初恋の人と幼なじみの間で揺れる恋

初恋の続きをしよう

hatsukoi no tsudukiwo shiyou

初恋の続きをしよう
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
6
得点
31
評価数
13件
平均
2.8 / 5
神率
7.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
アスキー・メディアワークス(角川グループパブリッシング)
シリーズ
B-PRINCE文庫(小説・アスキー・メディアワークス)
発売日
価格
¥640(税抜)  ¥691(税込)
ISBN
9784048868327

あらすじ

兄弟のように育った幼なじみの澄良・千隼・帆嵩。澄良はずっと、千隼に片想いをしていた。高校卒業を機に上京する前夜、初恋を封印しようとする澄良に帆嵩は好きだと想いを告げ、東京でひとり暮らしを始めた澄良を追って部屋に転がりこんできて!? さらに、千隼までもが同居すると言い出して…。
「うまくいかなかった恋の代わりにみんな、他の誰かに恋するんだ……それが、俺じゃ駄目?」
――すれ違う親愛と恋心の行方は?

(出版社より)

表題作初恋の続きをしよう

澄良が片思いしている幼馴染の大学生 千隼 18歳
東京の調理師専門学校生 澄良 18歳

その他の収録作品

  • 金の鱗
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

攻めをもう少し活躍させて欲しかった

川琴さんの新人大賞をとられた作品。
こちらの作品、受けが攻め以外の男性からの押しで、最後までではありませんが関係を持ちます。
地雷の方はお気をつけください。
わたし自身は当て馬さんの必死さも、受けの流されたいという想いもすごく伝わってきて良かったです。


受けの澄良は、高校時代に家族を亡くし、現在は調理師学校へ通うため東京で一人暮らし。
田舎暮らしだったため、ずっとゲイであることを隠してきました。

攻めは澄良の幼馴染みで初恋の相手、千隼。
王子さま(本人は嫌いなフレーズ)のようにスマートで優秀、つねに憧れの対象でした。


初っ端、スタートから三角関係。
幼馴染みの澄良と千隼と帆嵩。
気持ちは帆崇→澄良→千隼となっています。

帆崇はプロライフセーバーを目指し、地元の仕事を辞め、澄良を追いかけて東京へ出てきます。
地元での最後の夜に澄良へ気持ちを告白済みのため、もう、守るものはないのでしょう。
そんな帆崇と同様に、澄良の部屋へ転がり込んできた千隼。
こちらは大学に通うために同棲した彼女と別れたためという、モテ男らしい理由で。

川琴さんの続き書かれる受けキャラは性格が可愛い子が多く、ひじょうに好きです。
もちろん、攻めもカッコ良いですしね。
今回の澄良もずっと千隼を想いながらも、懸命に諦めようとしています。
ウジウジ系でない健気キャラです。
帆崇は澄良の気持ちを知っていてもなお、澄良が好きで、澄良の心を第一に考えてくれている大型ワンコ系なわけですが、女子なら報われない高嶺の花より身近で自分を一番想ってくれている相手にフラフラッときちゃいますよねー(笑
ただ気の毒なのは、帆崇はイイ人で終わられてしまう損なタイプかな。
それにわたしは王子様キャラの攻めは大好きなので、千隼とくっついてくれてホッとしました。
表紙も三人だったので、どっちと?と心配しながら読んだんです。

全体に初恋の甘酸っぱい感じが伝わってきて、好きなタイプの作品です。
三人が三人ともに相手を好きで好きで、そして幸せを願っているのが良かったです。
あとはもう少し千隼の活躍場面があればなと思いました。
読者には、当て馬だった帆崇の方が印象深くなってしまってますから。
若干読み辛く感じる部分やいらないのでは?(澄良の家族の不幸とかね)と思う箇所もありますが、今の川琴さんの方がうまいのは当たり前ですもんね。

1

賛否両論のようですが

賛否両論のようですが、僕はすごく好きで何度も読み返しています!

当て馬→受け→攻めの残念な片思い関係からスタートして、最後は攻めが自分の気持ちに気付いて当て馬と穏便な修羅場(って言うの?w)でハッピーエンド、みたいな作品です^^
当て馬がかっこよすぎるというのはなるほどその通り。
でもこれね、攻めと受けが地味だからこそ魅力的な物語になったんだと思います。

受けくんは攻めへの想いを押し殺して新しい恋をするために、紹介を受けた人と?頑張って付き合ったりするんですが、どれもうまくいかなくて、それがとても健気で。
流されやすいという感想が多いようですが、とにかく健気なので自分は好きです。

受けが男と付き合っていることに攻めが気付くシーンが個人的には一番キュンと来ました。
「どうして俺には打ち明けてくれなかったんだ……」とショックを受けてご機嫌斜めになる攻めがナイス!w
あとは、当て馬と受けが関係を持っていることに攻めが気付くシーンも好き。
「殴りたい」ってセリフに萌えた!w

優柔不断なグルグルは読者に嫌われやすい傾向にありますが、この受けくんはとても純粋で健続き気な性格なので自分は気になりませんでした。

幼なじみものとしてもツボがたっぷり押さえてあります!

おすすめ!

2

受けが流されやすすぎる

三角関係ものが好みなので、あらすじを見ただけで買ってしまったんですが失敗でした。
その理由はやはり他の皆様が仰っているように「受けの澄良が流されやすくて女々しすぎる」からかなと。

千隼のことを忘れるために東京に出てきた澄良。
澄良を追って東京に出てきて、澄良の家に転がり込んだ帆嵩。
そして「同棲していた彼女と別れて家追い出されたから」という理由で同じく澄良の家に転がり込んできた千隼。

この状態で、帆嵩の想いを澄良が「新しい恋をしよう」と受け止め、付き合うようになったが
ある日、2人が付き合っていることを知った千隼が
自分の澄良への恋愛感情を自覚して・・・

・・・までの展開は三角関係モノのテンプレートですし、
好みだったんですが。


それ以降の展開が、澄良はどっちを選ぶかウジウジ悩むし
千隼もウジウジするしでなかなか話が前に進まず
ちょっとイライラしました。

悪い意味で「少女漫画ちっく」な作品でした

1

幼馴染みの三角関係。

三角関係そのものはあまり好みじゃないんですが、結構よかったです。

少なくともはじめのうちは、よくある『受を挟んで攻2人が』ではなく、一方通行(帆嵩→澄良→千隼)。3人の心情もきちんと描写されていました。

澄良がノンケの千隼への片想いが叶うことはない、と他の男を探して適当に付き合うあたりは、ちょっといい加減過ぎです。そこだけはちょっとどうなの、と思いましたね。

ただ、私は澄良のキャラクターは特に好みではないですが、イヤでもないんです。澄良が、恋と友情で迷う・悩むのもよくわかるんですよ。
千隼が好きなのは確かだけど、幼馴染みで親友としての千隼と帆嵩も大切で失いたくない。贅沢で身勝手かもしれませんが、これは実際に簡単に割り切れることではないと思います。ですから、同じような『三角関係』だとしても、澄良が揺れる気持ちは理解できます。

まあ、あとがきから作家さんは『帆嵩押し』なんでしょうね。どう見ても千隼より帆嵩の方がイイ男に描かれていると感じます。というより、千隼の魅力が見え難いんですね。
澄良が千隼のどこがそんなに好きなのか、帆嵩という存在があるから余計続きに『なぜ帆嵩じゃなく千隼なのか』をはっきりさせないといけないんじゃないかなあ。

でも、トータルではよくできていたと思いますし、結構好きです。なんというか、今作の題材(三角関係)はともかく、作家さんの『書き方』そのものはわりと好みなんです。他の作品も読んでみたいと思いました。

ただ、イラストはまったくイメージに合っていなかったと思うし、好みでもなかったですね。

1

乙女ですか?

B-PRONCE新人大賞受賞作品ということですが、果たして?
えっとですね~個人的趣味から言うと、受けも、受けが選んだ攻めも、非常に嫌いなタイプです!
全体からしても、ウジウジして、乙女全開で、もう女子でいいんじゃない?
と思うくらい苦手な進行展開をする話でした。
しかしながらそこは蓋をして、純粋に作品として評価すると、うまく作ってあるな~とは思うのです。
多分、受けに自分を投影して入り込む型の読み方をして、主人公に同化できれば、その方には入り込める作品にはなってるんだと思います。

両親を亡くし、祖母を亡くし、身内がいなくなった地元を専門学校進学のため、もう戻ることもないと東京へ出てきた主人公。
彼は幼馴染で親友の千隼が好きなのですが、彼はノンケだと心にその思いを封印しています。
しかし、突然もうひとりの幼馴染で親友で、主人公を好きだという帆嵩が押しかけてきて居候を決め込むと同時に、千隼もやってきて、狭い1DKで3人共同生活が始まります。

主人公は千隼が好きだが諦めている。
帆嵩は、主人公が好きだとちゃんと言っており、千隼が好きなことも知っている上で、みこみ続きがないなら自分を選べという。
千隼は、主人公に執着を見せたり期待を持ってしまうような優しさを見せるのに、女子だったらよかったのに、などと落胆させる発言をしたりする。
肝心の主人公は、親友の関係を壊したくないけど、帆嵩の気持ちを邪険にもしたくないし、でも千隼はあきらめきれないし、他の人に行こうと思うけど、やっぱり彼等と離れたくなくてはっきりした態度を決めきれない。
若干帆嵩が、きちんと表明して押してはいるものの、
うじうじしてながらも本当は千隼しか眼中にないくせに、アクションを起こせない主人公。
千隼も帆嵩へ嫉妬しながら、具体的アクションを起こせない。

ここに切なさと、親友と恋人という壁を越える勇気を持てないでいる主人公に共感できたら、この話は多分すごくお気に入りでしょう。
ここで、イラついたら、もうwww
主人公、故郷をすててきてるんだったら玉砕覚悟できちんとけじめをつければいいのに!
本当に、こういう場合、先にきちんとアクションを起こした帆嵩のほうがどれだけ男として魅力的かと思いますw
だけど、大体BLだとこういう奴は当て馬と決まってますから、かわいそうですよね(涙)

作者さんあとがきで、今回男らしく身を引いた帆嵩のスピンオフが云々と書かれてあります。
最初からそういうつもりで書かれているという姿勢は好きじゃないです。
その分、全力で主人公カプをどうにかして欲しかったです。
千隼の魅力が全然わかりませんでしたので。、、
実力を加味しても、やはり好みの部分が大きく左右してしまいました。
本当にごめんなさい!です

2

思いが交差する時別れも・・・

商業誌3作目で、B-PRINCE大賞受賞作、だけど個人的には前作の賢者~の方が好きかも。
幼なじみの三角関係でゲイの受け様と、受け様が好きな帆嵩、受け様が片思いしてる千隼
受け様の初恋が千隼だったが、ノンケで彼女もいる千隼に告白すら考えられない受け様は
田舎から、苦しい片思いの相手から逃げるように、都会へ。
そして初恋を忘れる為に新しい恋をしようとするが、うまくいかない。
そんな時に、自分を好きだと言ってくれた幼なじみの帆嵩が突然受け様の所にやって来て
居候するからと、そして受け様への気持ちをあらためて告げてくる。

更に初恋の相手である千隼まで、同棲していた彼女と別れて住むところが無いと言う理由で
やって来て、幼なじみ3人での生活が始まるが、それは何も無かった過去のように
純粋な友人同士には戻れなくなる事への序章みたいでしたね。
結果的には受け様と千隼が始めから相愛で、ただそれに気が付く事、認める事が
なかなか出来なかった千隼が、帆嵩の受け様に対する思いに気が付き、まるで当て馬的に
受け様への思いを自覚し、受け様へ思いを告げる。
でも、受け様は片思いしてい続きた初恋の相手から告白されても素直に喜べない。
千隼を好きな受け様を知っていて、思いを告げて、慰めてくれた帆嵩への思いもあって
千隼からの思いに応える事が出来ない。

仲良しだった幼なじみが大人になって恋をして、その相手がやはりその幼なじみ同士。
複雑に恋と友情が絡んだ切なくてほろ苦い感じのストーリー。
帆嵩があまりにもいい奴過ぎて、と言うか千隼よりキャラ立ちしていたので
なにやら帆嵩が可哀想だった。
それに個人的に受け様の煮え切らない流されやすい性格は苦手だと思ってしまったので
あまり作品自体に引き込まれる感じは無かったですね。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ