ設定にもかかわらず最後はきれいにまとまっています。
なにより、話の中で謎解きをしていく段階のやりとりが
ほのぼのしていて楽しめると思います。
攻めが可愛く描かれているシーンが多いのでほのぼのが通常運転です。
新しいストーカーの誕生だと思いました。

絡みのシーンは物足りないと感じるかもしれません。
執着ドロドロストーカーを期待している人よりも
BL初心者や、男の子がきゃっきゃしている話が読みたい人向けのBL本だと思います。
ライトなBLが読みたくなったり、癒されたい人におすすめの1冊です。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ